2010年09月02日

自分の為の引用

今日は。
他サイトの文章をコピペさせてください。

いや、すごく胸に響くいい内容だったので。。。
が、ここのサイト、内容が毎日更新されちゃって残らないんですよね。
もったいないから、コピペ。
明日の自分のために…

  同じように悩んでいる友人の目にも止まりますように…と祈りつつ。。。

サイトはこちら。
ご存知、「水曜どうでしょう」。

 水どう:http://www.htb.co.jp/suidou/index.html

嬉野先生の文章は昔から好きです。
淡々としていて、でも物事の真理をついていて。
嫌味がないのでスーっと私の中に入ってくれます。


でも、大々的に書いていいのかわからないから、追記に引用しておきます。


ということで、ご興味ある方は以下をクリック下さい。。。



水曜どうでしょうHP
9月1日の日記より引用。

*************

嬉野です。
編集に入るとそれに時間を取られましてねぇ奥さん。

さて、先ほど掲示板を覗いていたら、
お悩み相談希望がありました。

こういうものはタイミングです。

今日は、そのお悩みに気休めを書き添えて帰ろうと思い、
お悩みさんの書き込みを日記に貼りました。


●嬉野さん、藤村さん、こんにちは。

「ヨーロッパ20カ国完結編」に心が和む毎日です。
新作もとても楽しみにしております。

ところで、う先生、
最近もお悩みは受け付けているんでしょうか?

私事で恐縮ですが、ここ5年間ずっと堂々巡りしている悩みがあり、もしお目にとまったらいいな〜と思って書き込みしました。

「人と自分を比較してしまう」ことをどうにもやめられないです...無意味ですよね...わかってます...けど、ついついやってしまいます...

何か、中毒症状のようですね...苦笑。

理由もだいぶ分析しました。
両親の不仲が災いしてか、私は幼い頃から少しひねたところがあり、学生時代は何に対してもなんとなくあきらめの気持ちが強く、毎日を惰性ですごしていました。それゆえ、大切に積み重ねて来たものが何1つないのです。

そんな過去を生き、そして大人になった今、そのことを振り返る度に、人生を大切に生きてきた身近な人と比べてしまいます。

それでもこの5年悩んだ甲斐あってか、ほんの少し前向きにもなり、そう思う周期もだいぶん間が長くなりました。

ですが、この先の長い人生もそういうことに悩まされるときがあると思うとせっかくの人生ちょっと乗り切る自信がないな〜なんて思ってしまいます。

こういう気持ちって、皆さん少なからずあると思うのですが、う先生やふ先生はどうしておいでですか?

