2008年03月04日

梅干×いかなご

さて、今日はいかなごの話。

 …今日「も」!?

まずは今日のいかなご情報。
ジャスコで1,080円でした。
ゲ!値上がりしてる!!
ちょっとビックリ。

しかも、サイズが一気にグーンと大きくなってました。
ヒャー。

今日は炊かない。と決めていたのに、このサイズ。
正直、ジャスコでちょっと悩んじゃいました。
明日はどうなるのやら。。。

でも、値段とサイズのせいか、今日は並んでませんでした、ジャスコ。

  正確には、12時過ぎの段階では並んでいたのだけれど。
  すぐに列は解消され、誰でも買える状態になってました。

予定では、明日は2キロ炊くつもりなのだけれど。
一気に3キロいってしまった方がいいかなぁ。
小さいうちに終えたいしなぁ。。。
でも、グズグズSuiがいて2キロでもチャレンジなのに。。。難しいところ。
ま、明日、サイズ見てから悩むことにします。

************

んで。
次は、昨日のくぎ煮の件。
そう、ニューバージョンの話です。

話は去年にさかのぼるのです。
私のつたないくぎ煮をもらってくれる友人が、自宅で漬けたから!と、梅干を送ってくれたのです。
ホンマに美味しい、粒の大きな、立派な紀州梅!
梅干大好きな私はホンマにうれしくて♪

  じゃぁ、自分で梅干漬けたらいいやん。って話になるんだけど。
  旦那もPekiも食べないから…ちょこっと漬けるんも手間やしねぇ。

めちゃ美味しいし、うれしかったから
「めっちゃ美味しいです!
 でも、もったいないから、1粒を3食に分けて食べまーす。」
なんてお礼のメールしたら。
「1粒を3回になんて可哀想なコト書いてあったから」
って、また送ってくれたのデス。
しかも、いーーーっぱい!!

素直にウレシー!!

で、この感謝の気持ちをどうにか形に出来ないかなー。
って思って作ったのが、今年のニューバージョンくぎ煮ちゃん。

いかなごのくぎ煮・梅干バージョン

です。

もちろん、レシピなんてないし。
ましてや、頂いた貴重な梅干。
失敗するわけにはいきません。
頭ん中で色々考えて。。。自分を信じて、いざチャレンジ!

まず、ショウガは量を少なめに、そしてみじん切りに。
ショウガ君があんまり主張しないように…。

そして、梅干の種をとる。
が、この種もかなりの味を持っているのを知っているので、種もちゃんと使います。
果肉の方は軽く叩いて粗めの練り梅状態に。

調味料は梅干の塩分もあるので醤油を少なめに。

調味料を鍋に入れて、梅干の種もここで一緒に投入!
この種と周囲に荒く残った果肉でいかなごの中まで梅風味をつける作戦。

沸騰したら通常どおりにいかなごとショウガを投入。
グツグツ炊いて、煮詰まるのを待ちます。

煮詰まってきて、後5分程かな〜って頃で果肉をドサっと投入。
早くにいれると中途半端で曖昧な梅風味になるかな?と思ったので、最後の最後に絡める程度にして
「このくぎ煮、なんかちょっと梅風味がするわ〜
 …と思ったら、果肉がゴロンとあるところはめっちゃ梅干!」
にしたかったのです。

が、ここで問題発生。
練り梅状態なので、中でゴテっと固まって、梅を全体に散らすことが出来ない!
混ぜればいかなごがグチャグチャになるし。

  赤子泣いてもいかなご混ぜるな!が鉄則(笑)

必死に鍋ごと返してみるけど、やっぱりイマイチ。。。
しかも、梅を入れたらちょっと水分も増したような。
ヤバイ!グチャグチャになるかも。。。

と、冷や汗かきつつ、ここは無駄な抵抗をやめ、ひたすら煮詰めることに。
ジリっと焦げる寸前まで頑張り、…っていうか、種が焦げた位で一気にザルに返し、広げつつチョイチョイと梅を散らす作戦に。
うーん、心なしか、やっぱりちょっと湿っぽいかも。
必死にパタパタ扇いで…後は乾燥した後に落ち着いてくれるのを祈りつつ。。。

