2008年08月16日

ブルーベリーフィールズ紀伊国屋

さて、今日は帰省での話をば。

帰省すると、じっとしていられない私たち。

  ってか、常にじっとしてられない。。。

今回もフラフラと出歩いてきました。
今日はその中でのメインの話を。

  次回、余裕があれば、それ以外の話も。。。


●ブルーベリーフィールズ紀伊国屋●

6日間という長い滞在なので、遊び先に困るかなぁ。と本屋さんで買ったガイドブック。
その本で小さな紹介ながら私の目を一番惹いたのがここ。

ブルーベリー畑を併設する、フランス料理屋さん。
と本には書かれていて。

…義父とフランス料理。
食べる可能性があるだろうか?
食べなくても…山上にあるブルーベリー畑を見るだけでも見て見たい!!

で、張り切って連れて行ってもらいました。

 ブルーベリーフィールズ紀伊国屋:http://www.bbfkinokuniya.com/index.html

結論から言うと…。
非常に人気のお店のようで。
予約なしでは食事はとても無理!でした(^^;
畑に居たスタッフの方にも「え?レストラン?お盆時期は2ヶ月位前には予約してもらわないと…」と言われた程で。。。

  ↑のネットが見れれば、すぐにわかったんだろうけど。
  その辺、義父の家ではアナログなので。。。

それでも、何らかのラッキーはついてくるもんで。
ブルーベリー摘みをすることが出来ました♪

  これ、ホンマにホンマにラッキーだったんだ!と後から気が付きました。
  ブルーベリー摘みは8月中だけ。
  しかも、6月から予約受付開始。
  …で、6月中にはほぼ予約でいっぱい!の大人気。
  が。
  ブルーベリーの状況を見て、当日の受付を10人程度します。
  ということになったようで。
  その当日枠を設けた初日の朝イチに偶然私たち(×5人)は足を運び。
  本当にラッキーなことに、ブルーベリー狩りが出来たのです。
  同じ時間に一緒に畑にいた方は、6月1日に予約入れた!と言っていました。。。

無農薬のブルーベリー畑。
天井一面に張られたネットや吊るされた無数のCDが自然との戦いを物語っています。

なんせ、ここにたどり着くまでの道も。
ガタガタでこぼこ。
ホンマにこんなところにフランス料理屋さんがあるんやろうか?というような道のりで。

そんな山奥、自然いっぱいの中にある、レストラン。

その不便さを超えてたどり着き、ふと振り返ってみると。

すごい絶景!!

  が、写真には写らず。。。

そして。
たわわに実ったブルーベリー。

200808161.JPG

太陽をいっぱいに受けて暖かいその実をそっと口に入れてみると…。

すごい甘い!
酸味が全然ない!!

こんな味だったんだ、ブルーベリーって。

…真剣に感動。

そして、ふと思い出す、ブルーベリーガムの濃い芳香。
あぁ、これをデフォルメしたら確かにあの匂いと味だなぁ。

  …もっと上品で、パッと消えてしまう味だけれど。

畑で出会ったスタッフの方にも品種と味の違いを教えてもらい。
味見と言いつつ、パクリパクリパクリ。。。

  一応、食べ放題ではなくて。
  1人300gまで摘んで持ち帰れる。というシステムです。

抱っこしているSuiの重さも、日差しの暑さも辛いけれど。
汗の分だけ気持ちはハレバレ。

山側を見上げるとガラス張りのステキなレストラン。

200808162.JPG

う…うらやましい。
今度はそこにも行くぞー!と心に誓い。

畑から見下ろす琵琶湖と山々にサヨウナラ。

200808163.JPG

  …が、ネットで写真には写らず(^^;

本当にステキな場所でした。

そして持ち帰った山ほどのブルーベリー。

200806164.JPG

生で美味しくパクパクと頂き。
残った分はジャムに。

レシピではブルーベリーに対して40〜60%の砂糖になっていたけど。
これだけ甘いから、30%でもいいかな…?

が。
それでも甘すぎたー。

  レモン入れればよかったくらい甘いです(笑)

でも。
とっても美味しいジャムになりました。

来年は早めに予約入れて。
是非ともまた行きたい!
今からそう思っています☆



posted by carrera at 23:20| 兵庫 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

比叡山

旦那の連休の間に、比叡山延暦寺に行ってきました。

 比叡山:http://www.hieizan.gr.jp/
 延暦寺:http://www.hieizan.or.jp/

比叡山延暦寺と言えば。
普通の教育を受けていれば、覚えようとしなくても頭にインプットされる有名な所…ですよね?
旦那の実家から車で1時間程の距離にあることもあり、有名どころだし、一度は行ってみたい!とずっと思っていた

…のですが。

なぜか、旦那&義父はずっとずっと消極的だったのです。

「比叡山?そんなん行ってどないするねん。
 行ったこと?うーん、小学生だかの頃に学校で行かされたなぁ。」
とは、旦那。
「昔はお化け屋敷があったけど、今は何もないで。」
とは、義父。

  なんで一番の印象が延暦寺ではなくお化け屋敷?
  とずっと疑問だったんですけれど。
  怖くて有名だったらしい…です。
  ホンモノもたまに混じっていたとか…!?
  …ヒャー(汗)この手の話は私はダメ。。。

いや…。
比叡山っていえば延暦寺やん。
延暦寺って国宝やん。。。
ユネスコの世界遺産でもあるよねぇ。
歴史にも沢山でてくるやん。
そっちに興味は…?

で、やっとのこと、今回はPekiも見方につけて、半ば押し切って行ってきました。

  Pekiが行きたいのはガーデンミュージアムというお花畑。

押し切って行ったものの、相変わらず寺には興味のないじぃじ。

  旦那は現地に行って、ちょっと興味が出てくる。

とりあえず1つ位は…と、根本中堂だけ行ってみました。

  延暦寺。って1つの寺ではなくて。
  比叡山にある三塔十六谷の堂塔の総称だそうです。
  …行きたがっていたわりには、初歩的な知識も乏しいままでした、わたくし(反省)

200807291.JPG

こちら、根本中堂入り口。

200807293.JPG

入り口から中を臨んだところ。

200807292.JPG

根本中堂から向かいを臨んだところ。

200807294.JPG

山の上なので、アジサイがまだまだ見ごろ(というか、咲き始め)でキレイでした。

その後、山上にあるガーデンミュージアム比叡に。

 ガーデンミュージアム:http://www.garden-museum-hiei.co.jp/

じぃじの話では、ここにお化け屋敷があったそうです。

  そう聞くと怖い。。。

今は、沢山のお花のお庭に、有名絵画の陶板が点在しているステキな場所です。
かなり暑いのに、それでも頑張って沢山のお花が咲いていました。
手入れも行き届いていてなかなかのんびり出来る空間でした。

200807295.JPG

Pekiもお花いっぱいに大喜び♪

  Pekiは本当に花が大好きです。

絵画の陶板は…イマイチ私にはよくわからなかった。。。

  お花だけでも十分キレイだし。
  なくてもいいかも…!?


で、総じての感想。

まず、私たちは車で行ったのだけれど。
「奥比叡ドライブウェイ」は道も木々もとてもキレイで。
なかなか良いところでした。

  ただ。
  有料道路代は高いです。。。

そう、木がキレイなんですねぇ。
すごい急な山なのに、手入れもされていて。
そして、緑が深くて。
すごい樹齢の木も普通にあって。
久々に木々の美しさを間近に感じました。

  栃木県の日光とかも木がキレイだなぁ。って思っていました。

延暦寺の茶店などは。
昭和!モードで、なんだか懐かしかったですねぇ。
時がちょっと止まったままのような。
そんな印象を受けました。

根本中堂もそんな感じで。
国宝で。
世界遺産で。
その中枢の根本中堂なわけだから。
さぞかし立派でキレイなんだろうなぁ。と勝手にイメージしていたのだけれど。
キレイというよりは、歴史をそのままに感じられるような。
…恐れずに言えば、塗装とかもうちょっと塗り替えてもいいんじゃないかなぁ?
というような感じで。

  ホンマ、失礼でスミマセン。

そして。
もっともっと重々しいのかなぁ。とも思っていたんですけれど。
そうでもないかなぁ。という印象でした。
一段上に立ったエラそうな感じがない。とでも言えばいいんでしょうか。
有名なお寺さんとかでは、あなた方は特別な場所に来ているんですよ、ここは神聖な場所ですよ。みたいなお寺さん側が重々しくしているような印象を受けるようなこともあり。
でも、そういう場所だからそうなんだろうなぁ。と思っていたんですけれど。
もっと私たち観光客に対して寛容だなぁ。と感じたんです。
私たちがいることが当たり前の空間が出来上がっている。というか。
かと言って、俗物臭くもないんですよねぇ。
いや、看板なんかには贈呈○○会社とかあるし。
境内に向かう道なんかはキレイに整備されているんですけれど。
肝心のお寺さんは見得はってない感じがする。って言ったらいいのかなぁ。
うーん、言葉が貧困で申し訳ないんですけれど。
建物や木々の重さと、かもし出している雰囲気の軽さが妙なバランスをとっていて。
なつかしいような。
新鮮なような。
なんだか不思議な印象が残っています。

茶店でSuiを必死に抱えながら葛餅を食べつつ。
子供達が成長して、巣立っていったら。
旦那とゆっくりと見て歩きたいなぁ。と心底思いました。

そして。
その20年だか30年だか後に。
あぁ、最初にここに来た時は、Pekiが幼稚園に入った頃だったっけ。
Suiがちょうど1歳になって、まだ歩けない頃だったなぁ。
あ、ここはあの時のままだ。懐かしいなぁ。
…なんて思うのかなぁ。
なーんて、妙にシミジミとしてしまったのです、私。

あ、しまった、マイワールドに…(^^;

えー、子連れ情報です。

車で行かれる場合は、道はクネクネです。

  Pekiは周囲の自然を楽しむことなく嫌がっていました(苦笑)

延暦寺は、私たちが入った東塔のエリア内はベビーカーでも可能なようにスロープやらがついていました。

  ベビーカー用というよりは、車椅子ようです、おそらく。

ガーデンミュージアムにはオムツ替え台もありました。

  他は…気が付かずでした。。。

あと、比叡山ドライブウェイには夢見が丘という子供が遊べるようなエリアがありました。
ザリガニ釣りとかもやっていたようです。
(私たちはよらずでしたが。。。)

 比叡山ドライブウェイ:http://www.hieizan-way.com/
 夢見が丘:http://www.hieizan-way.com/tanbou/index.html

Pekiは、根本中堂なども結構喜んでいました。
まぁこの辺は…子供の性格にもよるかも。

子連れ向けのエリア…ではないんでしょうねぇ、一般的に考えれば。
でも、子連れの方もそこそこ見かけました。
車ではなく、ケーブルカーなどを使って登れば、それはそれでまた楽しそうですし。

…なんだか、長いわりには中身のないレポートになっちゃいましたが。

数十年後にまた私と旦那が元気にここを訪れることが出来ることを祈りつつ。。。

posted by carrera at 22:38| 兵庫 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

夢鮮館

週末のお出かけ話の続き。

「そうめんの里」を後にして。
田舎道を車で2,30分。

次についたのは、

200807161.JPG

ヤマサ蒲鉾の「夢鮮館」!

  写真は引き続きビミョーですよ〜(笑)

 ヤマサ蒲鉾:http://www.e-yamasa.com/
 夢鮮館:http://www.e-yamasa.com/yumesenkan/index.html

ハイ。
この日は、工場見学ダブルスペシャルデーでした(爆)

とりあえず、夢鮮館の中をチェック!
1階は売店なんだけれど、すごい通路も広くて居心地いい!
入り口入ってすぐの魚肉のすり身を揚げた「天ぷら」売り場もすごい気になる!!

  余談ですが。
  練り物の揚げたのを「天ぷら」って言うのって。
  私には違和感あるんですよねぇ。
  少なくとも、実家では天ぷらと言えば、野菜や海老を揚げた「天ぷら」で。
  練り物を揚げたのは「さつま揚げ」で。
  でも、ここでも売り場には「天ぷら」と書いてあったし。
  工場見学でのガイドさんも「天ぷら」って呼んでいたし。
  旦那も「天ぷら」と言います。
  うーん、地域性の違い?
  それとも、私の無知をさらけだしているだけ…!?

そして、各商品全てに対応しているような試食の山もむちゃ気になるぅ〜!!!(爆)

2階には、そこそこの広さのキッズスペースがありました。
積み木(というか、蒲鉾の板の端材!?)も山のように。
でも、積み木は1個1個が小さくて、小学生位の子が夢中で積み上げてました。
PekiSuiにはちょっと早いかな。
とは言え、横にあった遊具でキャッキャと2人で遊んでいました、PekiSui。

  こういう場所がちょっとでもあるだけで、お出かけがグーンと楽になります。
  特に、好奇心旺盛だけれどまだ歩けないSuiにはパラダイス!

と、ひとしきり遊んだ所で、ランチに。

場所は、夢鮮館横にあるお蕎麦屋さん「夢乃蕎麦」。
Pekiもお蕎麦デビュー!

  なんだか、蕎麦のアレルギーは万が一出たら怖い!というのがあって。
  なかなか子供には与えにくかったのです。
  一応、一口だけあげて様子をみる。というのを過去に2回やっていて、
  問題ナシ!だったので、今回デビューOKと判断しました。
  …って慎重すぎ!?

関東育ちの私には、お蕎麦自体はこちらのものだなぁ。という印象だったんですけれど。

  蕎麦だけはねぇ…関東の方が美味しく感じていますm(- -)m

「かき揚げ蕎麦」を頼んでついてきた「かき揚げ」(=すり身の天ぷら、玉ねぎとイカ入り)がすごい美味しかった!
うーん、さすがヤマサ直営!(笑)

Pekiはお蕎麦美味しい!と、1人で盛り蕎麦一人前ペロリと食べました。

  ってか、足らなかったご様子。。。

その後は、工場見学へ。
事前予約不要で、現地で都合の良い回に参加出来ます。

  工場見学って、こういう風にブラリと見れる方が有難い!!

ちくわを作っている工場では、すり身に水を加えて粘度を調整しているところから始まり。
オートメーションで棒にすり身が巻かれ。
それが焼かれ。
だんだん焼き色がついていき。
ちくわになって、最後に袋詰め、ダンボール詰めされるところまで一気に見れて楽しい〜。
Pekiも大喜びで見ていました。

こちら、出来上がったちくわが袋詰めされていく過程。

200807162.JPG
※いつもより解像度上げてありますので、写真クリックで拡大すると細かい所まで見れます。

その後は、カニカマの工場も見れて。
平たく伸ばしたすり身を蒸して、グルグルとねじってカニ風にしていくのが面白かった♪

と、盛り上がった工場見学でした。

その後は、また夢鮮館に戻っていよいよ売店&試食コーナーへ♪

えぇ、グルリと一周、沢山試食しましたよ〜。
うーん、どれも美味しい!!

そして、揚げたての天ぷらを買って。

  こちらも試食しながら選びました(笑)
  どれも美味しかった〜!

ついでに、揚げたての「チーかまドッグ(150円)」なるものも食べて。

  アメリカンドッグのチーかま版です。
  チーズがトロトロで。
  周囲の生地の甘さと、蒲鉾の塩っけ。
  カリカリの生地と、弾力ある蒲鉾。
  味も食感も新鮮で美味しかったです!

