2006年09月19日

卒乳その後

さて、昨日はスルーしてしまいましたが。
その後、卒乳は順調に進んでいます。

Pekiは、意識のない時(寝ているとき、眠たくてどうしようもない時)は、これまでの習慣が抜けきらずに「オッパイ!」と泣いたりするのですが。
起きている時は、もう大丈夫になっています。

きっかけは、一昨日の日記で書いた、オッパイを見た事。
オッパイを見て、Pekiが落ち着いたのが心に残っていたので、
Pekiが「おっぱい!」と言ったら、拒絶したり誤魔化したりせずに、「見たいの?」と聞くことに。
すると、「うん!」と言うので、(絆創膏を貼った状態だけれど)見せてあげると、納得して「バイバーイ!」と言うようになりました。
一度、冷えピタシートを貼っていた時があって、それ見たらちょっとびっくりしていたので、
「おっぱいさんのお布団みたいだねぇ」
なんて言ったら、それ以来、おっぱいにお布団かけたくなったようですけど(笑)

旦那から見たら、変な癖がつくから辞めた方がいいように見えるみたいだけど・・・
でも、拒絶すると余計に固執しそうで。
気持ちを受け入れて、違う形ででも還元してあげたい。と私は思ってしまうのです。
いいのか悪いのかは別にして、少なくともPekiの気持ちがそれで落ち着いているのは事実のようです。

そんなこんなで、まぁ順調かなぁ。と思っています。

で、今日は、パルモア病院の「おっぱい相談」で、卒乳ケアしてもらってきました。

でも、昨日から、おっぱいの張りはほとんどなくなっていて。
一昨日はあんなにガチガチだったのに・・・しぼむもんなん!?
これならば行かなくても全然平気だなぁ。とは思ったものの、念のために見てもらってきました。

経緯を話して、みてもらうと・・・
「これ、全く絞ってないのよね?」
はい。
「土曜から冷やす以外何もせず!?」
はい。
「うーん、あんなに乳腺炎を繰り返したおっぱいとは思えない程優秀だわ。」

そう。
私は何度乳腺炎になったか数え切れない程・・・
深夜に熱が下がらずに救急で対応してもらったことも何度か。
(ついでに、おっぱいマッサージは医療行為ではないので、
 料金も深夜だろうが休日だろうが、1時間以上かけてマッサージしてもらっても、
 いつも1,000円だけ。
 もっともらってくれてもいい位・・・)
本当にパルモアには御世話になったのです。

聞けば、何もせずにこのまま帰っても問題ない状態だそうで。
ただ、小さなしこりが一箇所だけあるから、これを取るか、もしくはほっておいて自然吸収を待つか。というレベルだそう。
助産師さんと悩んだ結果、せっかく来たんだから(笑)、マッサージしてもらうことに。
すると、出るわ出るわ・・・

「このしぼんだおっぱいからは想像もしない程、よく出るわねぇ。
 でも、丸3日以上出してないなんて信じられない程、真っ白でさらさらよ!
 これは美味しい母乳だわ〜。
 お子さん、手放したくないのもわかる!
 このまままた授乳してもいいんじゃない?」

・・・いやいや。
もうせっかくここまで来たんで・・・

ちょっと刺激したので、張り戻しがくるかもしれないけれど、
しこりさえ出来なければ、このままで大丈夫。とのことで、卒乳ケアも完了。

ふぅ。
これで、一段落・・・かな?
何となく、いまだについていけてないのは私の気持ちだけ!?
(あきらめの悪い私・・・)
って状況です(苦笑)

そうそう。
Peki、卒乳4日目にして、明らかに目に見える変化が出てきています。

まず、私への固執具合がちょっと減ってきました。
これまでは、私がいれば、お父ちゃんはそんなに・・・って感じだったのに、
だんだんと、私と旦那との立場が対等になりつつあるように思います。

そして、よく食べるようになりました。
まぁ、おっぱい飲まない分。と言えば当たり前かもしれないんだけど。
これまで以上に、口寂しいのか、甘いものやお腹に溜まるものを欲しがるように。

