2007年01月07日

東京タワー

「何を今更・・・!?」な話なのですが。

昨年11月に放送された
 『東京タワー』オカンとボクと、時々、オトン
のドラマを見ました。
 東京タワー:http://www.fujitv.co.jp/tokyotower/index2.html

・・・今頃。

「東京タワー」は、本を読んでみたいなぁ。とずっと思っていて。
でも、大泉洋主演でドラマ化されるという話を昨年春頃に聞いて以来。
それが見たい!とずっと思い続けていたのです。

  余談ですが。
  私「本の鬼」なので・・・本は買わないようにしています。
  なんせねぇ、買ってもあっという間に読み終わってしまうのですよ。
  というか、読み出したら止まらず、Pekiもほったらかし、
  夜も眠らずに読んでしまうのです。
  旦那に言わせれば「お前の読み方はもったいない&健康を害す」そうで。
  専業主婦の今は、よーっぽど読みたい本以外は手を出さないことにしています。

が、ご存知の方も多いかと思いますが。
放送に至るまでに紆余曲折あり・・・(極楽とんぼの山本さんの不祥事とか)
予定の7月(だったと思います)から延期になり・・・11月に放送。
やっと待ちに待ったその日を迎え、張り切って、普段は電源コードも抜かれビニール袋に包まれたまんまの10年以上前の「テレビデオ」を持ち出し。
(我が家にはビデオはそれしかないのです)
録画予約をしつつ、でもホンマに動くか心配で何度も途中で覗きに行って(苦笑)

が。
昼寝しなくなったPekiがいて。
しかも、そうこうしているうちに妊娠も発覚し、まとまった自分の時間なんて全く取れない日々。
いつ見れるんやろうか・・・!?と思いつつ、やっと!見ることが出来ました。

いやぁ・・・泣きましたね。
久々に、ボロボロ泣いてしまいました。

大泉さん・・・迫真の演技でした。
彼の演技はもともと好きなのですが。
(というか、人も。私は「水どう」ファンです(^^)(わかる人だけにわかる言葉))
今回の役は、ピタっとはまっていて、他の名だたる俳優・女優さんに負けず劣らず、立派に演じきっていたと感じました。

ただね。
私、感動して。
その後、ネットなんかで他の人の感想なんかを見ていたんですけどね。
みんな「親孝行しようと思った」ってな、「ボク」に共感する意見が多いのですよ。
・・・まぁ、主人公に感情移入するのが普通なんでしょうが。
 東京タワー通信:http://www.fusosha.co.jp/tokyotower/

でも私は。
「オカン」の立場から色々と考えてしまったのですよ。
こんなにストレートに息子に愛情表現できるなんて。
「ボク」にこんなに愛されるなんて。
どうしたら、「ボク」みたいな子供が育つんだろう・・・!?
私は同じ位、子供に愛されるだろうか・・・!?
自分が死ぬ時、同じように誰かが看取って泣いてくれるだろうか・・・。
と。

最初はそれに対して違和感なく考えていたんですけどね。
他の人の声を聞いて・・・
あぁ、私ってば。

「オカン」

なんやなぁ。。。。
と、改めてシミジミしてしまったのです。
ハイ。

でも、この話って。
今年から連ドラ化されて。
映画化もされるんですよね。
 連ドラ:http://www.fujitv.co.jp/tokyo-tower/index2.html
 映画:http://www.tokyotower-movie.jp/
「ボク」が、速見もこみちにオダギリジョー・・・
うーん。
なんだか・・・イメージ狂うし、混乱しそうかも。
映像は、大泉さんで止めておこうかな・・・

でも、原作は読みたいな。と改めて思いました。

が、↑にも書いたように。
「買う」という選択肢は私にはないので(苦笑)
そうだ、図書館行って予約しよう!
・・・と立ち上がって、ふと、今年から神戸市の図書館はネットで予約が出来るようになったんだ!と思い出しました。

 神戸市立図書館:http://www.city.kobe.jp/cityoffice/57/070/welcome.html

が、ネット予約をするには、図書館に行って事前登録が必要とのこと。
よっしゃ、今後のこともあるし、早速、手続きしてこよう〜。

・・・と思いつつ、蔵書検索は出来ることに気が付き。
検索かけてみました、東京タワー。
すると・・・神戸市内各図書館に100冊以上あるにも関わらず。
予約待ちが、486人!!
・・・ちょっとビックリ。

まぁでも。
テレビドラマも、録画してから2ヶ月近く待てたんだし。
本も、予約入れてのんびり待とうかなぁ〜。

「東京タワー」
読んだ方、見た方、いらっしゃいますか?
よかったら、感想などお聞かせ下さいね☆


posted by carrera at 18:01| 兵庫 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お貸ししましょか?(笑)

