2006年12月30日

正月準備

いやぁ、年末ですね。
何だか・・・正直、あまり実感ないんですけど(^^;

というのも。
結婚して、9年目にして、初めて神戸の我が家で年を越すことになりました。
毎年、旦那の実家で年越し。が恒例行事だったんですけどね。
(一度だけ、旦那の出張先に押しかけて年越したことありましたが・・・)
今年は、妊娠初期の私の身体を気遣って、自宅でのんびり。ということになりました。
って、もうすぐ安定期に入る時期やし。
行ってもよかったような気もするんだけれど・・・まぁ、旦那の気遣いをありがたく頂いておくことにします(^^)

が。
「旦那の実家で迎える新年」のノウハウはあっても。
「我が家で過ごす正月」に関して・・・あまりにも何のイメージも段取りもなく(汗)

旦那の実家では、バタバタと年末ギリギリに行く・・・というのもあって。
私がおせちを作る!という要望もなく。
近所のお店で各人好きなおせちを買って、重箱に詰めて。
(義母が他界しているので・・・)
刺身やら寿司やら牛肉やらを買い込み、それを食べてのんびりダラダラ暮らす正月。というのが恒例なのですが。

我が家では・・・さてどうしましょう!?

「なぁなぁ。やっぱり・・・おせち、作った方がええやろうか?」
ほんのすこーしの嫁心を出して、旦那に聞いてみるカレラ。
「いやぁ、いらんやろ。手間だけでさして食べたいもんでもないしなぁ。」
ふぅ〜、そう言ってもらえると助かる♪

が。
そうと決まってみると・・・今度は何もないのも寂しいような気分に。

「なぁなぁ。やっぱり・・・何もないのも正月らしくないよなぁ!?」
「ほんなら、形だけでも買ったらいいやんか。
 欲しいもんだけならば、さして高くもないやろう。」
ふんふん、買っていいのね☆

ということで、いざ、買出しへ!

いざ店に行き、改めてみると。
うーん、結構・・・高いなぁ。
・・・田作りなんかはまだ買える値段やけれど・・・
ちょこっとづつでも全部買っていたら・・・エライ値段やよなぁ・・・
気が付いたら、野菜も高いやん・・・あれ、大根、こんなしたっけ!?
・・・やっとこさ、年末やなぁとシミジミ(苦笑)

結局、かまぼこ・伊達巻きなんかの自分じゃ作れないもの、あまり好きじゃなく作る気がしない(けど、旦那からリクエストのあった)田作り、これだけは外せない!大好きな数の子を買い。

・・・
あ、なます売ってる。私、好きなんだよなぁ、でも・・・なますぐらいならば自分で作れるよなぁ。
お煮しめは・・・Pekiが食べれるから作ってあげようかな。(でも、材料どれも高いなぁ・・・)
くわいの煮付け、旦那好きだけれど、高い!これならば、商店街の八百屋で生のん買って自分で炊こうかな。
あ、そうそう、お雑煮の準備もしないと・・・

・・・結局。
山のような、おせちを作る為の材料を買い込んで帰ってきてしまいました(汗)
あぁ、私のケチで貧乏性なところは・・・なおりそうにありません(涙)

でもでも。
それでも、昆布巻きも諦めたし、栗きんとんも却下したし。
海老とか鯛とかの華やかなモンもないし。
きっと、まだ簡素な方なんだろうなぁ・・・

皆さんは、おせちはどうされますか!?
そして、年越しはいかがされる予定ですか・・・!?

私は・・・来るべき正月に向け、明日は台所で奮闘します!


***********

今日が「ブログ納め」になるかな・・・!?