Pekiは、ヤマサ蒲鉾のキャラクター、さっちゃんのTシャツを買って。

200807163.JPG

こちらがさっちゃん。
…ヤマサの「サ」のさっちゃん(笑)
でも、結構カワイイ。

  あ、さっちゃんの絵本も売ってました。

大満足〜!で帰ってきました。

私個人的には、こちらのヤマサの工場の方が楽しかったですねぇ。
工場もしっかり見れたし。
売店も広くて居心地よかったし。
何より、美味しかったし。
天ぷらを買う為だけでも来たい位です。

そして、周囲の山にもアジサイが沢山植えてあって。
置いてある鉢には蓮の花も咲いていて。
敷地全体から「来てくださったお客様を歓迎していますよ〜」って雰囲気を感じました。
そうそう、ここ、芝桜も有名だそうです。
春にも来ねば!!と思いました。


最初、そうめんの里と夢鮮館に行こうと決めた時には。
この辺りに他に何があるのか「?」だったんですけど。

  書写山の名前だけは…。

夢鮮館で周囲マップをもらって、行ってみたい場所をまたもいくつか見つけてしまった!
うーん、姫路に通うことになりそう!?(笑)

  姫路界隈のオススメ情報あったらよろしくお願いしまーす♪

夢鮮館から自宅までは、姫路市内でちょっと渋滞に巻き込まれたものの、車で1時間15分でした。
第二神明、加古川バイパス、姫路バイパスと乗り継げば結構あっという間!
しかも、大蔵谷から乗れば有料道路代は100円だけで得した気分(笑)

  って、ガソリンは高いけどね。。。

ハイ。
とっても楽しいお出かけでした☆
posted by carrera at 22:40| 兵庫 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

そうめんの里

週末にお出かけしてきました。
その話をボチボチと。

まず行ったのは、「揖保乃糸資料館「そうめんの里」」

 そうめんの里:http://www.ibonoito.or.jp/soumennosato/index.html

読んで字の如く。
そうめんの揖保の糸の資料館があるのです。

  あまりにもそのままな解説…スンマセン。

200807151.JPG

こちら、そうめんの里。

  写真もまたビミョー…(^^;

着いたのは10時半頃。
ラッキーなことに、ちょうど団体さんと一緒になり、手延べそうめん実演を一緒に見ることが出来ました。

  通常は11時〜15時の正時にやっているようでした。

目の前で棒にひっかけられた短くてちょっと太い麺を、グングン引っ張って、あっという間に長ーいそうめんにしていきます。
そして、実演終了後にはその伸ばしたての生麺を触ることも。

  その実演した麺は実際には商品にはならないそうです。
  ま、触れるんだから…そうだよねぇ。
  でも、ちともったいないような。。。

PekiSui、喜んでペタペタ触ってグングン引っ張ってました。
勿論、それでもOK。

  あぁ、こりゃ製品にはできひんわなぁ(苦笑)

200807152.JPG

こちら、実演終了後にみんなもひとしきり触って。
受付のお姉さんがその麺を片付けるところ。

  またビミョーな写真。。。

その後は、張り切って試食コーナーへ。
「普通のめんつゆがいいですか?
 トマト味がいいですか?」
え?トマト味!?
思わず、私の分はトマト味をオーダー。
うーん、スパゲッティーみたい。
たっくさんそうめんがあって、ちょっと飽きてきたわ。ってなったらいいかも。
が、旦那から「普段食べなれへんもん食べたら、せっかくの試食も意味ないやんか。それで麺の違いがわかるんか?」と指摘が。
う…確かに。

  でも、トマトつゆの試食にはなったよ、うん。

その後は、さっき見た、そうめんの手伸ばしの前段階…そうめん生地を引き伸ばして棒に8の字にかけていく機械を見学。
(掛巻(かけば)というらしいです)
Peki、かなり楽しいらしく、しばらくそれに釘付け&大喜び。

200807153.JPG

こちらがその機械。
…が、稼動終了後の写真。。。
だって、動いている時は人が多くて撮れへんかってんもん。

  写真はビミョー続きということで(爆)

で、お決まりの売店をうろうろして、お土産を1個購入。

が。
実は、資料館には入らなかったんですねぇ。
2階部分が資料館になっているんですけど。
資料…PekiSuiにはわからんだろうし。
何よりも、見たかった実際の加工場見学は今はやっていない。と書いていたので。

  入館料が大人300円かかる。というのも1つの理由。。。

まぁでも、無料エリアの1階だけでも楽しかったです♪

中庭&外では、流しそうめんが営業中。

200807154.JPG

こちら、外の流しそうめん会場。

営業は11時からで来た時は準備中だったのだけれど。
11時ちょっと過ぎに出ていってみたら、既に満席で順番待ち!
ヒャーびっくり!

次の目的地もあったので、流しそうめんはまた今度〜!になりました。


あ、ついでに。
外の流しそうめん会場の近くで、農産物の直売所もオープンしていました。
毎週日曜日にはやってるそうです。
(たぶん、流しそうめんの時期だけかな。)
で、かなり立派な野菜ちゃん達が売られていて。
思わず衝動買いしちゃいました(笑)

特に美味しかったのが白ナス!
売っていたおばちゃんに薦められ。
「でも、おばちゃん、白ナスって私、何もしたことないねん。」
と言うと、おばちゃんのオススメはとにかくこれには焼きナス!だそうで。
この白ナスの焼きなすを食べると他の焼きなすは食べれへんくなるで。とのこと。
そんなん言われたら…買って、焼きナスにしたくなるやん!(単純)

で、実際に帰って焼きナスに。

  焼きナスって。
  手間かかってメンドクサイ割には評価されないものリストにランクイン!
  ですよねぇ(^^;
  美味しいんやけどねぇ。

焼いて、氷水につけてみても、ちっとも縮まない!
皮むいても、実がかなりしっかりしている!!
食べてみると…うーん、ジューシーで甘くて美味しい!!

野菜の美味しいのって。
肉や魚の美味しいのとは違ったシアワセ感がありますよねぇ。
舌先だけじゃなくて、根っこから充実感を感じるような。

  私だけ!?

あんまりにも美味しかったんでね。
実は、普通のナスでも翌日に焼きナスしたんです。
が…違う!!
昨日の白ナスの焼きナスのが全然美味しかった。。。

  でも、二日連続で焼きナスしたら。
  皮剥くのって実は大したことないかも〜ってちょっと思えてきました。
 
あ、おばちゃんの言ったとおり。。。
白ナスの焼きナス食べたら、普通の焼きナスで物足りなくなってしまった。。。(涙)

おばちゃんが「こっちのもっと白い白ナス(ちょっと種類が違うみたいやった)は炒めもんが美味しいんよ。モチモチってして。」って言った、もう1個の白ナスも買えばよかった。。。
ってか、またあそこに野菜買いに行きたい!

…茄子ネタでも盛り上がってしまった(^^;

  この手の話に弱い私(爆)

と。
そうめんと野菜で満足して、次の目的地へと車を走らせたのでした。


(続く)

posted by carrera at 21:09| 兵庫 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

ハーバーキッズ

昨日「気になってます!」で書き込みしたら、早速、反響が何件かあり。
(ホンマにウレシイ!みんなありがとう〜♪)

で。
今日、ハーバーランドのキッズプレイランドに行ってきました。

早っ!!

というのも。
誘いにのってくれたのが、もうすぐ出産予定日の経産婦さん。
つまり、いつ産まれてもおかしくない!
そりゃ、急いで行っておかないと!!
・・・ということで、今朝メールを入れ、トントン拍子で話は進み、今日の決行となりました。

しかも。
別の方から、今朝「今日遊ばない?」とメールがあり。
「そんなら、よかったらハーバーご一緒しない?」なんて誘う私(苦笑)
そちらも、順調に話は進み。

結局、親子3組にて行ってまいりました。

で、キッズプレイランドですが。
正式名称は「ハーバーキッズ」という名前でした。

HPは見つからなかったので、詳細を改めて書いておきますね。

 ○ ハーバーキッズ ○
場所:ハーバーランド「Ha*Re」6階アーバンスクエア内
 ハーバーランドHP:http://www.harborland.co.jp/
会員年会費:300円(保護者が入会)
料金プラン:20分300円・延長10分100円(子供のみ・保護者無料)
お得なパック:平日2時間500円・土日祝1時間500円(同上)
営業時間:10:00〜21:00(受付終了20:30)
電話:078-367-2088

まず、入場にあたり、会員になります。
入り口横にあるパソコンで必要事項をピッピッピと入力。
入力が終わるとレシートみたいなのが出てくるので、それを持って受付へ。
身分証明書の提示を求められますが、なくても次回でOK。
利用時間の申告をし(会計は後)、ケースに入ったレシート状の利用証を受け取り中へ。

kids3.JPG

入り口はこんな感じです。

で、中に入ると。
ボールプール・立体プレイジムといった、全身で遊ぶようなエリアに、

kids2.JPG

Peki大興奮!

キッズトレイン・コインマシンのような機械もの(もちろん、乗り放題!)
Beena(ビーナ)も数台。
落書きエリアやおままごと、ロディ、大型積み木、ぬいぐるみなどに、絵本やビデオコーナーもありました。

kids4.JPG

小さい子向けの小さなボールプールも別でありました。
でも、基本的には歩けないと辛いかな。という感じです。

一番は、何よりもひろーい!
Pekiが走ろうが踊ろうが飛び跳ねようが、迷惑かかることもなく。
安心して野放しにできます♪

kids5.JPG

この広々具合。
なかなか、室内で好きに走り回れるところってのも少ないですもんねぇ。

後は、スタッフの方がよく動いていたのが印象的でした。
子供達が散らかしたおもちゃを片付けたり、整理整頓してあるいていたり。
キッズトレインも、常にスタッフの方が目を光らせてくれていて大型遊具ながら比較的安心してのんびりできました。

で、肝心な親向け情報(笑)
マッサージチェアが5,6台、ネット接続されたPCが3台。
雑誌も20冊程度。
ソファやテーブルで親がくつろげるエリアもそこそこありました。
もちろん、全て無料!

飲食禁止と書いていたみたいなのだけれど(私は見なかった・・・)、ランド内には自販機もあるし、お菓子販売コーナーもありました。
で、横のフードコートでコーヒー買ってきて、テーブルでお茶しているお母さん同士なんかもいたりしました。
うらやましぃ〜!

Pekiはというと。
最初の30分は夢中で走り回り。
途中「カンカーン!遊ぼうよー」になり(^^;

kids6.JPG

その後、落書きに夢中になり。

また、走り回り。
最後に、駐車券の関係で私が15分程買い物に走っている間は、1人で黙々と遊んでいたようです(たぶん)

で、Pekiを含めた子供3人とも。
「時間だから、帰るよー!」
の声には、無視、もしくは「イヤ!」と抵抗を見せていました(^^;
丸々2時間いたのに・・・ねぇ。
まぁ、それだけ子供には好評だったようです。

有料でもOKと割り切るならば、阪急にある風船いっぱいのところよりは広々していていいかなぁ。
年齢的には、2歳〜幼稚園位が一番満喫できそうです。

ということで。
ご一緒してくれたお二人+Pekiのお友達。
急なお誘いだったのにお付き合いしてくれて、本当にどうもありがとう〜♪

そして、引き続き。
興味あるお友達の皆様、何度でも私はご一緒しますので、是非ともお声かけ下さいね。
私、会員になったので、紹介すれば、年会費300円が無料になりますよー♪
(しかも、私も100円割引に♪これはおいしい〜!!(笑))

posted by carrera at 21:48| 兵庫 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

雪!@六甲山

週末、じぃじと一緒に、冬の六甲山牧場へ行ってきました。

 六甲山牧場:http://www.rokkosan.net/

六甲山牧場は、このブログでも何度か登場しているけれど。
私たちの大好きな場所。
「手軽に遠く来たなー気分が味わえる」場所として、重宝させてもらっています。

でも、こんな真冬に来るのは初めて。
・・・まぁ、そりゃそうだよなぁ。
実際・・・寒いもん(苦笑)

だけど、今回の目的は、冬であることに意味があるのです。
それは・・・Pekiに雪を見せてあげること!

テレビや絵本の世界でしか知らない雪に憧れを持っているPeki。
(いや、ホンマは0歳の時に見ているハズなんだけど・・・)
が、垂水界隈はホンマに降らない!
「じぃじの家ならば降っているかもしれないね。」なんていつも言っているので、じぃじに電話すると「雪、降ってる?」と毎回聞くPeki。

そんなこんなの経緯があり。
ついでに、万が一、六甲山の路面が凍結していた場合に、旦那の車では無理!なこともあり。
じぃじの車でみんなで行ってきました。

で、真冬の六甲山。
・・・さむーーーーい!!
Pekiと「白い息フーフーフー!」なんて歌いつつ、もっとマフラーや手袋などの重装備をしてくればよかった・・・と反省。

暖冬だから、雪はどうかな・・・?と正直、半信半疑で行ったんですけど。
運良く!その日の朝にちょこっと降ったみたいで、牧場内では雪に触ることが出来ました。
(でも、道路なんかはちーーーーっともなかったです。
 たまーに道路脇にちょこっと白いものがある程度)

rokkouyuki1.JPG

ほら、白い白い!
・・・地味ぃ〜だけど・・・
地面が、白いよー!!
これが雪だよー!!

触るにはすぐに地面が出てきて、ちょっとイマイチだけど・・・
でも、歩く感触が楽しいみたいで。

rokkouyuki2.JPG

歩く、歩く、歩く〜♪

・・・が。
やわらかーい雪だし、すぐに地面だから・・・靴が汚れる、汚れる、汚れる・・・(苦笑)
ズボンの裾もドロだらけ、ドロだらけ、ドロだらけ・・・(汗)
靴下まで、濡れる、濡れる、濡れる・・・(涙)
あぁ、長靴持ってくればよかった。
反省・・・

まだ歩きますかー!?
お母さん、寒いですよ〜・・・

rokkouyuki3.JPG

・・・すみませんが、もうご勘弁下さい・・・(必死)

rokkouyuki4.JPG

最後には、取り押さえ状態で、何とか雪野原を脱出(苦笑)

でも、やっぱり、ただ歩くだけでも楽しいんですね、雪って。
そういえば、自分も小さい頃、雪が降ったら、無邪気に足跡つけて遊んでいたなぁ。なんて思い出してみたり。

・・・今度は、もうちょっと雪の多いところで、ちゃんとした格好で行きましょう、Pekiさん。

で、何とかPekiをなだめ、昼食へ。

ランチは、六甲山牧場内の「レストラン神戸チーズ」へ。

 レストラン神戸チーズ:http://www.rokkosan.net/shisetsu/meal.html

ここは、一度行ってみたいなーと思いつつ、値段設定から中々足を踏み入れることがなかったお店(^^;

中に入ってみると、週末とは言え、シーズンオフ・13時過ぎなのに並んでました。
ちょっとビックリ。
でも、10分程で席へ案内してもらえました。

注文したのは、「チーズフォンデュクラシックコース」4,000円弱。
これがたぶん、一番オーソドックスなメニューみたいです。
(1,500円程でハンバーグのセットもありました)
Pekiはお子様バスケット(900円)を注文。

で、肝心のお味は。
オードブルとデザート以外はチーズフォンデュだけ・・・
つまり、それでお腹いっぱいにする構図なので、正直、味がちょっと飽きてきちゃうかなぁ・・・
チーズをつけるものは種類が沢山あるんだけれど、
(パン・ソーセージ・ポテト・人参・こんにゃく・生麩・サトイモ・大根など)
でも、どれもチーズつけると、最終的には同じ後味で。
・・・まぁそれがチーズフォンデュでしょ!?と言われたらそれまでなんだけれど。
オードブルやデザート、それに、Pekiのお子様バスケットに入っていたサラダの味からすると、
きっと、それなりのシェフがいると思うんですよねぇ。
ならば、チーズフォンデュに頼らず、もっと色んなチーズ料理のコースがあってもいいような・・・
ワガママかなぁ!?
次に行く時は、同じ値段払うならば、ハンバーグのセットにアラカルトのチーズ料理をつける方がいいかな。と個人的には思いました。
・・・まぁでも、山の上の観光地。と思えば、十分な内容なのかもしれません。

ということで、ランチをのーんびり食べ、売店を見学して帰ってきました。
Pekiには、もう帰るの!?と若干不評でしたが・・・
だって、寒いんだもん!(苦笑)

そうそう。
〜2月末まで、レストラン神戸チーズを「利用」すると、次回使える六甲山牧場の入場券をもらえるキャンペーンをやってました!
これはウレシイ!
ハンバーグセットでもいいわけだし。
(・・・お茶でもいいのかな!?)
1,500円のセット食べて、500円の入場券もらえたらちょっと得した気分ですよね。
参考までに、入場券は6月末まで有効のものでした。