そしてそして、自己主張もすごい強くなりました。
一人前の人間としての主張というか。
これと言ったら、これ!という「聞かん坊」具合が激しくなって・・・(苦笑)

ついでに、凶暴さと大胆さもちょっと増しました(汗)
これまではやらなかったようなことを急にやってみたり。
(ベランダにサンダルも履かずにいきなり飛び出していく!とか
 私が寝ているところにジャンプ!してくる。とか。)
これはなかなか大変かも・・・

そして、私にも変化が。

食欲が、一気に落ちました。
必要以上に食べたくなくなった。って感じです。
これまでは、あれば食べてしまう。
なくても、口寂しかったり。なんて感じだったのに、
今では、食事作る気もしない程・・・
作っても、食べたくないから、妙にあっさりしたものになってしまったり。
旦那にも「手の込んだ食事は、お前の食欲に支えられていたんやな」と言われた程で(苦笑)
はいはい、自分の欲求以上のものも、頑張って作りますよぉ。

あとは、1つだけ心配は。
まだ、家で昼寝の寝かしつけをしてないんですよねぇ。
今日も帰りの電車で寝てくれたので。
これまで、家での昼寝の寝かしつけはずっと添い乳だったので。
それだけは、どうなるのかちょっと心配かなぁ・・・

何はともあれ。
確実に前には進んでいます。
この調子で、私もPekiも一皮剥けるぞ!!



posted by carrera at 17:27| 兵庫 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 子供の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。1歳3ヶ月のムスメの母です。
以前からチョコチョコ読ませて頂いてました。今回は特に興味深く拝読しました。
うちのムスメもおっぱい星人で、ちょっと疲れてきている今日この頃の私です。
でも、おっぱいに助けてもらってる事も多いし・・・いざ、離すとなったら私も寂しさを感じたりするんでしょうね。
また遊びに来ます。
Posted by さくりん at 2006年09月19日 21:10
順調そうで、安心しました!
オッパイのほうも健康そうで、なによりです。

私も、しばらくはガムテオッパイを見せていましたよ。それで納得できるのなら、しばらくは続けてもいいのじゃないかな。気がつけば、そんな儀式も必要なくなっていました。

食欲…そういえば断乳直後はなくなったなあ。
最近はまた旺盛です。まずいなあ。
というわけで、旦那様もしばらくのご辛抱です?
Posted by オーノボーノ at 2006年09月19日 21:56
卒乳おめでとうございます!
母乳→離乳食→幼児食→卒乳とPekiちゃんもお姉ちゃんになったんですね。

私は一人目のときに桶谷式のところでマッサージ&卒乳指導を受けたのですが、おっぱいに顔を書いてました!(恥)右はミッキー、左はミニーです!

二人目は1歳8ヶ月です。お兄ちゃんよりもかなりのオッパイ好きで、自然卒乳目指していますが何時になるのやら。
授乳中は常に食べますよね?太らないし…授乳中と同じように食べてたら大変なことになるかも!?
Posted by kou&nana_mama at 2006年09月19日 22:39
順調でなによりだね〜

