2006年09月05日

花鳥園

さて、今日は週末の話を。

土曜日は、ポートアイランドにある「花鳥園」に行ってきました〜!

 神戸「花鳥園」:http://www.kamoltd.co.jp/kobe/

「花鳥園」には私の高校時代からの友人が勤めているのもあって、一度行きたい!とずっと思っていたのだけれど。
旦那とは、なかなか気持ちのタイミングが合わなくて(←我ながら、なかなか的確な表現)、
旦那のいない週末ということもあり、友達親子と一緒に行ってきました。

Pekiは、「お花がいっぱい咲いていて、鳥さんもいるところ」に、久々に会えるお友達と一緒に行くという説明に、朝から大張り切り!
まだ行く時間ではない!というのに、さっさと靴を履いて、猫のようにピタ!っと玄関に張り付く始末(苦笑)

しかも、いざ、お友達に会うと、興味がないフリして、妙に大人しくなるPeki。
うれしいくせに。
・・・でも、なぜか、いつもこうなのです。
会うまでの盛り上がりが楽しいタイプなのか?
それとも、単に恥ずかしがり屋さんなのか!?

で、やっとお友達にも慣れてきた頃に、花鳥園に到着。
空港(南)側の駐車場のある方から入ったんですけど、いきなり沢山のフクロウやミミズクがお出迎え。
Peki、大喜び!
が、お友達は「怖い!」と半泣き状態。
ガラス越しのフクロウが怖いんだったら・・・中は確か、放し飼いの筈なんだけど、大丈夫かなぁ!?

お次は、ペンギンさん。
ここでは係員さんが色々と説明もしてくれていました。
ペンギンさんの気が向けば、通路に上げてくれて、触ったりも出来るそう。
・・・が、張り切るPekiに恐れをなしたのか、ペンギンさんは近寄って来ず。
残念!

その横には、水鳥と鯉がいる池が。
ここでは、餌をあげることが出来て、Pekiもお友達も大喜びで餌(100円也)をあげていました。

katyouen1.JPG

Pekiは、餌を1個づつ、ポイ!
・・・そのペースだと、1時間はかかるかも(^^;
と思っていたら、最後には紙コップ逆さにして残った餌をジャー。
でも、最後の1個だけはどうしても離さず。
・・・自分で食べる気でいたのかも!?

そして、いざ、温室の中に入ってみると・・・
「うわぁ〜!キレイ〜!!」
という、Pekiの第一声のとおり、すごい数の花、花、花!
お花大好きな、Pekiは大喜び走り回っていました。

katyouen2.JPG

Peki、うれしさのあまり踊る踊る(笑)
 
私も、この温室にはうっとり。
山のような植物とお花のお陰なのか、温室内の空気は、何だか優しくて癒されるのです。
空気にとげがない。というか。
山の中の滝のそばに来た時のような、でももっと暖かい感じ。
お水で例えれば、ミネラルウォーター(軟水)って感じです。
改めて、あぁ、普段は都会のカルキ臭い水道水みたいな空気で生活しているんだなぁ。と感じました。

katyouen3.JPG

その奥には、たくさんの鳥がいる池がありました。
でも、ここの鳥さんは花鳥園一、積極的で。
Pekiは石を拾ってもっていたもんだから、餌を持っていると勘違いされ「ガーガー」と鳴きながら追いかけられてました(苦笑)
さすがのPekiもこれは怖かったようで。
必死に逃げながら、怯え泣いてました(苦笑)

それ以外にも、くちばしのながーい鳥(オオハシ)に餌をあげられたり。
(腕を出すとのっかってきます!)
フクロウやミミズクがいたり。
フラミンゴがフラフラ歩いていたり。
とにかく、鳥が同じ温室内を自由に歩き、飛びまわっているので、楽しい!
(時にはビックリすることもあるけど)
ここまでフレンドリーな場所はなかなかないかも。

動物園に行くと「なんで檻があるのよー!もっと近寄りたいのよ!」と不平を言うPekiには、かなり楽しかったようで。
始終、はしゃぎまわっていました。
しかも、温室もかなり広いから、Pekiがちょっとやそっと走り回っても、危ないことも、人様に迷惑かけることも(ほとんど)なく。
親も安心して過ごせました。

一緒に行った友人と、出かける前に、
「子供が楽しめて、親ものんびり出来て。
 しかも、『魔の二歳児』をなるべく叱らないで済むような場所に行きたいねぇ」
なんて話をしていたんですけれど。
まさに、それにはうってつけの場所でした。

あ、そうそう。
花鳥園、出来ることならば、南側の入り口から入った方がイメージよく楽しめるかも。
ポートライナーでくると近いのは北側の入り口なんですけど。
裏口。って感じで、ちょっと暗い感じがします。
・・・まぁ、中は一緒なんですけどね(笑)

ついでに、温室と言っても空調が効いてるのでかなり快適です!
人が歩く場所には屋根があるから雨でも大丈夫だし。
真夏・真冬・梅雨時なんかには、より一層いいかも!

