2010年04月26日

マリンバ…その後

Pekiのマリンバの件。
ご意見だけ沢山頂戴して、その後を書かずに…スミマセン。
やっと筆を…いやいや、キーを叩くことが出来ます。

  本日、長文です。
  お暇な方だけお付き合い下さい。。。m(_ _)m

で。
Pekiさん、マリンバやりたいよー事件。
結論から先に書くと。

マリンバ教室に入ることになりました。

が。

マリンバは買わないことになりました。。。

それでいいんかーい!
と突っ込まれそうだけれど(^^;

まぁ、とりあえず、簡単な経緯。

マリンバの値段とサイズを聞いた時点で。
旦那の中では、少なくとも「マリンバを買う」という選択肢はなくなったようで。

…んー、そうかなー、そうだよねぇ。。。

あんなにPekiがやりたがっているんだから!
と、反論したい気持ちと。
そうだよねー、大きいよねぇ。。。邪魔だよねぇ。。。
どれだけ続けるかもわからないもんねー。。。
という、ウンウンという気持ちと。
…どっちも自分の中に同じ位あって。

んー、んー、んー、んー。

…そうなると、Pekiの本気度が余計に知りたくなる。。。

で。
これまた結論から言うと。
いらんことしました、私(汗)

Pekiに、

本当にやりたいのー?
習い事が週に3つもあるんだよー。
宿題もでるよー。
忙しくなるよー。
楽器、買ってあげられないよー。
マリンバで知り合うお友達の家にはあっても、Pekiの家にはないんだよー。
そういう状況でも頑張れるー?

いっぱい質問しちゃいました。

  一応、マリンバは買えないよー。というのは前もって言っていて、
  Pekiは「それでもいい。」と言っていたのだけれど。
  自分はなくて、お友達はある。という状況は想定外だったよう。。。
  まぁまぁ、それ以外でも、いろんなこと言われて…テンパりました、Pekiさん。

…元々、Pekiはどうしてもこれ!ということは少ないのです。
泣いてでも、喚いてでも、しがみついてでもこれじゃなきゃヤダ!というコトはほとんどない。。。
よく言えば、あきらめがよくて気持ちの切り替えが早いんだけれど。。。

で。
私に色々と聞かれて。

「んー。。。んー。。。
 じゃぁ、やっぱり…いいや。」

ガーン!

結構、ショックでした。。。私。

勝手な自分の理想としては。
「色んな困難にもめげずにそれでもやりたい!というPeki。
 それを聞いて、そっかー、そんなにやりたいならば…と、頑張る私。」
…って、こうやって書くと、自分のアホさ加減がよくわかるけれど。。。
まぁ、つまりは、それでもやりたい!と言ってくれるもんだと思っていたというか。。。

…つまり。。。何だか。。。

私がPekiのやる気を潰しただけ…!?

んー。
かなり凹みました。。。

  しかも、今度は私の方がテンパって。
  えー?その程度のやる気だったのー??
  と、Pekiを責めるようなことまで言ってしまいました。。。(大反省)

せっかくPekiが興味持ったんだから。
芽を潰すようなことしないで。
出来る範囲で、前向きな形で対応してあげるべきだったんだよねぇ。。。
マリンバ買う、買わんって、物からばかり入って。
そこの覚悟が自分でつかないばっかりに、Pekiを振り回して。
自己責任にしたくないからって、こんな大変になってもそれでもやりたい?なんて、保険のような脅しをかけて。。。
そもそも、Pekiは自分の意思よりも、周囲に合わせてしまうタイプなんだから。
それを理解してあげないと。
…っていうか、こうやって私はずっとPekiの芽を摘んできたのかなぁ。。。
Pekiが何かに固執しないのは、私がこうやって確認まがいのことばかりしているからかなぁ。。。

ハイ。
旦那に泣きついて、飲んじゃいましたー(^^;

旦那的には。
いいやー。って言ったんならば、とりあえずはいいんちゃう?というのと。

  旦那、基本的にマリンバってどうよ?派(苦笑)
  Pekiがやりたいというならばやらせてあげてもいいけど。
  本人の気が済む範囲でいいんちゃう?という感じ。
  つまり、音楽を習うには…とかの基本的なことはどうでもいいし。
  必要以上の投資をする気もナシ。

でも、私が凹んでいるのもあって(苦笑)、Pekiの真意をもう一度確認してみようか。というのと。

で。
Pekiが後ろ向きな答えだったら、ヤメ。
やりたい!と言い出したら、やらせるのはいいけれど、マリンバを買うのはやっぱり無理。
…まぁ、最低1年程度は様子を見て。
それでも楽しそうに頑張っていたら…その時は考えてやろうか。

という話に。

  私も、もはや、マリンバという物の問題ではなくなってきていたので。。。
  Pekiのやる気がもう一度復活してくれるならば…!という気持ちでいっぱい(苦笑)

で、翌日、旦那がPekiに質問。
マリンバ、もういいやって言ったって聞いたけど。
やらんでいいの?
どうなん?

