2008年08月05日

「歩く」

とうとう。
Suiが歩き始めました。

7月30日が境目だったかな…今思えば。

これまでも歩けることは歩けたんですけどね。
Sui本人の中で歩くことは遊びの一環みたいなままでいて。
「どう?ボク歩けるねんで。すごいやろ?」
的な自慢のタネではあったけれど、移動手段ではなかったんですね。
移動したい時はハイハイの方が早いしー。って感じで。

  実際、めっちゃハイハイ早い!
  ハイハイ競争があったらかなりのハイスコアを残せると思います。

それが、短距離ならば歩いて移動しても何てことないわ。と気がつき。
ハイハイで移動と、歩いて移動が気が付いたら半々位だったのが、7月30日から8月1日位まで。
週末位から、歩く方が多くなってきて。
今では、ほぼ歩いて移動しています。

そもそも歩けていたから。
本人の意思の切り替えがメイン。って感じで。
なので、そんなに危なっかしくもなく、テコテコ歩いています。
そんなに転ばないし、転んでも上手に倒れていきます。
勿論、転んで泣くことなんてほぼない!
我が子ながら、すごいもんです。

  これも親バカ!?

2人目。
という余裕をもって、Suiの成長をずっと見守ってきているわけだけれど。

それにしても、子供が成長していく姿っていうのは感動的だなぁ。

と、今、シミジミ思っています。

特にこの1週間。
歩いて移動することに切り替えていくSuiの様子は。
純粋に、生きていく、育って行く。ということの無限とも思えるパワーを感じられて。
親としての感動を超えて、種族的な素晴らしさというか、本能的な喜びまでもを感じました。
あぁ、次の世代が立ち上がっていくんだ。
私は子孫を残したんだ。
…と言ったら、ちょっと大げさかもしれませんが。
Suiがこれから歩いて生きていく為の。
とってもとっても大事な瞬間に立ち会っているんだなぁ。
そして、こうやって人みんなが一歩を踏み出して、歴史が作られているんだなぁ。
と。

歩みを進めて、下に物が落ちていてもよけることも出来ずに転び。
次には、上手に転ぶことで難を逃れ。
その次には、少し足を高く上げることで転ぶことを避け。
またその次には、ほんの少しだけだけれど、物をよけて歩いて行こうとする。

  …この数日の成長です。

初めて靴を履かせたら。
なんでこんな邪魔なものを足につけなくちゃいけないんだろう?と必死にゴミをはらうように足をブンブンし。
でも、取れないから仕方なく一歩を踏み出すも。
足についたゴミが邪魔で、そのゴミの重さもよくわからないから、ものすごい勢いで足を踏みあげ。
鉄の靴でもはいているように力を入れて、まるでお相撲さんが四股を踏むようにヨッタヨッタと歩み始める。

  …それが、数分後には。
  靴の違和感も感じなくなったのか普通に歩いていました。

こうやって。
また明日には少し歩くのが上手くなっていて。
そのうちに、気が付いたら走りだして。
ジャンプして…いくんでしょうねぇ。

本当、何も手伝ってあげなくても。
子供はどんどん育っていきます。

  「子育て」ではなく「子育ち」とは良く言ったもんです。

本当に、本当に。
純粋なる命のパワーってすごい。
言葉では書きつくせない感動です。

そして。

…言葉では書きつくせない「いたずら」も沢山(^^;

  感動話だけじゃ、子供ネタは終わりません(笑)

歩けるようになったら、歩きたい!んですよねぇ。
お店に行こうが、外だろうが。
店の棚から商品を引っ張り出して他の棚に入れてみたり。
梱包を破こうとしたり。
まぁ、大騒ぎです、Sui。

  同時期のPekiの数倍すごいです。。。

そんなことするのも今の時期だけ…なんて悠長なことを言っている暇もないほどに(苦笑)

さて、明日はどんな進歩を遂げるのか?
そして、どんな悪戯をするのか…?

楽しみとほんのちょっとのドキドキを抱えて、明日のSuiを見守りたいと思います☆



posted by carrera at 22:18| 兵庫 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うんうん!これまた、わかる!!って
いつもこればっかり(笑)
私もね子どもは授かりもの
神様からのあずかりもの
とはよく言ったといつも思います☆
子どもたちに雷落としながらも(笑)
天使や〜〜ってほんま背中の羽を捜してしまうような・・・
そんなぐらい心にぐっと来るときがあります。
特に歩き始めの時代は
本当に大きな・・・人類の命の進歩が
はっきりとより感じられる時期だもんね☆
大地を踏みしめる
その一歩いっぽに残る足跡の輝きを
これからも感じていける
おかあちゃんでいたいね☆
Posted by スプリング☆ at 2008年08月07日 20:32
スプリング☆ さん

スーさんにならばわかってもらえるかな?
って思いながら書いていたので。
スーさんにコメントもらえて、そして、そう言ってもらえてウレシイです♪

子供のやることって。
本当にすごいなぁ。って思います。
命のパワーを感じることもあるし。
無知ゆえのまっすぐさがまぶしい時もあるし。
…自らを省みて反省すべき時もあるし。

でも、それって。
スーさんも書いてくれたように。
自分にそれだけの感受性がないと感じられないですよねぇ。
特に、Pekiに対してそれを感じるのは難しい時が多くて。。。
もっと、全てのことを一段高いところから笑って見守ってあげられる。
そんな母親になりたいもんです☆
Posted by カレラ at 2008年08月07日 22:08
初歩き!おめでとうございます。
今当たり前の様にたって歩いてる事が、こんなにすごい感動を与える事が単純にすごいですよね。
世の中当たり前って思ってる事が当たり前ではないんだと思わせてくれました。ほんとう子供って時々、胸にぐっと思わせてくれる事しますよね。大切な命、体と心がすくすく育ちます様にと祈ってます。
Posted by moto ○○in at 2008年08月11日 08:17
moto○○in さん

お返事遅くなってしまってごめんなさい。

そして。
ありがとうございます。

そう、大人が当たり前のことが出来るようになる瞬間って。
ちょっと感動でした。
逆に、こんな些細なことも出来ないのか。と思う瞬間はもっと多々あります。
これは特にPekiで。
大人視点でこれ位できるやろう。と強いると、子供には難しいコトだったり。
大人視点で感動するのも重要ですが、時には子供の視線に落とさないと…と反省する日々です(^^;
Posted by カレラ at 2008年08月14日 21:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。