2007年06月27日

出産準備

出産予定日が2週間ちょい先にせまり。
やっとこさ、赤ちゃんを迎えるための準備がちょっとだけ進んできました(^^;

まず、私の入院準備。
そして、やっと肌着やウエアを洗い。
(でも、まだ頂いた肌着までは全部手をつけれてない・・・)
オムツ用のサラシも洗い。
そしてそして、それらを入れるための場所をやっと確保!

  結局、Pekiのおもちゃを入れていたタンスを整理して、
  子供2人用のタンスにしました。
  でも、Pekiは若干不服そう(苦笑)

でも。
まだ、ベビーベッドは組み立ててないし。
そもそも、ベビーベッドと大人+Peki布団の配置も決まってないし。

  寝室の6畳の和室に、ベビーベッド+布団3枚は無理!
  なんて話から進まず。。。

新たなものは何も購入してないし。

  でも、改めて何か必要かなぁ!?
  万が一の為の粉ミルク?
  布オムツの予定だけど、念のために紙オムツ?
  ・・・でも、どっちも必要だ!という話になってからでもいいような。。。
  前回、粉ミルクは買ったものの一度も使わず。
  紙オムツも、新生児用はほぼ使わずだったので、
  余計に買う気にもなれず。。。
  それ以外に何かあるかなぁ。。。!?

名前もまだ決めてないし。

  毎日、命名本とにらめっこする日々(笑)

それ以上に。
部屋をキレイにして、整理整頓しなくちゃ!!
このまま入院して、義父が来たら・・・
かなり恥ずかしいような場所が色々(^^;

  私のタンス部屋と、パントリーが一番危険!
  特にパントリーは、絶対にPekiの食べ物を探すのに使うだろうし。。。
  あ、冷蔵庫の中も拭きたいかも(汗)

うーん。
スタートの遅さがここにきて顕著になってきました(苦笑)

そして、それ以上に気持ちの問題も。。。

まず、何よりPeki。
だんだんと、もうすぐ赤ちゃんが産まれるから私がいなくなって。
しかも、その間、自分はどうなるのか?
ということを少しづつ認識してきたようで。

  友達が「私でよかったらいつでもPekiちゃん預かるよ!」
  なんてうれしいことを言ってくれるたびに、不安そうな顔をするPeki。

でも、Pekiの性格から、そこで「イヤだー!」とはならないんですよねぇ。。。
グっと堪えて、ニッコリ笑って「Peki1人で家でお留守番できるから心配しないで」というPeki。
そして「赤ちゃん産まれたら、Peki、抱っこしてあげる。」などと、前向きな発言をしつつ顔が笑ってない・・・
う・・・むしろ、泣かれる方が気が楽・・・ホンマに。
そのストレスが溜まって、その後どうなるのか・・・!?
そっちのが心配・・・。

しかも、私が1週間もいないとは思ってないハズ。
(1週間と言葉で言ったけど、どれだけの時間かわからないと思うから。。。)
しかもしかも、その間、お父ちゃんは家にいる。と思っているよう。。。
一度、ちゃんと言ったんだけどなぁ・・・
今から何度も言うのがいいのか。。。
それとも、その場になって改めてちゃんと説明する方がいいのか。
本当は、今から覚悟して欲しいところだけど、
Pekiの性格上、そうとわかってからずっと落ち込みそうで。。。

とりあえず、パルモアは上の子の同伴入院が可能なので。
状況を理解したPekiに、一緒に泊まるかどうか選ばせてあげるつもりだけど。。。

ホンマ、Pekiの心の問題が一番の気がかりです。

ついでに、私の気持ちの準備も(^^;

やっとこさ、産院でもらった産後の生活のページを開いてみて。

  ホンマは、妊娠初期には読むべきページ(苦笑)

・・・あれ、こんなに大変やったっけ?

