2007年02月08日

歯医者再び

遅ればせながら・・・
週末、Pekiの歯医者さんに行ってきました。
歯医者を転院してから、2度目の治療です。

前回の歯医者以来、歯の治療が出来た!ということに自信を持ったPekiさん。
ぬいぐるみや人形相手に「歯医者ごっこ」する日々(苦笑)

「あ、ロディちゃん、お口にバイキンマンいるよー。
 先生に診てもらおうね。」
なんて言葉から始まり。
「カンカン、ロディちゃん、斜めに持っていて」
・・・私は椅子係(苦笑)
「ハーイ、ロディちゃん、お口アーンして。
 これ、掃除機ねー。
 ウィーン
 すっきり、したー!?」
あげく・・・
「ロディ、噛まない・・・?」
・・・Pekiが先生の手を噛んだのを見て、私がPeki噛まないで頑張ってー。と言ったのを覚えているらしい。。。
哀れ(!?)ロディちゃんは、毎日、何度も歯を削られています(苦笑)

そして。
歯医者に行く日の前日に
「明日は、歯医者さんだからね。
 この間行った、優しい先生のところだよ。
 頑張れるかな?」
と聞いたら。
一瞬、ギクっとしたものの、ちょっと悩んだ後に、
「Pekiちゃん、頑張るよー。」
と返事したので・・・
うれしいような、健気で可哀想なような・・・
まぁでも、歯医者変えたのは良かったんだろうな。なんて改めて思ってみたり。

そして、当日。
歯医者に入ると、ちょっと萎縮して「外行く」と逃げ出すものの。
5分もしたら、落ち着いて座っていられるようになったPeki。
前回よりはかなり前向きかも。
そして、名前を呼ばれると、自ら歩いて診察室へ。
おぉ〜・・・成長したなぁ(ジーン)

・・・と思ったのはつかの間。
診察台を見ると、一気に前回の記憶がよみがえってきたのか。
「イヤ、やっぱり帰る」と全力で逃げ出すPeki。
あらら・・・これまでの前向きな姿勢はどこへ。
・・・そこからは、何を言っても、前回以上に暴れるPeki(汗)

結局、先生に待ってもらい、抱っこしてなだめて、何とか椅子へ。
先生は、落ち着くまで・・・とスッと姿を消してくれ。
Pekiはちょっと安心したのか、何とか座ってくれました。
が、固定しているわけじゃないので・・・先生が来た途端にまたも逃げ出すPeki。
うーん、さてどうしましょうねぇ。

先生は、押さえてくれ。とか、そういう類のことは一切言いません。
今日は無理ならば帰ってもいいし。
頑張るならば、ゆっくり待つし。という姿勢。

が、次回にしたところで、Pekiのこの様子が変わるとも思えず。
私で可能な範囲で、Pekiを押さえ、診てもらうことに。

「この様子だと・・・
 ご自宅も遠いので、何度も小分けにというのも申し訳ないですし、
 時間をかけてゆっくり理解を待つよりも。
 今日はちょっと辛いかもしれないけど・・・
 何とかPekiちゃんに頑張ってもらって、
 全て治療してしまう方がいいかもしれません。」
そう提案してくれた先生。

今日、一度に全部・・・
前回1本治療しただけでも大騒ぎだったのに、可能なのか・・・!?
でも、可能ならば・・・
確かに、Pekiも確かに今日は辛いかもしれないけど・・・
でも、また次の時に色々考えてイヤな気持ちになるより、きっとマシでしょう。
ということで、可能な範囲でお願いすることに。

前回同様、先生も助士さんも身体も押さえず(私が自己判断で押さえましたが)。
口をあけておく器具も使わず。
さっと口をキレイにすると、すぐに削りだす先生。

さっきの話と併せると。
前回のように、器具を説明したりして時間をかけるよりも。
短時間勝負に出る。ってことのよう。

が、Pekiがまたも暴れだす。
どうにも・・・削られるのがものすごーくイヤな様子。
私が手を押さえていたものの、舌で削る器具を押しやろうとして、舌の先がちょっと流血。
あ!と思った瞬間に、私も手を緩めてしまい、Pekiは器具を手ではらいのけて、唇の上をちょっと出血。
・・・どっちも、ほーんのちょっとなんですけどね(^^;
もちろん、先生を責めるつもりもありません。

