2008年11月20日

YさんとSさん〜洗濯機その後

さて、洗濯機のその後。

  これまでの経緯。

 壊!:http://carrera711.seesaa.net/article/109332281.html
 また…(涙):http://carrera711.seesaa.net/article/109765040.html

月曜日。
前回と同じ、修理センターのYさんがやってくる。

そして。
洗濯機をちょっと動かして。
同じことをしてもエラーが出ない。
というので、経緯をまた細かに説明する私。
すると。

「前回の話と、電話での話と、今回の話を聞いていて思っていたんですけれど。
 たぶん、排水ポンプが弱ってると思うんですよねぇ。
 あれ、乾燥の時にずっとモーターを動かすんで。
 乾燥の時間が長引いた時に弱ったモーターがエラー出しちゃうんじゃないかなぁ。と。
 ただねぇ、排水ポンプが今手元になくて。
 だから修理できなくて…。
 すみませんが、これから取り寄せしますので、また水曜日に伺います。」

と。
来て15分程で、ほぼ何もせずに早々に見切りをつけて帰っていくYさん。

…ならば。
最初から、排水ポンプを交換したらよかったんちゃうの?
と、心の中でつぶやく私。
 
  排水のエラーなのに、なぜか、給水部分の部品とか、
  パッキンとか、関係ないところばっかり交換していた。。。

せめて。
今回の電話の時点でその結論を出すということも。。。

  来てもらうのにもPekiSui居て大騒ぎやし。
  っていうか、こちらはともかく。
  Yさんがここまで来るにも時間単価が発生するやん。
  それが明日の製品代金に影響してくるんだよー。

  …メーカーのやることにまでケチな私。

Yさん。
まだ若いのと、明らかに技術も未熟っぽくて。
前回のときも、携帯のライトで必死に洗濯機の中を覗いたりして。
懐中電灯位、持ってこないんやろうか?と思ってみたりして。。。

  で、我が家の懐中電灯を渡そうかと思ったんだけれど。
  Pekiが遊び倒して、電源が入ったまんま=電池切れなことが発覚。。。(恥)

中を開けたら排水や給水で溜まっている水が漏れるのは私だってわかるのに。
雑巾一つもっていなくて。
「す、すみません。
 雑巾か何かお借りできませんか?
 あ、ば、バケツも。」

(苦笑)

でも。
腰も低くて。
一生懸命なのもわかって。
何だか憎めないなぁ。
と思ってしまう方でした。

  が、肝心の洗濯機がなおらないことには。
  いくら人がよくてもどうにもならないんだけれど。。。

で。
水曜日までは騙し騙し使って下さい。との言葉を残して帰っていきました(^^;

  騙し騙し…
  でも、2度壊れた過程で、排水している最中に音がおかしくなってきたら、
  排水ホースを排水口から外したら水が落ちていきやすい。
  とか、
  異物フィルターから強制排水したら少しは動く。
  とか、わかってきていた私。
  つまり、そういうことなのだろうなぁ。と勝手に理解。

洗濯する際には異音がしたら排水ホースをブンブン振ったりする。という、洗濯機の介護生活みたいなことをすること数日。
水曜日の朝、電話が入り、午前中にうかがいます。とのこと。

「ピンポン」

ドアを開けたら。
あら、違う方(=Sさん)。
明らかに、今度の方は「プロ!」って雰囲気が全体から出ています。

持っている荷物も。
コタツの下に敷くような大きな布団を2枚。
部品もかかえ、道具のキットも本格的。
そんな大荷物なのに、きびきびと動いていて。

  Yさんは、道具箱1個だけ。
  部品は必要になったら車まで取りに行く。
  しかも、玄関のドア1つでも補助してあげないとヨタヨタやった(笑)

洗濯機に案内し、
「あ、これ、バケツと雑巾…」
と、Yさんの時は必需品やったグッズを渡すと
「いえいえ、そのようなものはお借りしませんから大丈夫ですよ。」
とニッコリ。

  あなたの部下らしきYさんは思いっきり使っていましたが。。。
  とは言えなかった私。

試運転、分解、部品交換を30分程で行い。

  作業を除いたら、持ってきた布団の上に全て分解した部品は並べていた。
  Y氏、その辺にちらかしていた。
  排水ホースなどから漏れた水も全て持参の布団で吸い取らせていた。
  Y氏、我が家の雑巾やタオルで必死に拭いて置きっぱなしで帰っていった。

「すみません、作業が完了したのですが、動作確認を行いたいので、
 お水を出させて頂いてよろしいでしょうか?」
ハイ、もちろん。

  Yさんは、10回位は勝手に水を出して排水してをひたすら繰り返していた。。。

で。
1時間もかからずに全ての作業を終了。
早い!

