2006年06月17日

北海道!〜ホテル編

ようやく、北海道ネタの書き込みです!
書きたいことは沢山あるので(苦笑)
数日に分けて、のんびり書いていきますね。

ということで、まずは、宿泊したホテルの話から。

今回、4泊5日という長い期間御世話になったのが留寿都村にある「ルスツタワー」。
北海道一の規模のスキーゲレンデを持つ「ルスツリゾート」内にある、全室スイート!が売りの23階建てタワーホテルです。

 ルスツリゾート:http://www.rusutsu.co.jp/

Pekiが場所見知りする可能性があることから、同じ場所に4泊にしよう。と決め。
それならば、少しでもホテル内で融通の利く、大型ホテルで。
ということでここを選んだのですが。
これが、大正解!でした。

まず、部屋の中。
メゾネットタイプになっていて、2階部分に入口と個室のベッドルームがあります。
そして、階段を下りると、ソファーセットがならぶリビングが。
ここには収納型のベッドもあります。
奥には、カウンターキッチンまで!
広さは、トータルで約80u!!
しかも、吹き抜けもあり、2階部分まで窓が広がっているのでそれ以上の広さを感じられました。
部屋は年数を感じられないキレイさと清潔感があって、それも好感が持てました。
ただ、調度品などは「スイート」という程の豪華さはなかったかな。
全体的に、ファミリースイート、とか、カジュアルスイートという言葉が似合いそうな雰囲気でした。
でも、子連れにはその方がうれしい!
しかも、21階のコーナー部屋だったので景色も上々、窓も2面に広々と取られていて、とても開放感がありました。

で、私が「ひろーい!キレイ〜!」と喜んでいる暇もない位。
Pekiが一目見た瞬間から、大喜びではしゃぎまわっていました。
まず、部屋の中に階段があることがうれしい!
そして、我が家にはないソファに座れたり、リビングにもスプリングベッドが出てきて飛び跳ねられるし(苦笑)
リビングだけで走り回っても十分な距離もあって、Pekiには「遊びのスペース」としてすぐに受け入れられたよう。

そして、大きな窓からは、この景色!

rusutumado.JPG

Pekiは一目みて
「ゥワァ〜!キエィ〜!」
とうっとりしていました。

そして、ホテル内の施設も充実していました。

ルスツリゾートは本当に広くて。
ホテルも「ルスツタワー」以外に「リゾートホテル」という、サウスウィング、ノースウィング、ログハウス、キャンプ場からなる大型宿泊施設があります。
そして、リゾートホテル側にはスキー場をメインに、遊園地、室内型プールなどのアクティビティも充実していて。
ルスツタワーからは、モノレールで行くことができます。
勿論、このモノレールは無料!
乗りたい時にホームに出向いて、呼び出しボタンを押せばモノレールがやってきてくれます。
6月という時期だからか、宿泊客も少なく(後半は修学旅行の団体さんが何組もいたんやけど)、モノレールも常に貸切状態!

で、Pekiはこのモノレールがものすごーーーく気に入って。
参考までに、こんな感じ。

rusutuwanwan.jpg

犬のキャラクターが沢山描かれているから、乗れば「ア!ワンワン!」とあちこち指差して大騒ぎ。
暇さえあれば、このモノレールに乗りたがっていました。
乗り物好きな子は、このモノレールと↓に書くロードトレインだけでも一日過ごせるかも(笑)

部屋でも、ホテル全般でも。
Pekiにとっては「オンオフ」の切り替えがしやすかった。というのもよかったようです。
部屋では、1階部分は遊ぶ場所
2階部分に上がって寝室に入れば、そこは休む場所。と位置付けられ。
ホテルでも、ルスツタワー側は落ち着いた雰囲気なのに対して、リゾート側はアクティビティが沢山あるので、
モノレールに乗って出かければ遊ぶ場所、戻れば落ち着く場所。と気持ちの切り替えがしやすかったようです。
これまで出かけていった先の中で、一番、Pekiの気持ちが落ち着いていたのも、その辺が大きかったのかも。

