2006年11月29日

動く・こどもの館号

昨日の日記でも書いたとおり。
今日は・・・いや、今日こそ!育児サークルの日。

で、Pekiさんはと言うと・・・
前日は、夜10時半まで大ブレイク!
走る、転がる、踊る・・・なにやら、大興奮で遊びまわっていました。

おいおい・・・こんなんで起きれるのか?
また朝バタバタするのはイヤやで・・・

と思っていたのですが。
なんと、ボケボケながらも、8時前には目を覚ましてくれました。
ふぅ、何とかなりそうでヨカッタ。

のんびり準備をし、予定どおり、9時40分前には出発。
現地に、9時50分に到着。

・・・あれ?
今日も・・・誰もいないぞ!?

昨日のことがあったので、ちょっとドキドキ。
が、今日はちゃんと看板が出ています。
日程変更だから、参加者が少ないのかなー?
そうだよねぇ、だって、私みたいな人、他にいるよ、きっと。
・・・きっと。

と、会場に上がると・・・
「来たわよ〜!受付、準備して!!」
「おはよ〜!いらっしゃーい!」
何と、一番乗り!でした。
早すぎた・・・!?
ボランティアのおばちゃんが20人近く総出で出迎えてくれました。
何だか・・・これはこれで恥ずかしい(笑)

しかも、Peki、あまりのおばちゃんの数に若干引き気味(苦笑)
「・・・Kちゃん、いないねぇ・・・」
そりゃそうだ。
一番乗りだもん。
「すぐに来るから、受付して遊んでようね。」

沢山のおばちゃんに囲まれて、萎縮したPekiが5分程遊んでいるうちに、みんなゾロゾロと集まってきました。
・・・人数、相変わらず多いなぁ。
日程変更しても、ちっとも少なくないやん!

そして、待望!のKちゃんも登場。
「Peki、Peki、Kちゃん、来たよー!」
と声をかけると、途端に笑顔になるPeki。
「あ、いたいたー!」
と、その場で小躍り・・・いや、大踊りして喜ぶPeki。
Kちゃんも、うれしそうに走ってきてくれました。

そして・・・
Kちゃんは、Pekiを素通りして、まっすぐ私の所へ「ギュー!」
Pekiは、Kちゃんお母さんの所へ「ギュー!」
おいおい・・・君達は、お互いのお母さんに会いたかったんかいな!?

しばらく、みんなで転がっているおもちゃで遊んで、いよいよ、いつものお遊戯や歌の時間・・・
と思ったら、今日は勝手が違うよう。
話を聞けば・・・
今日は、姫路にある「県立こどもの館」から「動く・こどもの館号」で「まちの子育てひろば」のお姉さんが派遣されてきているそうで。
いつものボランティアおばちゃん主導ではなく、プロ(!?)の方たちがお遊戯・歌遊び・人形劇なんかをしてくれました。
(その為に日程変更になったようです・・・)

 県立こどもの館:http://www.kodomonoyakata.jp/

「県立こどもの館」、気になっていたんですよねぇ。
でも、姫路までは・・・さすがにちと遠い。

以前、旦那が
「こべっこランドって神戸市全般の総合児童センターなんやろ?
 市の税金で運営しているんやろうけど、
 住んでいる場所によって、エライ恩恵の差があるよなぁ。」
とブツブツ言っていましたが。
それならば、県の方が・・・と常々思っていた私。
つまりは、そういう人のために「動く・こどもの館号」があるんですね。
施設事態が近くにあるかどうか。というコトの差はどうしようもないけれど、こういう制度があるのはナルホド。と思いました。
詳細・申し込み方法は、↑のHPに掲載されています。
見る限りでは・・・無料っぽいです。
(話聞いてくればよかった・・・ごめんなさい)
サークル運営などされている方、よかったら参考まで。

で、具体的にどういうことをやったかと言うと。
まずは、始まりの手遊び歌をみんなでやって。
その後、軽く身体を動かすリトミック。
そして、「ジャングルポッケ」の歌にちなんだ人形遊び。
簡単な手遊び歌を数曲挟んで、「つんつんや」という人形劇。(手作り人形だそうです)
その後、ガチャガチャの殻や牛乳パックなんかを使った手作り楽器で自由に遊んで、さようならの手遊び歌で終わり。
約1時間ちょっとのプログラムでした。

