2008年08月27日

行きたくない病

今日から、Pekiさん、幼稚園復活!です。

2学期は勿論、9月1日からなのですが。
今日から夏季保育(後半)が始まり。
実質的には、通常の午前保育と同じ。

…ということで、我が家的には、今日から2学期開始気分です。

初めてのPekiの夏休み。
思い返してみれば、あっという間だったなぁ。
始まる前は、何して過ごそう?なんて思っていたけど。
もうちょっとあってもよかったかなぁ。と思う位。

が。
一番そう思ったのはPekiだったらしく。

朝、急に具合が悪いと言い出し。
でも…どうみても昨日と何も変わらず。

…どうやら幼稚園に行きたくないらしい(苦笑)

入園して以来、行きたくない。と駄々こねたのは初めて。
いつかそういう日はくるだろう。と思っていたけど。
…今日だったか〜(苦笑)

さてさて。
こういう時、親はどういう態度をとったらいいんでしょうねぇ。
色んな選択肢があるし、色んな話も聞くし。

「行きたくない。ということを受け止めてあげ。
 なぜ行きたくないのかの話を聞いてあげる。」

なんてキレイな話にナルホド。と思ったりもしたけれど。

現実は…(^^;

一応、受け止めたっぽいことは言ってみたし。
理由も聞いてみたけど。
ちゃんとした理由は全くかえってこず。
むしろ、緊張して話がどんどん変な方向にいくPeki。。。

Pekiは、理由が頭でわかるタイプじゃないんだろうな。というのが私なりの冷静な判断。
そんなことを整理する余裕はなくて。
直感的に思ったことを言い、行動したいPeki。

…それに理由を求める私。

あぁ〜。
もっと自由気ままにPekiに付き合ってあげたい〜。

…と思うのは、冷静になった今だからで。

結局は。

「そんなら、もう幼稚園行かなくていいわ〜。」

うん。とうなずくPeki。

「そのかわり、もうずっと行かんどいてね。
 あぁ〜、保育料が浮いて助かるわ〜。
 うんうん、もう幼稚園なんか辞めておき〜。」

イヤ、Pekiちゃん…幼稚園行くぅ。。。(涙)
と、Peki。

…冷たい親!?

まぁでもねぇ。
ちょっとしたワガママに立ち止まってられる程の余裕もないし。
そんなことに付き合って、いちいち休ませる。なんて選択肢は私にはないし。
中途半端に甘やかすよりも、そういうことは受け付けない!という態度を見せるのが今の親としての私。
という自分なりの結論がそこにはあった。って感じかな。

ということで。
イヤイヤ、怒られながら準備し。
何とか出発したものの。
園について、教室で先生の顔見て泣き出すPeki。
そして、ハイ、頑張れ。とさっさと退散する私。

…でも、このときには。
自分の態度にちょっとの疑問と反省も残っていたのだけれど。
送っていった後に、Pekiの様子を気にしていた旦那から電話がかかってきて。
親としての正義と現実の難しさについて、ポンと肩を叩いてもらって。
気分スッキリ!

お迎えの際には「よ!泣き虫!」と出迎えてきました(笑)

で、Pekiは。
そんな私に怒ってパンチ!してきました(笑)

ま、その元気があれば大丈夫でしょう〜。

そのPekiを抱き上げて「だって泣いたやーん!」とギュっとしてあげ。
泣いたけど、それでも頑張って幼稚園行ったから。
ということで。
お昼ごはんにはジュースを出してあげ。
おやつも準備してあげたら。

Peki、イチコロ(笑)

さて、明日の朝はどうなるかなぁ〜?

また行きたくない。と言い出したら。
今度はどんな戦法に出ましょうねぇ!?


posted by carrera at 21:19| 兵庫 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あら〜、お利口pekiちゃんがそんなこと言うなんて珍しいですね。

ウチは入園から10日間&GW明けに手こずりましたわ。。。
入園式の次の日は、ワケも分からないままに登園し午前保育の2時間半ぶっ通しで泣き続け、その翌日からは制服見せただけで「行かない!!制服捨てる!!」と言ってマジで制服をゴミ箱に放り込みました・・・!!

幼稚園まで徒歩1分半なのをいいことに、とりあえずパジャマだけ脱がせ、右手に我が子を羽交い締めに抱え、左手に制服・帽子・靴・その他荷物を持って、幼稚園の先生に押しつけて登園したこともあります。

その時に「幼稚園は“社会”へ踏み出す第一歩です。だから“幼稚園児だから許される”という甘い考えは捨てて、制服は帽子までキッチリ着用して来なければならない、というルールを家庭でも身につけさせて下さい!!」と私が結構厳しく叱られました(T.T)


入園のときもGWもお姑さんが我が家に来ていて「行きたくなければ行かなくてもいいよ。おばあちゃんが先生やお友達の代わりに遊んであげる。」なんて甘やかすもんだからホントたまったもんじゃありませんでした。それを冗談でなくマジで言ってるから、なお質が悪いです。


とこんなことがあった、我が家の「泣き虫」も今では「帰りたくないよぉ!!」と逆に困らせてくれます。

あの頃が懐かしいわ(゜◇゜)
Posted by 小梅 at 2008年08月27日 23:17
カレラんおつかれ♪
Pekiちゃんもがんばったね♪♪

今日はきっと普通に行った?と
和歌山の母ちゃんはにらんでおりますが(笑)
Posted by スプリング☆ at 2008年08月28日 09:19
先に、その後のご報告だけ。

↑の翌日(つまり昨日)は、明日も頑張れるかな?なんて声かけていた為か、ゴネずに幼稚園に行きました。
が。
今日は、そんなこと言っていなかったからか(もう平気だと私も思っていたので)。
朝、今日も幼稚園だ。と知ると、ショック顔。
そこでは泣かずに準備もちゃんとしたものの。
園について先生の顔をみた途端に泣き出しました。
うーん、思っていたより重症!?
ま、でもそういう時期もあるんだ。程度で気にせず行こうと思っています(^^;


小梅 さん

いやいや。
決してお利口ちゃんではないのですよ…(-"-;
最近は、駄々コネちゃんと化しています。
半ば、反抗期状態です。

さくら姫ちゃん、そこまでだったんですねぇ。
まぁでも、最初にてこずるのは理解できるような気がします。
長期の休み明けも然り。
まぁ、駄々こねるくらいしか意思表示できないですもんねぇ。

じぃじばぁばの甘さは、時に毒ですよねぇ。。。
Pekiも夏休みにじぃじにこれ以上なく甘やかされたもんで。。。
お盆明けには…(^^;


スプリング☆ さん

そうですね。
一番頑張ってるのはPekiですよねぇ。

コメントの最初にもちょっと書きましたが。
お察しのとおり(?)昨日は普通に行きました♪
が、一日あいて、今日はまたアウト!
程よく明日から週末。
リフレッシュして、来週からの本番に備えてくれますように…☆
Posted by カレラ at 2008年08月29日 10:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。