リゾート側のアクティビティは、本当に充実していて。
広い遊園地は、起伏に富んでいて、歩いているだけで開放感があって気持ちいい!

yuuenti.JPG

奥に見えるのが、私達が泊まったタワーホテルです。
でも、遊園地自体は、絶叫マシン系が多くて、小さい子連れにはイマイチかな・・・
コースターだけで8種類もあったので、そういうのが好きな人には向いているかも。
・・・カレラは絶叫系は全然ダメです(苦笑)

そして、室内プールで、Pekiは、プールデビューしてきました♪
小さいながら造波プールがあり、長さ100mウォータースライダーもありました!
これも、宿泊者は全て無料!!
しかも、私達が行った時は夕方だったからか、他には誰もいなくて貸切状態!!
スライダーも滑り放題!!!
スライダーは最初はちょっと怖いかも。なんて思っていたんだけど、1回すべると楽しくなって何度も滑っちゃいました。
が、当たり前のようにPekiも滑りたがり。
一緒にすべるのはいいんだけど、長いし、途中で泣かれてもストップも出来ないし。
何より、最後はどうしたって水の中にドボーンとなるわけで・・・
とは言っても、出来ることならば滑らせてあげたい。
(参考までに、さすがに一人で滑るには年齢制限あり。です)
旦那と、何度も「Pekiを抱っこした状態で滑るシュミレーション」を繰り返し(苦笑)
何とかなりそう。と判断して、やっと一緒に滑ってあげました。
が、案の定、Pekiは途中で「ウワ!イヤ!」と言い出し。
・・・が止まることも出来ず、最後はPekiを持ち上げた状態で大人だけ水の中へドボン!
Pekiは自分は濡れず、親が必死になっている顔を見ると、最後にはかなり満足そうな顔に(笑)
結局、3回滑って満足して帰ってきました。

そして、Pekiが一番好きだったのは、ミュージックファウンテン
これは、簡単に言えば音楽に合わせて変化する噴水。
ライトアップも一緒にされていて、私もその出来には「おぉ!」と見入ってしまいました。

hunsui1.JPG

こんな風になったかと思えば。

hunsui2.JPG

音楽がゆっくりになると、こんな風にも。
ハイライトには・・・

hunsui3.JPG

これには、Pekiも一層大喜び!
音楽に合わせて、踊り、歌い、身体全身で楽しんでいました。
1回30分のショーを滞在中に何回も見たので、私は最後にはあくびが出てしまったけど(苦笑)

他にも、リゾートホテル側には、室内にこんなカルーセル(これも無料で何度でも乗れます!)があったり。

karu-seru.jpg

遊園地、ホテル、馬の放牧場を結ぶロードトレインも乗り放題!!

poppo.jpg

Pekiは「ポッポ!(ロードトレイン)」「ワンワン!(モノレール。犬の絵が描いてあるので(笑))」「パッカパッカ!(馬)」「プー!(プール)」とどこに行っても大騒ぎでした。

そして夜には、こんなライトアップも。

raito1.jpg

沢山のLEDライトアップされたものがあって、Pekiは「ウワァ〜!キエィ〜!」と走り回っていました。
こんなのもあったんだけど、

raito2.jpg

これを内側から見ると・・・

raito3.jpg

うーん、キレイ!

まるで、夏休み(プール)とクリスマス(ライトアップ)が一緒にあるような場所でした。

ホテルの周辺は。というと。
ほとんど何もありません(苦笑)
民家はちょこっと。
コンビニが1件。
冬場に開くんであろう飲食店が数件。
北海道の観光地としては、ルスツリゾート以外は何にもない。と言ってもいいかも。
でも、車でちょっと走ると道の駅はありました。
ここには、Peki位〜小学生位が遊ぶにはちょうどいい大型遊具とひろーーーーい広場がありました。

mitinoeki.JPG

道の駅は、周辺の農家で取れたアスパラガスなどが販売されていて、お値段もお土産店に比べればかなりお安い!
地元の人らしき人たちも沢山買いに来ていました。
私も、もちろん、取れたてのアスパラ、買ってきましたよ〜!!