私もカレラさんと同じく「オカン」の気持ちで読みましたねぇ。やっぱり占めてるウェイトがそちら寄りなんでしょうねぇ。
私は子どもの為にこれほど、潔く優しく強く生きていけるかなぁ?とか、子の友達に好かれる母親になりたいなぁとか。
出来そうでなかなか出来るもんじゃないですよね。
2時間ちょっとのドラマでは足早過ぎて、何だか物足りなさを感じてしまいました。
同じく「水どう」ファンの私としましては。
昔の収録で、妙に若い大泉さんを見るのが最近の楽しみです。
Posted by さくりん at 2007年01月08日 00:21
私も大泉さん編で見たかったなぁ。原作本も読みたいし。最近は本→TV・映画と同じ時期にキャストを変えてやるのがパターン化してきましたね。実際見てなくても、それだけで結構混乱してます。それに"とことん原作を使い切るぞ”って感じであまり好きでないんですけど。もうちょっと1つのものの余韻に浸らせて欲しいなぁ。図書館、人気の本は予約して手に取るまでが長くて長くて読む頃には「なんで予約したの?」ってことも。そしていつも来るタイミングが悪いです(笑) 今年こそは本やビデオ、たくさん見るぞ!
Posted by AKI at 2007年01月08日 10:52
大泉さんのが見たくて、それで見た以上、もこみちも
オダジョーも見ない!!・・・つもりです^^;

いやぁ、オカンの立場ではみていないないものの、
田中裕子さん、ヨカッタですね〜!!

私は彼女以上のオカンはない!と思うのですよ。
Posted by チュララ at 2007年01月08日 17:28
原作は、友人がよかったというので私も購入し一昨年の冬、読みました。内容は知らずに読んだのですが、これが良かった。特に最後のオカンが病気になってからなど毎晩枕をぬらしました。(ちなみに私はあまり泣かない女です)
私的な先入観なんですが、クリエイティブな仕事人=実家お金持ちと思ってたのですが、あのリリーさんにこんな身近な母がいたとは、と言うのも親近感を覚えました。私もカレラさんに近いかな?僕より、オカンの視点で読んでしまいました。母が子供に注ぐ無償の愛とは。。と言う事をつくづく考えさせられましたね。。ぜひ ぜひ 原作をゆっくりと読んでくださいませ。(ドラマは原作を越えられないかも??私、大泉バージョンおよびモコミチバージョンもみましたが。。でもモコミチバージョンの泉しげるオトンはGOODです。)NHKの漫画 おでんくんみた事ありますか?(リリーさん作です。)
Posted by moto○○in at 2007年01月09日 12:43
※ コメント遅くなっちゃってごめんなさい。


さくりん さん

持ってらっしゃるんですね〜、うらやましい〜!

この日記を書いてから、メールも頂いたりしたのですが。
子を持つ女性は「オカン」の気持ちで読まれる方が多いみたいで、何となく安心しました。
・・・というのも、「親孝行しようと思った」なんて気持ちは微塵も持たなかったのですよ、私(汗)
自分とPeki中心で考えていたもので。

原作を基にした2時間ドラマや映画というのは、どうしても物足りなくなってしまいがちですよね。
まぁでも、これはよくできていた方じゃないかな。と個人的には思いました。
中には、途中のつながりがよくわからないままのものとかありますし・・・

さくりんさんも水どうファンなんですね、なんだかウレシイです。
むかーーーしのとかみると、大泉さん、弱いなぁ、藤やん、しゃべってない!ミスターめっちゃしゃべってる!とか、それだけで新鮮ですよね。


AKI さん

子育てしていると、読書とか映画・テレビ鑑賞は難しいですよねぇ。。。

そうそう、原作を使い切る!という感じ、私も感じます。
東京タワーは、リリーさんが久世さん(演出家)だから。とドラマ化を受けた。って話を当初聞いていたので、こんなことになるとはまさか思ってませんでした。

図書館の予約って実はしたことないんです、私。
周囲から、数ヶ月は当たり前。とか聞いていたので、これまでは避けていたのですが。
でも、欲しいから、読みたいから。って買っていたらキリないですしねぇ。。。特に、物欲の女、カレラとしては(苦笑)


チュララん姉さん

姉さんも、大泉さんで見たかった派ですか!?
ですよねぇ〜。

大泉さんに、田中裕子さん。
ホンマ、ベストキャスティング!って思いました。

オダジョーはまだしも、もこみちは違うだろう。と思う私。
人気があれば誰でもいいのか・・?!?
でも、そう思ったら、大泉さんを抜擢したのは、ホンマ、すごいと思います。
まぁ、どっちも見ないつもりなんでいいんですけどね。。。


moto○○in さん

原作、みんないい。って言いますよねぇ。
泣いた、オススメ。って。

リリーさん、私もテレビで見ていたり、作品を見たりすると、洗練されたセンスの持ち主、東京っぽい人、まぁ率直に言えば、変人・・・!?なんて思っていたのですが。
本当、イメージ一新です。
おでんくん、Pekiも私も大好きです。
絵も好きですが、あの世界観がなんとも言えない!
今年冬におでんを作ったら。
「おでんくん、おでんくん!」とPekiが大喜びでバクバク食べてくれました。
リリー様様です(笑)

原作からの映像は、難しいですよねぇ。。。
どうしても、原作のイメージが先立ってしまいますから。
なので、映像を見たいと思っているものは、原作は先に読まないようにするか、割り切ってみるかにしています。
・・・ということで、ここまで原作、我慢してきましたが。
やっと解禁です(^^)
Posted by カレラ at 2007年01月10日 09:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。