うちはおっぱいから離れてダイブ経つのに”ママがよかった〜 ママがいい〜”って大騒ぎしてるよ・・・

具合が悪かったからか!?
パパとも遊ぶようになったけどまだまだ”ママ”みたい。

四六時中”ママ大好き”って言ってくれるよ。
怒ったりグズグズにイライラしたりしてしまう私なのに_| ̄|○
Posted by Nani Mae‘ole at 2006年09月19日 23:21
私はまだおっぱいあげたことがないので、
カレラさんの卒乳の様子を見る度に
「へぇー。ほぉー。そんな風な葛藤があるのね・・・」と未知の世界への興味津々で読んでいます。
卒乳ひとつでも色んなドラマがあるものですねぇ。
私自身は、2歳4ヶ月ですでに弟が誕生していたので、物心つく頃にはすでにおっぱいは「お腹の赤ちゃんのもの。」状態だったようです。
その分弟の卒乳は遅く、おっぱいが・・・と言うよりはミルクを飲むのが好きで、母乳が出なくなっても食後には、哺乳瓶を母へ突き出し、
「おっぱいちてーな!」(=おっぱい、してよ。)とかなり大きくなるまで、毎日食後の一杯をいつも飲んでいたような・・・。
Posted by litter_bean at 2006年09月20日 08:42
卒乳頑張っておられんですね。カレラさんもPekiちゃんも・・・
私は娘が生まれたときに、あまりおっぱいが上手に吸えなくて
病院でとても苦労しました。いっぱい出るのに吸い付けないから、助産師さんが入れ替わり立ち代わりやってきては
おっぱいマッサージをしてもらい、授乳の時間には助産師さん総出で、本当に総出で「はい、こうやって抱っこして・・・(口を開けた瞬間)はいッ!今!」
みたいな感じで娘を乳首にパクッ!。。。でも失敗(=_=)を繰り返し、かなりストレスでした。
というか助産師さんのキモチがプレッシャーで・・・授乳がイヤでイヤで・・・
その時のキモチを引きずって今は混合でやってます。本当は生まれた頃より娘も大きくなったし力もついたから
上手に吸ってくれるのだけど、なぁなぁのまま・・・

おっぱいは母親にしかできないこと。今さらながら
出産直後にもっと頑張っておけばよかったと反省します。
Pekiちゃんがおっぱいを見たいのはカレラさんの愛情がそこには集約しているから、
おっぱいを頑張った証しですね。羨ましいです。うちの子はそんなにおっぱいに執着してくれそうにないし・・・
卒乳に向けて大変だと思いますが、Pekiちゃんがおねえちゃんになるための第1歩ですね。
応援しています。
Posted by いく at 2006年09月20日 12:39
さくりん さん

はじめまして。
コメントありがとうございます♪
ブログも拝見させてもらいました。
言葉を覚えてきた頃でかわいい盛りですね!
なつかしい〜なんて思っちゃいました。ほんのちょっと前なのにねぇ(笑)

そして、娘さんもおっぱい星人なんですね。
Pekiは、おっぱい大魔王でした。
直前まで、1日に10回オーバー飲んでました。
暇があれば、くわえにくる。って感じで(苦笑)

続ける苦労、やめる苦労、色々ありますよね。
でも、10回オーバーの大魔王でもちゃんと卒業できました。
苦労した分だけ、成長もできそうな気(←自己満足ですが・・・)もしていますよ!


オーノボーノ さん

はい、思いのほか(!?)順調です。
おっぱいも、絶対にトラブルが発生する!
と思っていたのですが、これまた思いのほか、最後は聞き分けがよく助かりました。

昨日からは、絆創膏なしオッパイを見せています。
この話もまた明日にでも書きますね!

食欲・・・何だか、山は越えたような・・・
出来ることならば、もうちょっと減退して欲しかったかも!?(笑)
まぁこれも、順調ならではのワガママですね。


kou&nana_mama  さん

ありがとうございます♪

顔を書くってのもよく聞きますよね。
私も悩んだのですが、ちゃんと現実を見て欲しい。と思い、絆創膏どまりにしました。
もう、絆創膏も外しましたが、大丈夫なようです。

私も、自然卒乳が目標だったんですけどねぇ。
でも、思っていたよりはPekiも納得しているみたいでちょっと安心しています。

授乳していて、最初は太らなかったんですけど・・・
後半は、飲む(出る)量は減っているのに、食べる量は変わらず(汗)
あきらかに太りました。
これで食欲落ちて、ちょっと体重も戻って欲しいんですけど。
食欲の秋には負けそうです(笑)


Nani Mae‘ole さん

思っていた以上に順調だよ〜!