ということで、私的は「花鳥園」オススメです!
まぁ、入園料がちょっと高いようには思うけれど・・・
(勤めている友人いわく、それでも経営は厳しいらしい)
それでも、私はまた近いうちに行こう!と思っています。



☆追記〜9/6☆

せっかくなんで、子連れ向け攻略(?)情報を。

9月現在の話ですが。
園内でのイベントは、ペンギンの餌付け、フクロウの飛行ショーの2種類があるのですが、午前中の部(10時〜・10時半〜)、午後の部(14時半〜・15時〜)がありました。
午前中の方が数倍人が少なくて、断然オススメです。
イベント以外でも、とにかく、朝は人が少ない!
午後14時超えると、一気に人が増えます。
子連れでのんびりしたい方、朝イチを目指しましょう。
オープンは9時半〜です。

そして、園内ではバギー(B型ベビーカー)を借りることが出来ます。
入り口入ったらすぐに、スタッフのお姉さんに聞いて下さい。
張り紙なんかはなかったと思います。
名前と電話番号だけ控えてもらえば、無料!です。
ただ、台数に限りがあります。
たぶん、南入り口・北入り口それぞれ、5台程度かな・・・
私たちが行った日は余裕がありましたが、希望される場合はこれまたお早めに行った方がいいかも。

食事は、園内にレストランが1箇所、カフェが1箇所あります。
レストランはバイキング形式で、3歳以下、無料!です。
思いのほか、かなりの種類のおかず(40種!らしい)があります。
野菜の惣菜関係が充実しているので、離乳食終わったお子さんならばいけると思います。
子供用の食器はないですが、デザートコーナーの小さい皿&スプーン・フォークで対応できます。

カフェでは、お弁当も売っています。
「お子様ふくろうランチ」は800円也(土日祝のみ)。
大人のお弁当は1,000円〜。
お弁当の入れ物(重箱)がしっかりしているので、持って帰れば何かに使えるかも?らしいです。
(私はこっちは食べてないのですが・・・)

飲食物の持込は残念ながら禁止です。
温室内に沢山のテーブルと椅子があるから、持ち込めればかなり優雅なピクニック!になるんだろうけど。
放し飼いの鳥さんがいるから難しいのかな・・・
ここは、いさぎよく諦めましょう!

おむつ替えは、個室内におむつ替え台のあるトイレがあります。
授乳室は見当たらなかったけど・・・ベビーベッドや椅子のあるトイレはありました。

以上、ご参考まで!!




posted by carrera at 13:48| 兵庫 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
花鳥園、楽しいよね〜♪

私は実家が西宮なんで、独身時代は自分のことを「西宮のムツゴロウ」なんて豪語してたほどの動物好きです。
動物ならば種類は問いません!犬でも馬でもヘビや亀さんでもウェルカム〜♪
なのでもちろん鳥さんも大好きです。

ついでに「お花」も好き。
学生時代は華道とフラワーアレンジ習ってました。だけど、お花の名前、あんまり知らないんだなぁ・・・。その瞬間「まぁ、キレイ」と思うのが好きです。

こんな私なんで、花鳥園はパラダイスです!!
私はプレオープンの最終日(入場料半額)に主人と行ったので、スッゴイ人人人・・・で、鳥達の放し飼いも数が少なかったし、満足できるほどには楽しめなかったのが心残りで「また行きた〜い!」と切実に思っています。(入場料半分なだけにお楽しみも半分で仕方ないか・・・。)

なんで、スケジュールが合えば是非一緒に行きましょう♪
Posted by 小梅 at 2006年09月05日 15:39
掛川(静岡)にも花鳥園があるのですよ。
ずっと行きたいと思っていたんだけど・・・。
神戸にもあったとはオドロキでした。
日記を拝見すると掛川のと感じが似ているみたいだったし。
ニフティで掛川花鳥園のルポ(http://portal.nifty.com/special05/02/01/)があるんですが、「トリ好きが送るトリ好きのためのルポ」って感じで面白かったです。
ワタシも行ってみたいw
Posted by ちいちい at 2006年09月05日 16:27
小梅 さん

動物好きなんですね〜。
私も好きです!でも、ムツゴロウまでではないかも(笑)
蛇なんかも、昔はウェルカム!だったんですけどね。
ウェルカムすぎて、蛇と遊んでいたら、噛まれてしまって、大騒ぎになったことがあり。
それ以来、ちょっと臆病者になっちゃってます。

花も好きですよ〜。
でも、切花はあまり好きではないかなぁ。
枯れていくのを見ている。って感じがして。
なので、根っこの生えた状態のが好きです。

プレオープンの時はすごい人だったみたいですよね。
土曜は、午前中はかなり人も少なくて遊び放題!でした。
午後13時過ぎると人が増えてきたかな・・・
詳細、子連れ情報も含めて、追記しておきますね。

是非とも、ご一緒しましょう〜。
あそこならば、私は何度でもOK!です。



ちいちい さん

そうそう、掛川のが神戸にも出来た!のです。
同じグループのですよ。
ついでに、私の友達というのは、掛川から転勤になって神戸にやってきたのです。
トリラブちゃんで、掛川の花鳥園に行って一目ぼれして「私をやとって下さい!」と飛び込んだ、つわものです。

掛川の方が、より、鳥さんとフレンドリーらしいです。
だから、掛川を知っていると、神戸は物足りない。らしいですが。
掛川知らない私には、神戸でも十分楽しめました。

ひーちゃんがもうちょっと大きくなったら、一緒に楽しめると思いますよー☆
追記に、子連れ向け情報も書いておきます。
参考にして、是非ともトライを!!
Posted by カレラ at 2006年09月06日 15:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。