2008年03月06日

サークル×いかなご&事故余波

昨日は、地域の育児サークルの日でした。
月1回、近所の集会所のようなところに集まって、ボランティアのおばちゃんが親子遊びをしてくれるような感じです。

が。
昨日は、最初にいきなり始まったのは「いかなごくぎ煮講座」。

  おーい。
  育児サークルじゃないんかーい!

ボランティアのおばちゃんも、若い人たちにも作り方を教えましょう。と気を使ってくれたんでしょうねぇ。
近所のおばあちゃんが早起きして朝網のいかなごを買ってきて、目の前で実践してくれました。

レシピは私とは全然違う、しょうゆ(240ml)+ざらめ(300g)だけ。
これやと、焦げ付かせないのは大変だよなぁ。。。
仕上がりがちょっと固めになるし、子供にはちょっとキツイかもだよなぁ。

…なーんて思ってみたり。

くぎ煮は、ホンマにみんな微妙にレシピが違うし。
それが一番いい!と思ってる人が多いから、言い出したらキリないです。
私でさえ、そんなこと思うんやから。

ということで、おばあちゃん流を遠くから静観。

が、1つだけ聞きたいことを思いつき、後から質問。

「この鍋で炊くんは、最高何キロまでですか?」

私は1鍋に1キロと決めているんやけど。
でも、垂水のおばちゃんは、一度に10キロとか買っていったりするから。
じゃぁ、どうやって炊いてはるんやろう?と思って。
数キロ単位で炊いてはるんかなぁ?…と。

すると、おばあちゃん。

「2キロは炊けるけどね。
 時間かかるからねぇ。
 1キロならば、20分か30分。
 2キロやと1時間以上かかることも。
 沢山炊いた方が美味しい。って人もいるけど、
 1キロをこまめに炊く方が私は好きやけどねぇ。」

やっぱり、沢山炊いた方が美味しい論もあるんや。
まぁでも、1キロ論もあながち間違いでもなさそうで何だか一安心。

ついでに、サークルの最後に、そこで炊いたいかなごのお裾分けもありました。
案の定、ちょっと固めの大人の味。
しかも、ショウガもの辛さも妙に引き立っていて。
子供には辛いけど、プロの味。という印象を受けました。
私もこういうのを炊きたいと思う時がくるかなぁ〜。


*************

で。
私個人のいかなご話も。

ホンマは昨日、2キロ炊くつもりで。
↑のサークルが終わってから、おばちゃんたちに「今日炊くんです!」とタンカ切って魚屋さんへ一直線。

が。
入荷がない!とのこと。
「ちょこちょこ入っているんやけどねぇ。
 でも、1箱とかの単位で。
 予約の分も断らないといけない状況なんですよ。」
と。
えぇぇ〜!?
かなりのショック。
一昨日は、ジャスコに山積みになっていたのに。。。
炊いておけばよかった…。

…垂水沖でタンカー他3隻の衝突事故があった。と知ったのは帰ってから。

垂水まで出て並べばあっただろうけど。
Pekiはサークル終えて垂水まで行く気力はなく。
しぶしぶ断念。

そして今日。

張り切って11時過ぎに魚屋さんに行くと。
「今日も全然なんですよ。
 魚屋さんによっては全く入荷無しのところもあるみたいで。
 事故のせいで垂水沖は禁漁区になっていてねぇ。
 垂水漁港からしか入荷してないところはどこもキツイんちゃうかなぁ。」
とのこと。

あぁ、事故の余波が今日も。。。

もう随分大きいだろうし。
明日は予定が入りそうだし。
でも、くるみバージョンだけはどうしても炊きたいから垂水で並ばないとかなぁ。。。

と、肩を落としていると。
ここ数日ですっかり顔見知りになった魚屋さんのおばちゃん。

「赤ちゃんにお姉ちゃん連れてるのに炊いてるんやねぇ。
 エラいねぇ。」
「ねぇ。
 だから、並べないし、時間どおりにも動けないし。
 なかなか…ねぇ。」
「昨日もお断りしたもんねぇ。。。
 ホンマごめんなさいねぇ。」
「いえいえ。こればっかりはねぇ、仕方ないから」