ということで、手元には3枚の六甲山牧場の入場券が。
(Pekiは元々無料です)

もうちょっと暖かくなったら、また行こう〜♪
posted by carrera at 17:18| 兵庫 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

福知山動物園

ちょっと前の話になってしまうのですが。
(またかい!)
お正月休み中に「福知山動物園」に行ってきました。

 福知山動物園(三段池公園内動物園):http://www.sandanike-kouen.or.jp/

今回の年末年始のテーマは「のんびり&お金を使わない」でした(苦笑)
が、一日だけはどこかに遠出しよう!ということになり。
ガイドブックを眺めながら、Pekiが楽しめそうな所をいくつかセレクト。
三木ホースパークや六甲山牧場なんかが候補にあがっていたものの、私が個人的に「遠く」に行きたい気分だったので、福知山をセレクトしました。

入場料:大人210円・子供(4才〜中学生)100円という辺りを見ると・・・はるばる高速道路に乗って出かける価値があるのか!?
と旦那に指摘されつつも。
ネットでさえも、ものすごーい少ない情報(苦笑)から、ほとんど全ての動物と触れ合えるアットホームな動物園。というイメージを持ったカレラ。
これは、きっとPekiも気に入るだろう!と、思い切って、出かけてきました、福知山まで。

が。
遠いですね〜、福知山。
お弁当抱えて、のんびり遊びに〜というには、ほぼ高速道路に乗りっぱなしで片道2時間弱は予想以上でした(^^;

それでも、何とか現地に到着。
が・・・目的地の「三段池公園」はあったものの、動物園らしきものは見えず。
というか、結論から言うと、ものすごーーーーく広いのです、三段池公園が。
駐車場に車を停めて、そこからPekiとのんびり丘を越えて歩くこと10分。
やっと動物の鳴き声が聞こえてきました。

目に入った動物園は・・・一目で「アットホーム!」が手に取るようにわかる所でした(^^)

まず、入り口。

hukutiyama1.JPG

ここが全ての窓口です。
入場料払って入るのもここ。
動物への餌を買うのもここ。
そして・・・何かトラブルがあった時に駆け込むのもここ(後で重要になるのです・・・)

そう、「動物の餌」と書きましたが。
ここの動物園のすごい所は、ほとんど全ての動物に、ここで買える餌を自由にあげれること。
(ペンギンだけはあげたらダメ。あと、餌の種類に制限のある動物はその動物がいる場所に注意書きがしてあります)
しかも、その餌が・・・幅10センチ×高さ15センチ程の紙袋にギュ!っと入った沢山の野菜やパンが・・・なんと、50円!
いやぁ〜、この値段はすごい!

あ、ついでに。
餌の量や種類は、その時々によって結構差があるかも・・・!?
私たちが最初に買った時は、大きな白菜3,4枚、人参を縦に切ったもの5本程、小分けにしたみかん1個分位、固形ペレットの餌15個位が入っていたのですが。
次に買った時は、白菜3,4枚と、パン耳10本程でした。
見ていたら、受付のおばちゃんが暇を見て袋につめていくので、まばらになるのかも(笑)

動物の種類は、行楽ガイドブックには77種いると書いてあったけど・・・そんなにいたかなぁ。
まぁでも、ここでは種類とかそういうことはあまり関係ないかも・・・!?とも思いました。

hukutiyama2.JPG

一番の人気者は、このテナガザルの福ちゃん。
まぁ、とにかく賢い!
ペットボトルを開けて茶を飲むわ、お客さんのバックから物を盗むわ(苦笑)
ついでに、カメラを向けると、クルリ!と背を向けます。
なので、↑は唯一正面が見える写真・・・

hukutiyama3.JPG

他は、こんな写真ばっかりしか撮れなかった・・・

そうそう、この福ちゃん。
テレビ番組の「天才!志村どうぶつ園」で、ぐっさんと一緒に生活していたお猿さんだそうで。
何かと、マスコミから人気のようです。
この日も、午後からTBSの取材が入っている。って言ってました。
でも、わかる気がするなぁ。。。だって、ホンマに賢い。

福ちゃんとは、直接触れ合えることが出来ます。
お膝に乗せたり、直接餌をあげたり。
・・・が、福ちゃんの方が明らかに一枚上手なので、危ないまではなくても、子供なんかは怖い思いをすることはあるかも・・・。
(私が見ていた間でも、小学生位の女の子が、髪飾りを福ちゃんに突っつかれていました(笑))
行かれる際はご注意を(苦笑)

が、このアイドル以外は、いたって地味〜な動物園。

hukutiyama4.JPG

こんな風景が広がっています・・・

亀・うさぎ、ヤギ、羊、リス、ポニー・・・
結構、地味な動物が多いかも。
でも、平和な動物程、目の前で餌をあげられるので、頑丈な檻に入っているクマなんかよりも、うさぎの方がうれしく思えてしまうのです。

ついでに、どの動物も「餌をもらうこと」に対して、すごい慣れている&貪欲で。
名前忘れちゃったけど、お猿さんの一種の動物さんなんて、バケツをこっちによこすのです。
それに餌を入れろと、ガンガン音を立ててアピール。
「・・・こう!?」と入れてみると、サササーっと紐で引っ張って中から餌を取って、パクリ。
そして、もう1個よこせ。とまたバケツを叩く(苦笑)

一番私がラブリー♪だったのは、アライグマさん。

hukutiyama5.JPG

え、くれる?くれる?

hukutiyama6.JPG

ちょうだいちょうだい!

hukutiyama9.JPG

ありがとう〜!

hukutiyama8.JPG

もっともっと!

そして、両手で持ってモグモグ食べる!
か、かわいい〜!!
私のみかんの全ては、アライグマに消えました(笑)

が、あまりにも平和で、事件も色々(苦笑)
私が豚さんに餌をあげていたら、もっとよこせ!と盛り上がった豚さんが・・・柵を乗り越え脱走!

hukutiyama10.JPG

脱走して、園内をきままに歩く豚さん(苦笑)

なんせ、入り口はフリーオープンだし、慌てて受付へ駆け込むカレラ。
・・・が、おばちゃん、慣れたもの。
「あぁ、あの豚ちゃんねぇ、せっかくお天気いいから外に出してあげたのにねぇ。」
と言いつつ、のんびり立ち上がってパン耳を持って、豚を呼びに。
しかも、豚さん、パン耳につられて、すぐに捕まる(笑)

このおばちゃんに限らず、園長さんをはじめ、とにかくみんなのんびり〜。
おじちゃん、おばちゃんばかりで、細かいことはあまり気にしない!
福ちゃんがお客さんから餌を奪っても、笑っているし(でも、ちゃんと新しい餌を1袋あげていました)、Pekiが豚が張り切りすぎてちょっと怖くなって泣いた時も、「豚ちゃんは、いつもそんなもんなのよー」とニコニコ。

・・・あぁ〜、ここ、平和だわ。と、なんだか、ほのぼのしてしまいました。


動物園の外(つまり、無料エリア)には、サル山もあり。
(ニホンザルの群れが住んでます)

公園内の児童科学館には、

hukutiyama11.JPG

こんな、プレイスペースも。
(但し、児童科学館は有料です。中には他にも施設はあるものの、大人630円は・・・正直、高いかな。)

公園内には、大型遊具も沢山ありました。
季節がよかったら、本当にいいところだと思います。

神戸から行くにはちょっと遠いし、若干地味ではありますが。
私は、とーーっても気に入りました、福知山動物園。

遠くへドライブに行きたい時、お近くをお通りの際は、よかったら行って見て下さい!!

posted by carrera at 18:08| 兵庫 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

木下大サーカス@姫路

姫路で開催されている「木下大サーカス」に行ってきました。
・・・1週間以上前に。

  書くんが遅いっちゅうねん!
  きっと一緒に行った友人はこれを見て、
  「もうブログにはそのことは書かないのかと思っていた。」
  と思っていることでしょう・・・(苦笑)

 木下大サーカス:http://www.kinoshita-circus.co.jp/
 姫路公演詳細:http://www.kinoshita-circus.co.jp/htmls/sche/sche-01.htm

きっかけは、友人から誘われたこと。
しかも、ありがたいことに「チケットあるんだけれど一緒に行かない!?」と。
あぁ〜、なんてウレシイお誘い♪
見たい!けれど、当日券2,800円は、なかなか勇気のいる金額。
それが、タダなんて〜☆
「いつでも行きます。予定ブッチしてでも行きます!」と即答(笑)

ということで、行ってきました、はるばる姫路まで。
姫路なんて、めっちゃ久しぶり〜。
・・・あ、いや、姫路セントラルパークに今年行ったっけ(笑)
姫路の繁華街は久しぶり!です。

親子3組で約束していたのですが。
当日朝になり、一組のお友達が
「娘がウンチでそう・・・だけれど出ない!で、出れない!」
と悲痛のメール。
うんうん・・・わかるよぉ。
そういう時って、無理矢理連れ出せないんだよねぇ・・・
ということで、先にもう1人の友人と行くことに。

  その友人は、開演30分後に現地到着しました。
  お疲れ様でした・・・☆

姫路まで・・・遠いと思っていたけれど、新快速乗って友達をしゃべっていたら、結構あっという間。
駅から子連れのんびり15分程歩くと、赤い大きなテント発見!
おぉ〜、サーカス!って感じ。

が、入り口の場所を間違え。
気が付いたら、真裏側に(汗)
・・・が、そのお陰で、待機中のキリンさんに出会うことが!
そして、Peki、大喜び!

・・・思えば。
Peki、ここが一番テンション高かった・・・

会場につき、入り口を入ろうとすると・・・
「こちらは指定席追加料金を払われたお客様のみです!」と通せんぼ。
じゃぁ、一般自由席は・・・!?と見れば、長蛇の列。
・・・もう開演間際やん、はよ入れてーな。
ということで、列にならぶと、開園10分前になりようやく入場。

そして、いざ園内(!?)へ。
中には、フード屋台が数件あり、観光地価格でもなく、良心的な値段で売られていました。
ポップコーン200円とか。
でも、軽食ばかり。
ランチを取るにはちょっと厳しいです。

そしてそして、テント内へ。
誘ってくれた時、友人が
「暖房完備だけれど、テントだし妊婦さんには寒いかもしれないかも!?」
なんて気をつかってくれていたのだけれど。
何のことはない。
中は・・・ビックリする程、暑い!!!!!
コート脱いでも、カーディガン脱いでも、まだ暑い。

そして。
開演前でも暗い(照明施設があまりないのです)!!!!!

・・・この2大基礎要素が子供達を不機嫌へと導いていくのです・・・

会場内は・・・一般自由席は平日にも関わらず8割程埋っていました。
(遠足(!?)の団体さんがいたのが大きかったかも)
追加料金の必要なエリアは、2,3割程度の客入りかな・・・

いよいよ開演。
Pekiさん、サーカス自体は前の日からかなりワクワクしていたようで、ずっと盛り上がっていたのですが。
場内の、蒸し暑い空気、くらーい雰囲気に若干引き気味。
そこに・・・ショーがはじまり。

最初はね、Pekiなりに、サーカスというものを楽しもうと結構必死だったんですよ。
いきなり泣き出した友人のお子さんに比べれば、まだ前向きやったように思います。
(つまり、いきなり泣き出した子、結構いました(^^;))

でもねぇ・・・子供にもよるのかもしれませんが。
危なっかしいことをしているのをひたすら、ひたすら見るのは。
2歳児にはあまり楽しくないのかも・・・
大体ね、人間の限界がまだわかってないと思うのですよ。
自分も、やれば出来る!位に思っているのかもしれないし、
遠くでなにやら大きな音を立てて「ジャーン!」とポーズを決められても・・・「はぁ!?」やったとしても無理はないかも。

Pekiなりに一生懸命、理解しようと舞台を見つめること30分。
いくつかの演目が終わり・・・とうとう動物さん、シマウマが登場!
あぁ〜、これでPekiも楽しめるものがきた!とホッとしたのです・・・最初は。

が。
ムチの音がピシ!っと響く中で、シマウマが不自然に並び、走り、列をつくり、挨拶し。
大人が見ればね、すごいなぁ!よく調教しているなぁ!って思うんですけれどね。
Peki・・・ニコリともせず。
むしろ、不機嫌・・・

極めつけは・・・火の輪をシマウマがジャンプして飛び越えて行った時。
そのシマウマを見て・・・Peki、ワンワンと号泣。

「熱い・・・熱いよぉ、シマウマさん、熱いよぉ・・・ダメダメ・・・」

う・・・
他はともかく、動物出てきたら喜ぶと思っていたのに。
子供って・・・ホンマ、純粋なんですね(汗)
まさか、そんなことで泣くとは・・・
何だか、私がやましいような、申し訳ないような気持ちさえ感じてしまいました。

そこからは。
舞台を見ることも嫌がるPeki。
必死に私にしがみついているから、タダでさえ暑いのに、余計に汗だくになるPeki。
・・・不機嫌連鎖です(汗)

後は・・・Pekiを抱っこしつつ、私は舞台を楽しみ。(でも、Pekiも気になり・・・)
途中の休憩時間に外に連れ出して、外気を吸わせてあげると・・・今度は戻るのをイヤがるPeki。
お友達が待っているよ。と何とか諭して戻すも、最後まで不機嫌なままでした。

もちろん、喜んでいた子もいましたよ。
もうちょっと大きいお兄ちゃんなんかは、手叩いて喜んでました。
まぁでも、Pekiみたいな子も少なからずいたことも事実・・・

で、肝心のサーカスですが。
めっちゃ久しぶりに見たのですが(小学生以来!?)、やっぱりすごいですねぇ。
私は「空中大車輪」なるショーがおもしろかったです。
Pekiが機嫌よければ・・・もっと楽しかったことでしょう(苦笑)

それと、私が感心したのが。
プログラムが変わるごと(結構頻繁)に舞台設営をイチからし直すんですよね。
その裏方さんがすごいなぁ。と思いました。
だって、ちょっとでもバランスが崩れれば大惨事になるような、命がけのセッティングですよ。
それを、お客さんの目の前で、あっという間にサササーっとスマートにこなしていく。
いやぁ、プロですね。
ショーに出ている人もプロでしょうが、裏方さんにも拍手!と思いました。

ついでに、テントの裏側も興味津々。
休憩中に隙間から覗いてみたら・・・テント横のプレハブのような所に住んでいはるんですねぇ。
洗濯物が干してあったり、折りたたみの自転車があったり。
サーカス団の旅なんて本にあったりもするけれど、ホンマにこんななんやなぁ。と何だか、妙にエエもんみた気分になりました。

・・・えぇ、相変わらず見ているところが違いますよ、私は(苦笑)

それと、これは補足です。
某サイトで木下大サーカスについて質問されていたことの1つに
「一般自由席じゃ、やっぱり見えませんか?」と書いてあったのですが。
そんなことなかったです。
斜めからだし、ちょっと遠いけれど、それはそれで楽しめます。
もっとも、ピエロの表情とか、細かい細部の芸は見えませんが・・・
もし指定席買われるならば・・・どうせならば、リングサイドAかBがいいと思います。

kinosita.JPG

写真は、サーカス終了後に象さんとの記念撮影を拒否するPeki(苦笑)
(象さんの真横で一緒に撮影は、ポラロイド写真1枚撮影1,000円です。これはサーカス入らなくても、公演終了時にサーカス入り口にいれば撮れます&見れます)

そうそう。
写真に写っている下敷き(もらいました)は、Peki、お気に入り。
帰ってからも、下敷きを見て「サーカス行ったね」と誇らしげ・・・
楽しかったのか・・・!?いや、絶対にそんなことはないはず・・・

ワシも行きたかった!とブーたれる旦那がいたので(って、出張中やったやん!)
「じゃぁ、Peki、お父ちゃんともう一度行く?」
と聞くと・・・
途端に顔色変えて「イヤ!」と走って逃げていきました・・・
・・・どうやら、イヤだけど、病院頑張った!とかのレベルでの、いわゆる「達成感」での誇りのようです(苦笑)

木下大サーカス。
2月20日まで、姫路で公演しています。
ご興味ある方、ご参考まで〜。

posted by carrera at 18:36| 兵庫 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

グアム話〜食事編そのB〜

グアムの話・・・
まだ聞きたい人・・・いますか!?

