2011年02月10日

キッザニアtwice〜その1

幼稚園でも卒園を身近に感じるようになり。
Pekiも、最後の発表会の練習に励む日々。

卒園すると、一番仲良しのお友達とは別の小学校なんだよねぇ。
じゃぁ、思い出に、Pekiが一番行きたい場所に大好きなお友達と連れて行ってあげたい!

・・・ということで。
行ってきました、キッザニアtwice(2回目)!

 キッザニア甲子園:http://www.kidzania.jp/koshien/

  前回の日記は↓こちら。
 1:http://carrera711.seesaa.net/article/135257559.html
 2:http://carrera711.seesaa.net/article/135366693.html
 3:http://carrera711.seesaa.net/article/135689982.html

本当は幼稚園の発表会が終わってから卒園までの平日に…と思っていたのだけれど。
3月上旬、×(予約いっぱい!)や△(残りわずか)の日が多くて。。。
どうせ行くならば、少しでも空いている日に!と、2月に強行してしまいました。

  でも、行った日は結局は「△」だったのだけれど。

今回は友人の車で。
前回、電車での移動が「一番大変でした」だったので、本当にありがたい!

  電車は通勤ラッシュと重なるし、駅からも子連れで15分は歩いた記憶なので。

お迎えに来てもらって、我が家を出発したのが6時50分頃。
1時間ちょいかかるかなー。という計算だったのだけれど、実際は1時間もかからずに到着!

  駐車場は2月から「A駐車場」に変更になっていて。
  Aは一番キッザニアから近いので、有難い変更でした。
  平面と立駐があるのだけれど、立駐の1階部分、向かって右奥辺りが
  一番キッザニアに近かったです。
  キッザニア来場者向けコインロッカーのすぐ横辺りになります。

ということで、8時前には列に並んでいました。
この時点で、前から5,6組目位。

  …あれ、早すぎた?(笑)

オープンは9時だけれど、開場は8時半。
開場前に代表者がカウンターで手続きに行きます。
この辺は前回と一緒。

8時半の開場の時点でも、並んでいたのは10組程。
前回よりも少ないー。

  この辺で、混雑状況「△」の理由は。
  「団体さん」が来るんだろうなぁ。と、確信。

・・・ということで、最初のお仕事も選びたい放題。

事前に子ども達4人を集めて、90程もあるお仕事の内容を説明して何がやりたいか調査をしたのだけれど。
まんべんなく人気だったのは、やっぱり食べ物系。
ということで、ピザかお寿司かパンかクッキングスタジオか。。。
悩んだ結果、この中では一番人気がないかもだけれど、一番作った気分にもなれるクッキングスタジオをセレクト。

案の定、初回貸切っ!で、4人でお料理できました。

本日の料理は「ミートボールのおこめサンド」。

DSCN5217.JPG

見た目も可愛くて、子ども達も大喜びっ!

  ・・・実は、Suiがキッザニアに行く前に。
  すごく行きたがっていた!のだけれど、お母さんと離れて一人でお仕事に入る。
  ということに不安を感じていたようで。
  少し気分が不安定になっていたので、どうかなぁ。。。と思っていたのデス。
  で、オープニングのウェルカムセレモニーの時にも
  ちょっと泣いたりしてしまって。
  こりゃ、ほとんどお仕事は無理かなぁ。。。とも思ったりしたのだけれど。
  いざ、お仕事になったらスーっと入っていって。
  以後、最後まで泣き言一つ言わずに・・・いや、常に楽しそうに走り回っていました。
  私の手元を離れてニコニコ笑ってうれしそうに料理している姿は、
  今までの甘えん坊Suiとはちょっと違って。
  あぁ、4月からの幼稚園も大丈夫かな。と思えて嬉しかったのデス、ハイ。

DSCN5220.JPG

4人とも、本当に楽しそうにやっていました。

できた実物はこちら。

DSCN5333.JPG

Pekiのと、Suiの。

  Pekiのが崩れているのは私のせいー。。。

今回もレシピもらってきて「家でもまた作るー!」と張り切っていました。

終わったのが9時半。
で、この頃に団体さんがワラワラと入ってきて、一気に混んできました。

  来たのは、中学生で修学旅行?という雰囲気のご一行様と、
  他にも中学生らしき小さな団体が1つか2つか。
  でも、幼稚園以下の私たちとは希望するお仕事の種類がちょっと違うようで。
  人数の割りにはスムーズにお仕事できた印象でした。
  団体さんは付き添いの大人もちょこっとだから、大人エリアは混まないし。
  「当たりな『△』だね」と友人と話してました。

お次は、Suiの強い希望もあって消防署へ。

  これをやらないと、他3人女の子の希望が通らない雰囲気があったので(^^;

お友達2人も乗り気で「行く!」と言ってくれたので(若干ごねたのはPekiだけ。。。)4人で。
待ち時間なく、すぐにお仕事へ。

DSCN5225.JPG

念願の消防車にも乗れて。

DSCN5229.JPG

放水作業もできて。

これで、Suiの希望は叶った!
ヨカッタ、ヨカッタ。

  が、実は、Suiはここが一番「あまり笑ってなかった」のです。
  訓練とかに緊張したのかな?

お次は、飛行機へ行ってキャビンアテンダントでも!
・・・と思ったら、子ども達から「いや、それはやらなくていい」と却下を受ける。。。(汗)
ということで、バスガイド&バスのお客さん。
ガイドの定員が2名で、女の子3人…どうなるかな?と思ったら、すっと2人に決まって。
Suiとお友達お姉ちゃんはバスのお客さんをすることに。
こちらも待ち時間無しですぐにお仕事へ。

DSCN5245.JPG

やっぱり、ここは制服がカワイイ!

  Pekiがはいているスカート、キッザニアの為に急遽作ったもの。
  制服に合うのはチェック系のスカートだよね〜!と、
  家の在庫布からC&Sさんのブラックウォッチをセレクト。
  …が、型紙のセレクトミスー!
  あまりにもボリュームのあるティアードスカートで。
  (だって、裾のぐるりの長さ、330cmもあったー。作る前に気がつけ、私っ!)
  しかも冬用の厚めの布だったから全体的に重たくなってしまいました。。。
  でも、せっかく作った&Pekiはすごく気に入ってくれたので、着てきました。

そして、余裕のあるお仕事(いや、お客さん)をして、自分にも余裕ができたSui。
ここからは常にテンション高かったっ!

お友達がトイレに行った隙に、Sui1人で走ってソフトクリーム屋さんに飛び込み。
「アイスが作りたいです!」とショップのお姉さんに1人で交渉。
いや、かーさん、Pekiとお友達の下の子を連れてこないと(汗)

結局、無事、他の3人+お友達ママも賛同してくれて、そのままソフトクリーム屋さんでお仕事することに。

ここでは、待ち時間25分程。
と言っても、すぐに着替えて入って行ったし、お姉さんがSuiメインに相手もしてくれていたし、ショップの中で説明聞いたりしている時間もあったりで、ご機嫌に待ってくれていました。

DSCN5258.JPG

ここが一番はしゃいでいましたねー。
常に4人ともキャイキャイと楽しそうでした。

スタッフの「当たり外れ」的なことも子どものテンションにかなり影響すると思うんだけれど。
この日一番、当たりのお姉さんだったように見えました。

DSCN5262.JPG

大好き(だけれど、めったに食べさせてもらえない)ソフトクリームを自分で作って。
ご機嫌のSui!

この後は、作ったソフトを食べつつ、ちょっと休憩。

が、ソフトクリームよりもお仕事っ!なPekiは。
半分も食べずに1人で「街時計するっ!」と飛び出して行く。
他3人は、街時計はイマイチだったようなので、慌ててPekiを追いかけて街時計のお姉さんに引渡し。
(待ち時間無しで、すぐにお仕事(練習)へ)
引き続きソフトを食べ続けるSui他2人と今後のお仕事について話し合い。
次のお仕事はそれぞれで好みの分かれるものをやっておこう。ということに。

で。
Suiはガソリンスタンドへ。

  お友達姉妹は病院の看護師さんに。

待ち時間5分程といわれたけれど、着替えたらすぐにお仕事でした。

姉ちゃん&お友達と離れて1人でお仕事。
しかも先に居るのは中学生らしき男の子二人だけ。
平気か?と思ったけれど、物怖じもせずに、「ガソリンスタンドがしたいです!」と1人ですたこらと入っていくSui。

DSCN5277.JPG

顔は笑ってないけれど、逃げ出す様子も無し。
んー、成長したなぁ。

と思ったところに、12時を知らせる街時計の音がっ!
大変!Pekiを見に行かなくてはっ!

走って広場に戻り、無事、Pekiの時報を告げる街時計人形の踊りを見学。

DSCN5281.JPG

なんと、踊り子さんはPeki1人でしたー。
貸切っ!

  左右はスタッフのお姉さん。

1人だからか、中学生ご一行様も盛大は拍手を送ってくれて。
無事、Pekiのお仕事終了。

  1人で・・・なんて心細くなかったのかなぁ。と思ったら、
  「1人で超ラッキーだった!」そうで。
  スタッフのお姉さんともいっぱい話ができたし、聞きたいこともちゃんと聞けたし。
  真ん中で1人で踊ってすごい楽しかった!と。
  んー、強くなったなぁ〜。とシミジミするのか。
  Pekiの一匹狼的な性格が幸いしているのかなぁ。と苦笑するのか。
  まぁ、何にせよ、Peki的には「この日一番楽しかったお仕事!」だそうです。

…っと、でも、Suiもそろそろ終わる頃かも。。。

と、先にSuiの元に戻ると、まだ制服着て現場にいる!
Suiがガソリン入れるところも見たいけれど、Pekiが着替え終わる頃やしお迎えに行かなくてはー。

と、走って、街時計の裏側へ。
あれー、まだ終わってないー(汗)
Suiこそ終わったときにいないとなのに。。。

と、焦りつつ、何とかPekiを引き取り、走ってSuiのところへ。
ちょうどSuiも終わった所のようで、着替えしていたところでした。

ふぅ。
こりゃ、姉弟で別の仕事ってのは親が大変だ。。。
次からは全部一緒にしよう。。。

と、決意しつつ、お友達がお仕事している病院を覗きに行ったのでした。


  ここまで、お仕事5つ。
  後半は次回に〜。



posted by carrera at 16:25| 兵庫 🌁| Comment(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

あすたむでクリスマスツリー!

さて、週末の話。

またも「あすたむらんど」に行ってきました。

 あすたむらんど:http://www.asutamuland.jp/

気に入ったら、新鮮なうちにリピする!
…が、最近の定番です(笑)

が、が。
一応、フォローしておくと。
この日は、本当は、淡路島国営明石海峡公園に行く予定だったのです。
理由はリースを作る為!

  本当は、去年と同じく、六甲高山植物園にリース作りに行くつもりだったのです。
  しかも、友人から「一緒に!」と声までかけてもらって。
  なーのーにー。
  旦那の答えは「ノー!」。
  理由は、あそこは子ども遊ばせて待たせておくには不便だから。
  ゴネたり土下座したり色々したけれど、結局折れてくれず。。。
  じゃぁ、代わりに淡路で作るのには絶対連れて行ってよ!
  日程も決めておこう!ここだー!
  淡路では作るからねー、リース作るからねー!
  …という経緯があったのです。

…が。

んー。。。
六甲高山植物園にリース作りにいけなかった時点で、私の今年のリース熱は若干冷めていて。
…というか、お友達みんなが色んな所で結構ステキなリースを作っているもんだから。
淡路のはねぇ。
料金安いし、自由度は高いんだけれど。
んー、作りたいリースがそっち方面のじゃないんだなー、今の気分は。

…というような、比較的冷静な気持ちになっていて。

そこに、あすたむらんどの体験工房で行われている「LEDでつくるクリスマスツリー作り」という文字が目に入り。
あー、どっちかと言うと、そっちかもー。
ツリー、我が家にないしねー。
ちょっとつくってみたいー。
…というような。

まぁつまり。
私が「六甲山にリース作りに連れて行ってくれなかった代わりの指きりげんまんの約束分であすたむらんど!」というセレクトをしたわけです、ハイ。

到着してから、ある程度外遊びをして。
Pekiと旦那がどこかに走り去って行ったのをいいことに、Suiとそそくさと体験工房へ。
体験工房では、予約など不要で、季節の工作が出来るようで。
この日も、4種類程の工作が選べるようになっていました。

  LEDクリスマスツリーと。
  キラキラLEDという半円状のエッグ型を使ったキットと。
  恐竜などのダンボールクラフト、
  キーホルダー。
  の4種類でした。

キラキラLEDにもちょっと惹かれつつ、初志貫徹!でクリスマスツリーを選択。
こちらのお値段は400円。

  選ぶものによって100円〜、値段は色々でした。

クリスマスツリーはツリーの形の種類が複数あったようなのだけれど。
今日の分は他の形は売り切れて、既に1種類のみ。とのこと。
沢山あるテーブルもほぼ満席状態で、人気あるんだなぁ〜とシミジミ。

土台につけてあり、LED電球までセットしてあるツリーをもらって。
後は、モールなどのオーナメントに出来そうな素材を軽く一式もらって。
テーブルにはグルーガンが置いてあり。
後はお好きにどうぞ。システムです。

途中、飽きて逃げ出したSuiや、興味津々で入れ替わりにやってきたPekiなど。
色々とありつつも。。。
無事、ツリー、完成!

DSCN5166.JPG

裏側にはこんな風に、子どもでも仕組みがわかるような感じでスイッチがあって。

DSCN5167.JPG

LED電球が3つ、キラキラと7色(らしい)に光ります。

DSCN5168.JPG

一番大変だったのは…

DSCN5164.JPG

このお人形さん。
キットには雪だるま?みたいな形のアンティーク加工してある形のものが入っていて。
作成見本の写真の1つが…こんな風に、マト風にアレンジしてあったのです。
SuiもPekiも、これはお人形さんにすべきだ!と言い張り。
…顔塗ってー、髪の毛書いて、頭巾書いて、顔書いて。。。
まぁ、何とか見れる雰囲気になって…よかった。

入っていた素材はシンプルだったので。
ボールチェーンをバチバチと切って、ボールばっかりにしたり。
モールでリースもどきにしてみたり。
…まぁ、個人的には見た目以上にやること色々で楽しかったです♪

大きさは高さ25センチ程。
400円ならば十二分に満足!です。

その後、ランチを挟んで、吉野川下り。
そして、念願の「こども科学館」

DSCN5148.JPG

いやー、予想以上によかったです、こども科学館。
規模はそんなに大きくないけれど、わかりやすい、まわりやすいレベルになっていて。
実験物のミニイベントも程よいペースで行われていて。
特に、雷の実験はすごい迫力!で、大人、大満足(子ども、小ビビリ)。
子どもは、プリン型に蓋をするマシンの実演に大喜び。

  中にビー球入れて蓋してプレゼントしてくれます。

施設内には、未就学児専用のプレイコーナーもあって。
こちらでも大はしゃぎ。

DSCN5151.JPG

館内放送で閉館時間についてのお知らせが流れて…16時過ぎていることに気がつき、慌てて帰ってきた程、時間を忘れて楽しんできました。

いやぁ、あすたむ、もっと近ければいいのに…ねぇ。

  でも、神戸にあったら…あの平和な雰囲気はないんだろうなぁ。

来年の4月になって、高速道路の土日1000円が見直されたら…来づらくなっちゃうねぇ。
って、あと3ヶ月程やん!
早めにまた行かなきゃねー!!!