 道の駅230ルスツ:http://www.hokkaido-michinoeki.jp/data/73/each.htm

全体としては。
最初は、気温も肌寒くて「これは季節的にはハズレ!?」と思っていたんだけど。
逆を返せば、人が少なくて、本当にゆっくりのんびりと出来ました。
途中からは修学旅行生や遠足の高校生・中学生が沢山来て、突然、人口密度が増えてびっくりしたりもしたけど(苦笑)
話によると、週中は学生の団体さんが多いみたいです。
日曜の夜なんかは、ホテル全体が貸切!?って思っちゃう位、人が少なくて、本当によかったです。

ということで、沢山の写真と駄文(苦笑)で紹介させてもらいました。
次回は、「ノースサファリサッポロ」について書きたいと思います!



posted by carrera at 19:13| 兵庫 | Comment(4) | TrackBack(1) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おかえりなさい & PEKIちゃん&パパさんお誕生日おめでとうございます。<m(__)m>
ルスツリゾートって、私が思ってた以上に広くてびっくりしました。。(推奨しておいて、無責任なコメントでごめんなさい)
楽しめてよかったですね。。おいしいものいっぱい食べましたか?私もデパートの北海道展には足しげく通ってしまいます。。今も大丸で北海道展やってるのです・・・土曜日行ってきましたが、目移りして、何を買ってよいのやらかなり長い時間うろちょろしました。。。味見もやたらしてしまい。。結局、おなかいっぱいになり、又行こうと思い何も買わずに帰ってきました。GWは阪急の北海道展で小樽ルタオのチーズケーキを買ったのですが。。北海道とは、遊びも食も魅力的な土地ですね。。
Posted by moto○○in at 2006年06月19日 08:57
moto○○in さん

ただいま〜です。
そして、ありがとうございます☆

本当、広くてびっくりしちゃいました。
でも、私達が遊んだ場所は中心部だけで。
メインは、スキー場で山3つ分(?)位ありそうでした。
ゴルフ場もあって、土地が広いってすごいなぁ。って感じです。

美味しいものは・・・
明日書き込む予定ですが、正直あんまりでした(苦笑)
期待しすぎていたのかもしれませんが。

北海道展!
そうそう、大丸でやっているんですよね。
2週間程前に大丸に行った時に予告を見かけて。
「あー、この日程じゃ行けないなぁ。北海道旅行中だもん、残念・・・」と素で思ってしまい・・・
後から、なんてバカなんだろう!?と我ながら苦笑してしまいました。

ルタオのチーズケーキいかがでしたか?
評判みたいだし、北海道展の常連さんだし気になりつつ・・・まだ試したことないんです。
阪急の北海道展では「銀の鐘」の雪の華というチーズケーキを買いました。甘さ控えめですが美味しかったです!
Posted by カレラ at 2006年06月19日 17:11
カレラん遅くなったけど
今ゆっくり北海道のお話聞かせてもらってます。

これはナイスやわ〜〜。

子連れには最高の条件が揃ってるねえ。
&ロマンチックで
ワァ〜〜〜泊まりたい。

部屋から見える景色も広大で
あ〜〜北海道の空気が届いてきそうだよ。

Posted by わっくぅ at 2006年06月24日 13:34
わっくぅ さん

コメントありがとうございます〜☆

子連れにはホンマに便利なホテルでしたよ!
書かなかったけど、お風呂も部屋風呂以外にも大浴場もあるし。
Pekiより大きい子供向けのプログラム(有料)はかなり充実していました!
しかも、お値段もそんなに高くなくて・・・。
(プランにもよるんだけど)
オススメです!

北海道は、空も広かったです!
うーん、また行きたい!
って早すぎ!?(笑)


Posted by カレラ at 2006年06月24日 22:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック


Excerpt: ルスツリゾートルスツリゾートは北海道虻田郡留寿都村にある通年滞在型のリゾートである。リゾートとしての規模は北海道最大規模であり、北海道内で放映されているテレビCMでは「Hokkaido No.1」と謳..
Weblog: 観光地に行ってみて
Tracked: 2007-07-27 16:37
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。