なんて、聞いて、誰も手を挙げてくれなかったら寂しいので。
さっさと書き上げてしまいましょう!!

  グアム日記。
  自分で読み返していて思ったのだけれど。
  やっぱり、旅行モンに写真が少ない。ってのは。
  決定的な致命傷ですね。
  だって・・・イメージ沸きにくいし。
  ・・・ねぇ!?
  例え妊婦だろうが、カメラは常に持っておくべきでした(反省)

さて、グアム3日目からの食事の話です。

この日の朝食は、ホテル内のレストラン「ら・ふらんす」で食べました。
洋食と和定食から選べます。

私は洋食をセレクト!
ホテルの洋食朝ごはんって、私大好きなんですよ〜。
朝に贅沢するのって、何だかすごい満ち足りた気分になるんですよね。
私の実家、日曜の朝に早起きして朝食に美味しいモン食べに行くのが大好きな家でございました。
(築地まで行って、市場でお寿司!とか)

で、ここの洋朝食は、期待を裏切らずに美味しかった〜。
別に、何てことないコンチネンタルブレックファーストなんですけどね。
飲み物・卵の調理方法・添える肉料理・パンの種類なんかを1つづつセレクトしていくのって楽しいじゃないですか。
ジュースは、りんごやオレンジはもちろん、グアバ、マンゴーなんかも飲み放題で。
朝から満喫〜でした。

旦那とじぃじは、和定食を注文。
こちらも、まぐろの刺身、温泉卵から納豆まで、日本の旅館で出てくるようなオーソドックスなものでした。
これまた美味しかったそうです。

値段は・・・確か、18ドル(約2,000円)程。
ま、ホテルでの朝食はこんなもんかな・・・
でもこの食事は、ツアー早期申し込み特典のクーポンを使ったのでタダでした♪

そしてランチは、前の日の夕飯に行く予定だった中華料理店「ディンタイフォン」へ。
ホテルから徒歩5分程の場所です。
ここは、ガイドブックで見て、私がセレクトしていたお店。
飲茶が安くて美味しい!と書いていたのだけれど・・・日本人観光客とみるなり、コース料理を薦められました(苦笑)
まぁでも、じぃじは飲茶はイマイチ!?という感じだったので、結局コースを注文。
3人前90ドル(約1万円)という、ランチにしてはお高いコースです。
でも、なかなか豪華なラインナップ。
ふかひれとカニのスープに始まり、牛肉の炒め物や小籠包、北京ダックまで出てきて(計7品かな!?)
しかも、どれも美味しい!
Pekiも大喜びで食べていました。
炒飯なんて、1人でがっつく、がっつく(笑)
ついでに、余った料理はランチボックスに入れて持ち帰れます。

ローカルが目立つ店で、決してキレイでもサービスがいい訳でもなかったですが。
味はなかなかのものでした。
ここは、オススメできます。

夜は、ディンタイフォンの向かい辺りにある、日本料理屋「横綱」へ。
本当はもっとローカルなものを最後に。と思っていたのですが・・・じぃじの胃がギブアップ気味。
ということで、ホテルからも近く、気軽に入れそうなこの店をセレクトしました。

が、これが大正解!で。
日本並の美味しいお寿司なんかを食べることが出来ました。
私は、カルフォルニアロールが美味しかった〜。
本場(!?)だけあって、日本で食べるのより、格段上でした。
旦那は、ソフトシェルクラブのから揚げを見つけて大喜び!
日本じゃあまり食べられないですもんね。
そうそう!ここでは「ポキ」もあって。
「ポキポキ・・・」となっていた私には、念願叶ったり!でした。
(ついでに、日本帰ってからも作りましたよ〜「ポキ」)
Pekiは、枝豆にお茶漬けに・・・久しぶりの和食に「本当に美味しいねぇ」とシミジミしていました(笑)

そうそう。
ここのお米は、ジャパニーズライスでした。
聞けば・・・「パールライス」を使っているそう。
やっぱり、胃にしっくりきます。

値段は・・・日本のお寿司屋さんで食べるのとあまり変わらないかな!?
4人で食べたいだけ食べて、飲んで、サービス料チップ込みで200ドル弱(約23,000円)でした。
私たちは頼まなかったけれど、定食なんかのセットものは高く感じました。
(トンカツ定食20ドルとか)

さてさて。
日本に帰る日となりました。
朝食は、ホテル内のもう1つのレストラン、「パームカフェ」で食べました。
こちらは、ビュッフェスタイルです。

・・・が。
こっちは、ハズレ(涙)
味もサービスも、「ら・ふらんす」に比べると格段に下がります。
食べ放題だけれど・・・美味しいもんがなかったら意味ないよ・・・

値段はほぼ一緒(こっちのが高かったかも!?)
・・・もう一度、「ら・ふらんす」に行けばよかった・・・

そして、ランチは時間がなかったので、2日目に行った、ホテル横のモール内のフードコートで適当に。
・・・ホンマに適当で書くことない位です(苦笑)

そしてそして、空港へ。
機内では、夕飯の機内食が出ました。

行きと同じく、キッズミールは驚くほど早く出てきた!
・・・けど、Pekiさん、離陸と同時に寝てしまったので意味なし(苦笑)
結局、起きてからもボケボケで、最後まで全く手をつけずでした。

内容は・・・

・何かのフライ(白身魚!?)のバーガー
・低脂肪牛乳
・サラダ
・M&Mのチョコレート

・・・Pekiには食べるものがなかった。と言った方がいいかも(苦笑)
あ、牛乳だけは飲んでいました。

大人は、「チキン?orビーフ?」のセレクトディナー。
私はチキンを、旦那はビーフをセレクト。
チキンは・・・カレーソースがけ、パサパサライス添え
ビーフは・・・ビーフストロガノフ(と言うが、固い肉にデミグラスソースがかかったようなの)、のびのびパスタ添え
そして、どちらも、サラダ、パン、フルーツがついていました。
ま・・・ありがちな、イマイチ機内食でした(苦笑)

イマイチな機内食に出会う度に。
いつか、国際線ビジネスに乗ってやるぞ!と決意するカレラ。
かれこれ、数十回飛行機に乗っているハズですが。
・・・いつかこの夢は叶うのでしょうか!?


そんなこんなで。
グアムでの、グアムらしからぬ(!?)食事のご紹介でした。


えー。
これで、一応、グアムでの話は全てなんですけれど・・・
他に、聞きたい話あります!?
あったら・・・リクエスト下さい!
可能な範囲で書きたいと思います。

posted by carrera at 17:02| 兵庫 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

おかあさんといっしょファミリーコンサート@大阪

ネタがね。
沢山あるのですよ。
・・・さぼり気味な上に、イベント盛りだくさんで(^^;

ということで、グアムのことは(またも)さておき。
今日は、昨日行ってきた「おかあさんといっしょ〜ファミリーコンサート」のことを書いておきたいと思います。

奇跡的(!?)に抽選に当たって購入することができた、ファミリーコンサートのチケット。
 当選!:http://carrera711.seesaa.net/article/28266244.html
当日までも、ワクワク、ワクワクワクワク・・・私が(笑)

そして、いざ、大阪へ!
大阪まで行くことって、子供産んでからめったになくなってしまったので、正直、遠いよなぁ。という印象。
Pekiがずっと電車でいい子にしていられる・・・かな!?
ということで、当日の朝まで悩んだ結果、車で行ってきました。

道は空いていて、思っていたより早くNHK大阪ホールに到着。
お陰で、NHK地下の駐車場にとめられたけど。
・・・開演まで1時間以上あるよ(^^;

nhk5.JPG

NHK大阪。
かっこいい建物。金持ちだよなぁ〜。
・・・受信料、ホンマに必要!?(ボソ)

ということで、まずはグッズ売り場へ・・・Pekiが勝手に走り出す(苦笑)
「あ!ジャコビーーー!!!!!」
・・・なぜか、前日から、しょうこお姉さんでも、ゆうぞうお兄さんでも、スプーでもなく。
ジャコビに会うのを楽しみにしているPeki。
好きだったなんて知らなかったけどなぁ・・・。

が、いざジャコビのグッズを目の前にすると。
「・・・」
無言のPeki。
やっぱり好きちゃうやん。

そして、何事もなかったように
「あ、スプー!」
と、スプーグッズ売り場へ・・・行きつつ、横にあったアネムを指差し
「これこれ、これ、買うねー。」
・・・アネムが好きってのも初耳なんだけれど・・・
(普段は、スプーかズズ)
「ホンマにアネムでいいの?1個だけなんだよー!スプーじゃないの!?ズズはいいの!?」
と何度も念を押すカレラに、旦那は一言。
「・・・Pekiに選ばせたれ。」

ということで。

anemu1.JPG

これを買いました。700円也。
Pekiは、上のアネムよりも、下の風車の方が気に入っている様子(^^;

その後、NHK大阪内のBKプラザを見学し。
 BKプラザ:http://www.nhk.or.jp/osaka/bkplaza/
横にある大阪歴史博物館・・・は有料だったので(苦笑)、そこのロビーでやっていた「わくわく子ども教室『手作りおもちゃで遊ぼう!』」に顔を出してみました。
老人ボランティアの方たちがやっていて、昔ながらのおもちゃなどの手作り体験が出来るコーナー。
ここが、予想以上におもしろかった!

松ボックリで、こんな素敵なツリーを作れたり。(写真ボケてた・・・)

tree1.JPG

他にも、こんな色んなおもちゃを作ったりくれたりしました。

omotya1.JPG

左は針金をグルグル回って落ちるおもちゃ。
右上は折り紙と楊枝で作ったコマ。
右下は逆に折るとピョンって跳ねるおもちゃ。
(どれも正式名称はナゾ・・・)

常設ではないそうですが、親切なおじいちゃん、おばあちゃんばかりで、これはなかなか行く価値ありです。
(でも・・・いつまでやっているのかナゾ・・・
 HPにも期間は書いてないのです。
 この週末だけだったのかな・・・!?)
Pekiも、大喜びで遊んでいました。
本音を言えば、ここでもっとゆっくりしていきたかった〜。

そんなこんなで、開演間近。
慌てて、NHKホールへ。
席についた時には・・・既に5分前(^^;

そして、いよいよ開演!です。

コンサートの内容は・・・ネタバレになるので詳細は書きませんが。
歌、ぐーちょこらんたんのお芝居、ミュージカル、ズーズーダンス、まねっこピーナッツ、ぱわあっぷ体操など、盛りだくさんの1時間15分でした。
アンコールでクリスマスの歌を歌ってくれたのもうれしかった〜。

で、Pekiさんは・・・
最初の30分は夢中で見ていました。
が、途中のミュージカルで中だるみ・・・ゆうぞうお兄さんもしょうこお姉さんもたぬき&うさぎのコスチュームだったのがイマイチだったみたいで(苦笑)
思っていた程はウケてなかったかなぁ。
でも、周囲を見渡すと・・・ノリノリの子、3割。
寝ている子・泣いている子・イマイチそうな顔の子、7割という感じでした。
テレビで見ていると、ノリのいい子だけ映すからそういうもん!?と思っていたら、そうでもなく。
まぁ、そんなもんなのかな・・・!?

でも、私は思っていた以上に楽しかった〜。
しょうこお姉さんと、ゆうぞうお兄さんの生歌が、本当に素敵だったんですよ☆
よかったのは(ここだけネタバレ)・・・「流れ星」と「ママゴリラ」。
「流れ星」は、しょうこお姉さんの澄んだキレイな声を、ゆうぞうお兄さんの優しい声のハーモニーにうっとり。
「ママゴリラ」は、いつも以上に気合が入りこぶしが効いていたしょうこお姉さんのパワーに圧倒!
いやぁ、この2曲だけでも行った価値ありました。
願わくば・・・ぐーちょことか、お芝居とかどうでもいいから、歌だけもっと沢山聴きたかったなぁ。

そうそう。
入場すると、子供には、パンフレットなどがもらえます。

goods1.JPG

予想以上にこれが内容盛りだくさん!
パンフレットの中は塗り絵・間違い探しにシールまであるし。
Peki大喜びでした。

また次も行きたいなぁ〜。
次も当たって下さい〜 m(゚- ゚ )カミサマ!

posted by carrera at 23:01| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

グアム話〜食事編そのA〜

今日はまたもグアムの話を・・・

  ・・・もしかして、みんな、もう飽きてきた!?

さて、グアム到着翌日。
この日は朝から義兄の結婚式。
会食も10時半〜と早いので、朝食は軽く、近くのABCストアで買っておいたおにぎり等を食べました。

これがね。。。
涙が出る程、まずかった・・・
ご飯がとにかくパサパサなのですよ。
塩っけもあまりなく、なぜおにぎりの状態を維持しているのか・・・!?それは、おそらく、固くプレスしてあるから。
このおにぎりが、1個$1.99(約230円)。
高いよぉ・・・まずいよぉ・・・
まだ、いなり寿司の方が随分マシでした。
(あ、でも、手巻き寿司とセットで2つだけ入って売られているいなり寿司はおにぎりより不味かった・・・)
ついでに、一緒に買ったカットフルーツセット(マンゴー・メロン等)も高かった割には青くて固くて・・・
うーん、何にせよ、朝からガッカリな食事でした。。。

で、ランチは、結婚式の会食。
店の名前・・・えーっと、何だっけ(汗)忘れた・・・
とってもキレイで、ウェディングレセプション専用!?のような1軒屋レストランでした。
一面に取られた部屋の窓のすぐ下は海で、バルコニーにも出られて。
恋人岬も望めて、最高の見晴らし!

で、食事はそれ以上に美味しかった〜。
イタリアン・・・というか「日本食」でした。
いや、和食じゃないんですよ。
日本で食べる洋食って感じです。
たぶん、日本人シェフなんじゃないかなぁ・・・!?
盛り付けもキレイで、繊細な味で。
そんじょそこらのホテルでの結婚式なんかよりも美味しい食事でした♪

ここで・・・唯一グアムを感じたのが、前菜ででてきた「ポキ」
(ホンマは、ハワイ料理なんだけれど・・・)
これが美味しかった〜。
ポキを食べたのは初めてじゃないんだけれど、妙に美味しく感じたんですよねぇ。
それ以来、私の頭は「ポキ食べたい。ポキポキ・・・」となるのです(苦笑)

夕飯は、Pekiが寝てしまったこと、スコールのような大雨で外に出られなかったこともあり、ホテルにつながった「ザ・プラザ」というモール内にあるフードコートで食事。
お店は、4軒程だったかな・・・?
「うどん・そば」の店もあり、日本語満載!・・・の割には、日本人よりもローカルが目立つ、珍しい場所。
うどん屋さん以外は、中華・韓国料理の店ばかりですが、これがまた安いのです。
「PANDA」(パンダエクスプレス・・・と思います)は、炒飯+焼きそば+ウーロン茶+スープ+サラダ+料理10種類程から3種セレクトで、$5.99(約700円弱)。
若干油っぽい+中には冷たい料理もあるものの、まぁ、日本で食べるファストフード中華。って感じです。
Pekiは、炒飯とスープが美味しかったらしく、かなりの勢いで完食。
じぃじは、Pekiの食べ残しを食べつつ、ビール三昧。
缶のキリン一番絞り(アメリカ製)が1本2ドルという格安で飲めたのもあって、満足そう。
(じぃじ、ミラーやらバドやらは薄くて嫌いだそうで・・・)
旦那はうどん屋さんできつねうどんを注文。
これは、6ドルか7ドル(700〜800円)位だったかな・・・?
でも、おにぎりが1個つくし(このおにぎりは美味しかったです。スパムにぎりがオススメ)、うどんの玉も1.5玉ほどあるし。
何より、関西風!昆布出汁で、思いのほか美味しいのですよ〜。
結構ビックリでした。
旦那はかなりこのフードコート、気に入っていました。
安く済ませたい場合は、オススメかも。
私個人的には・・・夕飯にフードコートかいな。とちょっと思ったのだけれど。
ま、でも、雨で出られなかったので仕方ないし、何より・・・安さには勝てません(笑)

キリがいいので、今日はこの辺で。

次回、最後まで書き上げますね。

posted by carrera at 16:53| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

グアム話〜食事編その@〜

さて、またも更新が滞っておりますが。
忘れないうちに(苦笑)、グアムでの食事の話を書いておきたいと思います。

先に断っておくと・・・
じぃじ(義父)が全ての食事において一緒だったので、正直、食事も「若いモンや子供好みの店」中心ではなく。
じぃじ(まぁハッキリ言えば、年寄り)でも食べられる店セレクトになっています。
・・・まぁ、そんなに気を使ったわけでもないんですけどね。
そんなに注文つけられた覚えもないし。

まずは、セントレア発コンチネンタル航空での機内食。
初めて、機内食の「キッズミール」なるものを目にしました。
内容はさておいて、何がうれしかったって、とにかく早くに出してもらえること!
これが早かったおかげで、どれだけ機内で助かったことか・・・
なんせ、シートベルトサインが消える前に出てきました。
大人の飲み物なんかより、勿論、先。
Peki、勿論、大喜び!
これを楽しみにさせつつ、離陸時のシートベルトも我慢させたし(^^;

で、肝心のキッズミールの内容は・・

・チーズバーガー
・フルーツポンチ
・プリン+生クリーム
・りんごジュース

・・・おいおい、甘いもんだらけやん!
と思ったけれど。
まぁ、仕方ない。
チーズバーガーは、アメリカン!なハンバーグ、ドーン!ボリューム、ドーン!って感じのかなりしっかりしたものでした。

Pekiさん、チーズバーガーは半分食べて「もうお腹いっぱい。」
甘いもんは別!?・・・と思ったけれど。
フルーツポンチは食べたけれど、大好きなプリン+生クリームはほとんど手をつけず。
りんごジュースもあまり飲まず。
・・・Peki、甘いもんが続くと「もう、いいよ。」となるのです。
私もそうだから、似ているのかも・・・!?