おっぱい関係なく、ちゃまちゃんはママが好きなんだね。

うちは、旦那がすごい全力で遊んでくれるし、私以上(!?)にかわいがっているのに、
「カンカン!カンカン!」(←私のこと(笑))だったから、
少しマシになってくれてホッとしているよ。


litter_bean さん

そうですねぇ・・・
確かに、子供出来るまではこんなことで葛藤や悩みが生じるなんて思ってもいませんでした。

卒乳に限らず、ちょっとしたことでも、岐路に立たされることがとても多いです。
例えば、楽しそうに石を投げている。
石が重たい、投げたらこうなるんだ。って学習しているのは尊重してあげたいけど、
投げていいものではないし。
注意すべきなのか、新しい発見を一緒に喜ぶべきなのか・・・
1つ1つの親の選択で、子供の価値観が決まっていくのかと思うと、
本当に育児って奥が深いです。

私自身は、母が全く母乳が出なかったそうで。
粉ミルクオンリーでした。
でも、口寂しくてずっと指しゃぶりしていました。
Pekiにはそうなって欲しくないなぁと思っていたんですけれど、
果たしてどうなるやら!?

いく さん

私も、最初は全く出なくて。
それこそ、24時間体制でずっと助産師さんがつきっきりでめんどうみてくれてました。
それでも、完母にしたくて。
(母乳あげる位しか、母らしいこと出来ない。って思っていたので)
どちらかと言えば、駄々こねて、おっぱいオンリーにしてました。
今思えば。だけど、だから、最初の1ヶ月は、Pekiはおなかすいてすいて泣いていたんだなぁ。
って思うなぁ。

もしも望むならば。だけど。
今からでも、母乳だけに出来るんじゃない?
めんどくさいよねぇ、粉ミルクって。
吸ってくれるだけしか母乳って出ないみたいだから、
ちょっとずつミルクの量減らしていけば、きっといけるよ!

そして。
ミクシーへのメッセージ了解!
削除しておきました(笑)

Posted by カレラ at 2006年09月20日 18:32
母に私が断乳するとき悲しかったって聞いてみました。「全然!朝 泣きするから、大変やったけど。別に。。悲しいとかさびしいとか何の感傷もなかった。。周囲の人に早く断乳した方が良いって言われるから焦っててん。。。貴方がぐずるのも遅いからやって保健所で言われたぐらいやから。。」カレラさんの文章読んで、そうか母もそういう気持ちでそだててくれたんやって思ってましたが。。やはりドライ、合理的な母でした。。
カレラさんPEKIちゃんとのコミュニケーション100点満点です。。
追伸)昔 あんまやさんに乳もみやさん(あまりにもストレートな名前でごめんなさい)あったん知ってる?関西だけなんやろか?
20年くらい前は確実に近所に有った。。だって家庭教師のお姉ちゃんが子供生んだ時行ったから・・
Posted by moto○○in at 2006年09月21日 12:49
moto○○in さん

そういうお母さん、多いですよ!
周囲からのプレッシャーで自分の感情云々よりもそれをこなすのに精一杯。って人。
私の場合は幸いにもそういうプレッシャーはなくて、自分で決めればよかったので、自分との戦いだった。というだけです。
そう考えたら、幸せな悩みなのかもしれないなぁ。なんて思います。
それに、実際、授乳をやめて落ち着いたら、かなり楽になるそうです。
みんなそういいます。
だから、やめてよかったわぁ。って。
やめて寂しい。なんて感情も私も一時のものだったりして(笑)

乳もみやさん。
名称は違いますが、今でもありますよ〜。
おっぱいマッサージとか、桶谷式母乳相談。とか言う名称で。
でも、子供出来るまで全く知りませんでした。
まぁ、あまり看板だして大げさに宣伝するものではないんでしょうけれど(苦笑)
神戸市内でも何件かあると思います。
私は産院内にそういうセクション(!?)があったのでそこで済みましたが、そういうサービスのない産院で出産した人は、トラブルがあったりすると専門相談所に駆け込むようです。

Posted by カレラ at 2006年09月21日 17:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。