…と。
帰り道で、また行く算段を立てている私たちなのでありました(笑)


posted by carrera at 22:06| 兵庫 ☁| Comment(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

今度は関空!by.ベイシャトル

さて、先週末。
またも空港に行ってきました。

(笑)

でも、今回は、空港は空港でも「関西空港」です。

理由は、神戸市の広報紙で募集していた「神戸−関空ベイシャトル無料体験乗船会」に当たったからなのです。
当選の通知は、開催日の3日前程に届いて。

  まぁ、申し込み〆切が1週間前だったからしょうがないんだろうけれど。

空港づいているなぁ。と笑いながら、張り切って行って来ました!

 神戸−関空ベイシャトル:http://www.kobe-access.co.jp/index.php

DSCN5077.JPG

船だー!
PekiもSuiも大喜び。

思っていたよりは横揺れがあって。
酔わないかドキドキしつつ、30分の船旅も終了。
車で関空まで行く時間を考えるとかなりのショートカット!です。

 関西空港:http://www.kansai-airport.or.jp/index.asp

船着場から空港までは、バスで送迎。
勿論無料。
と言っても、数分程度です。

到着したのは国際線の出発フロア。
おぉー、この緊張感っ!
自分が海外行くわけでもないのにこの空間に入ると、急に違う世界に飛び込んだような、そんな感じ。
何だか、この空間にいるだけで、関空まで来てよかったーって思ってしまう、単純な私(笑)

フラフラと各航空会社のカウンターを遠目にひやかしたり。
ベンチに座って、出国前の人たちの緊張感をわけてもらったり。
…ハタから見たら、不審者レベルな観光を繰り返し。

レストランフロアで、ランチ。
そして、お土産までついでに物色。

その後は…本日のメインイベント。
関空2期工事の見学ツアーへ!

…関空では、空港を見学できるツアー「わくわく関空見学プラン」と。
2期工事の見学が出来るツアーとがあって。
個人的には、わくわくの方の「飛行機大好きコース」を見たかったのだけれど。
今回の船旅では、時間が合わず。
第二希望の2期工事の見学ツアーに予約を入れて参加してきました。

 わくわく関空見学プラン:http://www.kansai-airport.or.jp/play/plan/index.html

 2期空港島見学ツアー:http://www.kald.co.jp/tour/japanese/012.html

…そもそも、関空のことは仕事していた頃はちょこっと話を聞いていたことはあったけれど。。。
今じゃ、すっかり縁もなく。
2期工事といっても、今がどういう状態かもさっぱりわからないまま参加したのですが。
簡単に言えば、今は大した工事はしていませんでしたー。

  もっと、重機とかがいるかなー。って期待したのだけれど。

これまでの工事の概要の説明や。
一般者は入れない2期空港島にバスで行って、広い広い埋立地を実感したり。
実際に歩いてみたり。

でも、わかりやすい説明と、適度な自由時間とで。
子連れでもとっても楽しい時間が過ごせましたー。

DSCN5079.JPG

こちら、所謂、砂利船。
1期空港島と2期空港島の間の海を浅くしているところ…だそうです。
ひたすら動くクレーンに、Suiは大喜び。

DSCN5084.JPG

広い!
ひたすら広いです。

DSCN5082.JPG

こちら、第二滑走路。
ここはもう数年前から使っているそうです。
が、朝晩の離発着の多い時間だけ…とのことで、昼下がりのこの時はただの広い道路状態。
かなり近い位置に見学台があるので、離発着していたら、かなりの迫力だっただろうなぁ。。。ちょっと残念。
ついでに、滑走路横にはプライベートジェットが停まっていました
そんなんも、第二滑走路を使うそうです。
プライベートジェット。。。本当にあるのねぇ。。。

DSCN5080.JPG

2期島から現関空を臨む。

こちらのツアー、無料!です。
事前予約制とのことですが、空きがあれば当日でもOK。

  参考までに、我が家は当日の朝に予約入れました(^^;

集合場所の2期工事見学ホールは、かなりキレイ!です。

DSCN5078.JPG

広い!
人がいないっ!!
壮大な景色っ!!!
ついでに、よくある2分100円の望遠鏡も無料で見れます!
この日は天気がよかったので、真正面の舞子がよく見えましたよー!
愛徳さんとか、文字もちゃんと読めたし。

奥の方には、絵本なんかも置いてあって、子どもは大喜び。
カウンター席に座ってのんびりと外を見ているだけで…非日常気分です。

いやぁ、関空。
なかなか遊べるじゃないですかー。

今回は行く時間が微塵もなかった展望ホールも気になるし。

 展望ホールスカイビュー:http://www.kansai-airport.or.jp/skyview/skyview.htm

行けなかった、わくわく関空見学プランも是非行きたい!

  あ、こっちは有料(1人500円)です。

アウトレットにもバスが出ているんだよねー(笑)
うん、うん、また行きたい(爆)

帰りも勿論、高速船に乗って。
…ついでに、家族4人、帰りの船で爆睡して(^^;
無事、神戸まで帰ってきました。

いやぁ。
この船の無料体験乗船会は、かなりお得だと思います。
駐車場も無料だから、これだけのことしても、ガソリン代とランチ代しかかかってませんー!

 参考までに、普通に行くと。
 乗船には、日帰り大人往復2,000円。
 子どもも座席使う場合は日帰り往復1,000円。

この日の無料乗船は、11時の船にのって、16時の船で帰ってくるパターンでした。

 日にちは選べるけれど、時間は選べませんでしたー。
 でも、いつもこの時間…なのかも…?

来年1〜2月分、今も募集していますよー。
ご興味ある方、是非チェックを!

 市政情報(スポーツレジャー)H22年12月号:http://www.city.kobe.lg.jp/information/public/kouhoushi/2010/1012/info09.html

いやぁ、空港。
楽しいですよー!

  …実は、飛行機の飛ぶ姿、離発着にはまってきていたりします(笑)
  特に、国際線はやっぱり大きいねー。
  すごいねー。
  色とりどりで楽しいねー。

神戸空港、関空ときたので。
次は伊丹かなー?(笑)

ビバ!空港!(爆)


posted by carrera at 23:07| 兵庫 ☔| Comment(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

北野へおでかけ

今週も毎日予定がギッチリ!

…が。
遊ぶことも忘れてはいけませんっ!

ということで。
お友達と北野〜元町方面へプラプラとお散歩に行ってきました。

  きっかけは、私が
  「出かけたいのにSuiと2人だと自分に負けて出かけないー」
  というようなつぶやきをツイッターでしたこと。
  それみた友人が声かけてくれたのです♪
  ブログでもツイッターでも、ボソリとつぶやいてみると、
  助け舟を出してくれる友人が出てきてくれたりして。
  普段は甘え下手なので、ネットを通じてでも声を出してみると、
  「言ってみてヨカッター」って思うことが多いです。

まずは、CHECK&STRIPEさん♪

  CHECK&STRIPE:http://checkandstripe.com/

CHECK&STRIPE(以下C&S)さんに行きたかった理由は、オリジナルカラーのリバティ「cars」を入手したかったこと。
…って、実は、発売日の翌日に友人に頼んで、Suiが絶対に欲しい緑色は買っておいてもらってあるのだけれど。
自分でも3色とも色が見たい&良ければ他の色も…と思って。

  男の子の勝負布地ってあんまりないので。。。
  carsはちょっと使うだけでもSuiウケもよくて、重宝しています。

で、茶色っぽい色も結局購入。
ついでに、他の布地も思わず手にとってしまって。。。
(しかも、いつも似たような色。。。)
・・・ウン、頑張って作らなきゃ!(笑)

その後、友人が行きたいお店があるとのことで、私にしては珍しく、そこからさらに北上。
ついでに、ウロウロと店を探しているうちに、遠くから惹かれる気配を感じ…思わず立ち寄ったお店がこちら。

DVC00041.JPG

「HAPPY WORKS KOBE」さん。
カフェとワークショップとショップが一緒になっているお店でした。

 HAPPY WORKS KOBE:http://www.happyworkskobe.com/

一角に置いてある雑貨が可愛くて、友人とキャイキャイ大騒ぎ。
しかも、私が見ている間、カフェの方でおもちゃを出してSuiの相手もしてくれて。
すごい居心地いい空間でした!

ここでは、クリスマスのデコレーション2種を思わず購入(笑)

  すごく悩んだのは、刺繍とビーズがいっぱいのポーチなど。
  すごい可愛かったんだけれど…使うあてがない。。。
  ついでに、実は一番欲しかったのは、手作りバッグ。
  ボンヌママン風のデザイン。
  でもこちらはお値段であきらめ。。。

その後、異人館通りをフラフラと歩き。
友人のお目当てのお店「いりえのほとり」さんも覗き。

 いりえのほとり:http://www.irie-hotori.com/

  ロシア雑貨のお店です。
  マトとかいいもんがいっぱい置いてました。
  Suiは、ずっとチェブラーシカの顔が色々なのを見て騒いでいました(^^;

店を出た所で「おなかすいた!」と騒ぎ出したSuiの目の前に…美味しそうなパン屋さん。
しかも、イートインできると書いてある!
よっしゃ、食べてまえー!(笑)

・・・と、立ち寄ったのが「ブランジュリーc.m.h」さん。

  ブランジュリーc.m.h:http://gourmet.walkerplus.com/184461005032/

ショーウィンドゥから見えたデニッシュで私もSuiも友人もやられました(笑)

DVC00043.JPG

イートインの場合は、パンを選んで、レジに行き、飲み物(コーヒー350円〜)も一緒に頼んで、自分でそのままパンのかごと

伝票をもって、店を出て、隣にある階段から地下のパティオのような所に下りていくと。
セルフサービスです。と書いてあるカフェみたいなお店があります。
自由に席について、水やおしぼりなんかもセルフ。
お店に入る時に店員さんが伝票を預かってくれ、飲み物をつくって持ってきてくれます。
イートインだけじゃなくて、パスタランチなんかもあって。

  パスタランチはパスタとミニサラダにパン食べ放題!とドリンクがついて1000円!

で、何がよかったって、北野にいながら、子連れでも肩身狭い思いをしなくてすんで居心地よかった!
半セルフ。というのが大きいのだろうけれど。
美味しいパンを私もSuiものんびり楽しく食べることが出来ました。

  個人的には、ランチメニューにつくパン食べ放題も気になったなぁ〜。
  どなたか、また是非ご一緒下さい♪

その後は、テクテクお散歩しながら、気になる店をチラチラ覗いたりもして。
大丸まで南下。

ここでも手芸コーナーにまっすぐ向かい。
程よく、Suiがベビーカーで寝てしまったのをいいことに、のんびり布地を物色(笑)

  そして、また買っちゃった。。。

おしゃべりしながら、久々に色んなもんみて。
キャーキャー騒いで。
悩むならば買っちゃえー!的なこともあったり(笑)
すごい楽しい時間を過ごせました♪

  つぶやきにのってくれたちいちいさん、本当ありがとー!

…で。
手芸仲間とのお出かけだったので。
手芸モチベーションがググっと上がった!…ハズ。

さぁ!
遊んだ分だけ!
・・・いやいや、それ以上に。
買った分だけ!!

動かないと!私!(笑)

posted by carrera at 21:56| 兵庫 | Comment(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

神戸空港島で遊ぶ〜2

昨日からの続きです。

  神戸空港島で遊ぶ〜1:http://carrera711.seesaa.net/article/170674778.html

*************

もしかして、これに乗ればどこか遊べる所に行けるかもー?
と、張り切って無料バスを覗き込む。
んー、基本は、関空までのベイシャトル乗り場への送迎がメイン…なのかな?
「行けるかなぁ?…そもそもあるのかなぁ?」
と、つぶやいていると
「どちらまでですか?」
と、にこやかに尋ねてくれた運転手さん。
「なんか、子どもが遊べるようなところがあるかと思ったんですけれど。。。」
「あぁ、西側緑地ですね、行きますよ。
 先にベイシャトルの乗り場に行きますんで、そのまま座っていてくださいね。」
と、親切に教えてくれて。

…無料巡回バスは発車時刻を待って…だけど、他のお客さんは誰も乗らずに、私たち家族だけを乗せてそのまま出発。
ワーイ、貸切だー!

  …と、喜んでいいのか、これも税金?と憂いたらいいのか。。。

ベイシャトル乗り場でも誰も乗って来ず。
貸切のまま、西側緑地へ。
空港島の西端。
飛行機で降りてくると小奇麗な建物がいっぱいあって気になっていたエリア。

「あの建物は結婚式場です。
 こちらの道をまっすぐ行くとその先が公園になっていますんで。
 バスは20分後に出ます。
 その次は1時間20分後です。
 本数が少ないのでご注意してくださいね。」

親切な運転手さん。
どうもありがとー!

奥まで行ってみると…あー、ここ、ここ!
前に市の広報か何かで計画絵図みたいなのを見たヤツー!

2010112601.JPG

大きな砂浜とキレイな海が広がっていて。
いわゆる、人工ラグーンってヤツですね。
すぐ隣地に出来ている結婚式場のおかげで、ものすごいリゾートに来た雰囲気!
しかも、人が少ないっ!貸切状態!!
おぉー!ここは当たりだー!

遊具の類はないけれど。
砂浜はキレイだし、海もキレイだし。
本当にステキな場所です。

「あぁ!カニ!!」
なんと、カニがいました。
子ども達、大騒ぎ!!

  帰りには、遊歩道にもカニが歩いていました。

砂浜には貝殻も沢山落ちていました。

2010112602.JPG

私の戦利品♪
小さくてキレイなのばかりをチマチマと。
Pekiは、あれも、これもと、両手に持ちきれない程の量を抱えこんでいました(笑)

ラグーン(砂州によって外海から分離されてできる海岸の湖)をぐるりと回ってみると。

…ん?何か浮かんだ?
魚?

…と思ったら。
海亀でした!

水がキレイなので、スイスイと泳ぐ姿も見えます。
またもや子ども達、大騒ぎ!

  どうも、放流しているようです。

ラグーン外海側から砂浜を望むと…

2010112603.JPG

ステキー!