そうそう。
大人の機内食は・・・

・海老とアサリのカクテルサラダ
・ハムとチーズのホットサンド
・チョコケーキ

でした。
ホットサンドが(・・・だけ!?)美味しかったです。

さて、グアム到着し、その日の夕飯は・・・
「FRIDAYS」
・・・ご存知な方は「ベタな!」と突っ込む所かも!?(笑)

 FRIDAYS:http://www.tgifridays.co.jp/

まぁ、グアムもアメリカ。
一度は、アメリカンなレストランに顔だしておきましょ。
胃が元気なうちに・・・(苦笑)
ってなことです。

Pekiが食べれるかなぁ・・・?というのが一番の問題だったんですけれど。
が、そんな心配は無用。
「キッズメニュー」がちゃんとありました。
っていうか、子連れにすごい親切!
入っていきなり風船をプレゼントされ、大喜びのPeki。
(が、フワフワ浮く風船が食事中常に頭上にあるのは・・・正直、邪魔!でした(^^;))
席につくと、ぬりえになったキッズメニューの紙がおいてあり、クレヨンも3本プレゼント。
至れりつくせり!でした。

Pekiは、チーズサンド、私はフライデーズバーガー、旦那はリブステーキ、じぃじはサーモンを注文。
味は、フライデーズの味(笑)
(アメリカで何度も食べたことあるのです)
よくも悪くも、アメリカンな味付けです。
じぃじは「なぜサーモンにこんな甘いソースを!?」とずっと不満そうでしたが・・・(苦笑)

あ、Pekiは・・・チーズサンドは不服だったようです。
パサパサ・・・とブツブツ言いつつ、一緒についてきた山のようなフライドポテトばかり食べてました。。。
チーズサンド、トーストされていたのがダメだったのかなぁ・・・!?
あ、ついでに、りんごソースをつけるようになってました。
(Pekiには怪しいソースに見えたのか、一度もそれをつけて食べることはなく・・・)
じぃじ、またも「なぜ甘いソースを・・・?」と疑問そうでした(笑)

あれあれ・・・?
初日、2食だけでこんなに沢山・・・
・・・食事の話は気長に書きましょうか(苦笑)

ということで、今日は「その1」ということで・・・
また、次回、翌日の食事を書きますね。
posted by carrera at 18:30| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

グアム話〜結婚式編〜

さて、グアム話、第三弾。
メインディッシュ(!?)の結婚式の話です。
なんせ、これ目的で妊娠初期の身体をおしてグアムまで行ったわけですから(^^;

お義父さんも、親戚一同、ご近所様も。
待ち望んだ、義兄の結婚。
なんせねぇ・・・田舎のいわゆる「本家」の長男ですから。

  正確には「本家」でなく「新家」になるらしいけれど。
  ・・・100年以上さかのぼれば。
  でも、「本家」が滅んでいるので、今や「新家」が「本家」らしいです。
  私も正直よくわからない・・・

義父も、実は子供のいなかった先代へ家を継ぐ為に養子で入っているそうで。
口には出さないけれど・・・「家」のために小さい頃から苦労したんだろうなぁ。なんて思ってみたり。

あ、話がそれましたね。
あい、スミマセン。

まぁ、そんなこんなで、待ちに待った、念願のご結婚なわけでございます。

ホンマは本家の長男たるもの、親戚は勿論、ご近所様や寺関係まで呼んでのお披露目結婚式。というのが通例らしいですが。
とは言え、義兄もそこそこいい年。
相手の希望もあり・・・本当の身内だけでの、海外挙式。披露宴もナシ!という田舎ではなかなかチャレンジャーな結婚式となりました。

きっとね・・・ここまでくるには色々とあったハズ。
だって、次男の旦那の時でさえ・・・やれ海外挙式はあかん、レストランなんて失礼だ。と色々コメントがありましたから。
義父はね、理解があるのですよ。
こっちの話も聞いてくれるし、「自分が文句言われれば済むことならばそれでいい。」とハッキリ言ってくれるので。
まぁ、そうじゃない親族もいるわけで・・・
でも、長男たるもの、そんなことに負けない位じゃないといけないのかもしれません。

ということで。
 新郎側:義父・旦那・私・Peki
 新婦側:お父さん・お母さん・弟さん夫婦(新婚1ヶ月!)
という、極少数での結婚式でした。

式場は、前にも写真載せたけれど。

guam3.JPG

こんなところ。

朝からの式ということもあり、軽く朝食だけとったらお迎えの車にのって式場へ。
式場までは車で5分程。

さっそくチャペルに入ってみると・・・寒い!
なぜこんなにクーラーかけるかなぁ・・・
式を取りまとめてくれたワタベウェディングの方曰く「空調調整が出来ない!」そうで。
あまりの寒さに、新郎新婦が到着するまで外で待っていることに。

肝心のPekiは。
ずっと話してきた「結婚パーティー」に心ウキウキ。
「パーティー、出る!イヤィ!」とチャペルの外に出るのを嫌がった程。

が。
このウキウキが裏目に出ることになるとは・・・誰もこのときには予想できず(汗)

guam9.JPG

外で遊ぶ、じぃじ・Peki・私。
(私が写っている写真は本邦初公開!?でも、私、髪の毛アフロ(涙))
海も空も芝生もチャペルもキレイですよ〜。
楽しかったですよ〜、・・・このときは。

そうこうしているうちに、新郎新婦が到着したとのことで、チャペルへ。
男前の神父さんがやってきて、両家ご両親へ片言日本語でご挨拶。
ビデオ・カメラ撮影舞台も登場。

・・・が、この辺りからPekiさんの態度が一変しだすのです・・・

神父さんの真っ白衣装にビビりだすPeki。
周囲の結論としては・・・医者に見えるのか!?
外人さんに対しての拒否反応はなかったから、衣装だと思うんだけれど・・・
しかも、みんな、Pekiに対して「オォ〜、カワイイネェ!」とか「ベィビーちゃーん!」などと手をふったりほっぺをツンツンしたり。
それがまた、逆効果・・・

そして、式本番。
ドアが開いたと思ったら・・・
これまた、真っ白な衣装を着た新郎・新婦が登場。
しかも、さっきPekiが歩こうとして怒られた真っ赤な絨毯の上(バージンロード)を颯爽と歩く二人。
Peki・・・またも硬直(汗)
さながら顔は・・・
「こ、こいつらも医者かー!?」
「そこは歩いたらあかんのよー!」
「なんで、そんなに黙っているのよ。何するのよ!?」

式の最中に泣き出さなかったのが奇跡とも思える程、Peki不機嫌この上なく・・・
ずっと抱っこ!で私の胸にしがみつくPeki。
おそらく・・・結婚式に抱いていたワクワクした期待と現実のギャップも大きかったんだろうなぁ・・・

そして。
式が終わり、写真撮影タイムとなった途端に・・・待っていたかのように、ワンワン泣き出しました。

泣くPekiに「オォ〜、ベビチャーン、ドウシタノ?」と片言日本語で話しかけてくるスタッフさん。
そして、それに余計に泣くPeki。
日本人スタッフのお姉さんも慌てて駆けつけ「どうしましたか?」
いやぁ・・・たぶん、神父さんも新郎新婦もお医者さんに見えたのかも・・・
なんてことを言い、心配ないです。と言うと。
スタッフのお姉さん、みんなにそれを英語で説明。
すると、ドッと起こる笑い。
「赤ちゃんの考えることはカワイイなぁ〜」ってなことなんでしょけれど。
Pekiは、自分が笑われたとわかり・・・顔をうずめて余計に号泣(汗)

外に出て、医者じゃないよ僕だよー。とお義兄さんが顔を見せるも。
・・・実は、そもそも、義兄が苦手なPeki。
(小さい頃から、ものすごくフレンドリーにPekiに近づいてくるので、Pekiには怖い存在なのかも・・・)
余計にイヤイヤ状態。

もうね、こうなったらどうしようもありません(苦笑)

結局、Pekiの不機嫌はその後の会食パーティーまで続き。
トレーンベアラーなんて話はそっちのけ。
(会食パーティーでやるハズだったんですけどね・・・)
唯一、Pekiから二人への花束贈呈だけは、会食最後に出てきたケーキに釣られ、じぃじに抱っこされ何とか渡しましたが・・・
(でもそれも、じぃじが持っている花束にギリギリ手を添えていた程度)

guam10.JPG

何だかねぇ。
義兄夫婦主役というよりは、半ば、泣くPeki1人舞台状態になっていて。
私としては、若干申し訳ないような気持ちにも・・・
(でも、どうしようもなかったんだけれど・・・)

しかも、Pekiにとってはあまり楽しいイベントではなかったわけで・・
会食終了し、ホテルに戻ってきたPekiが水を得た魚のようになったことは事実です。
そして、1つ言えるのは。
義兄苦手意識が強まったのは・・・間違いないかも(^^;

それでも、Pekiなりに「結婚パーティーに出た!」ということは思い出になっているらしく。
式終わった後には「あのね、Pekiちゃんね、パーティー出た。」と何度か満足げに話していました。
それはそれで「?」が残るのだけれど・・・

まぁ、そんなこんなの式でした。

あ、状況報告だけで私の感想が抜けてましたね。

身内の結婚式って始めて出たんですけれど。
何だか・・・不思議な感じですねぇ。
友人とかって、言ってみれば「外の顔」メインで見て付き合っているじゃないですか。
だから、ドレスやタキシード着てビシっとしているのを見ると「おぉ〜晴れ舞台!」って感じがするんですけれど。
義兄のように、実家でその辺に転がっていたり、寝癖だらけの姿とかしか見たことないような人が「表舞台」に立っているのを見ると。
めでたいとかそういうこと以前に、不思議な感じがしました。
友人の結婚式だと、あぁ私も何年も前に・・・と回想したり、新鮮な気持ちになったりするんですけどねぇ。
正直、そういうのもあまりなく。
普段と違う義兄をキョトンと眺めていたような感じでした。
・・・まぁ、今回はPekiがこんなで私もいっぱいいっぱいだった。ってのもあるのかもだけれど(^^;
でも、これが、小さい頃から一緒だった自分の妹の結婚式だったらどういう風に感じるんだろう・・・!?なんて思ったりもしました。


さて、次回は、食事の話を書きますね。
私には、これが一番書きやすい話題かなぁ〜。
食べること位しかしてこなかった。ってことなわけだけれど(笑)

次回も焦らずのんびり書かせてもらいます。
気長にお待ち下さいまし。。。

posted by carrera at 02:41| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

グアム話〜日付別編〜

さて、グアム話第二弾です。
今回は、グアムでの日々を日を追ってダラダラ書いていきたいと思います。


〜初日〜

朝、7時過ぎに旦那の実家を車で出発、セントレア(名古屋)から一路グアムへ。
写真は飛行機乗る前のワクワクPekiさん。
チケット・・・逆だよ(^^;

guam2.JPG

飛行機は予定どおり、現地へ16時に到着。

が、イミグレ(入国審査)が山のような人の列(汗)
Peki「順番、おそいねぇ・・・」と暇そう。
審査事態はものの数分だったのだけれど、空港出るまでに1時間以上かかりました。
ついでに、イミグレで聞かれたのは

「グアム、はじめて?」→ Yes
「滞在日数は?」→ 4days
「楽しんできてくださいねー。」→ Thank you!

相手は日本語、こちらは英語(笑)

Pekiのバギーと携帯電話をレンタルし(事前予約)、旅行会社の専用バスでホテルへ。
ホテルは「アウトリガーホテル」。
一番繁華街にあると思われるホテルで、実際、ちょっと食事に、買い物に。ってのにも便利でした。
海にも面しているし、プールもあります。
お客さんは・・・おそらく、ほとんどが日本人。

ということで、何だかんだとホテルについたのは18時近い時間。
荷物を整理し、着替え、近くのレストランで食事&近辺をちょこっと散歩。
そして、翌日は結婚式で朝が早いので、翌朝食用に近くのABCストアでおにぎり等を購入し、早めの就寝。

そうそう。
部屋は、じぃじと私たち家族とで2部屋つながりのコネクティングルームを予約。
室内でつながっているので、Pekiは大喜び。
私も最低限のプライバシー(というのか!?)も保たれて、心置きなくのんびりできました。


〜二日目〜

6時半に起床。
朝8時過ぎにお迎えが来て、結婚式会場へ。
式場はこんなところ。

guam3.JPG

式&会食が終わりホテルに戻ったのは13時すぎ。

Pekiとじぃじ、旦那はそこからホテルのプール&海へ。
旦那は「寒い!」と言うも、Pekiは大はしゃぎで楽しむ。
私は・・・最初は部屋でのんびり〜。
でも、暇になり、プールサイドへ。
結局、2時間程遊んでいました。

部屋にもどり、シャワーを浴びて、みんなで休憩タイム。
じぃじ&旦那はさっさと昼寝に入るも・・・肝心のPekiが寝ない!
1人で興奮して、歌を歌っては「みんな、ありがとう〜!」とステージ(!?)上から観客の私に手を振るという「Pekiオンステージ」が1時間程続きました(笑)

 そうそう。
 Pekiが歌っていたのは・・・
 「キラキラ星」「クインテット」「ぼくはくま」なんかにくわえて、なぜか・・・
 『ひょうごー。わくわく。げんてー。わくわく。
  じぇいえーばんくひょーご、わくわく。きゃんぺーん〜♪』
 ・・・なぜ、JAバンク兵庫!?
 もちろん、手のひらを広げて「わくわく」と動かしてました。。。
  JAバンク兵庫わくわくキャンペーン:http://www.jahs.or.jp/campaign/wakuwaku06/wakuwaku2006R.htm
 渋い!渋いぞ・・・Peki。

私は・・・なんせ何もしてないから、眠たくもない(笑)
ということで、旦那を起こして、夕方には街へ出て、ブラブラ&食事に行くことに。

が。
ホテルの下に降り、ふと外を見ると・・・スコールのような大雨が。
そして、それを見たPekiさん。
ここに来て、一気に眠気が・・・
「抱っこぉ・・・」
と旦那に抱っこしてもらったと思ったら・・・3分後には熟睡。

