2006年09月17日

卒乳2日目

卒乳2日目となりました。

Pekiは、昨晩は、3回夜泣き。
泣き方は「おっぱい〜!」じゃなくて、「抱っこ〜!」に変わっています。
でも、抱っこすると、身体をよじって降りようと・・・どないやねん!(苦笑)
なので、泣いてもどうしようもなく、横にいてトントンと胸を叩いてあげたり、手を握ってあげたり。
そのうちに、泣きつかれてなのか、安心してなのかわからないけど、スーっと眠っていきます。

でも、朝は予想以上にスッキリ!とお目覚め。
なんせ、私がPekiに起こされました。
「カンカーン!カンカン!」(←Pekiは、私のことをそう呼ぶのです)と怒鳴られて。
見れば、すっきり顔。
よかった。
朝から泣かれると、やっぱり憂鬱だしね。

そして、午前中にはこんなことが。
Pekiが、私のところへ来て、
「おっぱい!」と一言。
でも、飲みたい!という言い方じゃなくて、指差して名前を言った。という感じ。
「うん、そうだね。おっぱいちゃんだね。」
と言うと、「みぅ(見る)」と一言。
念のために絆創膏を貼っておいたので、Pekiに見せてあげました。
「おっぱいちゃん、ここにいるよ。
 飲めなくなっちゃったけど・・・でも、Pekiのそばにずっとずっといるよ。」
そう言うと、パっとうれしそうな顔をするPeki。
そして、やさしくやさしく、おっぱいを撫でてくれました。
「ぅわ〜!」
触って、ちょっと落ち着いたのか、うれしそうにそう言って満足気な顔をしてくれました。

それがあったからか、全体的に、今日は昨日に比べたら随分成長(!?)しています。
「おっぱい」と言われたのも、昼寝する直前に泣いたのと、
昼寝途中に車から連れ出して布団に入れた時にちょっと目が覚めてしまった時だけ。

まぁでも、旦那もいて、外出もしていて。
飲みたくなる機会が少なかっただけ。。。かもしれないけど。

それでも、少しは前に進んでいるかな。という気はします。

胸の張りも、昨日よりはちょっとマシかなぁ。
(別にマッサージとかして抜いたわけじゃないんですけどね。)
だんだんとこうやって出なくなっていくのかと思うと・・・何だか寂しいけど。
でも、念のために産院でのおっぱい相談の予約を入れておきました。
数日したら、マッサージしてスッキリさせてもらう予定です。

だんだんと、こうやって卒乳が進行していく中で。
寝ているPekiの姿を見ていると。
あぁ、またおっぱいを飲んでくれる赤ちゃんが欲しい!なんて思ってしまったり(苦笑)

今晩、そして、また明日。
少しでもステップアップできるよう、頑張ります!



posted by carrera at 16:54| 兵庫 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 子供の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うわぁ〜!pekiちゃんスゴイ!!
1日1日本当に成長しているんですね。
ちゃ〜んとカレラさんの気持ち、わかってくれてますねーヾ( ~▽~)ツ
確実に卒乳へ進んでいかれている様子が、なんだか近くにいるような感じさえしてます。

肌寒かったり、暑かったりで体調を崩しやすいので、pekiちゃんもカレラさんも気をつけてくださいね。
万全の体調で卒乳への道が成功できるよう、引き続き応援してます!
Posted by ハッピーよつ葉 at 2006年09月17日 20:53
Pekiちゃんとカレラさんのつながりって深いなぁと思いました。私は離乳食を6か月ぐらいから始めるつもりですがふとよぎる不安…離乳食→夜の添い乳ってやめなアカン?…なんてちっぽけなものだと気づきました。いつかはおっぱいとバイバイですよね。私も育児の中でおっぱいは好きな時間です。自分におきかえて想像してみても、卒乳は親子がそれぞれさびしい思いをしますよね。
それを乗り越えようと二人で取り組んでいる様子に胸があつくなりました。
Posted by こぶこ at 2006年09月19日 08:53
ハッピーよつ葉 さん

びっくりするほど、成長しています。
色んなところで、随所に数日前と違う!という傾向が。
でも、あまりにも早く対応していくので、ちょっと寂しくもあったり・・・なーんて、これは親のわがままですね。

ご指摘のとおり(!?)、Pekiはちょっと鼻水が出ているのです。
悪化しないことを祈りつつ・・・
風邪ひいちゃって、オッパイ!なんて泣かれたら・・・さすがに心が動いてしまいそうなので。


こぶこ さん

深い・・・のかどうか、わかりませんが、お母さんっ子なのは確かみたいです。
それゆえに大変なことも色々とあったのですが、離乳をきっかけに、これも変わりつつあるようです。
こんなにすぐに変わるなんて・・・ちょっとビックリしています。
逆を返せば、それだけ母乳って重要な位置付けだったんだなぁ。なんて改めて思ってみたり。

夜の添い乳、楽チンでやめられませんよね〜(笑)
私も、結局この卒乳直前まで添い乳でした。
確かに、最後におっぱいバイバイする時には大変ですが、それまでの楽さに比べたら・・・続けていたことは全く後悔していません。
育児って、色んな所でターニングポイントがあって悩んでしまうことだらけですよね。

Posted by カレラ at 2006年09月19日 16:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。