が、先生はさすがに思う所があったみたいで。
Pekiを一度起こして落ち着かせた後に、私と旦那に説明。
「怪我を避けるためにも・・・
 本意ではないのですが、口を開いた状態に固定する器具を使う方がいいかもしれません。
 そのかわり、なるべく短時間で終わらせますので
 もちろん、抵抗があるならば無理にとは決していいません。」
いや、こちらからお願いしたい位です・・・

ということで、Pekiが歯を閉じれないように、器具を噛ませて固定することに。

が、そこからは早かった。
結論から言うと、残りの前歯5本を削って薬つけて上からかぶせて白い歯にするのに10分弱。
もちろん、Pekiは相変わらず暴れているんですよ。
でも、それに対して動じず、すきを見てどんどん作業を進めていく。
なんて手際の良い!
Pekiも、削る作業以外は、耐えられる範囲だったようで、比較的大人しくしていました。

ということで。
今回は、Pekiが焦らず治療を進めるために。と1時間も診察時間をとっていてくれたのですが。
方針変更もあって、結局、トータル20分足らずで、しかも全ての虫歯の治療が完了しました〜!!

すごい!すごいー!!

前の歯医者で後1年は治療は無理。と言われ。
こども病院でも、早期治療を望むならば全身麻酔で。といわれていたのに。
この先生、たった2度、トータルにして30分程度で全部の歯をキレイにしちゃったよ〜。
旦那も私も、かなりビックリです。

「これで、もうこんな遠くまで来なくていいからねー」
ニッコリ笑って、最後にそう言ってくれた先生。

・・・イヤ!
定期健診もここに通わせてもらいますー!
遠かろうが、何と言われようが、通わせて下さい!!

ということで。
サホライドで黒くなっていたPekiの前歯。
真っ白になりました〜。
溶けていた部分も埋めてもらい、表面上はピカピカです!

でも、さすがに。
Pekiにはちょっと辛い治療だったみたいで。
その数日後、友達の家でアンパンマンのビデオをかけてくれた時に、
怖がって逃げ出していました・・・(汗)
治療中、少しでもPekiの気晴らしに。と、アンパンマンのビデオをかけていてくれたので。
どうにも、アンパンマンビデオ=歯医者というイメージが残ってしまったようです(^^;
まぁでも、時間が解決してくれるでしょう。

何にせよ。
とりあえず、当面は、歯のことで悩まなくていいと思うと、ホッと一安心です。
でも、これに安心せず。
毎日、ちゃんと歯磨きしないとね。

ついでに、甘いものも控えめに、Pekiさん・・・(^^;






posted by carrera at 06:44| 兵庫 ☀| Comment(14) | TrackBack(0) | 子供の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お医者さん変えてよかったね!

とてもいい先生♪
Pekiちゃんこれからまた歯医者に行かなくて済むようにケア頑張って〜
Posted by Nani Mae‘ole at 2007年02月08日 09:38
Nani Mae‘ole さん

そうね〜。
とりあえずは一安心!です。

でも、みんなからの情報で。
Pekiみたいな子は、磨いても磨いても虫歯になるよ・・・と聞いているので。
先々が怖いよー。
毎食後磨いているのに・・・ねぇ(涙)
Posted by カレラ at 2007年02月09日 03:50
治療が一気に終わって良かったですね。虫歯って体質とかにもよるみたいですよね。私も子供たちには虫歯をうつさない様に、大人との箸の共有を止めたり、チュ☆禁止にしてたりはしてるんですけど、それでも不安です。娘は最近医者に行くと抵抗が激しすぎて(検診の体重さえ測れなかった…)、そちらの先生でも無理かも…。
Posted by AKI at 2007年02月09日 06:32
AKI さん

本当、一安心です。

虫歯、本当に体質みたいですね・・・Pekiで実感です。
私は一本も虫歯がないのですが、主人は虫歯持ちなので、箸の共有も、主人の箸から食べ物をわけることも、チュ☆も禁止していたのですが。。。
それでもこの結果です。

