2006年11月02日

読書の秋!?

えー、「食欲の秋」に続き、秋シリーズということで(笑)

私は読書が大好きです。
読み出したらとまらない!
・・・なので、Pekiがいても続きが気になって気になって。
物事が手につかず上の空になって、あげくにはPekiが怒り出すほど(苦笑)

でも。
今よりも、子供の頃のがもっと好きでした。

特に、小学生の頃なんて、本が読みたくて読みたくて仕方なくて。
月500円のお小遣いは、全て本代に消え。(と言っても、500円じゃ1冊しか買えないんだけど)
両親からの何かのご褒美は必ず本。
図書館にも通ったし、自分の本棚も本だらけ。
夜寝る時間!と部屋の電気を消されても、昼間のうちにこっそり枕の下に隠しておいた本を取り出して暗闇で読みあさる始末。
おかげで、小2まで「2.0」あった視力は、小5には「0.3」に・・・(汗)
あ、ついでに、今じゃ「0.03」です(^^;

私は、小学生の頃は漫画は禁止されていた。とか。
テレビも制限されていた。とか。
本があれだけ好きだったのは、そういうこともあるんだろうけれど。
一番の理由は・・・

本の楽しみを母が教えてくれたことにあるんだな。

と、最近、気が付きました。

思い出してみると。
小さい頃、いつも、母は本を読んでくれていました。
たぶん、あれは寝る前の習慣だったんでしょうねぇ。

今でもはっきり覚えているのは、伝記「キュリー夫人」を読んでもらったこと。
寒いと椅子を背負ったら暖かくなるのかなぁ?なんて、些細な疑問や、
結局、研究結果がどうエライのかがイマイチわからん!と、母に何度も「ラジウムって何?」なんて質問したこともハッキリ覚えています。
でも、その生い立ちや経緯にはすごい感動して。
私も、こんな風に誰かに語り継がれる人になりたい!なんて思ったもんでした。

そして。
「もっと自分でも色んな人の話を自分で読みたい!」
と思い、それを機に、自分で分厚い本でも漢字を教えてもらいながら読み出すようになったのです。

そしてそして。
あれは、確か・・・幼稚園の年長さんか、小1だったと思うんですよねぇ。
ということは、それまでずっと本を読み続けていてくれたんだと思うんです。


・・・時は移って、21世紀。
気が付けば、私が母になり。
我が子が「これ〜!」と絵本を抱えて読め読め!とやってくるようになりました。

そして。
「本を読んであげることの大変さ」を実感しております(苦笑)

いや、ね。
一度読む程度ならばなんてことないのですよ。

が。

Pekiさん、お気に入りの絵本は。
何度でも「もう1回!」と繰り返すのです。
ホンマに、冗談でも何でもなく、同じ絵本を10回連続で読まされるのですよ。
Pekiの成長にともなって絵本の文字数も増えてきていて・・・正直、しんどい!

そして、それを途中で「ねぇねぇ、それよりもさぁ〜」なんて、他のコトと切り替えようとすると。
次に興味を向けてくれることも、駄々をこねることもあるけれど。
大概は・・・

「あぁ〜あ」と肩を落として、絵本を持ってしょんぼり帰って行く

のです。
う・・・罪悪感が(汗)

先輩ママの友人が前に言っていました。
「絵本読むのがめんどくさくなって、適当に誤魔化していたら、
 そのうちに、子供が絵本に興味持たないようになった。
 失敗やった・・・」
と。

そんな話を聞いて。
自分の幼少期も振り返ってしまったりすると。

あぁ、絵本はちゃんと読んであげないと・・・!

と、シミジミ思うのです。

Pekiにも、私が感じているように、本を読む楽しさを知ってもらいたいですしねぇ。
だから、読んで欲しい!という気持ちを受け入れたい!と思うのですよ。
・・・例え、何十回でも、何百回でも。
いつか、Pekiが自分の力で読めるようになるまで・・・

改めて、母が自分にしてくれたことの大きさを知り。
そして、今の自分がPekiに与えるであろう大きさを実感しております。

あぁ・・・一時の感情に負けて。
「もう、何十回も読むんイヤ!」
なんて、私がブチ切れたりしませんように・・・(苦笑)


posted by carrera at 16:06| 兵庫 ☀| Comment(5) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も本の虫やったよ〜。
一人っ子のせいもあるのかも知れないけど、
朝から晩まで本読んでました。
それも、何故にここで?って場所で・・・。

