2012年08月15日

滋賀への帰省

帰省の谷間の本日です。

まずは、義実家にお盆帰省していました。

お寺におまいりしたり、拝みに来てもらったりと恒例行事をすませつつ。
合間に遊びにも行ってました。

DSCN7291.JPG

永源寺に川遊び!

水遊びが好きですねぇ、我が家の一番大きい男の子ww
勿論、小さい女の子にもっと小さい男の子も大好きですが。

私はいつものとおり、洋服のまま、足だけちゃぷちゃぷでしたw

それからそれから、鈴鹿サーキットへも行ってきました!

DSCN7310.JPG

今回の目的は、花火を見ること!
50周年記念で、お盆期間は毎日3000発打ち上げると聞いたので。
5日間も連続で上げるならば、そんなに混んでないかな?と。

花火、神戸のも結局行かずで。
人ごみはねぇ、子連れではやっぱり色々と躊躇しちゃいます。

  あの日は、Suiが転んで血だらけになって前歯も欠けて…
  というトラブルもあって(ゴニョゴニョ)
  まぁ、大事には至らなかったのですが。

でも、Pekiの夏の目標が「花火が見たいなぁ」だったので。
何とか打ち上げ花火を見せてあげたかったのです。

予想どおり、いや、それ程も混んでいなくて。
有料(500円)席を買ったこともあって、並ぶことも待つこともほとんどなく、無事、目の前で上がる大きな花火を席に座ってのんびりと見ることが出来ました!

DSCN7341.JPG

Pekiにとっては、久しぶりの打ち上げ花火。
3年ぶり?4年ぶり?
とにかく、大興奮、大喜びでした!

DSCN7354.JPG

あの喜びかた・・・自分にも覚えがあるけれど。
Pekiが「花火」に対して、あんなに興奮できるのは、一生のうち、あの日だけだろうなぁ。
ある程度の年齢になって、出会う、新しいものって、ものすごいインパクトがありますよね。
私も、自分が感動した!すごかった!と覚えているのって今のPekiの年から。
でも、2度目を求めても、あの感動は最初だけなんですよね。
この先、もっとすごい花火を見ることがあっても、あの日のあの花火を越える花火はよっぽどのことがないとないんだろうなぁ。

  私が覚えている、すごい感動したもの!の一番古いのは、
  東京ディズニーランドでのエレクトリカルパレードでした。
  ディズニーランドが出来た直後に見たヤツだと思うから、小学2年生だと思います。
  何度、夜のパレードを見ても、あの日の感動にはやっぱり勝てません。

  その気持ちを引きずって、PekiSuiにはまだ東京ディズニーランドには連れて行っていないのですw
  自分の力で「すごい!」って気が付いて欲しいなぁ。って。

鈴鹿まで、ちょっと遠かったけれど、連れて行ってあげてよかったな。と心底思えました。

DSCN7312.JPG

花火までの時間で、鈴鹿サーキットのバックヤードツアーにも参加してきましたよー!

DSCN7314.JPG

F1で見る、あれが!あそこが!!
いやー、大興奮でしたねぇ〜。

DSCN7325.JPG

父の仕事柄、小さい頃からサーキット場には(普通の女の子よりは)なじみがあるものの、鈴鹿で裏側に入るのは初めてだったので、私がドキドキワクワクでしたww

DSCN7357.JPG

やっぱりね、鈴鹿は特別!!

何度行っても、また行きたいなぁ。と思ってしまいます。

さてさて。
1日のブレイクを挟んで、明日からは私の実家へ。
こちらは、子供2人との3人旅になるので、ちょっと緊張もあります。

お盆時期だし、飛行機は高いから新幹線にして・・・長い時間対策に、とうとうポータブルDVDプレイヤーも買っちゃいました。

  正確には、義父からSuiの誕生日プレゼントに買って頂きました。

今度は、Suiの七夕のお願い「ガチャピンに会えますように」が叶えてあげられたらなぁ。と思っています。

  が、難しそう。。。

さぁ、あとひと踏ん張り!

頑張って帰省してきまーす。




posted by carrera at 22:52| 兵庫 ☁| Comment(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。