仕方ないので、ホテルからつながっているショッピングモール内のベンチで雨が上がるのを待ちつつ休憩。
結局、交代でPekiの番をしつつ、小1時間程そこにいることに。
Pekiが起きるも、雨が上がらないので、夕飯先を変更し、モール内のフードコートへ。
簡単に食事をとると、Pekiさん、またも絶好調!大興奮!!
ということで、夜の街に繰り出すことに。

そこから、ホテル街とショッピングモールを結んでいるトローリーバスに乗ることに。
赤いバスで、グアムに着いた時からPekiが乗りたがっていたもの。
チケットは、フリーパスがツアーについていたので乗り放題!

guam4.JPG

グアムの繁華街はクリスマスのイルミネーションがあちこちにあって、夜バスに乗るとキレイ!でした。
Peki、もちろん、大喜び。
「うゎ〜、キレイ!あ〜、来てよかった!」と叫んでは、周囲の人たちの笑いを誘っていました(笑)

バスに乗ったものの、行くあてもなく、周回バスなのでまたホテルまでそのまま戻ればいいかなぁ。と思いつつも、結局、途中の大型スーパーマーケット前で下車。
旦那とPekiはオモチャ売り場を探検。
私はじぃじのお土産選びにお付き合い。
30分程滞在して、またバスに乗ってホテルへ。

部屋に戻ったのは9時半頃だったかな。
お風呂に入り、就寝したのは10時半頃。
でも・・・私、疲れてないからか、気が張っているからか、あまりよく眠れずでした(苦笑)


〜3日目〜

何の予定もない一日。
朝食はホテル内でとり・・・さて、どうしよう!?と大人3人考えていると。
「あのね、Pekiちゃんはね。プール!」とアピールするPeki。
・・・しゃべれるって、便利やなぁ(笑)
ということで、朝食後、一休憩してからプール&海へ。
私は溜まった洗濯物をセレクトしつつ、これは洗わないと。というものを抱えてコインランドリーへ。
旅先でも貧乏性やなぁ〜なんて思いつつ(大概、洗濯しています・・・)、待っている間はプールサイドのベッドでのんびり。

プールサイドでは1人のんびりと1時間以上も・・・

guam6.JPG

こんな景色や、

guam5.JPG

こんな景色を、ボーっと眺めていました。
つまり・・・暇でした(苦笑)

ランチは、近くの中国料理店で。
その後、Pekiをバギーに乗せて近辺をフラフラお散歩し寝かしつけ。
ホテルに戻り、ベッドに寝かせると・・・3時間熟睡。
旦那とじぃじも昼寝。
私・・・またも暇(^^;

Pekiさん、やっと起きたかと思うと、早々から「あのね、赤いバス、乗ろうねぇ。」と、またもバスに乗る!とアピール。
ということで、またも夕方からバスへ。

そうそう、バスの車内はこんな感じ。

guam8.JPG

私が行ってみたかったマイクロネシアモールに行こう!と勝手に張り切っていたら・・・この日は日曜でモールは18時閉店。
バスが到着したのは・・・17時50分。
無理だよ・・・(涙)
ということで、グアムプレミアムアウトレットへ。

が。
アウトレットなんぞに興味ある人は・・・私以外誰もいない(涙)
まぁ別に欲しいもんもないし。と私も早々に諦め、近くのスーパーマーケットへ。
ここは、私たちが行った中で唯一。と言っていいほど、ローカルな場所でした。
夜食・おやつ用にメロンやじぃじのビールなんかを購入し、バスに乗りホテル近くに戻り、夕飯。
部屋に戻ったのは・・・またも21時半頃。
この日は、さすがに前の晩眠れなかったのがきいたのか、ぐっすり眠れました。


〜4日目〜

今日は帰国日。
朝食をホテル内で取り、12時チェックアウトまでのんびり。

私は・・・やっと初めて個人的な外出を認められ、近くのお店へお土産探しへ。
約束の1時間弱程で戻るも・・・大したものは買えず(汗)
結局、チェックアウトしてから、若干駄々をこねて(苦笑)またも近場へお土産探しへ。

最低限のものだけ購入し戻ると・・・もう13時近く。
空港行きのお迎えバスが14時に来るので、慌てて昼食をとり、冬服に着替えると・・・バスが到着。

空港まではバスで15分程。
近いよなぁ〜。
これは、ホンマ、便利でした。

チェックインし、手荷物検査も済ませ、待合場所でのんびり。
・・・と見せつつ、免税店でお菓子を購入する抜け目のない私(苦笑)

すると・・・旦那が「おーい!早く来い!」と呼びに。
なんじゃいな・・・と思って見に行くと・・・。
ん?デカイ人!?・・・と思ったら、アントニオ猪木さんがいました。
「昨日の夕飯帰りにもワシ見たで!そっくりやなぁと思っていたけれど、まさか本人とは!」
いささか興奮気味の旦那。
見ると、ジャケット羽織って、赤いマフラーして・・・そのまんまやん!
「写真撮ってもらおう!」と張り切る旦那に「イヤイヤ・・・プライベートでしょ。」と水をさす冷たいカレラ。
「でもさっき撮ってもらっていた人いたで・・・」
ブツブツ言う旦那。
・・・実はミーハー!?

 アントニオ猪木さんのこの日のブログ:http://www.toukon.tv/blog/inoki/d_20061211/

参考までに、義兄はビジネスクラスのチケットだったので、空港内のVIPルームでも一緒だったそう。
ブログによるとパラオの大統領と一緒だったとか!?
私的には、大統領の方が興味あるなぁ〜。

飛行機からは、こんなキレイな夕日が見れました。

guam7.JPG

ということで、あっという間!?の3泊4日でした。

次回は、結婚式の話を書きますね。
メインイベントだけあって・・・まぁ、色々ありましたよ(苦笑)
お楽しみに・・・!?
posted by carrera at 14:28| 兵庫 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

グアム話〜導入編〜

さて。
お待ちかね(!?)の、グアム話です。

北海道の時と同じように、何回かに小分けにして書き込みしますね。
じゃないと、私のつたない文章力ではまとまらずに膨大な文章になってしまう恐れがあるので(苦笑)

今のところの計画では。

 @ グアム話〜導入編〜
 A グアム話〜日付別編〜 
 B グアム話〜結婚式編〜
 C グアム話〜食事編〜

こんなもんでしょうか・・・。
書いていたら増えるかもだけど(^^;

ということで、今日は「導入編」という、一番まとまりのない、私が思ったことレベルの話をします(笑)

まず、グアムの気候ですが。
思っていたよりも暑くなかった。というのが正直なところでした。

平均気温とかは

 グアムの天気予報:http://weather.yahoo.co.jp/weather/world/guamu.html

を見てもらえばわかるとおり、最高気温30℃、最低気温25℃程度のようなのですが。
感覚的にはもうちょっと涼しいかな。って感じです。

例えば。
プールに入るには・・・ちと寒い。
(海ならばまだマシらしいです)
Pekiとじぃじは、喜んで入っていましたが、旦那曰く「鬼のように寒い」そうで。
Tシャツ、ハーフパンツでプールサイドのベッドで呑気に転がっていた私も、日陰にいたら、風が吹くとちょっと寒い位。
風がなくて、日差しにあたっていたら暑いんですけどねぇ。
でも、そんな状態はほとんどなく。
汗をかいた!ってこともほとんどなかったように思います。
実際、泳いでいる人は予想以上に少なかったです。

それと、建物の中は、長袖を羽織らないと寒い寒い。
クーラーがんがん!が贅沢な証拠なのか知らないけれど、軒並みクーラーの温度設定は「15℃程度」。
寒いよ・・・
ということで、半袖+長袖カーディガンを持ち歩く。が標準スタイルでした。

この、暑すぎもしない天候。が私の今の身体には程よかったみたいで。
外にでて、湿気たっぷり(湿度は常に80%程度!)の暖かい空気を吸うと、血行が良くなるような感じがして。
つわりも何もさようなら〜。スッキリ!でした。
うーん、私には「程よい夏」が必要なのかも・・・

そして。
ある程度は予想していたのだけれど・・・
ほんとーーーに日本人だらけ!

外を歩いていても、耳にするのは日本語ばかり。
看板も、標識も繁華街はほぼ全て日本語表示あり。
観光施設はもちろん、ショッピングセンター、レストランなんかも、ほぼ日本語が通じます。
こうも日本語で話しかけられると・・・英語つかう機会なんてほとんどないです。
下手な英語より、日本語の方が理解してくれるし(笑)

でもねぇ・・・簡単な会話ならば、片言のなまり日本語よりも英語の方がわかりやすい&誠意を感じるような気も。
入国審査やガイドさん、ホテルの人なんかが日本語使えるのはありがたいけれど。
お店なんかで片言日本語で必死に営業されると・・・そういうの、昔から苦手な私(苦笑)

  あ、でも、エゲツさはありませんでした。
  騙してでも買わせようとか、何としてでも連れ込もう。とか。
  ・・・そういう海外の観光地、多いですもんね。
  そう考えれば、まだ良心的。というか、余裕がある。というか。
  居心地悪いことまではなかったです。
  純粋に、必要に応じて日本語使えます。って感じで。
  お金目的で必死に覚えました。とまでは感じませんでした。

若干、何だかなぁ・・・と思いつつ、まぁでも、海外旅行に不慣れだったら安心感があって便利でしょうねぇ。
子連れにも親切な街だったし。
実際、Pekiより小さい子を連れた日本人、結構いました。
夏休みなんかの子供の休み中は・・・もっと多いんだろうなぁ。

グアムの街事態は。
思っていたよりは、観光地として古い印象を受けました。
特に、ホテルの上層階から下を見下ろすと、私が知っている他のリゾートよりは・・・日本で言うと「熱海っぽい」印象でした(笑)
あ、でも、年齢対象は若いです。
じぃじなんぞは、若い人向けのもんばかりや。と嘆いていました。
ホテルも、最新!高級!って感じじゃなくて、比較的お手ごろ感のあるのが沢山。って感じだし。
日本人の若い人向けのリゾートの古巣。ってことなんでしょうねぇ。

私たちが泊まった「アウトリガーホテル」は。
比較的新しいように見えたし、館内・室内はこぎれいだったけれど。
壁が薄いように感じたなぁ・・・
廊下に人がとおるとよく聞こえるし。
その辺も、若い人向けにチープに作っている!?なんて感じました。

さて、今日はこの辺にしておきましょうか。

あ、写真でも1枚。

guam1.JPG

ホテルプールサイドで暇していた時に撮った写真です(苦笑)
一番グアムっぽかったので・・・

次回は、ダラダラと日を追ってやったことを書いてみたいと思います。

posted by carrera at 23:57| 兵庫 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

宝塚ガーデンフィールズ

3連休、ブログをスルーすると。
何だか、ながーーいこと書いてないような気に(苦笑)

ハイ、今日からまた書きますよー。

ということで、まずは週末のお出かけから1ネタ。

宝塚にある「ガーデンフィールズ」という所に行ってきました。

 宝塚ガーデンフィールズ:http://www.gardenfields.jp/

ここは、以前、宝塚ファミリーランドがあった場所。
前に宝塚に来た時は・・・まだファミリーランドがありました(^^;
東京から遊びにきた友人と一緒に、宝塚歌劇を見て、ファミリーランドに行き、手塚治記念館に行く。というベタな観光以来、かなり久しぶりの宝塚です。

んで、何で宝塚へ!?と言うと。
このガーデンフィールズにある「DOG RUN-DO(ドッグ・ラン・ド)」という場所が目的。
動物好きPekiさんが、動物さん(ここは犬だけだけれど)と触れ合える場所を探してたどり着いた場所です。

 DOG RUN-DO:http://www.gardenfields.jp/dog_run_do.htm

Pekiさん、どうも動物を見ることの導入編が、動物園のように「柵ごしに動物を見る」ではなくて、六甲山牧場みたいな柵がなくてふれあいが出来る所ばかりだったからか、普通の動物園はあまり興味がないようで(^^;
檻の中にいる動物さんを見ると「入る!」と大騒ぎするのです。

で、今回行った「ドッグ・ラン・ド」は、思っていたとおり、犬とたーくさんふれあいが出来る場所でした。
小型犬・大型犬のふれあいコーナーがあり、中にいる10匹程づつのワンちゃんに触ったりすることが出来ます。
他にも触れないけれど展示コーナーが隅っこにありました。
ランド内は・・・予想よりは狭かったかな。
でも、予想以上にしつけのいきとどいた、礼儀正しいワンちゃんばかりでした。
ついでに、いわゆる「動物臭」も全くと言っていいほど気にならなかったのもよかったところ。

そして。
もちろん、Peki、大喜び!!

DOGRANDO1.JPG

小型犬はもちろん、大型犬だって、ちーーーーっとも怖がりません。
寝ていれば、これでもか!と撫でに行くし、起きているのは「まってー!」と追い掛け回すし。
あまりにも積極的で・・・私が怖い(^^;

ここでは、入場料大人600円(子供3歳以上300円)に加えて、30分800円でお散歩用のワンワンを借りることが出来ます。
これも今日の目的の1つ!

が、予想外のことが。
思っていた以上に、この施設、大人気!
10時開園で11時に行ったのに、既に結構な人がいて。
何よりも、お散歩用ワンワンが・・・14時15分まで空きがない!というのです。
うーん、3時間も待てってか!?
大型犬ならばもうちょっと早い時間にあったのだけれど。
Pekiさん、ワンワンと始めてのお散歩。
(実は、私も犬は買ったことがないのではじめて♪)
まずは、小型犬から・・・ということで、14時15分の回に予約入れました。

 参考までに、大型犬は30分ごとに2匹、小型犬は30分ごとに3匹まで受け付けるそうです。

ということで、ランド内で好きなだけワンワンと触れ合っても・・・まだ時間は2時間以上余っていたので。
ランドを一度出て、ガーデンフィールズ内を散歩することに。
(ランドは再入場可です)

施設内には、もう1つ有料施設が。
それは、「シーズンズ」という英国式庭園。
こちらも大人600円子供300円(但し、ドッグ・ラン・ドとの共通入場券は各1,000円・500円)。
でも・・・こちらはパス。
共通入場券を買わなかったというのが大きな理由かも(苦笑)
また次回にでも・・・ね。

でも、そこに入らなくても、フィールズ内は小川が流れていたり、お花が咲いていたりして、気持ちよかったです。
横にある住宅展示場には、大きなメリーゴーランド(1人300円)もありましたよー。
あれは・・・たぶん、ファミリーランドのだったんだろうなぁ。

のんびりお散歩した後は、腹ごしらえ。
フィールズ内にある、「シーズキッチン」というお店でランチしました。
ここは、ワンちゃん連れで入れるレストラン!というのが売りのようで、沢山のペット連れ客でにぎわってました。
でも、ペット特有の匂いも全くないしお客さんが変わるごとにテーブル・椅子・近辺の床をスプレー殺菌しているので、店内は清潔でしたよ〜。

 シーズキッチン:http://www.gardenfields.jp/seeds_kitchen.htm

ナチュラル&ヘルシーと書いていたのもあって、豆関係(豆腐・湯葉・豆乳など)のメニューに惹かれるカレラ。
ということで、豆腐プレート(1,200円)を頂きました。

ネットで検索していたら・・・味悪い!なんて書いていたのが目についたんだけれど。
いやいや、なかなかどうして、美味しいじゃないですか!
っていうか、私、豆腐料理に目がないのですよ。
豆腐はもちろん、湯葉、生麩、豆乳・・・何でも大好き!
そこに来て、このプレート。
ウレシイ〜♪

参考までにこんな感じ

豆腐のコロッケ →がんもどきみたいな感じ。素揚げじゃなくてパン粉つけてあげました!みたいな。何となく食感が新鮮でした♪
おからのサラダ →美味しかったけど、これだけ妙に塩気が強かったような・・・
生麩の田楽(栗・よもぎ・胡麻) → 定番!間違いない味です。
おぼろ豆腐の生姜あんかけ → やわらかーーい豆腐。やわらかすぎて箸でつかめない!
ごま豆腐 → これまた定番なお味☆
湯葉豆腐の天ぷら → これがめっちゃ美味しかった!サクっとして中からやわらかい湯葉みたいな豆腐がトロ〜♪
黒豆ごはん (おかわり自由) → ちょうどいい塩加減で美味しい!おかわりしましたよー。
黒豆のお吸物  → ゆず風味であっさり!美味しかったです。

どれもちょこっとづつで、女性にウレシイ盛り合わせでした☆
私は、このランチがこの日一番!楽しい時間でした〜♪

Pekiは。
キッズプレートなるものを注文。
そして・・・ハンバーグ以外完食!
っていうか、ご飯足らなくて、私の豆ご飯からも食べる食べる。
・・・これだけ食べてくれると、お子様ランチの注文しがいがあります(笑)
でも・・・だんだんと外食費がより高くなってきたなぁ。
わけわけで済んだ頃がなつかしい(涙)

そして、お待ちかね、ワンちゃんとの散歩タイム♪

私たちのお散歩に付き合ってくれる・・・いやいや、お散歩に連れて行ってあげるワンちゃんは「モツ」という名前のキャパリア・キング・チャールズ・スパニエル、女の子。
(犬は時間ごとに決められた犬から選ぶことが出来ます)
800円払って、さぁ、レッツゴー!

