2010年06月23日

ひふみよ〜2(ふ)

  ひふみよ〜1(ひ):http://carrera711.seesaa.net/article/154016726.html

チケットの当選が決まった3月から。
「この日になれば小沢君の歌が聴ける!会える!」
と思い続けて。

…長いような。
でも、あっという間の数ヶ月。

ついに、その日がやってきました。

6月18日。

何の因果か、その日は、朝からネットでテレビで「オザケン、極秘入籍!」なんてニュースが飛び交っていました。
今日ニュースになるなんてー。
これまた、いい記念になりそうな(笑)

  小沢君が、エリザベスさんと一緒にいるという話は前から聞いていたし。
  一緒に活動をしていたのも知っているし。
  (「ひふみよ」の公式HPにも「エリザベスとパナマに行って…」という話が出てくるし)
  大体、自分が結婚しているのに小沢君の結婚をとやかく言えるわけもなく(爆)
  …ということで、ショック。とかいうのはなくて。
  むしろ、マスコミに突っつかれて、また小沢君がへそ曲げないかしら?
  って方を心配してみたり。。。(^^;

  ついでに。
  これはコンサート後に知ったことだけれど。
  相模大野の会場では、小沢君の両親が2歳くらいの子を連れて来ていたとかいう噂も…?
  (ルール上は未就学児は入場禁止)

途中、開演に間に合わないんじゃないか?
と焦ったこともあったのだけれど。
大丈夫!
運の良さもあって。
偶然か必然か。
その時に間に合うことが出来ました。

「小沢君風に言うと。
 いるべきしてここにいるんだよね、私たち!」

なんて友達と笑いあいながら。

そして。
緊張の一瞬。

小沢君は。
どんな舞台を見せてくれるのだろう?

この何年か、小沢君が注力していると感じてきた、社会風刺や反グローバリゼーションのように。
少し偏った…。
誤解を恐れずに書くならば、多くのファンの視点を無視したような…個人的な活動の延長だったら?
それとも、15年も前の曲達をただ「懐メロ」のように奏でられたら?

  どちらもそれを否定するような文章が「ひふみよ」サイトには書いてあるのだけれど。。。

たとえどちらでも。
今の小沢君の「形」が見たい!!

そしてそして。
真っ暗闇の中…その時が来ました。

…始まって30分。
ちょっとでも今回の舞台の是非を疑ったことをすごく反省しました。

1時間。
何も考えることなく、ただただ、その空間に夢中でした。

2時間。
この時間が少しでも長く続けばいいのに!と願い続けました。

そして、3時間。
夢のように…あっという間に…全てが終わってしまいました。

…あれから5日。
まだ、頭の半分以上は小沢君がいます。
あの空間を、あの音を追っている自分がいます。

それ位。
すばらしい時間でした。


…さて。
「3(み)」で、実際の内容について書き留めたいと思います。



posted by carrera at 22:11| 兵庫 ☁| Comment(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。