内容は、普段のサークルの内容に比べると・・・さすがプロって感じはしました。
コツをつかんでいる。というか、子供の興味を引くポイントがわかっていて。
Pekiも、一瞬飽きても、気が付けばまた話や歌に引き戻されていて。
お姉さんも、声もハッキリ通るし、顔の表情も豊かだし。

ただね。
これは、動く・こどもの館号のお姉さんに非のある話ではないんですけれど。
会場に対して、人が多すぎる!!
リトミックするんでもギュウギュウ。
人形劇や手遊び歌は、私は前にいたからちゃんと見れたけれど(それでもPekiは前の人の頭が気になるらしく、立ったり横に移動したり大騒ぎでしたけど)、後ろにいた友人は何もわからなかったそう。
自由参加のサークルだから仕方ないのはわかるんだけれど。
せっかくの内容だったので、もうちょっと広々と楽しめたらな。と思いました。

でも、Pekiはいつもよりも楽しかったみたいで。
「学校、楽しかったねぇ。」と言っていました。
よかった!

ということで、私からしたら、二日がかりのサークル(苦笑)
何とか無事に終わりました。

Pekiさんは・・・さすがに眠いらしく。
今日は珍しく、お昼寝しています。
あぁ〜、私も久々にのんびりブログ書けた!
後は・・・家事でも進めてきまーす。



posted by carrera at 16:43| 兵庫 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウチも月曜日に「こどもの館号」に行ってきました♪

ウチは2回目だったんですけど
今回は日にち変更がうまく伝達されてなかったようで思いっきりガラガラ(^_^;)。
お陰で上の子は思いっきり暴れ倒してきました〜(笑)。

1回目はもの凄くギューギューで
(例の米田会館に20組以上!(笑))
リトミックなんてとんでもない!って感じだったんだけど
今回は本当に楽しめた様子。
下の子もボランティアの方にお任せ状態で私自身も楽しんできました(^^)v。

Pekiちゃんも楽しめたようで何よりですな☆
Posted by Ganko at 2006年11月29日 19:38
そんなことがあったんですね〜・・・
日にち違いは本当に精神的にも肉体的にもグッタリきますよね。
ひとりでもそうなのに子どもがいるとますますグッタリ。。。
私も出かける時は会場について他の参加者を確認するまで
いつもドキドキ☆します(笑)
こないだ区の赤ちゃんセミナーに行ったとき、だ〜れもいなくて・・・
その時は「時間」間違いで、一番乗り★でした(^_^;)
ひろ〜い会場に私たち親子がポツン。。。
「時間」だったので大事には至りませんでしたが、静まり返った
会場のフロアに降りた瞬間のドキドキ感はたまりません(笑)
でもPekiちゃんはお友達にもそのお母さん(笑)にも会えて、
遊びも楽しめてよかったですね(*≧∀≦*)
お疲れさまでしたp(*^-^*)q
Posted by いく at 2006年11月30日 08:08
Ganko さん

おぉ〜、2度目ですか!
しかも、ネタとしてはタイムリー!?

私たちのも、ギュウギュウだったんですよ。
カンガルー会やっている苔谷公園のコミセンの奥のフローリングの部屋(和室2部屋よりは大きいですが、倍まではないかな)に・・・40組以上!?
全員座ったら、それだけでいっぱいいっぱい。
動くに動けない状況でした(汗)
でも、こどもの館号がなくても毎回そんななんですけどねぇ・・・
なので、Pekiは自由がきかずにあまり好きではないのです。

でも、今回ので。
狭くても、Pekiが楽しめる内容もあるんだなぁ。と実感。
やっぱり、プロですね。


いく さん

そうなのよ。
結構・・・一気に疲れが(苦笑)
しかも、今日のブログに書いたけど・・・妊娠してからつわりがあって。
Pekiをほったらかしにしている日も多かったから、せめても・・・と、頑張って、頑張って、朝早くに行ったのに(涙)

まぁ、そんな日もある。ってことで。。。

Pekiは、本当に大喜びでした。
なので、日にちが後ろに間違っていただけ、やり直しが効いてマシだったのかも!?

Posted by カレラ at 2006年12月01日 18:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。