2006年09月06日

久々の歯医者

今日も週末ネタを書こうかと思っていたんですけど。
またも延期して(そのうちに、また週末がきそう(苦笑))、今日の話を。

今日は、久しぶりにPekiの歯医者さんでした。
と言っても、悪化したわけではなくて、定期健診です。

朝から、どのタイミングでPekiに言おう?と悩みつつ。
家を出る30分程前に、Pekiに告げる。
「Peki、Peki、聞いて。
 今日は・・・歯医者さんに行っておこう!ね?」

・・・ギクっとした顔のPeki。
そして、3秒程してからうつむいたままで、
「・・・イヤ」

そりゃそうだ。
なんせ、ついて行くだけの私でもイヤだもん(笑)

「まぁ、そう言わんと。ちゃんと見てもらっておかないと痛くなってからじゃ・・・」
「イヤ!」
私の説明をさえぎりプイ!っと横を向いて去っていくPeki。
おぉ、おぉ、子供らしいすね方になって。
なんて、感心している場合ではなくて。

結局、歯医者さんに入るまで、ずっと暗い表情で「イヤ!」と「抱っこ!」を繰り返し、半べそかいているPekiさん。

歯医者さんに入ると・・・それはますますエスカレート。
入った瞬間から、ワンワン泣き出し、待ち時間の間も泣いては抱っこして、泣き止んではまた泣いて。の繰り返し。
絵本読んであげても上の空。
診察中のお姉ちゃんがワンワン泣いているのを聞いては、またもらい泣き(←と言うのか!?)。
うーん、昔よりも、気を紛らわすというのが難しくなってきたことを実感。

予約制ながら、結局30分程待って、やっと順番が。
早速、口の中を見てもらうと、奥歯に小さな小さな虫歯を発見
あぁ・・・毎日、必死に磨いているのに、また虫歯が・・・
でも、凹んでいる場合ではない!
それを削って詰める。ということになったので、Pekiを必死に抑えます。
が、先生もビックリ!の腹筋力を持つPekiさん。
私の力では抑えきれず(汗)、結局、椅子に備え付けられているネットとバンドでPekiを固定することに。
Peki、歯医者で初固定。
うーん、こんなもんで縛られたらそれだけでイヤやろうな・・・
でも、頑張れ、Peki!!

 余談ですけど。
 先日友人と、通っている歯医者は
 治療で子供を押さえつけるのにネットを使うことが話題になって。
 正直、私はそれがイヤだなぁ・・・と思っていたのです。
 なんだか、子供が歯医者嫌いになりそうだし・・・
 だから、Pekiもそうなる前に、他に転院しようかな?
 とまで考えていたのです。
 でも、友人に
 「でも、そうしてでも早く治療した方が子供のため。
  という考え方もありますよね?」と言われ、
 そっか、そういう考えもあるんだなぁ。としみじみ。
 で、今日、実際そうなってみて。
 見ていてやっぱりいいもんではなかったんですけどね。
 でも、大人が何人もで必死に押さえつけるよりは、
 Pekiも楽に見えたのです。
 手でギュっとされるのも痛いだろうしね・・・
 でもでも、近所には縛りつけもせず、無理強いもしない。
 という評判の歯医者さんもあって。
 そこは、どうやって治療するんだろう・・・?という新たな疑問も。
 だって・・・どうしたって暴れるし。
 Pekiも、今日も、頭では理解して必死に「アー」って言って
 口開けているんですけど、
 本能的に、やっぱり口の中で何かされるのはイヤで
 避けようとしてしまうんですよね。
 それを無理強いしないなんて・・・できるのかな!?


結局、固定してからはスムーズに処置もすすみ、
前歯の虫歯にサホライド(虫歯進行止め)を塗って、終了。

ふぅ・・・疲れた。
Pekiはもっと疲れただろうけど。

でも、先生&歯科衛生士さん曰く
「じっともしていられるようになって、前よりも治療しやすくなった」とのこと。
うーん、そうなのかな・・・?
あんまりそうは見えなかったんだけどなぁ(苦笑)

最後に、こども病院でした話を簡単に聞かれました。
(一応、診断結果は郵送もされているみたいだけど)
で、こども病院で言われた、

@サホライドのせいで黒くなっていることを気にしないならば、今すぐに治療が必要だとは思わない
A食べられないか、寝られない程痛がったらば診察を受けて下さい
B腫れが出てきたら(神経が死んだら)、診察を受けて下さい
Cそれまでは、定期健診で様子を見て下さい

を報告。
(詳細は:http://carrera711.seesaa.net/article/19371546.html

が、かかりつけの歯科医さんは、それが納得いかない様子(苦笑)
「神経死ぬまでほっておけって?
 この、欠けている歯もほっておけって?
 こっちは、神経がどうにかなる前に何とかしようと頑張っているのに・・・
 まぁ、それだけ自分の腕に自信があるってことなんだろうけど。ねぇ?」

・・・そう言われても(汗)
じゃぁ、私とPekiはどちらについていったらいいの・・・?
んな、患者に不安をあおるようなこと、言わなくても・・・ねぇ?

