2006年09月13日

わくわくひろば@こべっこランド

今日は、こべっこランド(神戸市総合児童センター)に行ってきました。
目的は「わくわくひろば」に参加するため。
このひろばは、今日が始めての参加です。

 こべっこランド:http://www.kobekko.or.jp/

「わくわくひろば」は、2歳〜就学前までの子供+親を対象としたイベントで、毎週水曜の11時〜11時45分まで開催しています。
Pekiが2歳になったら参加してみよう〜と思っていたんですけど。
6月、7月とバタバタしていて日程が合わなかったのと、夏休み中はお休みだったので、やっと参加できました。

 参考までに。
 〜2歳までの子供+親向けには「よちよちひろば」があります。
 これは、毎週木曜の11時〜11時45分にやっています。

会場は、7階にあるこべっこホール。
開始の10分程前に行くと、既に20組程の親子がいました。

受付で「初めての参加なのですが。」と言うと。
Pekiの性別を確認され、女の子用カードに名前などを記載しました。
(事務的な確認!・・・だと思いたい(^^;
 いまだに、よく男の子と間違えられるPeki子さん・・・)

「今後は、自分のカードをケースから探して、こちらのボックスに入れて下さいね〜。
 それで出席確認をしますので。
 そして、これは出席スタンプカードです。
 15回参加すると、頑張りましたで賞で表彰されますので!」

会場の真ん中にはボールが沢山置いてあって、みんなそれで遊んでいます。
今日は、あれを使って遊ぶんかな・・・!?

と思い、張り切ってボールを取りに行こうとして、みんな荷物を持ってないことに気が付く。
あら。どこかで預けるのかなぁ?
と、会場の外に出てみると、コインロッカー発見。
荷物を入れて、再び会場へ。

Pekiと一緒にボールを投げっこしたりしているうちに、進行役のお姉さんが登場。
「音楽が鳴ったらボールを片付けましょうね〜!」
とのこと。
ナルホド。
ボールは開始時間までの暇つぶし用やったわけか(笑)

なんせね。
初めてだし、友達がいるわけでもないから、勝手がわからないのですよ。
とりあえず、周囲の様子を見つつ、ボールを片付けて、その辺に落ち着いて見ました。
そして、気が付けば、かなりの人数が集まっています。
50組・・・?もっとかな?

「じゃぁ、いつものように大きな輪を作って!
 お隣のお友達と手をつなぎましょうね。」

ハイハイ。
輪になるのね。
えーっと、誰と手をつなごう・・・
横にいるのは、ばぁばも一緒の3人親子で、このまま手をつなぐと、私はこのばぁばとね(笑)
で、Pekiの横には・・・数少ない、お父さん参加者が。
「Peki〜、お手手つないで下さい。ってお願いしようか?」
「・・・イヤ。」
声は小さいけれど、かなりの気合入ったイヤ。
「そうだよね〜。男の人じゃ怖いよね。」
と、気を使う隣のお父さん・・・ゴメンなさい。
ついでに、私の横のばぁばさんは、孫に夢中で私と手をつなぐ意思はゼロ。
仕方ないので、Pekiと二人でポツンと浮いた形に。

しかも、いきなりミュージックスタート!で、踊りが始まる。
慣れれば単純なんだけど・・・初めての私たちには、全くわからない踊り。
とりあえず、スタッフさんを見つつ、パターンを覚えて、Pekiも一緒にやってみよう!!

・・・が。
Pekiさん、ニコリとも、ピクリともしない。
明らかに「この雰囲気、私キライ!」という表情で固まっている。

そう。
Pekiは、最近、こういう場所が苦手なのです。
近所の育児サークルとかに顔を出しても、緊張するみたいで。
大抵、固まって「抱っこ!」ばかり。
知らない場所でも、一人で遊ぶのはOKなんだけど、みんなの輪に入るのが苦手なのです。

で、最近、こういう傾向が強いので。
旦那とも話しをして、もっと積極的にこういう所に連れ出して、友達に慣れさせよう!
ということで、どこかの教室に通うことも検討していて。
その一環での、わくわくひろばの参加。というわけです。

なので、予想した反応なんだけど。
周囲の子供達は・・・みんな積極的なことにちょっとビックリ。
Pekiのように、「お母さんお母さん、抱っこ抱っこ」って子は、ほぼゼロ。
2歳〜の場所だから、2歳3ヶ月のPekiは一番下の部類には入るんだろうけど。
それにしても、みんな、ちゃんと体操や親子遊びを積極的に楽しんでます。
子供が勝手にスタッフに言われたとおりに遊ぶから、暇そうにしているお母さんも沢山いて。
ウラヤマシイ程・・・

うーん。
時間が解決するもの!だと思いたい(^^;

で、その後も音楽に合わせて体操をしたり、親子あそびをしたり。
その後、クイズコーナーなんてのもあって、何か「おかあさんといっしょ」みたい!?