「うん。もう、いいの。
 だって、カンカンがダメって言ったもん。」

ガーン!

やっぱり、私がダメって言ったように伝わってるーーー。。。
そういうつもりじゃなかったんだよー(涙)
真剣に悩んでいたからこそ…。。。

凹。

「じゃぁ、いいねんなー?
 まぁ、またもっとやりたいことが見つかったらまた教えてなー。
 いつでも言うていいんやからなー。
 まずは言うてみないと始まらんし。」

あーーーー。。。
マリンバの話が終わってしまうー。。。

芽を摘んだ側としては…ものすごい自己嫌悪です。。。

  誰か私を助けてー(汗)

こ、これは何とかしなくては!
少なくとも、Pekiの誤解を解かなくては!!

で。
改めてPekiを捕まえて。
…自分の為にも、Pekiとイチから整理していく為の話。

幼稚園でやっていることの中で何が好きか。
お家で遊ぶことで何が好きか。
(この辺は、先の質問に答えやすくするための序章)
習い事を2つ(絵画とスイミング)をやっているけれど、それは楽しいか。
習い事を増やしたいと思っているのか?
どういうことがやってみたいのか?

で。
習い事…というよりは、新たな何かをやってみたい!と思っていること。
どういうこと?と聞かれると、どういうことがあるのかいまいちよくわかっていないこと。
お外の習い事よりは幼稚園の中でやっている習い事の方がいいと思っていること。
(一度、家に帰ってからまた行くのは…めんどくさいらしい。。。(汗)
 スイミングは楽しいけれど、行くのがめんどくさいとのこと。
 …って、車で送迎して、着替えまでしてあげているのにっ!!(怒))
幼稚園での習い事では…ピアノかマリンバか新体操にちょっと惹かれること。
新体操は土曜日のレッスンなので、それはメンドクサイとのこと(苦笑)
ピアノよりはマリンバがやっぱり楽しそうと思ったこと。
マリンバの体験レッスンは本当に楽しくて、またやりたい!と思っていること。

…じゃぁ。
マリンバはやりたい?

「やっぱり…やりたいー!!」

楽器を買うまでは…やっぱり無理だよ?
そこまでは今は出来ない。
それは、お父ちゃんと話していることだから…お母さんだけではどうにもしてあげれない。
お友達は家でマリンバの練習が出来て、Pekiが出来ないのはやっぱり同じ。
でも、マリンバなくてもいいじゃん!
先生のところで頑張って、出来ることだけ家でやったら。
お家でやることはお母さんも一緒にやろう!
でもでも、Pekiがずっとずっと頑張っていたら。
小学校行っても、マリンバが楽しいなー。って言っていたら。
その時は…もしかしたら、マリンバを買える日もくる…かもしれない。

どう?

「すごいやりたいー!!
 楽器、なくてもいいよ!
 Pekiちゃん、大丈夫!
 お空で練習するよ!!
 頑張ってひけるようになるよ!!!」

ハイ。
そういうわけでした。。。

いやぁ。。。
今回の件では、色んなこと考えました。
Pekiへの自分の対応の仕方…という部分だけでなく。
そもそも、Pekiがどういう人に育って欲しいのか?
(まぁ、親がどうと思った所でそう育つわけではないだろうけれど、ある程度の指針として)
周囲が勉強系の習い事に目を向ける中で…じゃぁ、Pekiは勉強が出来なかったとして…果たしてそれでいいのか?
そもそも、何を大事と思うのか。
どこまで子供の意思を尊重するのか。
んー。
今は答えが出ないことばっかりだったけれど。
そういう部分での芯をしっかり持っていないと。
いざという時に、こうやって子供を振り回してしまうのかなー。とか。。。

凹んでいる時に。
旦那に言われました。

「親が揺らいだらあかん!
 どんな形でも、例えそれが間違っていることでも。
 デーンと構えて、これはこういうもんや!という姿勢を持っていなあかん!
 そうじゃないと、子供が一番迷う。
 もっと自信を持たな!!」

ハイ。。。

まぁとりあえず。
マリンバは習います!
楽器はないけれど…可能な範囲でPekiをバックアップして。
旦那に「マリンバ買うたらないとやな(笑)」と言わせることをPekiと二人で目標にしたいと思いますっ!!





posted by carrera at 21:37| 兵庫 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。