で、冷めてみると。
うーん、確かに普通のいかなごよりは、ネッチョリとした感はある。。。(汗)
でも、梅の生っぽい感じは思っていたとおり。
たまにいかなごの固まりがあって。
そこは梅がドーンとついているところ。
そうそう、こんな感じ。
梅がついてない所もちょっと柔らかいけど、まぁ、梅味を生かすためにはこれ以上は無理だろうなぁ。という結論に。

そして、ドキドキしつつ味見タイム。
まずはいかなごだけのところ。
パクリ。
お!ほのかに梅干風味!!
ちょっと酸味が効いています。
でも、ちょっと物足りないかなぁ。。。
そして、次はイカナゴ梅固まりの部分。
パクリ。
お!美味しい〜。
いかなごなんだけれど、中から梅がこんにちはって出てきて。
しかも、梅自体の味がちゃんとしているから負けてないぞ!!
市販の梅じゃぁいかなごの強い味に負けていたかも。。。
いい梅の、しかも丁寧につくった自家製梅干だからこそのくぎ煮になりました。

ヨカッタぁ〜。

改めてバクバクと食卓で食べてみると。
もうちょっとショウガを少なくして、梅をもっと入れてもよかったかな。って感じも。
でもそれは私が梅干大好きだからかも(笑)
普通の人にはこんなもんかなぁ〜。

ということで。
美味しい自家製梅干をくれた友人に感謝の気持ちと。
いつもいかなごをもらってくれる皆さんにも、今年の新作を。
私らしく送ることが出来そうです。

後は。
梅干を作ってくれた友人にダメだしされませんように。。。

  本気でドキドキ。。。
  ちゃんとした舌をお持ちの方なのですよ。。。


パンパン(祈)


posted by carrera at 23:07| 兵庫 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ニューバージョンって、梅干味だったんですね〜。
レシピなしで作るなんて、さすが!いかなご作りの
名人、カレラちゃんだわ〜。

自家製梅干をいかしたものが出来てよかったですね。

Posted by バニラ at 2008年03月05日 06:34
そういやうちのダンナも来年は「梅味」も作って
みる〜って言ってたもんで
どこかネットレシピで見たのかもしれないなぁ・・・。
またよかったら少し試食させてくださいね〜〜。
(って来年もきっと作るのは私じゃなくダンナだけれどw)
Posted by さくママ at 2008年03月05日 08:11
楽しみに待ってます(^w^)

ってか、梅干もっと要るか?!
Posted by ちゅらら at 2008年03月05日 08:24
バニラ さん

そうなんです、梅干味です。
レシピなくてもくぎ煮自体のレシピはあるから、簡単なアレンジ程度で。

でも…実は旦那にはダメ出しされましたー(涙)
「何も、いかなごを酸っぱくせんでもいいやん」
って。
…旦那は梅干キライだから。という理由にしておきます(^^;

もう少ししたら、バニラさんにお味の好み伺いメールしますねー。
ショウガ(ノーマル)・くるみ・山椒・梅干味でキライなのがあればそのときに教えて下さい☆


さくママ さん

えー!?
旦那さんも梅味って?
私位かと思ってた、こんな辺鄙なこと思いつくの(笑)
ネットではレシピ見当たらなかったけどなぁ。

試食、もちろんOK!ですよ。
キープしておきますね〜。
引越ししたらお持ちしましょか?


ちゅららん姐さん

ヒャー。
ドキドキ。

↑のバニラさんへのコメントでも書いたけど。
旦那にはダメ出しされて撃沈です(涙)
姐さんにも言われそう・・・酸っぱくせんでもいいやん。って。

期待せずにお願いします。

梅干、また今年のんが漬かったらヨロシクです☆☆☆
Posted by カレラ at 2008年03月05日 22:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。