「なぁなぁ。
 退院後、1週間は基本的には横になっているって書いてあるよ。
 ・・・床上げ、退院後3週間後?
 え?お風呂も産後1ヶ月入れないんだっけ?」

旦那「・・・そうやったやん。
   お前・・・何も覚えてへんのか?
   あんなに苦労したのに・・・・!?」

うーん。
すっかり忘れていた(爆)

  Pekiの時は、大した覚悟もしていなかったからか、
  日々の大変さについていけず、マタニティブルーになったのに。
  ・・・同じこと繰り返すのか?私(苦笑)

まぁでも、2人目やし。
言うても、退院してきたら日中は私とPekiと赤ちゃんの3人しかいないわけやし。
動かなきゃ食べれない!と思ったら、何とかなるでしょう、きっと。

・・・なんて呑気なことを言っていると。

「ダメだよ!
 産後1ヶ月は本当に無理したら!!
 老後に響くんだよ!!!
 目先のことより、長い目でみないと!!!!」

と、会う友達、友達に諭される私(苦笑)

「ベビーシッターでも、家事の手伝いでも、最初は頼んだらいいやん。」
と、旦那。

うーん。
余計にPekiの気持ちの問題が悪化しそうでイヤだなぁ。
他人がうちの台所に立つのもイヤ。

・・・え?
ワガママ!?

うーん。
今から色々と考えておくべきか。。。
大変になってから、切羽詰って勢いで乗り越えてみるか。。。

やっぱり、性格上、後者かな!?(爆)

改めて。。。
私&Pekiが壊れてきたら、どなたか心のフォロー、よろしくお願いしますm(*- -*)m





posted by carrera at 21:47| 兵庫 ☀| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いよいよですね。

って言われても二人目って呑気に構えてしまいますよねぇ。ウチもベビーベッド出したの、予定日の前日でした。(←いくらなんでも遅すぎ!!)

里帰りしない場合は「産後横になってろ。」ってコレ、ハッキリ言って絶対ムリです!
退院したその日・その次の日くらいは一応「その気」にはなるんですが現実、結構普通に体動かしてます。
退院してから3日も経とうもんなら「横になっているべき」ってこともすでに忘れてしまっています。

近くに住む親も、最初の一週間こそ新孫の顔見たさにチョコチョコやって来てくれますが、赤ちゃんに対する珍しさがなくなるとパッタリ来なくなりますし・・・。

退院して1週間もすれば、スリングに新生児入れて、片手で上の子と手をつないで買い物にも行きますし。そうしないと上の子も家に閉じこもりっぱなしではストレス溜まってキーキー言いますしね。

子供が二人になると、大変さも×2倍になるのかなぁ・・・と思ってましたが「案ずるよりも産むがやすし」とはまさにこのこと。実際は一人のとき×1,2倍くらいの大変さです。

超不器用な私でもこんな感じですから、カレラさんなら何〜んとでもなりますよ♪

Posted by 小梅 at 2007年06月28日 11:44
カレラさんのことだからムリしすぎるんじゃないかと
ちょっと心配してたりしてますが・・・。
ぴゅーんと車で行ったりできますし
買い物とか困ったらいつでも声かけてくださいね〜〜。

あ。来週からペネロペ再放送するみたいですね。
Pekiちゃん喜ぶかなぁ〜??
Posted by さくママ at 2007年06月29日 17:07
小梅 さん

さすが小梅さん!
…ってホンマ思いました。
私もそこまでになれるかなぁ…?
結構、ヘタレなので(苦笑)

ベビーベッドはうちもまだまだかも。
だって、出産後の入院中でも旦那が何とかできるだろうし(笑)

でも、今日も産後無理して大変なことになった人の話を聞いてしまいました(^^;
ま、現実と理想の間をさまようことになるんでしょうねぇ、きっと。

また、来週、詳しい話聞かせて下さいね☆


さくママ さん

うーん、私も私のことだから無理しそうで(爆)
ヘルプ!を出すのがどうにも苦手なんですよねぇ。
あ、でも、旦那にはすぐに甘えられるので大丈夫(笑)
「ちょっとは自分でなんとかせい!」っていつも言われてます。

そうそう、ペネロペ再放送なんですよね〜。
友人に録画お願いしていたりします♪
Posted by カレラ at 2007年06月30日 07:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック


Excerpt: 粉ミルク粉ミルク(こなミルク)は、出産から離乳期までの赤ちゃんの育児用の粉末ミルク。乳製品の一つ。単に「ミルク」というと、この育児用の粉ミルクのイメージが強い。原料としては牛乳を主体に、ビタミンやミネ..
Weblog: 子供の遊び・文学いろいろ
Tracked: 2007-09-30 07:08
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。