2013年01月15日

ランチde有馬

週末、有馬に行ってきました。

・・・実は、12月にも行っています、有馬温泉。
短い期間でリピートするのは我が家の得意とするところなので(流行るとトコトンw)、別に不思議はないのですが、今回は理由があって。

旦那の友人のフランス人(女性)が4年ぶりに日本にやってきたので。
一緒にお食事でも!
それならば、有馬に行ってみたいわ。
という話になったのです。

まずは、軽く有馬散策。
温泉禅寺と温泉神社へ。

 温泉禅寺:http://www.arima-onsen.com/facility_info111.html
 温泉神社:http://www.tousen.or.jp/

DSCN7839.JPG

ゴーン。と鳴ったような、鳴らないようなw

DSCN7840.JPG

後ろ姿で登場、エミリさん。

温泉神社では、ちょうどお雑煮のふるまいをしていて。
・・・大人はランチもあるので控えたけれど、子供達はそうはいかずw

DSCN7841.JPG

でも、揚げ餅が入っていて、美味しそう!

DSCN7845.JPG

美味しかったそうです!!w


さて、その後はランチ。
ホテル花小宿併設のレストラン「料膳『旬重』」へ。

DSCN7857.JPG

 旬重:http://hanakoyado.com/restaurants
 旬重(食べログ):http://tabelog.com/hyogo/A2801/A280112/28000674/

有馬でのランチ。
ホテルのはお高かったり、評判もイマイチだったり。
外国の方に日本っぽさを楽しんでもらえて、子供もいても気兼ねしなくてよくて。
色々とグルグル悩んで、ここに決めました。

食事中、英語で食材の説明とかを必死にしたり、飽きてきた子供の相手をしたりしていたので写真はなし!

  数枚撮ったけど、ブレブレだったー。

でも、3000円前後のランチ。
十二分に満足できました。

オープンキッチンには竈があったり、炭火で焼き物をしていたりするので雰囲気もあって。
エミリさんのウケもよかったです。

御所坊系列なので、駐車場は有馬里。
でも、玩具博物館を使う時とは待遇も違う!w
旬重を予約している旨伝えると、送迎の車をすぐに手配。

  玩具博物館利用のときは、土日祝は送迎なし。
  (平日は送迎あり)

車内で待っていると、車の目の前までロンドンタクシーが来てくれて、レストラン前まで送迎。
帰りも、レストランに戻って一言つげると、すぐに車を手配。
待っている間には、併設のお宿に興味を示した私達を待ち時間で建物の案内までしてくれました。

こういうVIP待遇はウレシイね〜。

ランチの後は温泉に入りたいエミリさんと別行動。

DSCN7856.JPG

私達家族はお決まりの玩具博物館へ。
相変わらず楽しかった!

  でも、2ヶ月連続で有馬に来ているのに、どっちも温泉には入ってないー。
  足湯すらも入ってないー。

エミリさんとの会話は、英語。
とは言え、お互い「外国語」なので、所謂、英語を使っている人の英語よりもわかりやすくて。
言っていることが理解できなくても、向こうも必死に伝えようと頑張ってくれるので、私でも何とかなりましたーw

「次はパリで会いましょう!」
とお別れしたのだけれど。

・・・さてさて、実現するのか!?

程よく、イギリスの私の30年来の友人からも久しぶりにメールが来た週末。

んー。
そろそろ子供連れで海外旅行。

  しかもヨーロッパ。

ありえる・・・のかな〜??

まだ松の内だし、ちょっと夢みてみましょうか!ww



posted by carrera at 10:46| 兵庫 ☔| Comment(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。