箪笥と壁の隙間とか、箪笥の上のフランス人形の横とか。

そして本で得た知識を何気に披露。

「なんでそんなコト知ってるの?」と驚く大人に
「本に書いてあった!」と得意げのチュララ。

大きくなるにつれ、ベッドに入ってから暗闇で読むことも増え、
チュララも今じゃ0.2・・・。

読み始めると止まらないから、今は読むのを控えてます(苦笑)
Posted by チュララ at 2006年11月02日 20:30
チュララん姉さん

返事遅くなっちゃいました。
ごめんなさい。

で。
姉さんも本の虫ですか〜。
私も、本から得られる知識が楽しくて楽しくて。
世界が広がっていくんですよね。
今でもそれは変わらない楽しさです♪

今、友人から借りて「ゲド戦記」読み出しました。
と、とまらない・・・!!
危険すぎます(苦笑)

姉さんオススメの本とかあったら、また教えて下さいねん。
Posted by カレラ at 2006年11月04日 21:16
最近は読んでないんです。でも、本、ワタシも好きです!
4・5歳くらいの時に、サンタさんから「シンデレラ」をもらったのが記憶に残ってます。
独身の頃は、読み始めるとやっぱり止まらなくて。。。通勤電車の中、お風呂に入りながら、お布団に入ってからも。睡眠不足で仕事中にあくびがでることも・・・。
時期によってテーマがあって、同じような種類の本を読み漁るのです。

昔から絵本も大スキで、大人になってからも結構買ってます。お気に入りの本屋さんは、摂津本山にあるんですけど。よつ葉がキョーミを持っているものの本を選ぶこともしますが、自分が気に入った本を買って読んでまーす!
自分自身では、今は読みたいと思いながら、活字を見ると眠たくなってくるので、なかなか最後までよめましぇ〜ん><
Posted by ハッピーよつ葉 at 2006年11月05日 23:51
私も本大好き・・今読んでるのは、山崎豊子の「華麗なる一族」の再読です。だから寝不足です!(TBSでドラマやると聞いてまた読んでます)山崎豊子女史の本は、大作が多く秋の夜長にはぴったり!私の本への目覚めは、幼稚園年長組かな?おばちゃんにもらった「日本昔ばなし」の分厚い絵本でしたが、いろんな話が絵付で載ってててカレラサンみたいに早く自分で好きな時に読めるようになりたくて、字を覚えたものです。
漫画は頭のおやつで本は頭のご飯ってよく母に言われました。
私が好きだった本は「いやいやえん」とか「グりとグラ」とか「小さいお家」とか「ちいさいモモちゃん」とかかな?絵が好きな絵本でした。(母が選んだのではなく全部、よその人からのプレゼント!母は絵本のセンスはイマイチで、伝記シリーズとか、ベーシックな物語の本をよく買ってくれました)本は映像と違って頭のなかでいろんな創造が膨らむので良いですよね。。
小学校の頃 自作の物語もよく作りました。
創造過多なのでわたし・・・

振り返ると、子供の頃、読んだ本で、大人になってその本の歴史背景などが理解できてくると、今でもそういうことやったんや!って気がつく時があります。。
Posted by moto○○in at 2006年11月06日 12:45
ハッピーよつ葉 さん

本、楽しいですよね〜。

でも、子供向けの絵本・・・正直、私はあんまり好きじゃないのかもなー。って最近思ってきました。
というよりは・・・我が家には自分の好みじゃない絵本が多すぎるのかも(苦笑)
もっと、私が読んであげたい!って本を色々買いたいなぁ。と思ったりします。
でもでも・・・絵本って高いですよね(><)

今、本を読みかけてしまったので、私の読書の時間は欲しいし。
洋裁もやりかけのがあるし。
ブログも毎日更新したいし・・・
やりたいことだらけで時間が足りません(苦笑)


moto○○in さん

「華麗なる一族」・・・題名だけでおもしろそう!
本読んでいると、色んな世界に行くことが出来て楽しいですよね〜。
私が今読んでいる本は、魔法使いの本です。
でも、言葉の持つ重さとかそういうことについて色々と考えさせられています。

絵本選びも本当に趣味やセンスが出ますよねぇ。
買う前に、内容を一通り読みたいのですが・・・最近の本屋さんは良い本程しっかりとビニールコーティングされていて。
でも、安くないし、専業主婦の私には・・・難しい選択を迫られることが多いです(苦笑)

物語、私も昔はよく考えました。
作家になろう!と思っていたことも。
でも・・・素敵な本に出会うたびに、こんな言葉は自分では見つけ出せない。って思い、読む方に専念することにしました(笑)

Posted by カレラ at 2006年11月06日 15:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ケーズ電気について
Excerpt: 28歳娘がお届けする、ケーズ電気情報満載のHPです。より良い記事をアップしますので、宜しくお願い致します♪
Weblog: ケーズ電気
Tracked: 2006-11-03 01:39
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。