奥の建物郡が、結婚式場「ラヴィマーナ」。

 ラヴィマーナ:http://www.ravimana.com/

週末だったので、結婚式場にも花嫁さんを何人も見かけました。
本当、すごくステキな式場。
自分がまだならば是非!ってな位(笑)
レストランもあるようなので、一度行ってみたいなぁ〜。

2010112604.JPG

外海は、写真ではわかりにくいけれど、明石海峡大橋もみえて、雄大な景色!

2010112605.JPG

空港間近なので、すごい迫力で飛行機も見えます!
(写真は迫力ないけど。。。)

  が、本数が本当少ないねぇ〜(^^;
  たまに見る分には程よいっちゃ程よいけれど。

ラグーンは、遊泳や釣りの類は禁止だけれど。
砂遊びしたり、のんびりするにはすごい穴場スポットでした!

1時間20分後のバスまで思う存分遊び、のんびりし、景色を楽しみ。
帰りも、無料巡回でまたもや貸切のバスで帰ってきました。

西側緑地。
(ってネーミングも何だかそのまんまだけど)
島内無料巡回バスでも行けますし、駐車場もありました。
1時間150円。
空港の駐車場と同じ値段です。
場所は、空港島の一番西端。
1本道なので迷うことはないと思います。

  ラヴィマーナのアクセスのページを見れば一番よくわかります。

トイレ、ベンチ等の最低限のものはありました。

なかなかおすすめスポットでしたよー。

またリピしなくちゃ!

posted by carrera at 14:55| 兵庫 ☔| Comment(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

神戸空港島で遊ぶ〜1

先日、神戸空港に行ってきました。

飛行機乗りに…じゃなくて、ランチ&まったりしに(笑)

  あ、ランチしに行った理由は。
  過去にJAL乗った時のマイルをJAL-ICのクーポンにしていて。
  まぁつまり、電子マネーがそこにちょこっとあって。
  でも、JAL-ICって使えるところが限られていて。
  神戸空港だとそれが使えて。
  でもでも、神戸空港からJALが撤退しちゃったから。
  神戸空港でJAL-ICもいつまで使えるから怪しいから。
  早めに使っちゃえー。ってことです、ハイ。

飛行機で神戸空港に着くと、相変わらずの飛行機見学者の数にビックリするけれど。
いざ、自分がそっち側になってみると…それはそれで楽しいもんです(笑)

ランチは、他にも候補は色々あったけれど…子どもウケもいい「グランチャイナ」で。
中華料理の食べ放題の店です。

 グランチャイナ:http://r.gnavi.co.jp/k556003/

ここ、お値段(大人1600円、小学生1000円、幼児510円、3歳以下無料)以上に美味しいです!
種類も豊富だし。
私はお粥がイチオシ!
あと、青菜の炒め物とか、酢豚とか、そういう定番モノも味がちゃんとしています。
点心もいっぱいでウレシイ。
デザートも豊富&美味しいから思わず手を伸ばしてしまう。
中華だと後がもたれたりするんだけれど…ここのはそれもなくて。
まぁつまり、お気に入りの店です。

…が!
残念なお知らせ。
11月いっぱいで閉店するんだそうです。。。
ショック・・・
後数日ですが、よければ…是非!(笑)

  ついでに。
  神戸空港での他のお気に入りは「上島珈琲店」。
  ここのサンドイッチを摘むのが好きです。
  テイクアウトも出来るので、飛行機に持ち込んだりもしています。

 上島珈琲店:http://www.ueshima-coffee-ten.jp/

  憧れは寿司の「明石浦正」。
  一度行ってみたい!
  …けど、子どもメニューがなさそう。。。
  今回も、扉の前まで行ったけど、子ども達の大ブーイングにあい…撃沈。

  明石浦正:http://r.gnavi.co.jp/ka8b400/

で。
その後、デッキで飛行機見たり、芝生を転がったり一通り遊んで。

  デッキの芝生が気持ちよかった!
  みんながいる中央部分じゃなくて、端っこの方…特に西端…がオススメです。
  フワフワしていて思わず転がりたくなります(笑)

帰ろうかなぁ〜。と思い、空港を出て駐車場に向かおうとしたら…偶然にも空港島内の無料バスが目の前に。

「あれ?今、なんとか緑地って書いてなかった?」

…そう。
実は、神戸空港に来る前に「確か、空港島内にラグーンと公園作ってるって情報あったけど?」という話が出て調べていたのだけれど。
めぼしい情報が見当たらず…という経緯があったのです。


(続く)

*******

すみませんー。
たいした内容ではないけれど、前後2本にわけさせてもらいます。
続きはまた次回~。

posted by carrera at 22:18| 兵庫 ☁| Comment(2) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

あすたむらんど〜3

ここまで引き伸ばしてスミマセンねぇ。。。
…と思いつつの、「あすたむらんど」その3です。

 その1:http://carrera711.seesaa.net/article/167294606.html
 その2:http://carrera711.seesaa.net/article/167517897.html

外でひとしきり遊んだ後は。
残りの時間をどこで遊ぶか。の相談。

こども科学館は行きたいけれど…あと2時間弱が限界と思うともったいないような。
体験もしたいけれど、まぁそれはここでこだわる必要もないかなーと思い。

結局、四季彩館と、吉野川めぐりを体験することに。

「四季彩館」は、カレイドシアターとあさんミュージアムとがあり。
カレイドシアターは、巨大万華鏡の世界。との説明があるシアター形式のもの。
シアターは有料。
ちょっと見たかったけれど、Suiが大人しく見ているとも思えなかったので、無料のあさんミュージアムエリアへ。
昭和の民家を再現していて、空間も狭いけれど、のんびりも出来る雰囲気。

2010102901.JPG

こんな感じ。

2010102902.JPG

とりあえずバイクは乗っておかないとっ!な、Suiさん(笑)

けんだまが置いてあったり。
民家の中には、当時のおもちゃということか、ブリキのおもちゃなんかもあって。
折り紙も置いてあって自由に折れるようになっていました。

大人がちょっと休憩するには程よい感じ(笑)

そして、「吉野川めぐり」というアトラクションもどきにもチャレンジ。

2010102903.JPG

すごーく簡単に言えば、TDLのイッツアスモールワールドとジャングルクルーズとカリブの海賊を足して3で割って、かなり予算ダウンした感じ?(爆)
イッツアスモールワールドは、のんびり人形を眺めるイメージ。
ジャングルクルーズは、室内じゃなくて外の川で、異世界に迷い込むイメージ。
あ、洞窟のような所があるのも一緒?
カリブの海賊は、ちょっとしたスリルもある。というところで。

ついでに、上りと下りと2種類の路線(?)があります。
上りの方がのんびり。とのことで、こちらは私とPekiが。
下りは旦那とPekiが乗りました。
100cm以下は乗れないと書いてあったのと、それ以前に嫌がったので、Suiは見送り。

で、以下は、上りの写真

2010102904.JPG

こんな感じ。
…あまり吉野川…では、ない。

2010102905.JPG

坂を上がれば…落ちます(笑)
でも「上り」のライン落ち具合は私でも大丈夫な程度。

  私=ジェットコースター駄目系。

「下り」はそこそこ落ちるようです。

2010102906.JPG

とにかく、テーマは「たぬき」です。
ちょっとした笑いもちりばめられています。

片道大人300円。
小学生は100円。
未就学児は無料。
1つの舟の定員は4人。
でも、当たり前のように2人で1つの舟に乗せてくれました。

まぁこの値段ならばアリでしょう。
Pekiは大喜びしていました。

  ついでに、運営が厳しいのか、
  スタッフの方が呼び込み的なこともやっていました。

…で、タイムアップ!

あ、そうそう。
レストランは1件。
でも、せっかく徳島来たんだから〜♪的な野望は見事に裏切られるような内容です。
まぁ、普通の食堂というか。。。
カレーも、真面目に「ボンカレー甘口」という商品名でした(笑)
ついでに、ボンカレーは450円。
お子様ランチ的なものはナシ。
うどん、そば、カレーがほとんどのメニューを占めています。

  うちの子達は。。。
  ボンカレー甘口を2人で食べて。
  足りなさそうだったので、私の豚のしょうが焼き丼のご飯半分近くをカレーに追加し。
  それでも足らなくて、ざるそばを2人で食べて。
  それでも足らなくて、売店で海老せんべいを買ってバリバリ食べていました。。。

  いや、量が少ないという説明じゃなくて、よく食べるんです(汗)という説明。。。
  量は普通にちゃんとありました。

大体の人はお弁当也を持ってきているようでした。
食べるようなところはいっぱいあります。
芝生にシート広げてー。じゃなくても、テーブルと椅子があるようなところも。
ついでに、レストランにも持ち込みOKのようです。

  ここでは、採算とかそういうのはないのかなー。とたびたび思う。。。

入園料は何度も書いていますが、無料!
駐車料金も無料!

  が。
  帰る時に、大学生の方がアンケートをしていて。
  ここが有料だったら?的な質問がありました。
  そういうことも検討しているのかもしれませんねー。
  まぁ、有料化の具体的な数字は「1人100円」でしたが(笑)

  個人的には有料化しても全然アリだと思います。
  というか、運営が厳しいならば是非そうして欲しい!
  遊具一つをとっても、ちゃんとしよう!頑張ろう!よくしていこう!
  という意気込みが伝わってきたので。
  予算を理由にその頑張りを低下させて欲しくないです。

垂水からは、ナビタイムさんの計算によると、約100キロ。
時間は1時間55分と出ています。

 ナビタイム:http://www.navitime.co.jp/

  「あすたむらんど」の検索で行き先が出てきましたよー。

我が家はもうちょっと早く着きましたが。。。
感覚的には1時間半…弱。

  淡路鳴門自動車道、空いていたしー。
  …黒い車だったし(ボソ)

最寄の板野ICから近いのも大きいかな。

  HP上ではICからあすたむらんどまで車で5分。

何よりも!
土日ならば、高速1000円が当てはまるので(途中で公団が変わるけれど)、垂水ICから板野ICまでは1,250円!
安いっ!

  通常ならば…どうやら5,650円のよう。
  往復1万オーバーだと行かないよねぇ。。。

  ただ、1000円の縛りがあるので、
  せっかくだから帰りに淡路島でー。とかが出来ない、ケチな我が家。。。

明石海峡大橋渡って、淡路突っ切って、鳴門海峡大橋も渡ってー。
は、ドライブとしても楽しいです♪

片道1000円ちょいで、1時間半程度。
と思うと、結構近くないですかー、徳島!

我が家は…また行きますっ!

今度行く時は、徳島情報もチェックして。
近辺のその他の観光も出来たらいいなー。と思っています♪

以上!
長々とお付き合いありがとーございましたー☆


posted by carrera at 22:05| 兵庫 ☁| Comment(3) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

あすたむらんど〜2

一日間が空いちゃいましたが、引き続き、「あすたむらんど」の話を。

  あすたむらんど〜1:http://carrera711.seesaa.net/article/167294606.html

水バシャーのバケツのすぐ横には、またも水エリア。
真夏にはきっとより楽しいんだろうなー。

2010102801.JPG

ちびっこなりに必死にポンプ押して…水がチョロチョロ〜(笑)

左奥に見えるのは、プカドームという名称。
水に浮いている橋から、白い大きなトランポリンのようなところの島に行くことができます。
橋を渡るのには、Pekiは大喜び。Suiは不安定な足元に半泣き(苦笑)
白い丸い場所は、大きな水のボールの上のような感触。
衝撃が吸収されて…あー、何だかなつかしい感じ(笑)
こちらは、Pekiは「ジャンプできなくて変な感じー」Suiは「楽しいー!」。
姉弟、感想は色々です(笑)

2010102802.JPG

こちら、そのプカドームの入り口。
重さの関係か、中の定員は15名まで。
で、ゲートを作って人数がわかるようになっています。
賢い!お金かかってる!
…と、私はちょっと感動。

  が、よその子がこのゲートをグルングルン回してカウントグチャグチャにー。。。
  感動した直後だったので見ていられなくて、カウンターの意味含めて注意しちゃいました(^^;
  あー、私っておばちゃんだわぁ。。。

この水のエリアは結構広くて。

2010102803.JPG

こんなのとこかもあったり。

2010102804.JPG

こんなのも。
ここは、傘もちゃんと置いてあります。
おばちゃん、また感動!(笑)

実際に水をチャプチャプできる…と思われる場所もありました。

2010102805.JPG

さすがに誰も入っていなかったけど(^^;
夏には楽しいんだろうなぁ〜。

さて、またも進むと。
広ーい広場が遠くに見えました。

2010102806.JPG

入り口付近で借りられるバトミントンやらはここでやるのかなー。
すごい開放的な広さです。

…の手前には、まだまだ遊具もあって。

2010102807.JPG

こちらは、ロープが張り巡らされていて、所々に大きな鈴が。
小さな子は、ロープを揺らして音を鳴らし、Peki位からはロープによじ登って進んで行って音をリンリン鳴らしていました。

2010102808.JPG

楽器みたいなのもいっぱい。

2010102809.JPG

お、これは、迷路?
…と思ったら。

2010102810.JPG

なんと!
車椅子の大変さを実感できる場所でした。
勿論、車椅子が入り口に置いてあります。

中は、少しの段差があったり、でこぼこ道だったり。
なんてことない道でも、車椅子だと大変そうでした。

  私はSuiがいたので体験できず。。。次はやってみたいなぁ。

ここでも、おばちゃんはかなり感動!
この設備の意図もそうだけれど、それに加えて、ちゃんと使われていることにも。
車椅子もキレイだったし。
係員とかは誰もいないのに、荒らされているようなこともなくて。

  そう。
  基本的に、係員さんとかはほとんど見かけなかったけれど。
  必要な場所には必要な情報があったり。
  程よい性善説がちゃんと成り立っていて。
  規模と遊具の数のわりには、嫌な思いはほとんどしなかったなぁ〜。

…なんて思っていたら。
あれ?Pekiはー?

2010102811.JPG

あ、あんなところにいた(^^;
足こぎメリーゴーランド?みたいな遊具です(笑)
しかも、ものすごいスピードで回ってるー。
私やったら1周でアウト間違いなし。。。

他にも色んな遊具があって。
外だけでも全部遊ぶのには一日かかりそうでした。

…そう。
外だけじゃないんですよー。

水遊び場の奥には

2010102812.JPG

体験工房なる場所があって、期間毎の工作を体験(有料)できて。

その奥には外の遊ぶエリア全ての広さを同じ規模の「子ども科学館」(有料)、その中にはプラネタリウム(有料)も。

  科学館の中にも就学前の子向けのプレイエリアがあるみたい!