という会話の後。

「ゴソゴソ」
「ゴニョゴニョ」

秘密の会話。

…。
20分後。
無事、いかなごを買うことが出来ました♪

  顔なじみの店を作っておくことって大事だなぁ。とシミジミ感謝。

お値段は同じ1,150円。

で、早速ダッシュで帰り、くるみ入りバージョンを2キロ炊きました。
…実は、最後にちょっとなべ底を焦がしちゃったのだけれど。。。(涙)

  Suiが頭からゴチーンと転んでワンワン泣いて。。。
  その合間に白い煙がモワァ〜…キャー!しまった!!(汗)
  やっぱりPekiSuiと3人では2キロが限界です。

まぁでも、そこは除いたのでとりあえずOK!

  鍋の方はまだ焦げ付いたまんまだけど…(涙)

ふぅ〜。

後は、山椒を1キロ炊いたら、今年のノルマは達成です。
山椒バージョンはいかなごが大きくなってからでもOKと思ってるので、
(大人しか食べないし。もらってくれる人も実家がメインだし)
焦らずに炊こうと思います。


…いかなごの話を書き出すと長くなるなぁ(苦笑)
ま、でも後ちょっと!です。


posted by carrera at 23:12| 兵庫 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
…垂水沖でタンカー他3隻の衝突事故があった

あぁ、そうだったんですね。
だから阪神百貨店にもイカナゴが並ばなかったのか??
だとしたら、しっかり入荷していたダイエーのイカナゴはどこ産のイカナゴなんだろう・・・??
Posted by 小梅 at 2008年03月06日 23:26
そのニュース見て、
「あぁ、カレラん・・・。
 “イカナゴ不漁”って言うとったのに
 これでまた、魚屋さんにも入荷せぇへんなぁ。」
って、一人つぶやいてました^^;

山椒、要らんからね〜(アツカマシイw)
Posted by ちゅらら at 2008年03月07日 08:16
昨日マルハチは1380円でしたよ〜(高)。
私なんて、うちから見えるところ(のハズ)の事故なのに翌日まで知りませんでしたよ・・・。

梅の試食!1口でいいのでぜひぜひお願いします〜〜。
私某おそうざい屋さんの「梅ちりめん」っていう商品が大好きなのですよ〜。
すっぱいお魚大好きです♪
Posted by さくママ at 2008年03月07日 10:20
小梅 さん

そうなんですよ。
亡くなった方もいらっしゃるし、油も流出していたりしてね…なかなか大変な事故です。
事故以降、禁漁区が出来たりして水揚げ減ってるようですよ。

でも、イカナゴ漁は垂水沖だけでなく、姫路やら淡路やら色んなところでやっているので。
そういうところから回ってきているんだと思います。
垂水でも小さな魚屋さんは垂水漁港専門ですが、ジャスコなどになると、次は明石のが届く、次は姫路のが届く。といった具合です。
その日、その場所によってサイズも違うので、ジャスコに並ぶ方は、サイズを見てから次の便をまとう。とかもあるみたいです。


ちゅららん姐さん

そーなんですよ。。。
しかもね、重油もエライことになっていて。
舞子の浜、エライ汚いらしいです(涙)

あ、姐さんの分はこれで揃いました!
近日中に〜♪


さくママ さん

1,380円は高い!
今日、神戸阪急でみたけど、それでも1,280円でしたよ。

子育てしていると、ニュースってなかなか…ねぇ(^^;
私もネットでチェックするように心がけているんですけど、興味ある項目はすぐみるけど(阪神ネタとか(爆))重要なことほどスルーしていたり。。。

梅味、もちろんですよ〜。
ちゃんととっておきます!
いつお持ちしましょうねぇ〜!?

Posted by カレラ at 2008年03月07日 22:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。