と、言いたくなる気持ちを抑え(言えばよかった!?)、
「そうなった時には・・・こども病院にまた行って来ます
 むこうの先生がそう言ったんだから、むこうで責任とってもらうので。」
と伝えました。
すると、
「そうなった時は、まずこちらにも一報下さい。
 こども病院でどうにかされる前に、こっちでも考えるから。」
とのこと。

うーん(汗)
こども病院を薦めたのは、この歯科医さんなのに。
なぜ、そんな対決するようなことを言うかなぁ?

と、ちょっと、心にしこりをつくった状態で、今日は帰ってきました。

ま、先生も人間。
思うことも、感情も、色々。ってことですかね。

とりあえず、何もなければ、4ヶ月後にまた定期健診です。
それまで、何事もありませんように・・・☆



posted by carrera at 14:59| 兵庫 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は子供の頃よく治療がイヤで暴れて母に殴られたな〜(^-^;
まぁ〜暴れる私がいけないんだろうけど・・・
歯の治療よりも母の鉄拳の方が痛かった(笑)

うちのちゃまは今の所・・・虫歯はないと思う。
もうスグ(まだちょっとあるか?)2歳半の歯科検診だ。それまで何でもない事を祈る☆

先生によって言う事ばらばらだよね。
結局は親がどの先生の治療法で行くか決めなくちゃいけないんだけどさ・・・

専門家の先生の意見が割れるのって困るよね凹
Posted by Nani Mae‘ole at 2006年09月06日 17:10
私も、こういう経験は、母の病気の時と自分の時と両方あります。。。。
初めて体験した時は、なんじゃこりゃって思ったけど、本とかで読むと、やっぱり医師社会っていうのは、縦社会で学閥等もあり、私達では計り知れない、びみょーな関係ちゅうのがあるみたいですね。(白い巨塔の原作読んでも然りです)

PEKIちゃん ひどくならずに済んだらよいのにね。。私も祈っております。歯医者はやっぱり脅威ですよ。。大人でもそうやのに。。。
Posted by moto○○in at 2006年09月07日 13:06
Nani Mae‘ole さん

お母さん、強かったんだね(笑)
母は強し!?って。

虫歯は、なりやすい・にくい。があるんだなぁ。としみじみ実感。
Pekiは、赤ちゃんの頃から唾液が少ないのよね。
それもあるのかも。
保健所の指導本とおり!位に磨いているのに・・・(涙)

そうそう。
医者の子。なわけじゃないし。
自分達でちゃんと決めなきゃ!だよね。


moto○○in さん

本当、お医者さんによってもさまざまなんですよね。
こっちは、お医者様は神様。位の意識でいたりするけれど。
間違えることも、気分によってなんてことも、周囲との関係でなんてこともあるんだ。って意識しておかないと。
後で泣くのは自分らだし・・・

でも、何となく、こども病院の方が信じられるように思ってしまうのは・・・これも、権威負け!?

とりあえずは、日々の歯磨きを頑張って、何とか現状維持・・・を目指したいと思います!

Posted by カレラ at 2006年09月07日 16:54
子供ができてから、病気のことネットやTVで関心持って見たり、実際病院にかかる機会も多くなったけど、ほんと医師によって言うことが両極端ですね。歯だとフッ素が「良い」vs「悪い」っていうのもありますね。でも人間に関わること、簡単に解明できるわけではないのかなぁ。結局決めるのは自分自身(子供なら親)、責任の重さを感じます。
私が医者にかかって一番嫌な事は、ただただ説明もなく「大丈夫です」と言われること。何が大丈夫なの?どうなったら気をつける必要があるの?と思っちゃって。
Posted by AKI at 2006年09月08日 00:47
AKI さん

そうなんですよね。
どちらも、真剣にそれが正しい!と思っているわけで。
本当に答えは1つじゃないんだなぁ。って実感しています。
そして、それを選択することの責任感も・・・

でも、今回のお医者さんはどちらもちゃんと「語って」くれたので、そんなにすごい不快感はありません。
困っちゃうよなぁ〜とは思いましたけど(苦笑)

過去に、すごいいい加減なお医者さんにあたったことがあって。
とりあえず、酷いことにならないように、強め強めの薬ばかりを処方するんです。
で、これさえ飲んでおけば大丈夫。と言うだけ。
(妹が薬剤師なので、こんな風邪でそんな薬いらないよ!って言ってくれて気が付いたんですけどね)
患者が何も知らないと思って、馬鹿にされているようで・・・二度と行くかー!って思ってます(笑)
Posted by カレラ at 2006年09月08日 16:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。