その奥には

2010102813.JPG

風車の丘なるものも。

ハイ。
どれも行っている時間なんてありませんでしたー(涙)

  特に「子ども科学館」は、かなり行きたかったのだけれど。。。
  …私が。

本当に規模がすごくて。
全てを遊びつくすのはどう頑張っても一日じゃ無理だと思いますっ。


******

あとちょこっとネタが残ってしまいましたー。
スミマセンが、続きは「3」で…☆


posted by carrera at 22:54| 兵庫 ☁| Comment(2) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

あすたむらんど〜1

週末、徳島まで行ってきました。

目的は「あすたむらんど徳島」に行くことっ!

 あすたむらんど:http://www.asutamuland.jp/

友人のブログで知って、ずっと行きたかったのだけれど。
なかなか都合がつかずにやっと実現!

で、ここ。
簡単に言えば、大きな公園です(笑)
でも、規模が違いますっ!

えー、今回は写真もバシバシっ!

2010102601.JPG

入り口で既に圧倒!
規模がデカイ!
旦那「これは…国体か何かがあったんちゃう?」
…発想が昭和だよ〜(爆)

入場料は無料ですが、無人のゲートはあります。

入り口入ると左手にインフォメーションセンター。
そこでは無料でベビーカーが借りれます。
しかも、2タイプからセレクト可能!
3輪タイプのKATOJI「NewYorkBaby」を借りました♪

  …が、あまりにも遊ぶものがいっぱいで、
  Suiがここに乗ることはほとんどなかった(^^;

フラフープやバトミントンなどの遊具も無料で借りることが出来ます!
無料(100円返却タイプ)のコインロッカーもありました。

2010102602.JPG

こちらトイレ。
既に子ども達には遊び場(笑)
「水に入っていい?」
ダメですっ!

テクテクと歩いていくと。
目の前に…

2010102603.JPG

デーン!
お、大きいっ!

子ども達、見た瞬間に奇声をあげながら走り去っていくー(^^;

2010102604.JPG

オーイ!
あー、もうあんなところに(笑)

ベビーカーのお守りで待っている間に、辺りをキョロキョロ。
いやぁ、遊具も立派だけれど、全体として、安心して遊べる雰囲気があります。
ちょっとした木立などはあるものの、子どもが走っていく分には見通しが利きやすいこと。
手入れもちゃんとされていること。
そして、情報もいたるところに。

2010102605.JPG

遊具の不具合を感じた時、怪我をした時などの電話先がちゃんと書いてあったり。

2010102606.jpg

安全点検の確認書が貼ってあったり。

子ども向けの「すべるからちゅうい!」などの張り紙などもありました。

戻ってきたSuiが「水ジャーってところに行くー!上で見えたよー!」と叫んで私の腕をグングン引っ張って連れて行かれたところ。

2010102607.JPG

うわぁ〜!
大きなバケツ!
そして、水がいっぱいになると

2010102608.JPG

ジャー!
すごい迫力〜!

水が落ちる滝つぼ(?)部分には

2010102609.JPG

ボールがいっぱい!
Sui「Suiちゃん、プール頑張ってるから、あそこ入りたい!」
…おいおい、毎回泣いているやんか。。。
プールの100倍怖いよ、そこは。。。
「入りたかったのにぃーーー(泣)」
…あ゜ーーー。

ついでに、バケツの下部分ははガラス張りになっていて

2010102610.JPG

裏から見ることもできます!
ここから見る、水が落ちる瞬間はすごい迫力ー!
ここのガラス張りになっている裏側はコンクリートの洞窟みたいになっていて。
ここも楽しいー!

2010102611.JPG

…ハイ、わが子ですが。。。何か?(爆)


******


画像の処理もあって、時間かかるー(^^;

  文章だけの方が、私にはカンタン。。。

…ということで、久々に数回に分けてアップさせてもらいますーm(_ _)m

  次回をお楽しみに〜♪

posted by carrera at 23:34| 兵庫 ☔| Comment(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

はたらくくるま大集合

気を抜くをご無沙汰になってしまうブログ更新(^^;
書くことはいっぱいあるのに、最近は「読書の秋」に負けているのが原因。

  今朝、借りていた本を読みきってしまったー。
  手元に新しい本はないので、今日は中毒症状はナシ(笑)

   …が、明後日また借りるのだ〜♪

で、今日は週末の話。

週末、東条湖おもちゃ王国隣接地で開かれた「はたらくくるま大集合」なるイベントに行ってきました。

 東条湖おもちゃ王国:http://www.omochaoukoku.com/tojoko/
 第9回はたらくくるま大集合:http://www.omochaoukoku.com/tojoko/event/details/car.html

まぁ、簡単に言えば、広い駐車場に、特殊車両が40台程、並べられていて。
ほとんどの車は、自由に触ったり、運転席に座ったり出来る。
というイベント。

イベントを知って、Suiが喜ぶだろうなぁ〜と思っての参加だったけれど。
いやぁ、思っていた以上にマニア向けのイベントでした(笑)

とにかく、皆さん、特殊車両の運転席に座る為に列を作り。
車両にもよるけれど、5分程度〜長い所では30分近くも並んで。
順番が来たら、子どもは、ほんの1分弱の「この車は今はオレのもんだぜ!」感を味わい。
親はそれを必死にカメラやビデオに収めて。
しかも、対象年齢は3歳〜5歳程度の車好きの男の子がいる家庭が8割方。
(大人のマニア(オタク)みたいなのは見かけなかったなぁ)
…というのが私の印象。

メインステージ(と言っても、ステージはなくてエリアという感じ)では、クイズ大会なんかもあったりするんだけれど。
思っていたより、そちらは盛り上がっていなくて。
時間になってクイズ大会などが始まっても、あまりそちらに流れる感じでもなく。

親の誘導などは気にせず。
「やっぱり、あっちが見たい!」
「並ぶのはイヤ!今乗るの!」
「おなか減ったー!」
「おもちゃで遊ぶー!」
「絶対に帰らないっ!眠たくないもん!!(目をコシコシ)」
と騒ぐ子ども達と。

「走らないっ!よじ登らない!!」
「待って!写真撮るから!ほら…あーもー、じっとしてなさい!」
「いいの?本当に並ばなくていいの?
 もう、こんな運転席には普段は座れないのよ!
 一度列から離れたら…もう並ばないからねー!!」
と、叫ぶ…親たちと(苦笑)

…まぁ、簡単に言えば。
あちらこちらに、Sui(…と私)がいっぱい!

でした(爆)

Suiは、かなり盛り上がっていましたよー。
「はたらく車のお祭りー!」
と、並ぶのも厭わず、あっちに座りハンドルをぶんぶん動かし。
こっちに座り、ボタンをバシバシ叩き。
大興奮でした。

Pekiは…盛り上がってもいたけれど、フォークリフトの運転席に座る為に10分待つことは出来ても。
次のトラクターにも10分かけることは出来ず(苦笑)
まぁ、よっぽど好きじゃないと運転席なんてどれも一緒なんでしょうねぇ。

で。
暇なPekiは「お絵かきコーナー」なるものを見つけて。
あそこならば居場所があるだろう!と喜び勇んで1人で走って去って行った…と思ったら。
白紙の画用紙と画板と色鉛筆セットを持ってテクテク帰ってきて。
「机で塗り絵するんじゃないんだって。
 これで、その辺に座って好きなのを好きに書いて下さい。なんだって」
と、がっかりした顔をしつつ。。。
地べたにぺったり座り、ヤケ描き(爆)

  ついでに、頑張って描いて、張り切ってブースに持っていったけれど。
  画板と色鉛筆返しただけで、絵を見てくれるとかいうのもなかった模様。。。

で、Peki作「ロードローラー」

2010101901.jpg

うん。
まぁ、こんな感じだよねー。
ヤケ描きにしてはよく描けてるかと。

ついでに、写真も今日はいっぱい。

2010102001.JPG

フォークリフト。

2010102002.JPG

テレビ中継車の中。
私も興味アリ(笑)

2010102003.JPG

トラックの荷台が遊び場所に。

2010102004.JPG

道路標識車。
いや、あなたが規制中です(爆)

2010102005.JPG

ステージ(?)でデモンストレーション中のNEXCOの散水車。

2010012006.JPG

ユニフォームを着せてくれるところも。
こちらは、JAF。

2010102007.JPG

消防車は乗れないけど衣装がシッカリ!
…でも、衣装が歩いているみたいでした(笑)
それでもSuiは大喜び!

2010102008.JPG

こちらがロードローラー。

2010102009.JPG

こうやって、Pekiの絵は出来上がりました。
すごい体勢。。。

2010102010.JPG

特設プレイコーナーも。
勿論、中は特殊車両のミニカーばっかり(笑)

  「おもちゃならば家でも遊べるでしょ!」と引っ張る親と、
  無限に遊びたい子どものバトルが周辺で繰り広げられていました。。。


このイベント、第9回と表記があったので、毎年あるのかな?
まぁたぶん、同じ内容で毎年繰り返されているんだろうなぁ。という予感がしました(笑)

参加費は無料!
おもちゃ王国の駐車場エリアでやっているので、おもちゃ王国への入場料もかかりません。
あ、車で行けば、近隣の駐車場は、一日500円かかりますが。

  あんなイベント、目の前で無料でやっていたら、おもちゃ王国入らないでも十分遊べるよなぁ。
  それでおもちゃ王国側はええんかなぁ?損ちゃうんかなぁ?
  …とは、旦那の疑問。
  でも、主催はおもちゃ王国だから。。。

逆を返すと。
おもちゃ王国の中には入らないので、ランチやトイレなどは不便です。
軽食スタンドも出ていたけれど、ポップコーンと肉まんとジュースだけでした。

それでも。
特殊車両好きの男の子にはたまらないイベントでしょうねぇ。

  Suiは今でもこの話になると興奮します(笑)

私個人的には。
周辺のSuiと同年代の特殊車両マニアの子ども達の洋服が楽しかったー(笑)
ほら、みんな、車モノの洋服ばっかり着ているから。
3can4onやHushushはポップでお手軽。
トミカ物は間違いナシ。
ミキハウスのも車がいっぱい。
あれ、ファミリアのファミちゃん達が消防車に乗っているのなんてあったんだー!
あー、トミカハイパーレスキューの靴率が高いなぁ。
あのバッグ、ステキー!消防車だよー。
知ってるのもいっぱいだけれど、知らない!あれ欲しいわぁ〜!というのもいっぱいあって。
…やっぱり、「私」似もいっぱい(笑)

Suiの喜び具合を見ても、はるばる行った甲斐がありました。

来年も行けたらいいな〜♪

posted by carrera at 22:17| 兵庫 ☁| Comment(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

自衛隊フェア


土曜日は、自衛隊のイベントに行ってきました。

 自衛隊兵庫地方本部:http://www.mod.go.jp/pco/hyogo/
  自衛隊フェア:http://www.mod.go.jp/pco/hyogo/know/jieitaikouhou.html

駅でポスターを偶然見つけたSuiが反応。
「これ、行きたい!」
おぉー、こんなんに興味持つようになったかー!
…と、親は大喜びでレッツゴー(笑)

  カメラを忘れて写真は撮れなかったんですけど。。。

思っていたよりはこじんまりとしたイベント。
だけれど、戦車なんかの車両も色々と置いていて。
陸自、海自、空字、それぞれのブースも興味深く。
それ以上に、妙に心が躍る何かがあって。
あら、私って、こんなんが好きだったのねー。と再認識したり(笑)

  小さい頃、よく自衛隊のや米軍のイベントに連れていかれて。
  なんだか怖い。。。と尻込みしていた記憶が強いのだけれど。

ヨーヨーすくいが無料でできたり。
制服のレプリカを着させてくれたり。
(子供用、大人用、各種サイズ有)

  海自のセーラー服がステキでした!
  Pekiはあっちも!こっちも!と、コスプレに夢中。
  あぁ、なぜカメラを忘れる。。。私

お安い屋台も出ていたり。
ラッパ吹き体験やクイズコーナー、ぬりえコーナーもあって。
スタンプラリーをすると、飛行機型の押しピンが入ったスティッチの置物みたいなの(800円の値札付)までもらえて。
子供達も十二分に楽しめる内容でした。

  Pekiが始めてのトランペットを30秒程で吹けるようになったのにビックリ!
  その30秒後にはスタッカートもできるようになり。
  「朝からやっていて、お子さんでスタッカートやったのは初めてですねぇ」
  「君は出来る子だから、じゃぁ次は唇の位置で音を鳴らし分けよう!」
  と、本格的な指導に入った所で、Peki、めんどくさくなって逃げ出す(苦笑)
  「きっと出来るから!また後で来るんだよー!」
  と勧誘まで受ける(笑)

メインイベントは、○×形式の「自衛隊検定」。
優勝するとWiiが当たる!
…それよりすごいのは、2位の商品が「自衛隊ヘリ飛行体験」チケット。
八尾の基地から乗せてくれるそうな。
これはすごい!ありえへん!乗ってみたいっ!

…ということで、参加。

ハイ、我が家は○×クイズは得意です♪
…で、Wiiやヘリチケットまでは無理だったけれど、無事、一ケタ台入賞!

  …旦那が。

で。
・淡路島の有機栽培減農薬玉ねぎ10キロ
・カワサキワールドの招待券4枚
をゲットしてきました♪

  5,000円相当位?