Pekiもものすごーーーい抵抗力ですよ(苦笑)
0歳児にして、看護婦さんが3人必要でしたから・・・脅威の背筋力!とお医者さんにお墨付きもらいました(笑)
Posted by カレラ at 2007年02月10日 20:52
1歳3か月の子供の虫歯治療で悩んでいるなか、このブログに出会いました。3軒ほど歯科医院に行きましたが、サホライドしか今は治療ができないと歯科医院では同じ説明ばかりです。サホライドはできるだけ避けたいのです。このままサホライドを塗らないで糖分コントロールなどで経過を見ようか、サホライド以外にも治療法はあるのではという思いが消えず、一人で悩んでいます。治療の経緯をもう少し詳しく教えてくれませんか。こういう治療をしてくれる先生がいるんですね。近ければ通いたいのですが、教えてもらうことはできませんか。勝手なことを言ってすみません。
Posted by sakura at 2007年05月16日 16:58
sakura さん

はじめまして☆
そして、コメントありがとうございます。

1歳3ヶ月・・・懐かしいなぁ。なんて思っちゃいました。
Pekiの虫歯も似たような時期でした。

そうですねぇ・・・1歳の頃は、Pekiもサホライドを塗布するかしないか。程度の話ばかりでした。
サホライドがイヤならば、ほっておくか、県立こども病院に行って診察を受けた上で、全身麻酔での手術治療。といわれていました。
もしも、全身麻酔に抵抗がなければ、そういう手段もあるだろうとは思います。我が家も手術は、ギリギリまで悩みました。

サホライドを塗布しても・・・正直、進行します。
お子さんの状態がどうかわかりませんが、Pekiの場合は、歯が溶けてきてしまっていたので、一度表面が溶けてもろくなった歯ということでどんどん欠け進んでいったのです。お菓子を控え、食事に気をつけ、せっせと歯磨きをし、キシリトールを摂らせ・・・色々しましたが、歯医者さん曰く、欠け進むのは避けられない。とのことでした。
Pekiの場合は、1本の歯が欠けすぎて、根元から5mm程度・・・まできてしまって・・・(虫歯に気が付いた時は、ちょこっとかけている程度でした)。完全に欠けてしまうと、上からかぶせるような普通の治療が出来なくなってしまうそうで。(どうするか?というと、こども病院では根元から差し歯を入れるそうです。が、乳歯なので、常に気を使って、定期的にレントゲンをとり。永久歯が出てくる頃には、人工的に抜いてあげないといけません。つまり、後のフォローがかなり大変だそうです)思い切って、評判の良い歯医者さんに治療をお願いした次第です。
でも、いくら手際よくやってもらっても・・・やっぱり、かなり、子供には辛かったようです。心の問題だけを言えば、全身麻酔の方がよかったかな・・・と今でも思ったりします。
歯医者さんですが、神戸市北区にあります。新神戸から1駅・・・と言えば、駅名もわかるでしょうか?駅から歩ける範囲です。もしも通える範囲であれば、詳細お教えしますので、よかったらまたコメント下さい。(コメント欄のメールアドレスに書き込んでもらったら、非公開で私にだけアドレスが伝わるようになっています。細かい話は、よければ直接メールしますので♪)

長くなっちゃいました。自分が悩んでいたことを思い出したら思わず・・・(^^;
また何でも聞いて下さいね。

Posted by カレラ at 2007年05月16日 21:56
カレラさん、本当にありがとうございました。本当に悩んでいるので、すごく参考になりました。同じような経験をされたママの声が聞けてよかったです。

どの歯科医院でも「サホライド」か「治療ができるようになるまで放置」のどちらかばかりで、小児の虫歯をなかなか積極的に治療しているところがないんですよね。

うちの子は今は寝る前に歯磨き、寝入った後に私がフッ素を塗るのが日課です。でも、このまま進行していつか痛い思いをするくらいなら、今のまだ余裕のあるときに治療してやりたいと思っているんですが・・・。

そんな思いで歯科医に行くんですが、いつも上の二つの選択肢ばかりで、「虫歯にした親が悪い。授乳が原因」とつらいことを言われてしまうのです。もう4軒も回りました。このまま定期的に高濃度のフッ素塗布だけでは駄目だと思い、まだ歯科医を探す日々です。