散歩は、決められた散歩コース内を自由に散策するシステム。
・・・外に連れ出せるとは思ってなかったけど、散歩エリアはちょっと狭かったのが残念。
まぁでも、30分だとあんなもんかなぁ〜。

DOGRANDO2.JPG

Peki、初めてのワンちゃんとのお散歩に大喜び!
リードをしっかり握って「モツー!こっちこっち!早くー!」と四六時中叫んでいました。
(リードは子供用・大人用の2本ついてます)

あちこち歩いて、ちょっと走って。
お座りさせて、おやつあげて。

 あ、そうそう。
 ワンちゃんようのおやつがワンケースついてきます。
 お利口だったらあげてねー。ってことなんやけど、
 ワンコの方はそれに慣れているので・・・
 「オヤツヨコセ」という期待とともにお座りしたりついてきたりします(苦笑)

30分、本当にあっという間でした〜!


で、ガーデンフィールズとドッグ・ラン・ドの総評ですが。

まず、予想以上に人が多かった!!
午後14時過ぎなんて、ワンちゃんに触れないんじゃないか?って位、沢山の人がいました。

大きさは・・・予想よりは狭かったかな。
というよりも、ランドはワンちゃん連れ客の「ドッグランエリア」もあって。
ワンちゃん連れはそっちだけ。
人間だけはふれあいコーナーだけ。
と仕切られているので、どうしても楽しめるエリアが半分だけなのです。
でも、ガーデンフィールズ全体+近隣施設(住宅展示場内メリーゴーランド・ベビザらス・手塚治記念館など)も含めると、丸一日楽しめると思います。

よくある、ワンワンふれあいランドみたいなところと何が違うか・・・!?
うーん、一緒です(苦笑)
ペット連れの方にはまた違った魅力のある場所なんでしょうけどね。

ネックは・・・駐車場料金かな。
最初1時間無料、以降20分100円、最大1,000円です。
参考までに。本当に参考までに。
我が家は、ランチの間は「シーズキッチン」の駐車場に移動しました。
そっちは無料なんだもーん。
でも、さすがにずっと置いておくのはマナー違反!(レストラン駐車場は狭いしね)
でもでも・・・最初の1時間無料だから、一度外に出したら・・・結局、トータル200円で済みましたよー。

Pekiさんは・・・
今日もお土産にもらった「モツちゃんカード」(お散歩した犬のプロフィールが書いてあるカードがもらえます)を見ては「行く!」と再来訪をアピール中です(^^;
ということで・・・また行くことになるかも!?

posted by carrera at 14:48| 兵庫 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

姫路セントラルパーク

週末、姫路セントラルパークに行ってきました!

 姫路セントラルパーク:http://www.central-park.co.jp/

前に旦那と二人で来た時から、子連れでまた行きたい!と思っていた所。
動物好きなPekiならば、絶対に盛り上がるに違いない!!
と、親の方が盛り上がって(笑)、張り切って行ってきました。
週末には、義父がきていたので、じぃじも一緒です。

 じぃじが一緒なのにはふかーい理由があって。
 ・・・旦那は、車が好きで、マイカーを愛しているので、
 自分の車でサファリに入りたくないんですね(苦笑)
 なので、姫センに行くのは、じぃじの車がある時!と前から決めていたのです。

Pekiには、前の日から、
「ぞうさんとキリンさんとライオンさんと・・・
 沢山の動物さんがいる場所に行こう!
 汽車ポッポもあるよ〜!」
と言っていたので、「パオーン!」と腕をふって、ぞうさんのモノマネしたり、とにかく、大盛り上がり。

が、日曜の予報はあいにくの
旦那は、それが気になって仕方がない様子。
必死に、雨でも乗れるアトラクションをチェックしたりしています。
そんな旦那を尻目に、
「大丈夫だって〜!私、晴れ女だよ〜!何とかなるって。」
と、のほほーんと、かまえるカレラ。

「んなこと言ったって、雨で2歳児も乗れるアトラクションはほとんどないねんで!!
 サファリはまだどうにかなるみたいやけど・・・」
「うーん。じゃぁ、午前中は何とかするから、先に遊園地行こう。
 で、車乗ってサファリ行く辺りで雨。ってことでどない?」
「どない?って・・・お前はいつから天照大神になってん!!
うーん、自分でも天気に関して、なぜここまで自信が持てるのかわからないけど。
なーんかそんな気がするのですよ、ハイ。

で、当日は・・・どんより曇り空。
いつ雨がきてもおかしくない天気。
ということで、現地ついたら、まずは遊園地へ。

 姫センは、遊園地ゾーンとサファリゾーンで分かれていて、
 同じ園内だけど、車で移動しないといけない距離なのです。

が、Pekiは、ぞうさんがいない!キリンさんもいない!と大騒ぎ。
いやいや、遊園地終わったら行くのよ〜。と言っても、信じてない様子。
だまされた。とばかりに肩を落とすPeki。

しかも、汽車と観覧車という、自分が乗ったことのある2つのアトラクション以外は全て「絶対に乗るのはイヤ!」と、柱にしがみついてでも乗らない覚悟。
何に誘ってもそうなので、
「じゃぁ、何乗りたい?」と聞くと。
うれしそうに「コレー!!」と指差す先には・・・ジェットコースター
いや・・・それは年齢制限があって。Pekiさんには無理なのよ。
と言うと、またも不機嫌になるPeki。
仕方がないので、早々に遊園地は諦めることに。

ちょっと早いけれど、昼食をとって。
ふと外に出ると・・・クンクン、匂うぞ!!これは・・・雨がくる!

「そろそろ、あかんと思うから。車に急いだ方がいいわ。」
「あかんのは、朝からずっとあかんねんって。」
と、カレラの第六感を軽んじる、旦那。
「だから、遊園地までだからね!私の晴れ女効果は!!」
「ハイハイ」

が。
ここで、奇跡が起きるのです。
見事に、みんなで車に乗り込んで、エンジンをかけた途端・・・突然の大雨!!
バケツをひっくり返した。とはまさにこのこと!とばかりの雨です。

「・・・だから言ったやん」
ボソっとつぶやくカレラ。
それにしても・・・ホンマに言ったとおりになるとは。
自分でもビックリ。

車で見るサファリゾーンは、雨でも問題なく行けるので、とりあえずそのままサファリへ。
しかも、運いいことに(!?)、雨で動物さん達は雨宿り先を見つける為に、あっちへうろうろ、こっちへうろうろ。
かなり活発な動きを見ることが出来ました。
雨降って、ラッキー!?

しかし。
サファリで、Pekiが予想外の反応を見せたのです。
「ほら、見てみて!チーターさんだ〜!!かっこいいね!」
とPekiに言うと・・・

Peki、どうしたと思います?

怖がって泣いた。
・・・はありがちですよね!?
喜んだ。
・・・これは、私たちが予想していたこと。

が、Pekiは。
クック!クックゥ!!
と、張り切って靴を履き出したのです。
で、車のドアをガチャガチャと開けようと必死に。

そう。
車を降りて、チーターさんを触りに行く気満々なのです。

「いやいや、Pekiさん、ここでは降りれないのよ・・・
 危ないのよ、チーターさんに食べられちゃうよ」
と言うと、
「イヤ!」と駄々をこねるPeki。
でも、じぃじにまでなだめられ、ドアも窓も開かないことを知ると・・・

ゥワーン!!!
・・・大泣きです。

「イヤィ、イヤィ!クックゥ、クック!!」
結局、どのゾーンに行っても、外に出たい!というPekiの気持ちは変わらず。
泣き続ける結果に。

うーん。
こんなことになろうとは。
動物好きが高じると、そうなるのか・・・
まぁでも、この先にウォーキングサファリや、ふれあい牧場(チャイルズファーム)があるので、そこに行けば、思う存分、動物と触れ合えるし。

と思っていたら。
ドライブスルーサファリの最後で、大雨の中、1枚の紙を手渡されました。

落雷警報発令!
危険ですので、
ウォーキングサファリ・チャイルズファーム・スカイサファリ
はしばらく中断させてもらいます


あらら・・・
まぁでも、仕方ない。
Pekiも疲れてきているし、車の中で休憩することに。
山の上で、キレイに見える雷を楽しみ。
(Peki、大喜び!)
軽く昼寝もして、
(Pekiはこれからぞうさんに触れる!と知って、ワクワクして眠らず。旦那&じぃじだけ昼寝)
おやつも食べて。
(売店で買ったドーナッツと動物ポテトをPeki一人でほとんどを平らげる。)
2時間程のんびりして、ちょっと飽きてきた頃に、雨もあがり、サファリ再開!
結果としては、いい休憩時間がとれてよかった♪

・・・なんだかんだと。
天気運はやっぱりあるなぁ。と思ってしまうのは、自信過剰!?

で、Pekiは、ここからは大満喫!

熊さんに餌をあげたり。
お猿さんを見て、「アイアイ」の歌をうたったり。
リスザルさんに向かって「オーイ!」と手を振ったり。
ワラビーと一緒に、ピョンピョン跳ねまわったり。
念願のぞうさんに、一緒に餌をあげたり。
キリンさんと一緒に舌をペロペロしたり。

チャイルズファームでも。
犬をなでなでしたり、
豚さんのモノマネしたり、
ニワトリを追いかけたり。

とにかく、この時間が、Pekiのゴールデンタイムでした♪

遊園地は・・・結局のところ、Pekiにはまだ早いのかも。
動物園も、車や檻の中から見るのはPekiにはつまらないようで。
触れ合えたり、餌をあげられたり。って所が好きみたいです。

で、姫セン。
久々に行ったけど、敷地が広いなぁ〜、やっぱり。
歩き回るだけで、かなりの運動になります。
遊園地なんかは、ちょっと老朽化が進んでいて寂しい感じもしたけど。
サファリには、スカイサファリ(ロープウエィ)も出来ていて。
(調べたら、もう3年も前に出来ていたみたいだけど・・・)
利用しやすくなってました。

プールが終了した次の週末だったし、雨予報だったのもあってか、
人はかなり少なめで、のんびり出来ました。

ただ、ふと思いついたレベルで行くには・・・ちょっと値段は高いよなぁ、やっぱり。
(我が家は、法人パスがあったので安く行けたんですけど)
夏場・冬場はプールやアイススケートが同じ値段で利用できる。と思ったら、お得感あるんですけどねぇ。
まぁでも、あれだけの動物がいるんだから、仕方ないかも。

それにしても。
Pekiさん、サファリで、車を降りたい!と言うとは思わなかったなぁ。
ホンマ、子供ってどんな反応示すか・・・未知の世界です。
posted by carrera at 15:39| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

太平のゆ

えー、またも週末、遊びまわっていました(笑)

先週末は、義父が遊びに来てくれていたので、
土曜は、垂水界隈をのんびり。
日曜には、姫路セントラルパークに行ってきました〜。

で、姫センの話は、また明日にでも書くとして。
(また先延ばしかい!)

今日は、友達と、アジュール舞子に出来た「太平のゆ」に行ってきました!
 垂水温泉「太平のゆ」:http://www.sentou.co.jp/index.html
最近、こんなスーパー銭湯ってホンマに多いですよね〜。

友達とお風呂に入るのなんか、本当に久しぶりですよ。
誘われた時は、ちょっとドキドキしちゃいました(笑)
これこそ、裸の付き合い!ですよねぇ。

友達と待ち合わせしたのは、現地に10時15分。
10時オープンなので、さすがに朝一番で飛び込むのは・・・と思ってこの時間にしたのだけれど。
これが、到着してビックリ!
なんてすごい人の数。
月曜の朝イチだってのに、既に駐車場も1/3程入っているし、ジャンジャン人が来る。
あらら・・・これは予想外。

早速中に入ると、会員募集カウンターが。
会員になると、入浴料金も中での食事も安くなります。
ついでに、ポイントもつく・・・らしい。
通常は入会金200円のところが、今は無料!
クレジット機能等はないし、これは申し込まねば。と早速入会。

で、会員料金、平日600円にて早速入場。
参考までに、Pekiは無料。
3歳から料金がかかるそうです。
 料金表:http://www.sentou.co.jp/accsess/index.html

チケットを受付で渡すと、
「靴箱の鍵が中ではお財布代わりになります。」とのこと。
ん?と見れば、鍵にバーコードがついてる。
「自動販売機もそれで使えますので。最後に一括清算いたします。」
おぉ。
最近はこんなやねんなぁ。
こんなことで、何だかワクワクしてしまう、昭和の女、カレラ。

でも。
貴重品用のロッカーは・・・既に空きナシ。
・・・財布と一緒に持ち歩いても、あんまり意味ない!?

張り切るPekiさんを抱え、早速2階のお風呂へ。
脱衣所も広くてキレイで気持ちいい〜!
脱げ脱げー!とばかりにさっさと洋服を脱ぎ捨てて、Pekiと一緒へレッツゴー!

入ってみると。
お風呂の数が多い!
えー、数えてみましょうか。
サウナ、普通のお風呂、ジェットバス寝るタイプ、ジェットバス座るタイプ、ジェットバス立つタイプ、電気風呂強、電気風呂弱、掛け湯、冷水風呂、サウナ
以上が室内で。
壷湯、炭酸泉、美人の湯(人口温泉)、湯腰掛、寝転び湯、漢方薬草サウナ
以上が、露天風呂。
1つ1つはそんなに大きくはないけど、明るいし、ゆったりと場所もとってあるから気持ちいい。

何よりうれしいのが。
どれもそんなに熱くないから、Pekiでもゆっくり入れること!
そして、床も滑りにくくなっていて、子供がはしゃいでもあまり危なくないこと。
前に、大浴場に行った時は、Pekiは熱くて入れないことがあって。
しかも、床もツルツル。
風呂は熱くてイヤ!床ではしゃげば、すってんコロリン。
どうにもならないことがあったのですが、ここはそんな心配はありませんでした。

種類が沢山あるから、飽きっぽいPekiもあっち行ってこっち行って。
ちょっと入ってはすぐに次へ・・・
って、お母さんはもうちょっとのんびり入りたいんだけどなぁ(^^;

でも、Pekiが一番気に入ったのは・・・なぜか、冷水風呂
私からしたら、鬼のように冷たくて足を入れるのが精一杯・・・なのに、Peki、物怖じもせずにジャブジャブ入っていく。
ほっておいたら、さすがに冷えすぎて心配なので、入っていくPekiを連れ出してはお湯で温め。
そして、Pekiはまた冷水風呂へ。の繰り返し。
しかも、その繰り返しが気持ちいいらしい。
確かに、ホンマはそうするのがいいのよね・・・血行がよくなって。
・・・2歳児にして、温泉のなんたるかを理解したか!?
うーん、恐るべし、Peki。

何だかんだと、落ち着くことはなくてもそこそこの時間楽しんで。
まだ遊ぶ〜という友人を残して、もう出る!というPekiと一緒に先に脱衣所へ。

普段、プールに行っているから、こういうところでの着替えは手馴れたもん。
5分もあればちゃっちゃと完了。
が、Pekiがグズグズ・・・これはお腹すいたな。
すると、Peki、牛乳の自動販売機を発見!
「ニュウニュウ〜!」と大騒ぎして、これを飲むまではここから離れん!とばかりに大騒ぎ。
友達と1階のレストランで食事することになっていたから、一度は引きずって離したけど・・・
あまりの機嫌の悪さに、諦めて牛乳を1本購入することに。

すると、この自販機、靴箱の鍵についているバーコードで買えるらしい。
おぉ〜!早速チャレンジ!
手首につけているのをピっとかざすと、自販機さん、「さぁ、どれでも好きなだけどーじょ」とばかりにランランとランプがつきます。
なるほど!
・・・でも、危険だ。
買いすぎるぞ、これは(苦笑)

で、Pekiは牛乳瓶一本一気飲み!
銭湯の後はやっぱ牛乳よね〜!とばかりに大満足。

そして、1階に行き、少し子供達を遊ばせてからお食事処へ。
ここ、かなりメニューは充実していました。
雰囲気ものんびり〜って感じで、まぁまぁ落ち着けます。
テーブルの上にお冷用のコップが沢山あるのが・・・ちょっと怖かったかな。
Pekiもお友達もそれで遊びたがったので。

そこで、みんなでモリモリ食べて、身体も胃袋も満足!