こじんまりとしたイベントでしたが。
普段遠い存在の自衛隊を身近に感じられて。

  Pekiは自衛隊の活動パネルをずっと見ていて、色々と興味を持ったようでした。

お得感も満載で。
「来年も行こうー!」
と思いマシタ♪

  …カメラ持って。。。ね(^^;

posted by carrera at 22:32| 兵庫 ☀| Comment(2) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

六甲山カンツリーハウス

さて、今更ながら(^^;週末の話。

久々に六甲山に行って来ました。

いつもならば六甲山牧場にフラ〜っと行く所なんだけれど。
たまには趣向を変えて…。
ずっと気になっていた、カンツリーハウスの方に。
こちらは初めてです。

 六甲山カンツリーハウス:http://www.rokkosan.com/country/index.html

事前の調査によると。
11時過ぎると駐車場がいっぱいになって並んでいる!との情報があり。
それならば早めに…と、到着したのは9時半過ぎ。
駐車場は余裕!…だけれど、思っていたよりは人が多いかな。
チケットブースには常に数人が並んでいる状況。
あら、やっぱり人気なのねぇ〜。

  …というか、夏場の六甲山は人が多いですねぇ、やっぱり。
  改めて思うと、真夏にはあまり来ていないコトに気がつきました、六甲山。
  自然と人ごみを避けてきたのかしらん?(笑)

ぶっちゃけ、すごい充実した施設があるわけでもないし。。。
確かに、広い芝生は子供には魅力…だけれど、基本、斜面だし。
まぁ、何よりの価値は「やっぱり涼しい!」ってことですかねぇ(笑)

そう、涼しかったー!
お日様にあたっていたらさすがに日差しが熱いなぁ。とは思うけれど。
それでも日向を歩いていても不快じゃないし。
湿度が低いからか、日陰ならば十二分に快適です。

  …が!
  実は、それが私には…大失敗で。。。
  実は、黒コゲに焼けました(涙)
  涼しいから油断していたんですよねぇ。。。
  後に出てくる雪の影響もあったのかも。
  帽子を被っていたから顔や首はまぁ許容範囲。
  が、腕がエライことになってます。。。(反省)
  まだ痛いし。。。

で。

鯉に餌をあげたり。

2010090102.JPG

  いやぁ…すごい勢いでした(^^;


ボートに乗ったり。

2010090101.JPG

  こちらは乗るのに10分程待ちました。
  時間が遅いともっと並んでいたかも。

芝滑りをしたり。

  …Pekiが泣いたので写真ナシ。。。
  Suiは大喜びで滑っていたのになぁ。。。

水遊びをしたり。

  こちらは、Suiがスッポンポンだったので写真ナシ(笑)

そして、一番のメインイベントは「真夏の雪まつり」。

人工雪が積んであって。
そこで宝探しをしよー!というものらしいです。

それが集客力となっているようで、スコップやバケツなどの宝探しツールを持っている人がいっぱい!
ナルホド…プロやね(笑)

  園内でも観光地価格…でもない程度で売っていました。
  スコップで300円位。

我が家は素人なので。
何も持たずに10分前位にフラ〜っと会場へ。

すると、既に雪エリアの周りを場所取り(?)で人の群れ。
思っていた以上に気合の入っているイベントのようです。

2010090103.JPG

見ている目の前で雪の上に飴やらを撒いていきます。
ん?掘るんではないの…?
雪の上に置いてあるのは…子供向けのサービスなのか、それがメインなのか。。。
正直、最後までイマイチわからず。。。

で、ルール説明が色々とあって。

  金属のツールは持ち込み不可。
  幼稚園以下が最初のスタートで、以降全3段階に分けてスタート。
  番号の書いてあるスーパーボールを見つけると、ブースにて商品と交換。…とか。

最初のスタートは幼稚園以下+要すれば付き添いの大人(子供1人につき1名)のみ。
…で、全体的に、小学生以上の子と大人がほとんどなので、最初はのんびり行けるかなぁ〜。と思っていたら。

最初のスタート!
…と同時に、ほぼ全員の子供(小学生以上含む。。。)+若干の大人がなだれこんできました(汗)

ルールどおりと思っていた私たちは…あっという間に全てを周囲の小学生に奪われ(涙)
Pekiは狙っていた品が取れず、オロオロしている間に何もなくなり。。。
運を持っているSuiはエッチラホッチラ歩きながらも飴を2個取って。
それを見たPekiが「Suiちゃんばっかりー!」と泣き。
…まぁ、思っていた以上にハードなイベントでした(苦笑)

雪の上に置かれた商品(飴・お菓子・ジュース・100円ショップにありそうなキャラものの小物)はあっという間になくなり。
そこからは玄人の皆様が、雪をガッツガッツを掘り始める。
…が、それを必死に掘った所で何が出てくるのか?さっぱりわからず。
スコップを買うほどなのか?
ブースに行っても、商品らしきものは見れず。
んー、わからんなぁ〜。
…ということで、ちょっと雪で遊んで撤退してきました。

2010090104.JPG

掘ってるって…こんな感じ(^^;
すごい人〜。
掘る場所探す方が大変?

毎年恒例の行事のようなので、来年以降の参考までに。。。

・掘る道具は…まぁ、あった方が楽しそうです。
 スコップとバケツ。とかがあれば、宝探しは別にしても雪遊びはできます。
 あ、スコップは金属製は不可です。
・子供はサンダルだと寒そうでした。
 長靴履いている子もちらほら。
 でも、それ以外の場所も考えると、スニーカー+靴下が無難かも。
 手袋している子もいました。
・ルールを破ってまで必死になるような宝物があったのかは…疑問です(^^;

でも、雪の前では風が涼しかった〜!
足裏から感じる冷たさも気持ちいい!!
贅沢!ですねぇ〜。

  …と、シミジミしていたせいで真っ黒に焼けたんだけれど。。。

最後に、ガーデンテラス方面へのリフト(片道100円)に乗って。
(PekiSuiはリフトに大喜び!)
…で、グラニットカフェでランチ!…のつもりが。
「ただいま、18組様がお待ちでございます」
の一言で撤退を余儀なくされ。。。

 グラニットカフェ:http://r.tabelog.com/hyogo/A2801/A280108/28002046/

でも、緑いっぱいの涼しい世界(天空界と命名されてました(爆))は気持ちよかったです!

事前予約しておけば、キャンプ場でバーベキューなんかもできるようです。
お隣のアスレチックは、PekiSuiがもうちょっと大きくなったらチャレンジ!かな。

…っと。
気がつけば9月。
お出かけイベントいっぱいの8月も終わっちゃいましたー。

9月からは、また平常営業の中でのバタバタの日々。
気持ちを切り替えて、頑張っていきましょー!


posted by carrera at 22:36| 兵庫 ☀| Comment(2) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

大久野島再びっ!〜写真編

お待たせしました。

大久野島の写真いっぱい!!

 旅行本文:http://carrera711.seesaa.net/article/157528102.html

まずは。
今回は自転車借りてサイクリングしたのです。

  Pekiも補助輪ナシ自転車を1人でこいで、島を一周しましたよー。

その時の写真から。

2010072701.JPG

サイクリングロードは多少のアップダウンがあって。
程よい運動!

坂を上った所では、

2010072702.JPG

こんな景色や

2010072703.JPG

こんな景色が見れました。
美しい!

途中には戦時中の遺跡も点在。
周囲の平和な景色に溶け込んだ、圧倒的な世界観。
まさに…ラピュタの世界。

2010072704.JPG

トンネルをくぐると…発電所跡。
写真じゃ伝わりにくいだろうけれど、ものすごいインパクトです。

2010072705.JPG

毒ガス貯蔵庫跡。
こちらは…焼け焦げた後もいっぱいなんだけれど…妙に自然とマッチしてしまっていて。
不思議な感じ。。。

2010072706.JPG

北部の砂浜は人っ子一人おらず。
サイクリングで疲れた足を冷やしつつ、キレイな砂浜を独り占めPeki。

2010072707.JPG

実際の海水浴は休暇村の宿から歩いて5分程のところ。
こちらも平日だからかそんなに人が多くなくて。
平和な時間が過ごせました。

今回はウミホタルを見るのも一つの楽しみ。

 ウミホタル:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%9F%E3%83%9B%E3%82%BF%E3%83%AB

生態の簡単な講義も受けて。
ナイトクルージングの時には周囲の街頭を全部消して捕まえたウミホタルを海に放つことで海上が天の川のように。。。
キレイ!キレイ!!

  …が、写真には写らなかった。。。

2泊目の夜には宿の中で発光見学。

2010072708.JPG

こんなワイングラスにいっぱいのウミホタル。
電気ショックを与えると…

2010072709.JPG

光った!

お祭りの時に売っている手首につける光るブレスレット(青)みたい。と言っていた人がいたけれど。
まさにそんな感じ。
でも、光るのはほんの一瞬で。
幻想的な光でした。

  ウミホタルが光るんじゃないんです。
  危険を感じさせることでタコが墨を吐くように、光る液体を吐き出すんだそうです。
  だから、ホワーっと水にその液が溶けていってスーっと消えていくんです。

美しいといえば。
夕方から夜の島の景色が私はお気に入り。

2010072710.JPG

月は半月位だったのだけれど。
空が広いからか…とっても大きな存在に感じました。

2010072711.JPG

夕暮れ、じぃじとたそがれるPeki。

  あ、そうそう。
  じぃじ(義父)も一緒に行ったのです。
  親孝行…?それとも、子供の世話の押し付け?(笑)

2010072712.JPG

小さな灯台の灯り…わかります?
PekiとSuiのお気に入りでした。

2010072713.JPG

植えてある木も雰囲気を出してくれるのデス。

さて、お待ちかね、ウサギの図(笑)

2010072714.JPG

私?

2010072715.JPG

私??

2010072716.JPG

私???

ハイ、あなた達です(笑)

餌はキャベツとニンジンをたらふく持って行きました。
そして、兎人プランというのを使ったので、現地で餌もたらふくもらえます。
もらえる餌は

2010072717.JPG

こんな感じ。
ミニバケツに山盛り×人数分。

  バケツ持ってるだけでウサギの人気者(笑)

今回は平日だったので、ウサギも飢えていて。
日中の日なたはさすがにいないけれど、木陰に行けば「暑いぜよー」とダラけたウサギに会え。
山の影などに行けば「ゴハン♪ゴハン♪」と日中でも張り切るウサギに会えました。

ということで、ひたすらゴハンタイム♪

2010072718.JPG

ワー、ゴハンだー、ゴハンだー。
ちょうだい、ちょうだい!

2010072719.JPG

ハイハイー。
食べたかったら背伸びしてみてー。

  Peki命名。
  背伸びしてでも食べようとするウサギは「セノビィ」。

2010072720.JPG

ちょうだいちょうだいー!

  そこら中、セノビィだらけ(笑)

2010072721.JPG

わー、ここゴハンいっぱいだー!(ワラワラワラ)

2010072722.JPG

あぁ。。。
Pekiちゃんの足の上も食卓だよ。。。

  でも、Pekiはそれがウレシイ(笑)

これのひたすら繰り返しの日々♪

…っと、カメラマンをしていたら。。。

あなたも持ってるんでしょ?
ちょうだい!

2010072723.JPG

イヤ…ち、近いですよ。。。

これも食べられるの?

2010072724.JPG

イ、イヤ…カメラ食べられないし。。。
だから、近いし。。。

…モテてモテて大変♪

本当に楽しい楽しい島でした。

  Pekiは帰るときに帰りたくないー。と泣きました(^^;
  かーさんだって帰りたくないっ!!

子連れで行くには本当に程よい島だと思います。
休暇村だから料金も高くないし。
島までがちょっと遠いけれど。。。

  今回は車で。
  休憩含めて、片道4時間程。

…んー、もうちょっと近いと気軽に行けるのに…なぁ。。。

また行きたいなぁ〜。
…また行けるかなぁ。。。

行ける日まで…また頑張りますっ!

posted by carrera at 22:22| 兵庫 ☁| Comment(2) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

大久野島再びっ!〜本文

我が家、旅行してきましたー!

行き先は…

2010072601.JPG

そう!
大久野島、再びっ!!

 大久野島(休暇村):http://www.qkamura.or.jp/ohkuno/

 前回の大久野島レポ
  No.1:http://carrera711.seesaa.net/article/108057593.html
  No.2:http://carrera711.seesaa.net/article/108128054.html
  No.3:http://carrera711.seesaa.net/article/108235905.html

前回行った時にまた行きたい!と思っていたのと。
今年、最初に計画していた旅行が満室でダメになってしまったのと。
行ける日程で魅力的なプランがあったのとで。
「こんなんあるし、大久野島行かないー?」
と言い出してからは、我が家では珍しく、トントン拍子で話が進みました。

細かい話はね、前回いっぱいしているから抜きにしましょう!

  全く知らない方の為に、初歩的なことだけ。
  大久野島は島全体が休暇村になっていて。
  野生のウサギがいっぱい生息している島です。
  一方で戦時中の色も濃く残っています。

で、今回したことっ!(と、補足)

・プールでチャプチャプ泳ぐ
  →海水との噂だったけれど真水でした。
   (島は上水は舟で運んでいるそうで貴重みたいなのだけれど)
   宿泊者は大人300円、Pekiが100円。
   1つだけの普通のプールだけれど、十二分に遊ばせてもらいましたー。

・海でワイワン遊ぶ
  →水、キレイでしたー。 
   でも、思っていたよりは冷たかったーーー。
   私の海の水の温度の感覚は伊豆半島(中伊豆)なのだけれど。
   こっち(舞子)でも大久野島でも水が冷たく感じるー。
   でも平日だったのもあって人もまばらでゆったり遊ばせてもらいましたー。

・ナイトクルージングを楽しむ
  →今回、大久野島をセレクトした一つの理由。
   ちょうど、ナイトクルージングが企画されていた日に行ける日程だったため。
   夕食後に10数人で小さな舟に乗って、夜の瀬戸内海を満喫してきました。
   しまなみ海道の一つ、多々羅大橋まで行ってきましたよー。
   小さな舟で真っ暗な夜を進むのはいやぁ、なかなか。

    海が暗くて、夜だけれど空の方が星や月で少し明るくて。
    そこに瀬戸内の小さな島の大きな山が目の前にそびえると。
    どこよりもそこが一番暗くて。
    闇の塊がぽっかりあるような。
    まるで、黄泉の国へのトンネルのような…。
    そんな圧倒的で幻想的な世界を味わってきました。

・食べ放題の朝食・夕食をたっぷり堪能する
  →いやぁ、大人はこれでしょう(笑)
   ここは特に野菜と魚が美味しくて。
   料理も愛情が感じられてやっぱり好き!
   2泊したのだけれど、特に夕食はガラっとメニューが違って。
   飽きずに楽しめましたー。
   …が、食べすぎで身体が重たかった。。。(爆)

・ウサギと戯れる
  →これは避けられません(笑)
   今回は前回以上にいっぱいウサギウサギしてきました♪
   飢えたウサギに囲まれてパラダイス状態。
   暇さえあればウサギと遊んでいました。

で。
後はひたすら写真っ!!

…の編集が終わらないので(^^;

次の日記で写真ばっかりいっぱいアップしますねー。


posted by carrera at 21:54| 兵庫 ☀| Comment(2) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

とうもろこし!@フラパ

またもネタを溜め込んでいますー(^^;

書きたいことが最低3ネタ。
が、明日からまたしばらくアップできないでしょう。。。

…ということで。
Suiの誕生日の話はさておき(^^;
行楽情報から。


**********


3連休、とうもろこし狩りに行ってきました♪

私、とうもろこしが大好き!
この時期は毎日食べてもOK♪
子供達も同じく大好き!

…ということで、この情報を知った日からカレンダーにペタして。
楽しみにしていたのです。

会場はフルーツ・フラワーパーク。

 フルーツ・フラワーパーク:http://www.fruit-flowerpark.jp/
 とうもろこし狩り:http://fruit-flowerpark.jp/event/2010/07/181924253181.html

フルーツ・フラワーパーク内の畑でやるのかなぁ?と思っていたら。
場内で受付して、バスで近くの農家さん(?)まで送迎してもらってのとうもろこし狩りでした。

受付時に何本狩るか選んでお金を払い。

  3本500円。
  本数は3本単位ですが、人数関係ナシです。
  例えば、4人で3本でも6本でも9本でもOK。
  我が家は6本、1000円分を購入しました。

チケットをもらったら約15分間隔で運行しているというバスを待って。
それに乗って5分弱。

  Suiはバスに大喜び♪
  まぁ、あっという間に着くんだけれどね(^^;

会場につくと、チケットと交換に袋をくれて、取り方などの説明を受け。
いざ、出陣!