とても長くなってしまいすみません。

あ、どうでしょうフィギュアも楽しみです。
まずは根付けバージョンから入門したいと思います。

【うれしのさんの気休め解答】

悩みと言うのは考えても答えの出ないジャンルのものです。

つまりもともと出口が用意されていないものなのです。

出口がないなら出られないはずなのです。

でも出ようとするんです。

そして出られない。
あたりまえです。出口がないんだから。

それが悩みの正体です。

では、なぜ悩んでる人は、
出口がない事実を見ないのか。

それはね、
悩んでる人が、実現不可能な願望に、
囚われているからでしょうね。

私はね、高校3年の時にいきつけの床屋の親父に、
「あれ?あんた禿げるよ…」と言われたわけです。

いきなり昔話してますがね。

「はぁ!?」でしたよ。

なにをこの親父は言いやがるんだ!と。
得意先に向かってなんて禁句を言いやがるんだ!と。

ところが床屋は続けて言うのです。

「おじさんは、この道で長くやってるからうそはつかない」と。

そんなことを自信を持って言うような場面じゃないだろう。

まぁ、今となっては不思議なのですが、
私はその親父の言った事を鵜呑みにしてしまったのですね。

私はそこから実に7年悩んだのですが。
つまり禿げたらどうしようと(^^)。

で、7年間、
寝てる時以外は、
悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで、

で、もちろん床屋には行かず、
髪は伸びたら自分で切り、

朝起きて、ある程度の脱毛を枕元に見ては驚愕し、

ジャンプーする度に手のひらに脱毛を見ては肝が冷え、

おびえて悩み悩み悩み悩み。

で、
ある日、私は、悩む事をやめたわけです。

つまり苦しい苦しい毎日に飽きたのです。
ま、耐えられなかったんですね。

それで、

「悩むのはもう止めだ!めんどくせぇ」

と、やめちゃった。

「もう、禿げたら、禿げた時考えよう」と思ったのです。

バカです。
そんなことで7年も悩んで。

お笑いください。

でも、その程度の結論で、や〜めた!って言って、
止められる程度のことだったんだってことに、
私は気づかなかったのです、7年も。

でまぁ、この年になっても禿げなかったのですけどね。
だから未だに、年の割りにつるっとなってる人には、
尊敬の念を強く持つ私です。

でも、あの床屋の親父のひと言さえなければ…とは、
思いません。

むしろあの不毛な(禿だけにね)7年の中にこそ、
自分がいたのだと今は思います。

私はね、この程度の人間だけど、
それでも自分のことが好きです。

だれも羨ましくない。

それは、あの7年があったからのような気がするのです。

7年もの間、
私は、私にじっくりつき合ったような気がするのです。

そして、
結局オレは、オレとしてやって行く以外ないわけだしなぁと、
今は思うのです。

こんな自分をやっていくのは嫌だ!と思ったって、
オレがオレである事は辞められないよねぇと、
オレはオレに言うオレなのです。

他人と自分を比較して、
その人と違う自分にガッカリはしないな。

その人と違うところこそ自分だよなぁと思っている。

お悩みさん、あなたは、なんの問題も無い人ですよ。
むしろ、ちゃんと物を考える事の出来る人のような気がします。

私より優秀な人なんじゃないですか?

だとしても私は、この程度の私が好きです(^^)。

あなたの悩みはきっと、
好きな人や、尊敬する人と知り合いになれれば、
たちどころに解消することのような気がします。

まぁたんなる思い付きです(^^)

でも、
あなたが他人と自分を比較しなくなる日。

その日を用意してくれる人は、
おそらくあなたが尊敬する人だと思うのです。

そして、その日は、
その人から、
あなたが認めてもらえる日であるような気が、
なんだか、私にはするのです。

追いかけるようではダメでね。

あなたのままで付き合える人の中にだけ、
あなたの人生をほぐしてくれる人がいるのですよ。

まぁ、よく分からんことを書いてるね(^^)。

気休めにもならなかったかな?

まぁいいじゃないのよ。

さぁ、きょうもご苦労さまでした。

明日も各自の持ち場で奮闘ください。

それではみなさま、
すやすや眠れ!

本日はこれにて解散!




posted by carrera at 22:26| 兵庫 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明日出勤やっちゅーのに、読んじまったわぃ、こんな時間に(笑)。

私は比較しないなぁ、人と。
というのも、比較できるような人生歩んでないから(爆)。

だってね、女子校に12年も通ってる人、普通いる?
しかも10歳から腎炎に悩まされ、好きなこと出来なくて
挙げ句の果てには大学中退(笑)。

でもそういう自分のことを自分で守るっていうか
自分のことを好きになるというか
そういう感情は大事にしたいのね。
それこそが今までの私には持ち合わせてない気持ちやから。

とある時に言われたことがあるのよ。
上の子のことを「かわいい」と思えないって相談したら
「色んな人と会ってしゃべってみたら?」って。

そのアドバイスは大正解。
色んな価値観に出会えて
「別にかわいくなくてもいいや」って思えるようになったもん♪

そういう経験を積むことが、私には必要やったんやなぁ〜って実感中。
それがうれしー氏の7年間と同じ意味やってんやろな^^。
Posted by Ganko at 2010年09月03日 00:45
Ganko さん

すんませんー!こんなワナのような日記。
しかも、まんまとかかってくれて…(爆)
いや、Gankoさんならばわかってくれるかなぁ〜と思いつつ書いたので。
コメントもらえてうれしいです♪

私は比較…しちゃいますねぇ。。。
比較だったり、どう見られているのかを気にしてしまったり。
ただ、比較の仕方は随分変わったと思います。
特に、この数年で。
それこそ、自分との違いを認識する。というか。
あぁ、これが自分なんだ。と思うようになった。というか。
そういった意味では、前向きな比較になってきたなぁ。と思います。

自分のことを好きになるというか、肯定する。という部分は。
私はどうもちょっとズレているような気がします。
ないわけじゃないんですけれど。
ダメな部分をより見てしまう。というか。
その理由を探してしまったり。
で、その言い訳に「でも、良いところだってあるもーん!」みたいな(苦笑)

…まぁでも、全体的に、随分前向きになったように思います。
う先生の言葉を借りれば、出口がないことに気がついてきている。というか。

色んな価値観に触れるってのは、ホンマ大事ですねぇ。
何というか、色んなことを覆してくれます。
自分も再認識できるし。

Gankoさんにもプラスな、う先生のお言葉だったようで何よりです♪
転記しておいた甲斐があった〜♪
Posted by カレラ at 2010年09月03日 21:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。