2014年06月11日

カートでびゅー

ヤバイ・・・放置だ・・・誓ったのに。。。

・・・なんてことは気にしてない、carreraです。

  おい。

さて、今日は今日の話を書く前に、週末の息子話。

  今日の話はきっと明日には!

小学1年生になったヤツには、幼稚園の頃からの憧れがありまして。
「いつかカートに乗ってみたい」
幼稚園の頃に某カート場に行ったら、小学1年生にならないとここのカートはサイズが合わないからーと言われた経緯があって。
ずっとその日を待ち焦がれていたのです。

  もっと小さいうちから乗れるカート場もあったのですが、
  まぁまぁ、その話はとりあえず気が付かなかったことにしておいて。。。

そして。
4月になり、旦那と2人でレンタルカートデビューをしていたのですが。

この間、私も同行して見てきましたー。

DSC_0137.jpg

かなり大きめのカート。
背中に沢山のクッションを入れて、ギリギリ、足がアクセルブレーキに届きます。

なお、こちらのカート場はレンタル専門ですが。
専用のライセンスを取らないと、コースを走ることは出来ません。
頑張って、講習を受けて、必死に感覚つかんで、ライセンスは取得済!です。

  私がいない間に(ボソ

とは言え、最年少レーサー。
貸し切り状態で走らせてもらいましたー。
スタッフの人も「壁とかにぶつかっちゃうかもしれないけど、気にしないで走って行こう!」と声をかけてくれて。
あぁ、やっぱり子どもってそんなもんなんだなぁ。と思いつつ。

Go!

・・・あらやだ、ちょっと。
息子さん、かっこいいじゃないですか(。・・。)


DSC_0144.jpg

ちっとも壁になんかぶつかりません。
ちゃんとカーブをギュンギュン鳴らして曲がっていきます。

DSC_0148.jpg

最初、2分かかっていた1週が、周を追うごとにタイムが縮まっていって。
最後は1分10秒台にまで!

(*´ω`*)

かなりハンドルも重たいらしいし、アクセルブレーキも足をいっぱいまで伸ばさないと踏めないので、かなり辛い体制だと思うのですが。
それでもカーブもキレイにアウト・インと抜けていく姿は、いやいや、敵ながらあっぱれ。

  いつ敵になった!

親バカかーさん、ちょっと見直しちゃいました。

さぞかし得意げに帰ってくるのかと思ったら。

「あ゛ーーーづがれだーーーー」
と気だるそうに、トボトボとw

あらヤダw
男の子じゃないーw
ついこの間まで、赤ちゃんだと思っていたのにねぇw

ということで。

気がついたら、子どもって育っちゃうんですねーなんてことを実感した週末だったのでした、まる



posted by carrera at 20:43| 兵庫 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。