2010072001.JPG

気持ちのいい空と畑です♪

雨の影響もあってか思っていたより小ぶり。
これも小さい?あれも小さい??

  でも、途中でおじちゃんに聞いたら「こんなもん。でも甘いでー!」だそうです。

大人の背の丈程もあるとうもろこし畑で、Suiはビビりつつ(^^;
Pekiは走り回ることに夢中で(^^;

それでも、納得のいく6本を収穫しました♪

出口で袋の中の簡単なチェックがあって。

  6本以上とってないか。ってことですね。

その後は試食コーナー。

すぐ横でおっちゃんがバッサバッサと収穫していったとうもろこしを。
その場でバンバン剥いて、ザックザック切って、轟々と炊かれる釜のお湯にドボン!
…と作られた、ゆでたてとうもろこしを頂きました。

ヒャー!
あ、甘いっ!!
プリップリ!!

この試食だけでも行った甲斐がありました!

子供達は夢中でがっつき。
半本があっという間になくなり。
「もっと食べたい…」と半泣きになっていたら
「好きなだけ食べー!」と言ってもらえて、大喜びでガッつくPekiSui(笑)

  私も思わずもう1本手が伸びてしまったー(笑)

とってきたとうもろこしも取れたてのをその場で茹でたのには負けたけれど。
市販のに比べれば十二分に甘くて美味しい〜。

収穫体験もして、たらふく試食して。
これで3本500円は納得のお値段です。

  入園するのに500円×大人2人がかかってますが。

その後はフラパでバーベキュー食べて。
場内を散歩して。
ソフトクリームも食べて。
最後には「神戸モンキーズ」も見てきました。

Pekiはショーに大爆笑!
舞台のお兄さんに「お姉ちゃん笑いすぎだよー!」と突っ込まれていた程。
Suiも「おさるさんかわいかったね〜」と喜んでいたし。
行ってよかった〜。

あんまりにも子供が大喜びしていたので、ショー後の記念撮影にも参加しちゃいました。

  ポラロイド1枚撮ってくれます。
  でも、マイカメラでの撮影もOK。
  ショーのおサルさんにさわることもできて。
  ついでに、モンキーズグッズがもらえて。
  (PekiSuiはシール2枚組をセレクト。タオルとかリュックとかもありました。)
  ついでに、フラパの入場招待券(500円)も1枚もらえます。
  これで1000円。
  さぁ、高い?安い??

そこではフワフワのおさるさんを触らせてもらって、大人も大満足。
あんなにおとなしいサルを見たのは初めてだー。

2010072002.JPG

大満足のPekiSui(笑)

その後はお決まりの遊園地コーナーで「1個だけだからね!!」タイム(苦笑)
Pekiは子供向けの小さな(あっという間の)ジェットコースターもどき。

2010072003.JPG

Suiはトーマスの汽車。

  Pekiの写真は…ない(ボソ)

いやぁ。
久々に行楽らしい行楽でした。
楽しかったー!

  次はフラパでプール入ってもいいかもー。

とうもろこし狩り、オススメです♪
…が、日程が限られています!!

  7月24日(土)・25日(日)・31日(土)・8月1日(日)

ご興味ある方はお早めに〜!

posted by carrera at 21:48| 兵庫 ☀| Comment(2) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

ひふみよ〜5(いつ)


 ひふみよ〜1(ひ):http://carrera711.seesaa.net/article/154016726.html
 ひふみよ〜2(ふ):http://carrera711.seesaa.net/article/154250626.html
 ひふみよ〜3(み):http://carrera711.seesaa.net/article/154416307.html
 ひふみよ〜4(よ):http://carrera711.seesaa.net/article/154496680.html


「今夜はブギーバック」でひとしきり盛り上がった後は。
また、13拍子のBGM。
朗読の時間だ。

気がつけば、この朗読も。
次はどんな話だろう?とすごく期待している自分がいる。
元々私はこういう話が好きな方だけれど。
きっと、そんなに好きじゃない人でも…みんな耳を傾けていた。
何より、全ての朗読の時間はシーンと静まりかえっていた。

前と同じ、右手フリフリ、左手フリフリの踊りと一笑いがあり。
新たな話が始まる。

 世界中を旅していて、日本を離れていて。
 久しぶりに日本に帰ってくると変化に気づく。
 それはうれしいことである。
 今の日本は安全が第一らしい。
 セキュリティー、チャイルドロック、安全装置。
 ポットでさえ、お湯が沸いたのにボタンを押しても出てこない。
 いちいちロックを解除しないといけないらしい。
 こんなに安全な国なのに、究極の安全を求めているらしい。
 でも、こんな安全装置ばかりの中で生活していたら、
 いざというときに危険が察知できなくなるんじゃないか?
 そう感じたりもする。
 実際、建設現場で働く友人曰く、「安全ボケ」ということがあるらしい。
 安全であることになれてしまって、いざというときに身体が反応しないんだそうだ。
 友人はお年寄りのための安全な家を作りたいという。
 でも、安全な家で暮らしているとむしろ危険だと言う。
 安全になれてしまって危険に対処できない身体なんてすごく危ない気がする。

 こんな究極の安全を求める国で全然安全じゃない風景がある。
 それは自転車だ。
 この国の人たちは自転車に乗った途端に安全とかそういうことはどうでもよくなってしまうらしい。
 傘をさした僕のすぐ横を自転車に乗ったおばさんが猛スピードですり抜けていく。
 一方通行を自転車が何台も逆送し、
 歩道を自転車が走り、
 お母さんは荷台に子供を乗せて走る。
 夜になれば酔っ払い運転まででてくる。
 法律で何でも規制されるアメリカではこれらのことは全て禁止されている。
 けれども、日本ではやりたい放題。
 普段は欧米型に教育されている日本人だが、自転車に乗った途端にアジアの血が騒ぐらしい。
 自転車社会と言うと、中国とかベトナムとかをイメージするかもしれないけど、
 日本もアジアの一部ということなんだろう。
 どこかでみんなが「死んでもいいよね」と思っているようにも見える。
 まさに「夢が夢ならばそれでもかまわない」ということだろうか。
 それは、ヒンドゥー教っぽいというか、仏教っぽいというか。
 死を恐れる、キリスト教やユダヤ教の人たちとは全然違う気がする。
 アメリカにいると、人間が万物の支配者という感覚で満ちている。
 だけれど、日本やアジアではそうではない。
 アマゾンで木が歩くというと、アメリカ人はそれを科学的根拠で説明しようとする。
 だけれど、日本人は「あぁ、歩くかもねぇ」と頷く。
 欧米に満ちている人間が世界の支配者という考え方は実は少数派で。
 木にも虫にも万物に命が宿っていると思っている方が多数派なのかもしれない。

そして。
朗読している最中から次はこれだろうな。と思っていた曲、
「夢が夢なら」が流れる。

バックのスクリーンには虫や木などの映像。
万物に命が宿っていることをイメージするかのような力強い映像。

そして、曲が四季を追うごとにステージを照らすライトの色も変化していく。
真っ暗闇で聞く音楽はクッキリと胸に響いてきたけれど。
視覚も楽しませてくれる音楽は…穏やかに心をも照らす。

  全体を通して。
  音に負けじと、ライティング(照明技術)もすごくステキでした!

そして次の曲は、まさかの「麝香(じゃこう)」。

アルバム「Eclectic」を聞いたときは…正直、カラーが違ってイマイチなじめなかった。
けれど。
今回のバージョンは惚れ直したというべきか。
とにかくかっこよかった!

  私は。
  小沢君言うところの「太い音」が好きなんだなぁ。
  と、感じたりもしました。

そして。
また13拍子のBGMとともに朗読が始まる。

BGMに合わせてまた踊る小沢君。
そして
「そういえば、この13拍子も新曲です」

これも小沢君が作った音なんだなぁ。
そう思うと、何だかより特別に聞こえてくる。

 日本の友人が「日本の笑いはアメリカ人にはわからないよね。」と言う。
 でもそんなことないと思う。
 よく「アメリカの笑いは大味だ」というけれど。
 それはハリウッド映画を見ているからかもしれない。
 本当はアメリカの笑いはものすごく細かい。
 黒人にしか、白人にしか、その人種にしかわからない、
 そういう細かい笑いが沢山ある。
 笑いは閉鎖的であればあるほどおもしろい。
 「あー、これ、自分にしかわからないだろうな」
 そう思ったとき、人はよく笑う。
 わかる人の間で連帯感が生まれる。
 ハリウッドの笑いが大味なのはマーケットがどこにあるかを表している。
 世界中の誰が見ても笑えるもの。
 排他的な笑いをしても通じない。
 だから、どうしても大味になる。
 でも、大味ばかりではつまらないから小さな笑いも散りばめてある。
 そこはわかる人だけがニンマリと笑う。
 音楽にも似たようなところがある。
 「あー、どうしてわかっちゃうんだろうなぁ」というような。
 …そういう曲に挑戦してみました。
 ニンマリしてもらえたらうれしです。
 ニンマリと。

ニンマリと。の言い方で、すでに小沢君が何か武器を持っているような印象を受けた。
ニンマリとするような曲…なんだろう?

んー…考えている間に、朗読のBGMを〆る仕草をする小沢君。
指揮者のように腕を高く上げて。
2階席からでも見えるような細い指を綺麗に振って。
そう、思えばこの仕草もすごくかっこよかった。。
それに気がつく余裕が出来たのも、朗読5回目のこの時だったように思う。

  そして改めて。
  オペラグラスを持っていけばよかった。。。(涙)

13拍子のBGMが鮮やかに〆られて。

「ぁひ〜、ふ〜、ひ〜ふ〜み〜よっ!」

これまでとはちょっと拍子のとり方が異なる出だし。

そして流れる…ん?民謡?盆踊り??
日本人ならば誰もがニンマリとしてしまうような、音。

 ♪はぁ〜ヨッコイショ!シッカショ!!♪

こんな合いの手が入る、ザ、ニッポン!という曲。

確かにニンマリだー!
やられた〜!
もう、笑うしかない!
これも小沢君の曲??

そして「あ、それ、もういっかい!」と、もう一度繰り返されるその曲。

2回目ともなると一緒に合いの手が入れられる。

 ♪はぁ〜ヨッコイショ!シッカショ!!♪

さながら、その空間が夏祭りの夜のように。
にぎやかな音楽と笑いに包まれた。

曲が終わり、小沢君の解説が入る。
「これも新曲で『シッカショ節』といいます。
 シッカショはカタカナ。
 節は鰹節の節。
 この辺りでは盆踊りといえば…何でしょう?
 河内音頭?」

客席から「河内音頭ー!」と合いの手が入る。

「あぁ、やっぱり、河内音頭?
 じゃぁ、炭坑節、河内音頭、シッカショ節、東京音頭。
 みたいな感じで、今年の夏祭りには是非つかってください。」

あぁ、もう、大笑い。

「そういえば東京でのライブの時によゐこの有野君が来てくれて。
 この曲をすごい気に入ってくれて。
 是非「ラブリー音頭」も!なんて言われて」

またドっとおきる笑い。

 「ラブリー音頭」って!
 有野さん、センスないわぁ〜。
 …って突っ込みたくなる私。
 が。
 話がそこで終わる小沢君。
 だから何やねんー!と突っ込みたくなったのは…私だけ?
 あら、小沢君、トークが下手になった?
 何だか不器用な感じがして。
 ここでもちょっと13年の月日を感じました。

 ついでに。
 私は有野さんがひふみよに行ったことをブログで書いていたのを見たので。
 思わず、排他的なニンマリをしてしまった(笑)

そして、次のイントロで、また、キャー!
「さよならなんて云えないよ〜美しさ」
大好きな曲!!

…と思ったら、この曲に乗せて、先にメンバー紹介!

そして、歌!

 ♪オッケーよ!♪

で腕を大きく丸くする私。

あぁーーーーー!
なつかしぃ!!
昔…あれは20歳ちょいの頃。
横浜アリーナでの小沢君のコンサート。
若い私が同じく大きく声を張り上げて「オッケーよ!」と大きな丸を作っている。

確か、大きな大きな風船が会場内をポンポンと飛んでいて。
みんながそれを上にポーンと押し上げたくて。
自分のところに飛んでくるのをワクワクして待っていて。
物販の小沢君抱きつきTシャツを買おうかどうしようか悩んで。。。

…懐かしい記憶が音と共によみがえる。

 ♪僕は思う!この瞬間は続くと いつまでも!♪

本当、続いて欲しい!いつまでも!!

 ♪本当はわかってる 二度と戻らない美しい日にいると…♪

この部分の歌詞を聞くといつも身が引き締まる。
この日も例外なく…。

  今は二度とやってこない。
  だから…今を楽しまなくちゃ!

そして、次の曲は「ドアをノックするのは誰だ」!

キター!
ドアノックダンス!!

少しセンチメンタルになった気持ちが一気に吹き飛ぶ!

手を叩いて、右、左、右左右!

大声で歌って、踊って。
明日、声が出なくても、手が痛くても全然いいやー!って気持ちに。

幸せソングが終わり。
次は…あぁ、このイントロは…。

一番聴きたかった。。。「ある光」
歌うんだ…これを歌ってくれるんだ。。。

 ♪この線路を降りたら 虹を架けるような 誰かが僕を待つのか?
  今そんなことばかり考えてる なぐさめてしまわずに…♪

…やっぱり名曲だ。

小沢君は。
結局、線路を降りて…そして13年の月日があって…今があるのか。
そうならば。
なぐさめてしまわずにいることも。
そんなに悪いことではないのかもしれない。。。

でも…「ある光」はこのフレーズだけで終わり。
全部聴きたかった…けれど。
小沢君にとっても、特別な曲なのかもしれないな。という気持ちがよぎる。

そして次は新曲です。
「時間軸を曲げて」
と、小沢君から曲紹介。

 ♪蛇使いの少年が…♪

…から始まったような。。。
(記憶曖昧です…すみません)
少しアジアというかエスニックというか、そんな印象が漂う曲。

  「いちごが染まる」は時間の流れを追う、一点を見つめた歌で。
  「時間軸を曲げて」はもっと広い世界観というか、俯瞰というか、ちょっと対照的な歌詞かな。と勝手な印象。
  (本当に勝手な解釈です…もう一度聴いたら全然違うように思うかも(汗))

  「いちごが染まる」よりは個人的にはこちらの方が好きかな。

そして。
1時間(以上!)前に聞いたイントロが再び!!

「ラブリー」だー!