長々とすみません。よかったら、病院教えてください。お願いします。
Posted by SAKURA at 2007年05月24日 16:28
カレラさん、ありがとうございました。本当に毎日のように悩んでいたので、すごく参考になりました。同じような悩みを持たれたいた方のお話をきけて、すごくよかったです。よかったら、病院教えていただけませんか。よろしくお願いします。
Posted by SAKURA at 2007年05月24日 16:30
はじめまして。
1歳7ヶ月の男の子のママです。
1歳半検診で、前歯に「おっぱい虫歯」と言われ
歯科へ行ったところ、あっという間にサホライドを塗られ
お歯黒状態です。。
笑顔が・・Σ(▼□▼メ)

いろいろな歯科へ行っても、「サホライド」か「治療できる年齢になるまで待つ」か「神経まで虫歯が進んだら、全身麻酔で虫歯治療」としか言われず、しかも「虫歯は親のせい」云々。。転院するたびに同じことを言われてとても落ち込んでます。

習い事にいってるのですが、笑うたびに他のママから
「その黒いのは、虫歯!?どうしたの〜?」って言われて、凹んでます。。

よかったら・・病院を教えて頂けないでしょうか?
お願いします(><)
Posted by MOMO at 2007年05月25日 15:27
SAKURA さん

直メール入れますね♪

ただ、そこでも書かせてもらいましたが。
1歳児だと、やっぱり普通の治療は難しい・・・という歯医者さんしか私も知りません。
(Pekiも、2歳半超えて。だったので)
実際、治療を受けてみて、2歳半でも厳しいな。と思いましたし。。。

私の知る範囲での情報書かせてもらいましたので、参考にして下さい♪


MOMO さん

はじめまして。
そして、コメントありがとうございます。

うーん、私もよくわからないんですけど。
私が通っていた歯医者さんでは、おっぱい虫歯。ってのはない。って言われました。
母乳だけで虫歯になることはないとか。
ま・・・結果が一緒ならば過程の問題でもなくなっちゃいますけどね(^^;

私が行った歯医者さんも、基本的には、MOMOさんが書かれている3通りの方法だけです。
2歳半を越えて、やっと治療してくれるところが見つかりましたが。
でも、そこでも2歳未満は・・・どうだろう・・・推奨しないように思います。

詳細は、後日、直メールさせてもらいますね。
(今日は時間がなくて・・・ごめんなさい〜!!)

サホライド塗ると、確かにちょっと・・・ね(苦笑)
もっとも、私は、それで進行が少しでも遅れるならば!と必死でしたが。
でもでも、やっぱり白い歯に戻った時はうれしかったです♪

Posted by カレラ at 2007年05月25日 20:20
はじめまして、リンダといいます。
1年以上も前のブログのコメントですみません。
うちの娘も2歳過ぎで虫歯になりかけと言われてしまい、今治療について検索していたところ、このブログを拝見しました。
前歯なので早めの治療をしたいと思っているので、是非、病院を教えていただきたいと思っています。よろしくお願いします。
Posted by リンダ at 2008年08月07日 19:58
リンダ さん

はじめまして。
懐かしい記事にコメントありがとうございます。

Pekiの歯医者話は、かなりの書き込みがあるので、少しは参考になる…かもしれません(苦笑)

で、歯科ですが。
名前を出すのは…と思っているのですが。
問い合わせも多いので、リンク貼っておきますね。
http://www.denternet.jp/link.htm?prf=28&gun=7
こちらで1位になっているK歯科さんです。
わかる…かな?
とても親切で衛生的なクリニックだと私は思います。
娘さんの虫歯、早く解決するといいですね。

Posted by カレラ at 2008年08月07日 22:03
カレラさん
情報、ありがとうございます。
みなさん(お子様でも)恐怖心が少なかった、という書き込みが多いクリニックですよね。
これから色々視野に入れ、検討していきます。
Posted by リンダ at 2008年08月11日 02:30
リンダ さん

お返事遅くなってしまってごめんなさい。

ハイ、そのクリニックさんです。
人気がある為か、直近の予約はとりにくいのでご注意下さいね。

私も、下の子で同じこと(=虫歯)しないように注意しなきゃ…と思っている昨今です(^^;
Posted by カレラ at 2008年08月14日 21:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。