そして、次は工作の時間。
紙にシールを貼って、ブドウを作り、紐を穴に通してツタを這わせて、ペンダント(?)の出来上がり!

wakuwaku9.JPG

これは、Pekiはちゃんとやってくれました。
・・・親子二人での作業だからね(苦笑)

そして、また体操をして、さよならのリトミックをして終わり。
最後に、出席簿にスタンプを押してもらって、さようなら〜!
全部で45分だから、乗り気じゃないPekiの相手をしつつでも、そこそこあっという間でした。

で、その後、5階のプレイルームにも連れて行ってあげたんだけれど。
ここでの一人遊び(但し、後ろに私がいること前提)は、かなり楽しそう。
マイペースで遊ぶのが好きなのかな・・・?

でも、Pekiさん。
みんなと一緒に遊ぶこともそろそろ覚えたいねぇ。

頑張って、こういうところに積極的に顔出していきましょう!!



posted by carrera at 18:27| 兵庫 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の友達のおこちゃまもやっぱり集団が苦手っていう子がいますよ。うちは娘が人見知りなとこがあって、人の中ではやっぱり固まります。見つめられるとまん丸お目目で"凝視"、相手まで凍らせてしまいます(苦笑)今は少しは良くなってきたかな。息子の方は、特にちょっと大きいお兄ちゃんやお姉ちゃんが好きみたいで、アプローチして、意味不明語で話しかけてみたりするんですけど、何故か逃げられてばかりです。私も今まで外に出ていない分、少しグループの中で遊ぶ経験もさせたいと感じるようになりました。
Posted by AKI at 2006年09月13日 20:54
実は、私がPEKIちゃんみたいだったみたい。。
人見知りはしなかったらしんですが、やっぱり集団で知らない人達の中に入れられると、途方にくれてたみたいです。(^_^;)信じられないでしょ。。それと、私は、おしゃべりもしなかったみたい。いつもニコニコしてて、おもちゃとかとられても、自己表現んできなくてイジけてる。。祖父が、耳が悪いから口をきかないんちゃうか?とか言い出して、母もどうしたものかと。。。
でも 今では。。。ご存知の通り、こんな風になってしまいました。。やはりカレラさんが言ってるみたいに人が多いところにドンドン出て行って慣れさせたらしいです。。それと同時に母が、親戚の家(中華料理屋さん)に子連れで手伝いに行ってて、ほったらしにしてたみたいでそれが、功をなしたらしいです。。でも子供によって色々やもんね。。参考になれば幸いです。。
Posted by moto○○in at 2006年09月14日 12:32
AKI さん

集団が苦手。って子の話はよく聞くんですけどね。
いざ、集団の場所に行ってみるとそういう子はあまり見かけないような・・・
苦手な子はやっぱり避けるんでしょうかねぇ!?

Pekiは、少ない人数ならば知らない人でも平気なんですけど、大人数で知らない相手のリードで同じことを強要されるのがイヤなようです。
でも、そのままでは幼稚園などに行くようになっても困ると思うし。
少しづつでも慣れさせていってあげたい。と思っています。

息子さんの「意味不明語」、笑っちゃいました。
ついでに、Pekiもちょっと前まではそうだったんですよ。
やっぱり、時期的なものなんですかねぇ。


moto○○in さん

実は、私もそうでした。
・・・いや、過去形でもないかも!?

慣れるまでは、借りてきた猫のよう。
でも、慣れてしまえば、こっちのもん!とばかりに、はしゃぐタイプです。
・・・会社でもそうだったかも(苦笑)
なので、Pekiも私に似たのかなぁ。と思ったりします。

でも、出来れば、もっと積極的になって欲しい(私もなりたい!)と思っているので、場数を踏ませて様子を見ようかと思っている所です。

とは言え、イヤなものを強制したり、強くなって欲しいが為にほったらかし。っていうのも、むしろトラウマになったりするかな・・・?なんていう心配もあったのですが。
moto○○inさんは、それで強くなれたんですね。
私には心強い話です。
ありがとうございます♪
Posted by カレラ at 2006年09月14日 17:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。