さっき覚えた歌詞、忘れちゃったよー!
だって、15年以上もあの歌詞で歌っていたんだよー。
…とボヤきつつ。

でも、ちゃんと思い出せた(笑)

 can't you see the way? It's a → 完璧な絵に似た
 Life is comin' back → 感じたかった

どこの歌詞を新しく変えるのかがわかって。

「!」

あぁーーー。
そういえば…小沢君、英語の歌詞は全然歌っていなかった?

単語は言っていたと思う。
けれど、センテンスはつかっていなかったような。。。
…真城さんのコーラスも。
なんであれを歌わないんだろう?と何度か思ったことがあったけれど。

  たとえば「さよならなんて云えないよ」の「oh! baby」の歌詞。
  小沢君は全ての場所で歌っていませんでした。
  観客の私たちに歌わせてくれているのかと思ったけれど。
  そうではなかったようです…どうやら(笑)

あぁー!
だから。
「ひふみよ」なんだ。。。

ニューヨークに住んで。
世界を見て回って。
「日本人」としての誇りがより強くなった結果だとしたら…すごくうれしく思う。
そして、常に今の自分を表現し続ける小沢君は、13年前となんら変わっていなくて。
相変わらずのポリシーというか、自分を持っているというか、頑固というのか。。。
そういうところが好きなんだよなぁ。と改めて惚れなおしてみたりもして。

あぁでも、そうと気がつくと。
あの歌のあそこはどうやって歌っていたんだろう?
…色々と気になることがいっぱい。。。

…なんてことを考えていたら今はもったいない!
「ラブリー」を楽しまなくては!!

 ♪それで 感じたかった 僕らを待つ
  OH BABY LOVELY LOVELY WAY こんなステキなディズ♪

元の英語の歌詞から新しい日本語の歌詞に変えてもなんら不自然ない。
音も意味も。
…いや、むしろ、わかりやすくなったような。
そんなピッタリの歌詞に置き換えてくるなんて。
こだわりに対して結果もちゃんとつけてきて。
さすが!というのか、憧れるというのか、うらやましいというのか…。

もう、なんてラブリーな!!

そして…。
何度も繰り返してくれる「ラブリー」を聞きながら、何となくそんな予感がしていたのだけれど。
「流れ星ビバップ」がまた流れ。
…オープニングの曲が流れたということは。。。

客席をあおり。
みんなに歌わせ。
そして、1人づつステージを去っていく面々。

気がつけば、観客全員で大合唱をしながら。
その歌に見送られて、小沢君も去っていきました。。。

そして。
ひたすら、アンコール!
手が痛いよね。
ジンジンして感覚がないー!と言いながら。

  公演後、手を見たら。
  見事に内出血していました(汗)

そして、全員、再登場!

そしてそして「いちょう並木のセレナーデ」。
あぁ、この曲やっていなかったねぇ!
何だか、あんまりにも色んな曲聴いたので、どれをやっていないかがわからなくなっている私。

あぁ…これもいい曲です。。。

「最後に。
 感じたかった僕らを待つ、この曲です」

そう紹介された、オーラスの曲。
「愛し愛されて生きるのさ」

 ♪ふてくされてばかりの10代をすぎ 分別もついて歳をとり
  夢から夢といつも醒めぬまま僕らは 未来の世界へかけてく♪

あぁ、本当だよ。。。
10代だったのにね、この歌を聴いていた頃は。。。

  分別がついたかわからないけれど…歳は見事にとりました(苦笑)

そして。
この歌も、何度も繰り返し。
台詞部分も2度言ってくれ。
…私も、家族を、家族に、愛し愛されて生きているなぁ。と実感。。。

曲が終わり。
…全てのプログラムが終了。

「最初から最後まで、一つのものとして見れるように作ったので。
 無駄口たたく暇がなくて。
 だからこうやって、今、無駄口を叩こうと思うわけですが。」

あぁー!
素の小沢君の話が聞けるっ!

話した内容としては。

大阪は何かとステキな町。という話。
何がステキって言葉にするのは難しいんだけれど、住んでいたらわからないかもしれないけれど、
とにかく、来るたびにステキだな。と思う。
歴史もすごいあって。
大体、アメリカなんて大阪が出来た頃には何もなかったですからね。と。

後は、メンバーの面々の紹介や宣伝告知をやってあげたり。

そして、コーラスの真城さんから「そういえば小沢君、コサックダンス踊ってましたね」と突っ込まれる。

「いやぁ。
 あれは地団駄踏んでいたの。
 歌詞間違えて、悔しくて。
 本当、今回のツアーのお客さんはみんな歌詞が頭に入っていて。
 だから、歌詞を間違えると、みんなの顔がサァっと変わるんだよね」

と。
うんうん、確かに、みんな歌詞をちゃんと覚えている。
…自分だけじゃないのが悔しい位!

そして。
何度も、ありがとう。と繰り返していた小沢君。

…今、ひふみよの公式サイトでも掲載されているけれど。
いっぱいのありがとうを小沢君は言ってくれています。
来て頂いた方にも。
「ひふみよについて書いてくださった方々」へも。

  小沢君のそれを読んだだけで。
  この無駄に長くて、誰かちゃんと読んでくれる人がいるのかな?
  のブログを書いた甲斐がありました!!!!!

こちらこそありがとう!です。
本当に。。。本当に。。。

「何か歌でも…歌いながら、帰ってください。」

そう言って、本当の本当に小沢君は去っていきました。



総じて。
あらゆる方法を使って、今の小沢君を表現してくれた、
(…私たちファンの視点も忘れずに)
本当にすばらしいコンサートだったと思います。

語られた言葉から多くのことを考え。
歌われた歌から、ステキな時間と思い出をもらい。
あの夜のことは「いつまでも削れる魔法のチョコレート」として、私の胸に残ると思います。

…このコンサートのDVDは発売されないだろう。
というのが大方のファンの予想のようですが。

  それが小沢君だよね。と。

私もそうは思うのだけれど。
…でも、そこでそう認めてしまったら前に進まないので。

是非とも、DVDを…!いや、音源のCDでもいいです!
発売して欲しいと思います。

本当に大事なことがいっぱい詰まった時間だったからこそ。。。
一度では理解しきれない私のような人もいるからこそ。。。
そして、チケットを買えなかった沢山の人たちのためにも。。。
あの時間を夢のままにはして欲しくないと思います。

  ひふみよについて書いて下さった方々へのお礼の言葉があるのならば。
  なんらかの形で小沢君にこの気持ちが届きますように…!!!


最後に。
最後まで…いや、少しでも読んで下さった皆様、ありがとうございます。
長い文章、本当にごめんなさい。
でも、小沢君が表現しようとしていたことが、少しでも多くの方に伝わるといいな。
そんな気持ちで書き上げました。

  まぁ、結局は私の主観がメインなのだけれど(^^;

ついでに。
ひふみよのHPの読み物には、沢山のステキな話がつまっています。
小沢君の朗読を面白いと思った方、是非ご一読を!!

 ひふみよ:http://hihumiyo.net/


***************

あぁ〜、やっと書き上げた!

お疲れ〜、私!!(笑)


posted by carrera at 22:39| 兵庫 ☔| Comment(3) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

ひふみよ〜4(よ)

 ひふみよ〜1(ひ):http://carrera711.seesaa.net/article/154016726.html
 ひふみよ〜2(ふ):http://carrera711.seesaa.net/article/154250626.html
 ひふみよ〜3(み):http://carrera711.seesaa.net/article/154416307.html

ローラースケート・パーク、東京恋愛専科と曲が続き。

  確か、2つの曲がミックスになっていたように思います。
  途中で東京恋愛専科になり、また、ローラースケート・パークに戻るみたいな。

ここで、聞きなれたイントロ!

キター!
「ラブリー」!!

思わず、キャーと叫ぶ。

…が。
曲がイントロでピタっと止まり。

「皆さんお待ちかねのこの曲は、後1時間後にやります」

なんやねーん!

でも。
ここで初めて笑えて。
小沢君の素に近い部分が見れたような気がして。
なんだか、うれしかった。

小沢君の「歌」も「台詞」もここまででいっぱい聞いてきたけれど。
「言葉」はこれが始めてだった。

とは言え、これもまた、流れの中の台詞には変わりないのだろうけれど。
それでも、これまでの小沢君が「伝えようとしている何か」とは違った、
ちょっと脱線した言葉で。
小沢君が作り上げているこの完璧な空間からはちょっと違った空気が流れて。
私自身も肩の力が抜けたような感じがした。

  逆に言うと。
  それだけ完璧な空間だった。

で。
ラブリーのイントロを流した目的は。
新しい歌詞を覚えて欲しい。とのこと。

「それで感じたかった 僕らを待つ」
「完璧な絵に似た」

この2つのフレーズを何度も練習し。
単純に「発音」としての言葉ではなく、漢字、意味の説明も加わり。

  完璧はパーフェクトの完璧。みたいに。

1時間後に備える。

言葉の意味もちゃんと説明する辺り。
歌詞を伝えたい。言葉の意味に重みがある。と小沢君が思っているんだな。ということを改めて感じたりもした。

そして、また、13拍子のBGMが流れ出す。
あぁ、また小沢君の朗読なんだな。
3度目ともなると、みんながすぐに理解し、座りだす。

…というのを理解してか。
そのBGMに合わせて踊りだす小沢君も含めたステージの面々。
右手をフリフリ、左手をフリフリ。
んー!カワイイ!

そして。
「やろうかどうしようか迷っている皆さん、よかったら一緒にどうぞ。」
と、小沢君。

ハハハ!
見透かされた〜?
ここでも笑いが起きて。
また、私の肩の力が抜ける。

  そして、友人と。
  覚えて帰って子供たちに仕込もう!と一緒にフリフリ踊る(笑)

程よく力が抜けた辺りで。
小沢君の朗読が始まる。

朗読が始まると、ステージの面々は踊るのをスーとやめてフィっと去っていく。
その去り方が「また話かよ」みたいな雰囲気があって。
そこでもまた小さな笑いが起きる。

 ニューヨークに大金持ちの友人がいる。
 彼は同じスニーカーは何度も履かない。
 彼が言うには、毎日同じスニーカーを履くなんて。
 箱から出したピカピカのスニーカーが毎日履けないなんて、
 なんてかわいそうなんだろう!と哀れむ。
 彼は飛行機に乗る時には必ずファーストクラスに座る。
 エコノミークラスの人たちを見て、あんな狭いところに押し込められて、
 なんて大変なんだろう!と哀れむ。
 一方、エコノミークラスの人たちは、ファーストクラスを見て。
 ファーストクラスって100万円もするんだって!
 着くところは同じなのにね!!
 と笑う。
 東京で貧しい国の写真を見せると、反応は大体同じだ。
 服が破れている、靴に穴が開いている、なんて可哀想な!
 でも、貧しい国の人たちから見ると。
 東京って注射1回打つのに5000円もかかるんだって!
 それじゃいくら稼いでも足らないよ!
 貧しい国の人を可哀想と思うのは、ニューヨークの大金持ちの発想と同じだと思う。
 ファーストクラスに乗ってエコノミークラスの人たちを見るのと同じ。
 人の幸せとか不幸せはそういうことでは決まらない。
 僕のイスラムの友人は、古い中古のRX-7に乗っている。
 傷ついても汚れても気にならないから、中古が一番さ!と笑う。
 移動をするには乗り物がつきものだ。
 そして、車でも飛行機でも、乗り物には音楽が欠かせない。
 どこの国でも歌っていることは大体同じ。
 うれしいこと、悲しいこと、恋人のこと。
 どこの場所でもその土地の大衆音楽が歌われている。
 …この土地の大衆音楽の一部であることを誇りに思います。
 ありがとう。

最後は、グっと握りこぶしに力を入れて。
胸の辺りをたたいたのか…とにかく、言葉に力が入っていた。

そっか。
小沢君は自分の歌が「大衆音楽」であることを受け入れていて。
そしてそれに誇りを持っているんだ。

そう知ると。
グっと小沢君が身近になったような。

  …でも、このステージのレベルの高さは…
  むしろ、より孤高に上がってしまったようにも思うのだけれど。。。

そして流れたイントロ。
…知らない曲、新曲?

違った。
アレンジされた「カローラUにのって」だった!

 ♪カローラUに乗って〜買い物に出かけたら〜
  財布ないのに気づいて〜そのままドライブ〜♪

やられた〜!
なるほど、小沢君の歌で一番大衆音楽かもしれない。
ちゃんと車の話ともかけてある!

(笑)

そして流れたのは明るいイントロ。
「痛快ウキウキ通り」だー!

 ♪喜びを他の誰かを分かり合う!それだけがこの世の中を熱くする!!♪

楽しい!
場内のみんながほとんど全ての曲を全力で歌って。
喜びを分かち合っている!!

熱い!!

そして。
この曲に限らず、沢山の曲で。
小沢君も、真城さん(コーラスの人)も、平気でお客さんに歌をふってくる。
歌って!とアピールしてくる。
平気でワンコーラス、丸々お客さんが歌っていたりする。

13年もほったらかしにしておいて。
みんながこんなに歌も歌詞も全部覚えていると思うなんて!
もー!覚えてるんだけどー!(爆)

油断していると歌って!とふられるんだけれど。
ずっと歌っている私には関係ナシ!
それにしても、我ながら、よく覚えているもんだ(笑)

そして曲は
「天気読み」
「戦場のボーイズライフ」
「強い気持ち強い愛」
と続いていく。

すごい!
聞きたかった曲がどんどん出てくる。
盛り上がりたい曲はサビを何度も繰り返してくれる。
ちゃんと私たちの気持ちもわかってくれている!!

「次の曲は皆さんの歌詞のパートがあります。
 歌ってください。」

と、かかった曲は
「今夜はブギーバック」
…もしかして?
もしかして??

BOSEのパート、つまり、ラップ部分を歌えとー!?

 ♪1,2,3〜を待たずに16小節の旅の始まりっ♪

ハイ。
観客全員で、ラップ!
みんな歌えるんですよ。
私だけじゃないんですよ!!

  自分だけと思うな!と突っ込まれそうだけれど。
  でも、終わってから友人が言っていた一言。
  「なんかさ、こんなに小沢君が好きなのに。
   こういうところに来ると、みんなも同じように好きで。
   何だか、悔しいなー。って思ったり」
  うんうん、すごくよくわかる。
  普段は、自分対小沢君だけの世界だから。。。
  自分みたいなみんながいっぱいいて。
  自分と同じだけのパワーをこのみんながかけているのかと思ったら。
  …なんだか…言葉にならない。。。
  
すごい空間!
奇跡の16小節!!

 ♪心のベストテン第一位はこんな曲だった!♪

と歌いきったら

 ♪ダンスフロアに、華やかな光〜♪

と、小沢君が歌ってくれた!

あぁ、なんてすごい体験!

  …他の会場ではスチャダラが来て歌っていた所もあったみたいだけれど。
  私はBOSEさんを見れるよりも。
  会場が一体となった奇跡の16小節を体験できたことがウレシイ!

