2006年12月04日

パスタdeランチ

金曜にパルモア病院に行った帰り道。
ランチを外食するつもりで出てきていたので、さーて、何を食べよう!?とPekiとワクワク。

午後イチの予約でお願いしていたので、既に時間は2時近く!
おやつ(軽食)あげてから出てきたけれど、さすがにPekiも私もハラヘッタ〜。

「Peki、何食べよう?」
「うーん、Pekiはねぇ、プーが食べたい!」

・・・プーって何じゃい!?

「くまのプーさんの、プー?」
「そうそう、それそれ。」
「でも・・・プーは食べれないよ。プー痛いじゃん。」
「でも、プーがいいなぁ、食べたいなぁ。」

最近、頓にしゃべる言葉が増えたPeki。
でも・・・言っていることは、意味不明(苦笑)

プー・・・は置いておいて。
さて、ホンマに何食べましょう?
無難に・・・お財布に優しいマクドかなぁ?
でも、私がそういう気分じゃないんだよなぁ。
私は・・・パスタが食べたい!
でも、Pekiはあんまり好きじゃないんだよね。

パスタと言えば。
Pekiを妊娠中は、会社を午後半休して検診を受けて、同じようにこれくらいの時間に1人で近くのイタメシ屋さんで1人ランチしていたっけ。
あそこ、シンプルながらしっかりと素材の味がして美味しいんだよねぇ。
なつかしいなぁ〜。

と思い、散歩がてら、よく行っていたイタメシ屋さんの前を通ってみることに。
うーん、3年近くきていないけれど、相変わらず!って感じです。

まぁでも、Pekiが食べれないところ行っても仕方ないし・・・
と思って、他に向かおうと思ったら。
「Peki、このお店がいいねぇ。」
と言い出すPeki。

「でも、Peki・・・ここ、パスタ屋さんだよ。Peki、食べられる?」
「うん、食べる。」
「お子様向けのメニューとか、ないよ。」
「いいよー。」

ランチメニューを見たら・・・ペンネがある。
まだこれならば大丈夫かな?
スパゲッティのように、細くて長いものは苦手なPekiさん。
1本づつ食べるから時間かかる上にお腹いっぱいにならない上に、焦ってツルツル!っとかまずに飲もうとして、オェとなったりしちゃうのです。
ついでに、ドリアもリゾットも最近はあまりお好きではない様子。

メニューはOKとしても・・・ここは元町。
子連れは歓迎してくれない店もある・・・
ここは・・・どうだろう?
前はサービスはすごいよかったけどなぁ。

と、ふと入り口を見ると。
「お子様用の椅子あります」
と書いてあるじゃないですか!!
よかった、これならば子連れもOKってことね。

と、言うことで、中へ。

結論から先に言うと。
前と何ら変わらぬ、程よいサービスですごいよかったです。
場所も、他の人たちと離れた場所を案内してくれ、お子様椅子ももちろん出してくれ。
お子様用の食器も一揃え(コップ・スプーン・フォーク・茶碗・皿)準備してくれ。
(そういえば、食器がプーさんでした(笑)Peki、初心貫徹!?)
メニューを決める際にも、
「プラス105円で大盛りになさって分けられても十分だと思いますよ。
 パンもついていますし。
 足らなければ、プラス315円でスープもしくはデザートもつけられます。」
なんてアドバイスまでくれ。
Pekiがフォークを落とした時には、すぐにお持ちします。という一言とともにサッと拾ってくれ、お皿の上に青いフキンをひいた上に、さっきと同じのと、別のキャラクターのと2つ持ってきて、今度はどっちがいいかな?と、Pekiに選ばせてまでしてくれ。
Pekiも大満足!

が、すばらしいアドバイスにも関わらず。
メニューは、結局Pekiが、わけわけはイヤ!と言い張り。
(最近、自分用に。という主張が強いのです(汗))
ランチを二人分頼むことに・・・

私は、前菜+パスタ+パン+ドリンクのAランチ(945円)を。
Pekiは、パスタ+パン+デザート+ドリンクのデザートランチ(1000円)を注文。

あぁ・・・お金が(汗)
まぁでも、今日は病院でいい子にしてくれていたし。
最近、色々とPekiには我慢してもらうことが多いから、せめてものお礼ということで・・・

で、Pekiさん。
1人分を主張しただけあって、食べる食べる!
パンを半分食べ、私の前菜の1つ、蒸しかぼちゃもバクバク食べ。
パスタは、「これ、美味しいねぇ。美味しい美味しい・・・」と言いながら、8割方ペロリ。
さすがにお腹いっぱいになり、
「ふぅ〜、食べた、ごちそうさま」
と言った所に、デザート登場。
パっと目が輝き、甘いもんは、別腹よね〜とばかり、もちろん、それも1人で全部完食。
ドリンクのぶどうジュースは半分程残したものの、いやぁ、私より食べたんちゃう!?(^^;

そうそう。
デザートの時には、
「シェフからのサービスです」
と、私用に『冷たいドルチェ』なるものを頂きました♪
これも美味しかった〜。
(そういえば、Pekiはこれも食べていた・・・恐るべし2歳児)

ここのシェフは、イタリアの方のようで。
昔からお客さんが来られた時、帰られる時は外に出て挨拶してくれます。
Pekiのことも、興味深々なのか、遠くからですがしょっちゅう覗きに来てくれていて。
が、Pekiは真っ白なシェフコートが白衣(お医者さん)に見えたのか・・・始終、シェフから顔をそらしていましたが(苦笑)
最後の最後に、ドルチェのお礼と一緒にやっと手を振ったPekiさん。
シェフも、やっとにっこりとうれしそうに笑ってくれました。

高架下のお店なので、決して高級な雰囲気ではありませんが。
入りやすい雰囲気と、しっかりしたサービス、程よい値段。
そして、ホッとするような飾らない味が私は大好きなお店です。

 オステリア ガウダンテ:http://r.gnavi.co.jp/k101302/

久々に食べたけれど、やっぱり美味しかった!
また行こうね〜、Peki。

・・・でも、次は、大盛りランチのシェアにしましょう(^^;


posted by carrera at 18:15| 兵庫 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。