2008年10月20日

番外編!?

今日はスリングの交流会「カンガルー会」でした。

…と言っても。
いつもの場所(=舞子)ではなく。
今日は、淡路島で開催してきました。

えー。
いきさつがありまして。。。

1ヶ月ちょっと前にカンガルー会にメールがあり。
淡路島に住んでいるのだけれど、友人も含めて、スリングを教えてもらえる場所がなくて困っている。
出来たら、淡路島で交流会を開催してもらえませんか?
…と。

  他の交流会を主催されている方にも当たったけれど、お断りされたそうで。。。

一緒に主催している友人とも。
最初はお断りしよう。と話をしていたのですが。

…というのも。
過去にもこの手のお話は何度か頂いているんですよね。
講演してください!みたいなのも含めて。。。
が、私たちはプロではないし。
ママさん同士が交流する場を作っている。
という認識なんですね。
そのママさんの中に自分達も入っていて。
まぁ、つまり、一緒に交流しているつもりなのです、ハイ。

だから、どこかに招かれて…というのはちょっと主旨が違うなぁ。と。

が。
一度お断りしたし、その方も、それならば頑張って舞子まで行きます!と言ってくださり。
…でも。
淡路からだと交通費だってバカにならない!
それに、その方1人が解決しても、お友達の問題も、淡路島でそういう場がない。ということも解決出来ない。

でもでも。
自分達が決めた範囲を超えて活動することはどうなんだろう?

  特に私は頭が固い人間なので。。。

でもでもでも。
自分達で力になれるならば。。。

色んな気持ちの狭間の中で。
思い切って引き受けてみました。

カンガルー会@洲本!

とは言っても、Pekiの幼稚園もあるので。
タイムリミットは、送って行った8時半頃から、迎えの13時40分頃まで。

その時間で。
頑張って友人の運転で明石海峡大橋を渡り。
洲本まで行き。

交流会を開いてきました。

開催場所は、招いてくださった方のご親類のお家。
広いお家で、8組の親子が集まっても余裕!

  うらやましー!

内容は、背伸びせず、気張らず、いつものカンガルー会。

  つまり、場所を変えただけで、いつもの交流会。
  一緒に交流してました(笑)

ただ。
やっぱり舞子で開催しているのに比べると。
情報が少ないのかなぁ。というのは肌で実感しました。
スリング自体、淡路島では使っている方を見かけない!とみんな言っていたし。
でも、そんな中でも、スリングに興味を持ってくださった方達だから。
何とか今日のうちにモノにしたい!という強い意志をすごく感じました。

そして。
簡単なレクチャーなどをしてみて。
…きっと、頑張ってスリングをマスターしようと色々と努力されたんだろうなぁ。と感じました。
ちょっとの手助けで。
「昨日までと違う!」
そう言ってもらえて。
…違うと感じられるのは。
あぁじゃない、こうじゃない。と、苦労してきたからであって。
…何だか、4年前にPekiを抱っこするのに散々苦労した自分を思い出しました。

スリングって、本当にちょっとしたコツだけなんですよね。
言葉では説明しにくい、ちょっとした「手助け」。
例えば、赤ちゃんを抱っこする位置をほんのちょっと上に上げてみる。
肩にかけるパッドの位置を少し下げてみる。
布の端を少しひいてみる。
そのすこーしの差で、お母さんもグーンと楽になり。
赤ちゃんもほんわか安心した体制になり。
しっくりと抱っこできることで、やむを得ずの抱っこが楽しい時間に変われる。

そんな手助けが少しでもできたならば…。
そんな顔をしてもらえたら。
カンガルー会やっていて、よかったなぁ。そう思うのデス。

今日はなんだか。
久々に初心に戻ったような。
そんな新鮮な気持ちにもなれました。

招いてくださった皆様。
本当にありがとうございました。
私たちで…少しはお役に立てたでしょうか?

  なんせ、交通費頂いているので…。
  それなりの参加費が発生しているハズ。
  そこまでの価値のある会かどうかは…(汗)

どこでも行きますカンガルー会!
…とまでは、やっぱり言えないけれど。
求めている方がいて、自分達の出来る範囲のことが手助けになるならば。
そして、こんなに自分達も暖かい気持ちになれるならば。
こういうのもいいよなぁ〜なんて、思ってしまえた一日でした。

☆☆☆



posted by carrera at 22:15| 兵庫 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | カンガルー会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
子連れで活動するからには、「ここまで」っていう
ラインを守ることもほんとに大事だけど(私はつい
やりたい気持ちに負けてしまうタイプです。)えい
っとラインを越えてやってみることも時にはいいも
のなんですね(^^)
心があたたかくなりました。
Posted by kotsubu at 2008年10月22日 21:53
kotsubu さん

そう、「ここまで」が重要だな。と、カンガルー会を始めるときにちゃんと線を引いたつもりだったんですけど。
頭は固いが、情に弱い私です(苦笑)
でも、少なくとも今回は、思い切ってラインを踏み越えてみてよかったなぁ。と思いました。
程よいラインで無理なく…ってなかなか難しいですよね。
やりたい!と思うからやっているんであって。。。
でも、kotsubuさんにも心が暖かくなったと言ってもらえて、何だか、より一層やってよかったな。と思えました。
ありがとうございます☆
Posted by カレラ at 2008年10月23日 20:56
カンガルー会@洲本!開催おつかれさまでした(*^_^*)
素敵ですね。
「スリング」の持つ奥深さと
そして

>言葉では説明しにくい、ちょっとした「手助け」。

ここに更に私は魅力を感じます。
息遣いや温度やいろいろなこと。
ネットの社会、便利な社会をけして否定するのでなく
私も活用愛用させていただいているけれど
そこに確かな息遣いがあるかどうかってとっても大切やと思うねん。

カンガルー会はどこで開催しても大丈夫やと思う。
そこにいつも交流が存在するから☆
ということで、和歌山からお呼びがかかった時はよろしくお願いします(*^_^*)

Posted by スプリング☆ at 2008年10月24日 11:49
スプリング☆ さん

ありがとうございます〜。

>言葉では説明しにくい、ちょっとした「手助け」。
うん、確かにスリングだけの話じゃないですよね。
育児そのものもそうだろうし。
もしかしたら、私自身もそういう手助けを求めている人なのかもしれないし。。。

核家族で、しかも生まれ育った所と違う場所で生活していると、自分自身だけでも、ちょっとした手助けが足らないなぁ。って常々思うんですよね。
世の中変わったから、努力すれば得られる情報も多いけれど。
でも、情報があふれているからこその「交流」って、やっぱり大事だなぁ。って。
そういうこと、色々と考えると、私の次の一歩は人とのふれあいなのかなぁ、やっぱり。とか思ってみたり。
自分の為にも…。

スーさんに同じようなこと言ってもらえてウレシイ〜。
ホンマ、スーさんが近くに住んでいたら、話聞きにしょっちゅう通っちゃいそう〜(笑)
Posted by カレラ at 2008年10月24日 20:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。