そして。
「3度もお伺いしてお手間取らせていますし。
 当社の製品でご迷惑おかけしているわけですから。」
とニッコリ笑って、
「御代?もちろん、いりませんよ。」
とのこと。

  ワーイ!
  ヨカッター!!

そしてそして。
ちゃんとなおった!…ような気がする!!

  その後、洗濯するのにエラーは発生せず。
  まだ乾燥は試していないのだけれど。
  でも、雰囲気的になおったように思えるのはSさんの持つオーラ!?

それにしても。
最初のYさんと、後のSさんで、随分レベルが違ったなぁ。
Sさんは、時間単価高そうやったもんなぁ(笑)
最初からSさんが来てくれていれば…と思いたくもなるけれど(^^;
でも…逆に、ちゃんとした技術の方が行く程じゃないレベルの修理依頼がほとんど。ってことなのかもなぁ。

とか。

3回も修理に来てもらって。
沢山の部品や消耗部分を交換してくれて。
保障期間なんてとっくに過ぎているのに、全て無償で対応してくれて。
そりゃ、製品の代金は高くなるよなぁ。

とか。

Sさんの仕事をYさんは見たことあるのかなぁ…。
もうちょっと縦方向からの教育を上手くやった方が、若い人も伸びるやろうし、効率も良くなると思うんだけれどなぁ。

とか。

Yさんが、Sさん位のプロになれるのはいつごろなのかなぁ?
それまで、きっと沢山苦労するんだろうなぁ。
苦情とかも多いやろうし。。。
それまで、負けずに頑張って学んでいって欲しいなぁ。

とか。
色々と考えて。

洗濯機壊れて大変やったけれど。
ちょっとしたメーカーの末端を覗けた気がして。
それはそれで楽しいなぁ〜。
なんて思っている、お気楽な私なのでした。

とは言え。

もう壊れないでよーーー、洗濯機ちゃん!


posted by carrera at 20:46| 兵庫 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これ、すごくおもしろかったです
ほんとに職人って人種は減ってきてますよね
うちのマンションのクロスとかみても、ああ、ここバイト君が貼ったんやろうなあというカ所多数
昔みたいにすべて大工さんが建てるおうちに今さらながら憧れたりして
まあ、わがやの倍の倍をお支払いでしょうけど

でも、Yさん、ずっとそのまんまな気がするW
できる人は最初からできるコって言われてますもんね、経験上
男の子は一生仕事するから、いまはこちびはお気楽にしてていいねんって朝おちびに言ったばかりで、タイムリーなお話でした
ああ、うちのこちび、できるコでありますように
Posted by todo703 at 2008年11月21日 10:13
todo703 さん

コメント遅くなってごめんなさいー。

職人さんってかっこいいですよねぇ。
家建てている所見に行くと、すごい技が見れたりして、私も大好きです。
最近は、車置くところとかの下が石タイルみたいになっているの、あれが職人さんが1つづつ形や石の色を見ながら石を金槌で割って貼っていっているのを見て。
ヒャー、すごい!って感動しました。
ご夫婦でね、黙々と作業しているんですけど、まさに「あうん」の呼吸で仕事が進んで行くんですよ。
踏み切りの向こうの例の場所(笑)でやってます。
お暇があれば是非見てみてください!

Yさん、ものすごいビクビクした感じが「常々、叩かれてきました」感をにじませていて。
まぁ、これならば文句言う人もいるだろうなぁ。と思ってみたり(苦笑)
男の子は出来る子であって欲しいですねぇ。
勉強とかじゃなくて。
なんていうか、芯の通った子であって欲しい。というか。
女の子は…運のある子になって欲しい!(笑)
Posted by カレラ at 2008年11月25日 11:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。