2008年10月17日

大久野島!〜その3

改めまして。
大久野島の話の続きです。

 その1:http://carrera711.seesaa.net/article/108057593.html
 その2:http://carrera711.seesaa.net/article/108128054.html

今日で終わらせるぞー。
長いぞーー。
覚悟!


着いて早々、ひたすらうさぎと戯れ。
海辺でのんびりボーっと海や島や空を眺め。
一段落したところでチェックイン。

  チェックイン前でもフロントで荷物は預かってくれます。

部屋は10畳+2畳程度の広々したお部屋。
館内も併せて、お値段からしたら上々のお部屋です。

  参考までに、私たちが泊まったラビットセラピープラン。
  和室10畳、休前日追加料金込み、1泊2食付で8,925円(入湯税150円別)
  Pekiは3,500円(布団・食事付)、Suiはタダ(布団無、食事付)。
  他に和室8畳(料金一緒らしい)、洋室があるようでした。
  安い!
  高いプランは食事のバイキングに追加料理がつくような感じです。
  ついでに、島全体が「休暇村」なので宿はここしかありません。

 休暇村・大久野島:http://www.qkamura.or.jp/ohkuno/

建物はすごい古いわけでもすごい新しいわけでもないけれど。
全体的に清潔感があり、手入れがよくされている印象です。

  しいて言えば、敷き布団はちょっと薄かったかな。。。

部屋にはよくあるお茶のセットに加えて。
ポットに冷水も入れてありました。
これが助かった!
PekiSuiはお水派やし。
大人もお風呂上りも含めて、グビグビ大活躍!
なくなれば、フロントに持っていけばまた入れてくれます。
なければミネラルウォーター500ml×3本は間違いなく買っていたなぁ。。。

お風呂は温泉です。
男女それぞれ、2箇所ありました。
でも、広さは普通かな。。。
1箇所は半露天っぽくなっていたらしいです。
(私はそっちには行かず。。。)
温泉の質はきつくなくて、子供でも問題ナシです。
あ、そうそう、お風呂場に子供のおもちゃが置いてありました。
それと、部屋にはお風呂はありませんでした。
(トイレは有。ウォシュレット付)
洋室には部屋風呂があるらしいです。

そして、食事。
夕食・朝食共にバイキング形式です。
これが美味しかったーーー。
「瀬戸内こだわりバイキング」という名前がついていて、一応、宿の売りでもあるらしいんですけど。
種類もとにかく豊富だし(40種類以上らしい)。
味も美味しい!
取りにくいようなものは(例えばお刺身とか)小鉢に入れてくれてあるのも便利だったし。
目の前で調理してくれる屋台も出ていて熱々がうれしい!
私たちが泊まった日は串揚げでした。

  昨日は天ぷらやったー。と聞きました。
  天ぷらも食べたかったなぁ。。

何が美味しかったかなぁ。。。
ネバネバ系のサラダの「カリトロイカサラダ(みたいな名前)」。
梅ワカメのタレをかけるんやけれど、サッパリしていてぷちぷちした食感とトロっとした喉越しとさっぱり感が…美味しい!
普通のサラダも有機野菜で美味しかったなぁ。
それと、いわしのつみれ汁!
つみれがフワフワで臭みが全然なくて。
名産のたこのやわらか煮も間違いないお味でした。
串揚げも白身魚なんか、火がとおるギリギリのところでジューシー!
そうそう!尾道ラーメンも美味しかったー。
麺は普通なんやけれど、スープが飲み飽きない味で、お代わりしちゃいました(笑)

…どれもこれも、また食べたいなぁ(笑)

あ、デザートは普通だったかな。。。
でも、私にはそれがよかったかも。
料理は野菜・魚ばっかりだったし、油っぽいものがほとんどなくて。
デザートもほとんど食べずだったので。
たーーーーーくさん食べたわりにはちっとも身体に残りませんでした。

ということで、朝食もたーーーーーくさん食べました(笑)

朝食も美味しかったですよー。
メニューも朝からすごい種類豊富だし。
朝も目の前でししゃもや鮭なんかを焼いてくれる屋台が出ていて。
それと、おにぎり!
おにぎり屋台が出ていたのです。
具の種類は10種類以上あって。
お願いすると目の前でホカホカのを握ってくれるのです。
おにぎりって、やっぱりちょっと特別な食べ物ですよねぇ(私だけ?)
自分が握るのはよくあるけれど。
握ってもらうのって…10年以上ぶりかも。
しかも、にぎり具合が上手〜!
すごいほんわかした気分になれました、朝から。
あ、でも、おにぎり屋台は不定期営業。って言ってました。
握ってくれているのが支配人さんらしく。
忙しい時は出せないのだそうです。
支配人さん、ちっとも偉そうじゃなくて、楽しい方でしたよー。