全体的に、出来立て!というのもあるんだろうけど、キレイでゆったりしていました。
痩身ゲルマニウム温浴なんて、私めっちゃやってみたい!

ただ、休憩場所がないんですよね・・・
椅子とかはあるんだけど、お風呂あがりにのんびりと。って感じではなくて。
岩盤温熱浴の料金を払うと入れるところには、ねっころがったり出来る場所があるみたいなんだけど。
ここは、別料金(+会員平日600円、つまり倍の値段になるのです)だし、
小学生以下のお子さんは入場できないので、私たちに選択の余地はなし。
ちょっとそれは残念かなぁ・・・

そうそう。
帰るとき(13時過ぎ)には、駐車場、2/3程埋ってました。
大繁盛!ですねぇ。
週末は・・・芋荒い状態なのかな!?
旦那とも行こうかと思っているけど、ちょっとドキドキかも!?

そして、友達とも、また行く約束して、日程まで決めて帰ってきました〜。
やっぱり気持ちいいもんね、大きなお風呂は。
家からも近いことやし。
通うぞ〜、太平のゆ!
posted by carrera at 17:14| 兵庫 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

急遽、淡路島!

さて、今更ながら、日曜日の話を。

この日は、何の予定があるわけでもない1日。
ということで、恒例、朝出かける寸前の家族会議

旦「さて、今日はどこに行こう?」
カ「ザラス(トイザらス)でパンパ(パンパース)がキャンペーンやってるから、
  アスピア(明石)行って、パンパ買おう。」
ということで、車にのって、国道2号線を走る。

それにしてもいい天気!
海もキラキラ輝いていて、空も高くて、雲1つない!
うーん、気持ちいい〜♪

旦「これは、お出かけ日和やなぁ」
カ「ホンマやねぇ。お弁当持って、ピクニックでもしたい位やね。
  淡路島も、ほら、心なしかいつもよりキレイに見えるよ〜!」
旦「・・・ほんなら、淡路島へ今から行こう!

えー!?
今からっすか?
なんにも準備してませんよー。

Pekiはフリフリワンピースで遊ぶ格好じゃないし。
私は、つっかけサンダルにスッピン。
Pekiのお茶だって、荷物になるから。と思って、ちょこっとしか入れてないし。
オムツだって、2枚しかない!
せめてもの救いは・・・Pekiの帽子は運良くカバンの中に入っていたこと。

旦「ええねん、それで。だからこそ楽しいんやんけ。」

はぁ・・・そうですか。
何度も言いますが、私はもっと計画的に準備して、下調べしてから行く方が好きなんやけどなぁ。。。

旦「ほな、やめようか。」

・・・いやいや、せっかくのお出かけチャンス!
(なかなか、旦那はこういう気にはならんのです)
行きましょう、行きましょう。

さすがに、オムツだけは2枚じゃ心配なので。
まずは予定どおり、アスピアに行って、パンパースをゲット。

で、そこから、すぐにたこフェリー乗り場へ。
運良く、最後の1台で乗り込め、Peki、船だよ!なんて言っている間には、既にフェリーは動き出してます。

あぁ・・・なんて、展開が速いのかしら。
10分前にはザラスにいたのに・・・
のんびりカレラさん、ついていくだけで精一杯(苦笑)

でも、フェリーからの景色はやっぱり爽快!!

awaji1.JPG

気持ちいい〜!!

で、淡路島に到着したものの・・・どこに行くかも決まってない(苦笑)

とりあえず、いつも行く「魚増」という焼きあなご屋さんへ。
ここでは、目の前で炭火でアナゴを焼いていて、焼きたてをその場で買って食べることが出来ます。
これが、美味しいのですよ!
オススメです。
場所は・・・たぶん、この辺(苦笑)
 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E134.55.54.4N34.32.36.1&ZM=9
県道31号線沿いです。
めっちゃ普通のお店なので見落としがちですけど、頑張って探してみる価値ありですよ!!

ついでに、Pekiも喜んで食べてました。
魚なんて、普段、ほとんど口にもしないのに。
「おいしー!おいし!」って言いながら、一人で1匹ほぼ完食!
すごい!!

その後は、「花さじき」へ。
 あわじ花さじき:http://www.awajihanahaku.or.jp/hanasajiki_new.htm
ここの景色は、いつみても爽快!
売店のソフトクリームの看板見て、「甘い!甘い!(食べたい!)」と大騒ぎしているのに旦那に無視され(苦笑)、かなり不機嫌なPekiも、この景色を見て、一気にご機嫌に!

awaji2.JPG

もうちょっとしたら、コスモスが満開になって、赤い海が見れそう!
また来たいなぁ〜。

昼食・Pekiの昼寝を挟んで、次はモンキーセンターへ。
 モンキーセンター:http://www.monkey-center.com/index.html
ここは、野生のサルに会える場所。

カレラ一家は、何度も淡路島には足を運んでいるけれど、ここに来るのは初めて。
理由は・・・

小豆島に、銚子渓にある「お猿の国」という場所があって。
ここで、カレラ、エライ目にあったことがあるんですね。
なんせ、そこの猿さん達は、人間より自分達の方が強いと思っている!
なので、人に飛びかかってきたりするのです。
例えば、手をグーに軽く握っているだけで、それは猿の攻撃対象に。
なぜならば、餌を持っている。と思われるから。
で、私も、ご多分に漏れず、猿にやられたのです。
まぁ、私がやられる程度ならば笑い話で済むんですけど。
Peki連れで、銚子渓に行くか?といわれたら、私はもちろん、旦那でさえも「ノー!」
あんな攻撃的な猿の前にPeki連れて行ったら、絶対に猿キライになります。
なので、この手の場所にPekiと来るのはこれまで避けていたんですけど。
モンキーセンターは温和らしいで。との噂を聞いて、思い切って飛び込んでみたわけです。

で、感想は・・・
なるほど、温和!でした。

というか、人間さんのことは、ほぼ、無視ですね。
危害を加えようとしない限り、すぐ近くによっても逃げないし。

だから、道にこんなに猿がいても、人が猿をよけつつ歩いていけば。

awaji3.JPG

猿、そのまんまです(笑)

目の前で、こんなこともしてくれるし。

awaji4.JPG

ついでに、

awaji5.JPG

鹿もいました。
これも野生だそう。

ここは、猿とうまく共存しているんだなぁ。という印象を受けました。

銚子渓のそれは、どちらかと言えば、猿を支配しようとしている感じ。
スタッフのおっちゃんは棒持って、猿が何かしようとすれば、容赦なく棒を振りかざして猿を追い払うし。
猿に芸もさせていたし。

モンキーセンターは、芸するとかの派手さはないけれど。
安全に、すぐ近くで野生の猿を見ることができました。
Pekiも大喜びで、今でも「アイアイ」を1日に10回程歌って、猿のマネしてます(笑)

帰りには、サービスエリアにある観覧車にも乗りましたよ〜!

下から見上げると・・・

awaji6.JPG

うわ!迫力ある写真撮れたわ(自己満足)。

実は、カレラ、高いところは苦手・・・(汗)
でも、頑張って、写真を1枚。

awaji7.JPG

うん、今見れば、キレイ(笑)
現場ではそんな余裕はあまりなかったんやけどね(苦笑)

ということで、淡路島、満喫してきました〜!!

posted by carrera at 16:33| 兵庫 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

花鳥園

さて、今日は週末の話を。

土曜日は、ポートアイランドにある「花鳥園」に行ってきました〜!

 神戸「花鳥園」:http://www.kamoltd.co.jp/kobe/

「花鳥園」には私の高校時代からの友人が勤めているのもあって、一度行きたい!とずっと思っていたのだけれど。
旦那とは、なかなか気持ちのタイミングが合わなくて(←我ながら、なかなか的確な表現)、
旦那のいない週末ということもあり、友達親子と一緒に行ってきました。

Pekiは、「お花がいっぱい咲いていて、鳥さんもいるところ」に、久々に会えるお友達と一緒に行くという説明に、朝から大張り切り!
まだ行く時間ではない!というのに、さっさと靴を履いて、猫のようにピタ!っと玄関に張り付く始末(苦笑)

しかも、いざ、お友達に会うと、興味がないフリして、妙に大人しくなるPeki。
うれしいくせに。
・・・でも、なぜか、いつもこうなのです。
会うまでの盛り上がりが楽しいタイプなのか?
それとも、単に恥ずかしがり屋さんなのか!?

で、やっとお友達にも慣れてきた頃に、花鳥園に到着。
空港(南)側の駐車場のある方から入ったんですけど、いきなり沢山のフクロウやミミズクがお出迎え。
Peki、大喜び!
が、お友達は「怖い!」と半泣き状態。
ガラス越しのフクロウが怖いんだったら・・・中は確か、放し飼いの筈なんだけど、大丈夫かなぁ!?

お次は、ペンギンさん。
ここでは係員さんが色々と説明もしてくれていました。
ペンギンさんの気が向けば、通路に上げてくれて、触ったりも出来るそう。
・・・が、張り切るPekiに恐れをなしたのか、ペンギンさんは近寄って来ず。
残念!

その横には、水鳥と鯉がいる池が。
ここでは、餌をあげることが出来て、Pekiもお友達も大喜びで餌(100円也)をあげていました。

katyouen1.JPG

Pekiは、餌を1個づつ、ポイ!
・・・そのペースだと、1時間はかかるかも(^^;
と思っていたら、最後には紙コップ逆さにして残った餌をジャー。
でも、最後の1個だけはどうしても離さず。
・・・自分で食べる気でいたのかも!?

そして、いざ、温室の中に入ってみると・・・
「うわぁ〜!キレイ〜!!」
という、Pekiの第一声のとおり、すごい数の花、花、花!
お花大好きな、Pekiは大喜び走り回っていました。

katyouen2.JPG

Peki、うれしさのあまり踊る踊る(笑)
 
私も、この温室にはうっとり。
山のような植物とお花のお陰なのか、温室内の空気は、何だか優しくて癒されるのです。
空気にとげがない。というか。
山の中の滝のそばに来た時のような、でももっと暖かい感じ。
お水で例えれば、ミネラルウォーター(軟水)って感じです。
改めて、あぁ、普段は都会のカルキ臭い水道水みたいな空気で生活しているんだなぁ。と感じました。

katyouen3.JPG

その奥には、たくさんの鳥がいる池がありました。
でも、ここの鳥さんは花鳥園一、積極的で。
Pekiは石を拾ってもっていたもんだから、餌を持っていると勘違いされ「ガーガー」と鳴きながら追いかけられてました(苦笑)
さすがのPekiもこれは怖かったようで。
必死に逃げながら、怯え泣いてました(苦笑)

それ以外にも、くちばしのながーい鳥(オオハシ)に餌をあげられたり。
(腕を出すとのっかってきます!)
フクロウやミミズクがいたり。
フラミンゴがフラフラ歩いていたり。
とにかく、鳥が同じ温室内を自由に歩き、飛びまわっているので、楽しい!
(時にはビックリすることもあるけど)
ここまでフレンドリーな場所はなかなかないかも。

動物園に行くと「なんで檻があるのよー!もっと近寄りたいのよ!」と不平を言うPekiには、かなり楽しかったようで。
始終、はしゃぎまわっていました。
しかも、温室もかなり広いから、Pekiがちょっとやそっと走り回っても、危ないことも、人様に迷惑かけることも(ほとんど)なく。
親も安心して過ごせました。

一緒に行った友人と、出かける前に、
「子供が楽しめて、親ものんびり出来て。
 しかも、『魔の二歳児』をなるべく叱らないで済むような場所に行きたいねぇ」
なんて話をしていたんですけれど。
まさに、それにはうってつけの場所でした。

あ、そうそう。
花鳥園、出来ることならば、南側の入り口から入った方がイメージよく楽しめるかも。
ポートライナーでくると近いのは北側の入り口なんですけど。
裏口。って感じで、ちょっと暗い感じがします。
・・・まぁ、中は一緒なんですけどね(笑)

ついでに、温室と言っても空調が効いてるのでかなり快適です!
人が歩く場所には屋根があるから雨でも大丈夫だし。
真夏・真冬・梅雨時なんかには、より一層いいかも!

ということで、私的は「花鳥園」オススメです!
まぁ、入園料がちょっと高いようには思うけれど・・・
(勤めている友人いわく、それでも経営は厳しいらしい)
それでも、私はまた近いうちに行こう!と思っています。



☆追記〜9/6☆

せっかくなんで、子連れ向け攻略(?)情報を。

9月現在の話ですが。
園内でのイベントは、ペンギンの餌付け、フクロウの飛行ショーの2種類があるのですが、午前中の部(10時〜・10時半〜)、午後の部(14時半〜・15時〜)がありました。
午前中の方が数倍人が少なくて、断然オススメです。
イベント以外でも、とにかく、朝は人が少ない!
午後14時超えると、一気に人が増えます。
子連れでのんびりしたい方、朝イチを目指しましょう。
オープンは9時半〜です。

そして、園内ではバギー(B型ベビーカー)を借りることが出来ます。
入り口入ったらすぐに、スタッフのお姉さんに聞いて下さい。
張り紙なんかはなかったと思います。
名前と電話番号だけ控えてもらえば、無料!です。
ただ、台数に限りがあります。
たぶん、南入り口・北入り口それぞれ、5台程度かな・・・
私たちが行った日は余裕がありましたが、希望される場合はこれまたお早めに行った方がいいかも。

食事は、園内にレストランが1箇所、カフェが1箇所あります。
レストランはバイキング形式で、3歳以下、無料!です。
思いのほか、かなりの種類のおかず(40種!らしい)があります。
野菜の惣菜関係が充実しているので、離乳食終わったお子さんならばいけると思います。
子供用の食器はないですが、デザートコーナーの小さい皿&スプーン・フォークで対応できます。

カフェでは、お弁当も売っています。
「お子様ふくろうランチ」は800円也(土日祝のみ)。
大人のお弁当は1,000円〜。
お弁当の入れ物(重箱)がしっかりしているので、持って帰れば何かに使えるかも?らしいです。
(私はこっちは食べてないのですが・・・)

飲食物の持込は残念ながら禁止です。
温室内に沢山のテーブルと椅子があるから、持ち込めればかなり優雅なピクニック!になるんだろうけど。
放し飼いの鳥さんがいるから難しいのかな・・・
ここは、いさぎよく諦めましょう!

おむつ替えは、個室内におむつ替え台のあるトイレがあります。
授乳室は見当たらなかったけど・・・ベビーベッドや椅子のあるトイレはありました。

以上、ご参考まで!!


posted by carrera at 13:48| 兵庫 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。