そしてこの曲の最中に会場全体を照らす大きなミラーボール。
1階全体がまるでディスコフロア。
なんて綺麗な!!
あぁ、2階席でよかった!
会場内がミラーボールのキラキラに包まれ。
そして、観客全員が一体となって歌うブギーバッグ!

本当に、心のベストテン第一位な夜だ!!


(続く)


私の中では「4(よ)」で完結させるつもりだったのに。
全然無理でしたー(苦笑)
んー、「6(む)」までいくかなぁ。
すみません、ご興味ない方は適当に流してください。。。

posted by carrera at 07:38| 兵庫 ☔| Comment(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

ひふみよ〜3(み)

 ひふみよ〜1(ひ):http://carrera711.seesaa.net/article/154016726.html
 ひふみよ〜2(ふ):http://carrera711.seesaa.net/article/154250626.html


  ※「3(み)」より、ネタバレ事項を書きます。

  ※また、朗読内容は私のうろ覚えです。
   小沢君がしゃべったままではありません。
   内容が間違っていたらごめんなさい。

  ※曲順に関しては、私の記憶と、他の方が書かれていたセットリストを照らし合わせました。
   それでも間違っていたら…ごめんなさい。


開演時間を過ぎて。
明るいホール内にかかるBGMが1曲終わる毎にドキドキ。

この曲が終わったら始まるんじゃないか?
あの舞台袖から小沢君が出てくるんじゃないか?

…そんな期待は見事に裏切られ。
BGMはその途中で突然プツリと切れて。
会場内は真っ暗に。

何も見えない。
隣の友人の顔すら見えない。

そんな状況の中、爆音で始まる「流れ星ビバップ」。

 ♪教会どおりに〜綺麗な月〜♪

あぁ、小沢君の声!
少し、太くなったような。
しっかりしたような。
昔よりも声量も増したような。。。

でも。
紛れもなく小沢君。

…真っ暗闇の中、流れる、流れ星ビバップ。
大好きな…流れ星ビバップ。

そして。
音が止まり。
小沢君の朗読が始まりました。

 2003年、夏の夕方にニューヨークで大停電がおきた。
 信号もとまり、地下鉄もとまり。
 パニックになるのではないか?と思ったけれど、
 そうでもなかったこと。
 住んでいる人は帰れなくなった人をお客として向かいいれ。
 ホームレスは自分の持っている情報を提供し。
 停電が一晩復帰の見込みがないことがわかると、
 どうせ腐ってしまうから、と生鮮食品は無料で配られ。
 誰もが、気が合いそうな相手を探してどこかに居場所を見つけていた。
 ラジオからは音楽が流れ。
 真っ暗闇の中、音楽だけがやたらハッキリと聞こえて。
 歌詞がすごく強く感じられて。
 …あの夜のことは鮮明に覚えている。

つまり。
今、真っ暗闇で。
その時と同じ状況に似せている…ということだろうか?
気がつけば、ステージ上には星空の演出も。
あぁ、そうか。
開演前のBGMがブッツリ切れたのも、停電の演出の一環だったのか。。。

確かに。
ステージが見えない分、小沢君の声がハッキリ聞こえる。
13年間、触れていなかった分、小沢君の声をハッキリ感じる。

そして、その暗闇の中「ぼくらが旅に出る理由」を歌いだす。

小沢君が旅に出た理由か…なんて、暗闇の中ふと油断をしていたら。

 ♪遠くまで旅する恋人に〜♪

で、突然、バーンと場内が真っ白に。

…いや、白くなったのではなくて、ライトがついたのだ!
そう、目の前に小沢君が。

眩しいのはライトのせいか。
それとも小沢君がそこにいることが眩しいのか。。。

  私は、コンサートでも舞台でも野球でも…
  基本的にオペラグラスを持っていかないことにしているのだけれど。

   至近距離の映像はテレビで見ればいい。
   今はこの臨場感を感じにきているんだ。と思っているので。

  が、今回ばっかりは…持ってくればよかった。
  遠くの小沢君の仕草や指先や髪の毛がいちいち気になって(苦笑)

とにかく、小沢君がそこにいた!
歌っていた!

僕らが旅に出る理由を歌い、そして流れ星ビバップに戻り、歌い。

そして、また朗読。
静かな13拍子のリズムをBGMに静かに語られる。

 鳥には国境がない。
 ネコにもない。
 空にも風にもない。
 旅人として日本人の顔を見ると実に興味深い。
 色んな顔の人がいる。
 昔は地続きだったんだろうか?
 日本には色んなところからやってきた人たちがいて、そしてここにとどまった人たちなんだろう。
 インドっぽい顔の人、メキシコっぽい顔の人…。
 そういえば、日本人にはメキシコっぽい顔の人は多い、特に男の人。
 僕はメキシコに行くことが多いのだけれど、確かに似ている。
 メキシコ人に間違われてスペイン語で話しかけられることもある。
 僕達の先祖は言葉を残してくれた。
 ひらがな、カタカナ、そして漢字。
 同じ言葉を3つの形で表すことが出来るというとビックリされる。
 世界でもこういう言葉は珍しい。
 そして、数え方。
 「ひ、ふ、み、よ、いつ、む、なな、や、この、と」
 この数え方も独特だ。
 そして、音でそれぞれの数との関係を表している。
 「ひ、ふ」は、ハ行。
 「み、む」は、マ行。
 「よ、や」は、ヤ行。
 「いつ、と」は、(「いつ」は「い」で勢いをつける「つ」)タ行。
 実際、1と2は関係が深い。
 3と6も、4と8も、5と10も。
 3人家族の家は魚を8匹買うことはない、6匹だ。
 そうやって数の関係を音であらわしてきた。
 この表現に、日本人としての誇りを感じる。

「日本人としての誇りを感じる。」
その言葉に何となく安心した。
日本が、マスコミが、音楽界が、そういう全般がキライになってニューヨークに行ってしまったのかと思っていたから。

そして歌は「天使達のシーン」

天使達のシーンは、かなりアレンジされていた。
歌詞も、メロディも。
原曲よりも力強く、メッセージ性がより深まっていたように感じる。

  今、一番聞きなおしたいのは天使達のシーンのこのアレンジ。
  歌詞が特に知りたい。。。

♪神様を信じる力を僕に 生きていくことをあきらめてしまわぬように…♪

何度も聞きなおした歌、何度も感動した歌詞だけれど。
今日は特に強く感じました。

  そして今。
  わが子達にも、信じる力が備わりますように。。。と祈ってしまう。
  この歌を始めて聞いたときには、子供は勿論、旦那とも出会っていなかったのに。
  名曲とは恐ろしいもんです(笑)

バックのスクリーンには先の朗読した内容のような映像が。
鳥が飛ぶ姿、雪の中のネコ。。。
…カメラマンのエリザベスさんの作品かな?
ちょっとそんなことが頭をかすめつつ。
そのゆったりした映像と天使達のシーンが見事にマッチして。
そして、朗読内容にあわせて、曲がセレクトされているんだ。ということに気がつく。

そう。
小沢君が13年かけて感じてきたこと。
それが語られ。
それが歌われる。
曲も、昔のまま…ではなくて。
今の小沢君が感じた形にアレンジされて。

「ひふみよ」はそんな時間だったのだ。

そして、次は新曲と紹介された「いちごが染まる」。

いちごの種を撒いて、芽が出て、冬の寒さを乗り越え、実がついて、赤く染まり。
あなたはいちごが染まったと喜び、わざわざ見に来る。
そしていちごは枯れていき土に戻っていく…
そんなコトを歌った歌(…だと思います)。

日常の些細なことへの喜び、そして、命の儚さ。
そんなことを歌ったのかな。と私は感じました。
すごく落ち着いた、シックでいて、でもメロディアスでもあり。。。
ちょっとこれまでの小沢君にはなかった曲調…かな。

そして、歌は。
「ローラースケート・パーク」
「東京恋愛専科」
と続いていく。

(続く)


…長いですねぇ(^^;
小沢君のこと書いてー。と言った皆様が後悔しているのが手に取るようにわかります(爆)
が、書き出したので最後までちゃんと書きましょう!
(忘れないように、一応、ザクザクとメモはとってます)

また次回もお付き合いください。。。

posted by carrera at 12:13| 兵庫 ☁| Comment(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

ひふみよ〜2(ふ)

  ひふみよ〜1(ひ):http://carrera711.seesaa.net/article/154016726.html

チケットの当選が決まった3月から。
「この日になれば小沢君の歌が聴ける!会える!」
と思い続けて。

…長いような。
でも、あっという間の数ヶ月。

ついに、その日がやってきました。

6月18日。

何の因果か、その日は、朝からネットでテレビで「オザケン、極秘入籍!」なんてニュースが飛び交っていました。
今日ニュースになるなんてー。
これまた、いい記念になりそうな(笑)

  小沢君が、エリザベスさんと一緒にいるという話は前から聞いていたし。
  一緒に活動をしていたのも知っているし。
  (「ひふみよ」の公式HPにも「エリザベスとパナマに行って…」という話が出てくるし)
  大体、自分が結婚しているのに小沢君の結婚をとやかく言えるわけもなく(爆)
  …ということで、ショック。とかいうのはなくて。
  むしろ、マスコミに突っつかれて、また小沢君がへそ曲げないかしら?
  って方を心配してみたり。。。(^^;

  ついでに。
  これはコンサート後に知ったことだけれど。
  相模大野の会場では、小沢君の両親が2歳くらいの子を連れて来ていたとかいう噂も…?
  (ルール上は未就学児は入場禁止)

途中、開演に間に合わないんじゃないか?
と焦ったこともあったのだけれど。
大丈夫!
運の良さもあって。
偶然か必然か。
その時に間に合うことが出来ました。

「小沢君風に言うと。
 いるべきしてここにいるんだよね、私たち!」

なんて友達と笑いあいながら。

そして。
緊張の一瞬。

小沢君は。
どんな舞台を見せてくれるのだろう?

この何年か、小沢君が注力していると感じてきた、社会風刺や反グローバリゼーションのように。
少し偏った…。
誤解を恐れずに書くならば、多くのファンの視点を無視したような…個人的な活動の延長だったら?
それとも、15年も前の曲達をただ「懐メロ」のように奏でられたら?

  どちらもそれを否定するような文章が「ひふみよ」サイトには書いてあるのだけれど。。。

たとえどちらでも。
今の小沢君の「形」が見たい!!

そしてそして。
真っ暗闇の中…その時が来ました。

…始まって30分。
ちょっとでも今回の舞台の是非を疑ったことをすごく反省しました。

1時間。
何も考えることなく、ただただ、その空間に夢中でした。

2時間。
この時間が少しでも長く続けばいいのに!と願い続けました。

そして、3時間。
夢のように…あっという間に…全てが終わってしまいました。

…あれから5日。
まだ、頭の半分以上は小沢君がいます。
あの空間を、あの音を追っている自分がいます。

それ位。
すばらしい時間でした。


…さて。
「3(み)」で、実際の内容について書き留めたいと思います。

posted by carrera at 22:11| 兵庫 ☁| Comment(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

ひふみよ〜1(ひ)


6月18日、グランキューブ大阪で開かれた小沢健二君のコンサート「ひふみよ」に行ってきました。

小沢君と言えば。
アラフォーが見えてきた私が10代の頃に「キャー!」と言っていたお相手。
アルバム3枚を出して、王子様と呼ばれ、音楽界を騒がせて。
そして、スーっといなくなってしまった小沢君。

アメリカに行きニューヨークに住んでいるらしい。ということや。
世界を色々と見ているらしい。ということや。
米国人の女性カメラマンと行動を共にしているらしい。とか。
噂は色々と。

その間にも。
実は、アルバムは3枚だしていて。

…んー、だけれどそれらは。
所謂、王子と呼ばれていた「オザケン」の音楽ではなくて。
ちょっと大人になった小沢健二としての音楽でした。

  うち、1枚は、過去のシングルを集めたものなので、
  それは「オザケン」だったけれど。
  でもでも、新しいものではないわけだし。

その便りは、新しい音は。
そこに小沢君がいることを感じさせてくれる嬉しいものであったけれど。
少しテイストの異なったそれは、昔のオザケンとは決別したのかな。とも感じさせられて。
それはそれで、ちょっと寂しくも感じてみたり。

…そんな小沢君が。
日本でコンサートを、しかも、全国ツアーを開くと言う。

新曲の発表も。
新しいアルバムの発表もなしに。

しかも。
少しづつ得られる情報では。
コンサートの中心楽曲は、あの、奇跡とも呼ばれたアルバム「ライフ」が中心と。

…これは。
何なんだろう??

ハッキリした理由も言わずに去っていったのに。
13年も経って、過去の大人気アルバム中心のコンサートを開くなんて。

お金目的?

ファンの間でもそうささやかれていたのは事実でした。

私自身。
「あの小沢君が帰ってくる!」
というものすごいうれしい気持ちと。
「13年もほったらかしにしたクセに!
 何を今更!!
 しかも、宣伝も何もなし?
 マスコミは相変わらず敵??
 知らないんだから!またそんな自己中心的なことばっかりやって。
 そんなにずっとずっとみんなが待っていると思ったら大間違いなんだから!」
という、まるで、自分の彼氏にでもぶつけるかのような直情もあって。

でも。

…行きたい。

そして。
そう感じたのは、私だけじゃなくて。
日本中の小沢君のファンが、きっと、似たようなうれしさ、葛藤、とまどいを感じながら。
同じように、「ひふみよ」のチケットを取ろうと頑張っていました。

そう。
13年も経ったのに、みんな、小沢君のことを忘れていなかったのです。

「ひふみよ」のチケットは全ての会場で入手困難との情報。
実際、私もいくつ申し込んでも1個も当たらず。。。
オークションでは、6300円のチケットは数万円で取引されている状態。

  今現在。
  ツアー最終日のチケット、1席、5万円オーバーです。
  ヒー(汗)

せっかく、運良く、神戸での公演があるのに!
HP先行抽選、各チケットガイド先行抽選、一般発売ことどとく外れて。
平日で京都…どうやって行くの?
…それでも当たるならば…!
…ハズレ。
中野ならば、実家から行ける??
…ハズレ。

こんなに行きたいのに。。。
神様はどこにいるのー?

…そして。
追加公演が発表され。
平日ながら、大阪での日程も決定。

祈る気持ちで、先行抽選を申し込み。
…いました、神様!

当選(涙)!!

しかも。
すぐ近所のお友達が、同じように、小沢君の音楽が大好きなこともわかり。
2人で行けることに!!!

チケットの当選が決まった3月から。
小沢君の音を聞ける日を楽しみに日々が過ぎていったのです。


(続く)

 
posted by carrera at 22:43| 兵庫 ☁| Comment(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。