バイキングって。
数合わせの料理が並んでいたりするとがっかりするけれど。
どれも、ちゃんと考えて作っているのが伝わってきて。
とっても好印象でした。

PekiもSuiも。
夜も朝もバクバク、沢山食べていました。
これが一番の美味しかった証拠でしょう。

  あぁ…食べにだけでもまた行きたい。

  は!いけないいけない。。。
  食べ物に盛り上がりすぎた。。。

翌日はPekiは朝6時前に起床。

  なんせ、家族全員で20時前に寝ましたから。。。

そして、旦那とさっさと散歩に出かける。

  私はSuiが寝ていたのでお留守番ー。

帰ってきた旦那情報。
「うさぎに、大量の餌をあげている人がいた。。。」

この情報が非常に後々に響いてくるのです。。。

朝食も終え。
張り切ってフロントでうさぎの餌を「セラピープランです!」と言い大量にもらい、また外に飛び出す私たち。

が。
今日はうさぎの食いつきが悪い。。。

昨日に比べてちょっと肌寒いからか?
それもあるかもしれないけれど…きっと一番には…朝イチでみんながうさぎに餌あげちゃったんだーーー、きっと。
うさぎさんだって食べれる量に限界あるもんねぇ。
通いなれたプロが朝イチに思う存分、うさぎとモフモフしたんちゃうかなぁ。。。
それと、前日は土曜日で平日までのお客さんの少ない明けだったのもあったのかも。

教訓。
「うさぎと戯れるのは早いもん勝ち!」

前日に思う存分触れ合っておいてよかったなぁ。
次は平日に独り占めしたいなぁ。

なんてブツブツ言いつつ。
もう1つの行きたかった場所へ。

それは「大久野島毒ガス資料館」
そう、うさぎパラダイスなこの島は悲しい過去を背負っているのです。。。
簡単に言えば、戦時中にこっそり毒ガスを作っていた秘密工場(国内最大)がここにあり。
当時は、地図からも抹消されていたそうです。。。
勿論、作る過程でも労働者の被害などもあり…そういったことの資料館です。

大久野島に旅するにあたって。
うさぎだけではなく、過去も知っておかなくては。と思った私。
地図から消された島
という本を図書館から借りてきました。

…が。
先に読んだ旦那が一言。
「お前は読むのやめておけ。辛いぞ。
 島に行って楽しめなくなるぞ。
 寝れなくなるぞ。」
ある程度は覚悟していたけれど…でも、旦那の反対を振り切って読むまでの勇気も出ず。
結局私は読まず仕舞いでした。。。(ヘタレ)

ここで毒ガス云々について語るには知識も足らないので敢えてこれ以上書きませんが。
島に遊びに行かれる方は…少し興味を持って見て。
悲しい過去にも目を向けてはどうかと思います。

  …本を読まなかった私が言うのも何ですが。。。

資料館は入場料は大人100円。
中は…正直、思っていた程のボリュームはなかったかな。
私たちは、資料館への寄付のつもりで入場した。と思っています。

資料館だけでなく島内には砲台後や工場があった頃の痕跡も点々とあります。
すっかり自然に侵食されて、まるでラピュタのような世界です。
色んなことを乗り越えたその痕跡は…冷たい恐ろしさと美しさを私は感じました。

  時間なくて2箇所しか見れず。
  次に行く時は。
  全ての遺跡を見たいなぁ。。。

その後は、向かいにある「大久野島ビジターセンター」へ。
こちらは大久野島の自然についての子供向けの資料館という感じです。
PekiSuiは大喜びで遊んでいました。

  私はここの建物の造りが好きでしたー。

基本的に、島内で出来ることと言ったら。
うさぎと戯れること、散歩すること、公園(遊具なし)でボール遊びなどをすること(ボール貸し出し有、有料)、
サイクリング(貸し出し有料)、テニス(コート有、有料)、釣り(竿貸し出し有、有料)などかなぁ。
テニスしに来ている中年(失礼!)のサークル(?)などもいました。
あ、夏場は海水浴が出来るようです。
それと、船で向かいの大三島に渡ると、これからの時期はみかん狩りが出来るとか。

総括すると。
思っていたよりは整備された島だったなぁ。
島内が1つの大きな公園。という感じで。
(って、実際、国立公園なんだけれど。。。)
そして、思っていた以上に景色がキレイで。
宿も値段から考えたら十分に満足できる内容でした。

リピするなぁ、ここはきっと。
お値段考えても、気軽に来れそうだし。

  が、人気で気軽に予約取れないのだけれど。。。

PekiSuiも本当に楽しかったみたいです。

また行くぞ!大久野島ー!



  長文お付き合い、ありがとうございましたm(_ _)m





posted by carrera at 21:38| 兵庫 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。