この『日進月歩@垂水』を立ち上げ、早9ヶ月。
本当に沢山の方に、私のつたない文章を読んで頂きました。
来年は、順調に行けば、出産、そして二人の子供との格闘の日々(!?)を綴れることになると思います。
よかったら、また来年もお付き合い下さいまし。

それでは皆さん、よいお年を・・・☆



posted by carrera at 17:57| 兵庫 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

木下大サーカス@姫路

姫路で開催されている「木下大サーカス」に行ってきました。
・・・1週間以上前に。

  書くんが遅いっちゅうねん!
  きっと一緒に行った友人はこれを見て、
  「もうブログにはそのことは書かないのかと思っていた。」
  と思っていることでしょう・・・(苦笑)

 木下大サーカス:http://www.kinoshita-circus.co.jp/
 姫路公演詳細:http://www.kinoshita-circus.co.jp/htmls/sche/sche-01.htm

きっかけは、友人から誘われたこと。
しかも、ありがたいことに「チケットあるんだけれど一緒に行かない!?」と。
あぁ〜、なんてウレシイお誘い♪
見たい!けれど、当日券2,800円は、なかなか勇気のいる金額。
それが、タダなんて〜☆
「いつでも行きます。予定ブッチしてでも行きます!」と即答(笑)

ということで、行ってきました、はるばる姫路まで。
姫路なんて、めっちゃ久しぶり〜。
・・・あ、いや、姫路セントラルパークに今年行ったっけ(笑)
姫路の繁華街は久しぶり!です。

親子3組で約束していたのですが。
当日朝になり、一組のお友達が
「娘がウンチでそう・・・だけれど出ない!で、出れない!」
と悲痛のメール。
うんうん・・・わかるよぉ。
そういう時って、無理矢理連れ出せないんだよねぇ・・・
ということで、先にもう1人の友人と行くことに。

  その友人は、開演30分後に現地到着しました。
  お疲れ様でした・・・☆

姫路まで・・・遠いと思っていたけれど、新快速乗って友達をしゃべっていたら、結構あっという間。
駅から子連れのんびり15分程歩くと、赤い大きなテント発見!
おぉ〜、サーカス!って感じ。

が、入り口の場所を間違え。
気が付いたら、真裏側に(汗)
・・・が、そのお陰で、待機中のキリンさんに出会うことが!
そして、Peki、大喜び!

・・・思えば。
Peki、ここが一番テンション高かった・・・

会場につき、入り口を入ろうとすると・・・
「こちらは指定席追加料金を払われたお客様のみです!」と通せんぼ。
じゃぁ、一般自由席は・・・!?と見れば、長蛇の列。
・・・もう開演間際やん、はよ入れてーな。
ということで、列にならぶと、開園10分前になりようやく入場。

そして、いざ園内(!?)へ。
中には、フード屋台が数件あり、観光地価格でもなく、良心的な値段で売られていました。
ポップコーン200円とか。
でも、軽食ばかり。
ランチを取るにはちょっと厳しいです。

そしてそして、テント内へ。
誘ってくれた時、友人が
「暖房完備だけれど、テントだし妊婦さんには寒いかもしれないかも!?」
なんて気をつかってくれていたのだけれど。
何のことはない。
中は・・・ビックリする程、暑い!!!!!
コート脱いでも、カーディガン脱いでも、まだ暑い。

そして。
開演前でも暗い(照明施設があまりないのです)!!!!!

・・・この2大基礎要素が子供達を不機嫌へと導いていくのです・・・

会場内は・・・一般自由席は平日にも関わらず8割程埋っていました。
(遠足(!?)の団体さんがいたのが大きかったかも)
追加料金の必要なエリアは、2,3割程度の客入りかな・・・

いよいよ開演。
Pekiさん、サーカス自体は前の日からかなりワクワクしていたようで、ずっと盛り上がっていたのですが。
場内の、蒸し暑い空気、くらーい雰囲気に若干引き気味。
そこに・・・ショーがはじまり。

最初はね、Pekiなりに、サーカスというものを楽しもうと結構必死だったんですよ。
いきなり泣き出した友人のお子さんに比べれば、まだ前向きやったように思います。
(つまり、いきなり泣き出した子、結構いました(^^;))

でもねぇ・・・子供にもよるのかもしれませんが。
危なっかしいことをしているのをひたすら、ひたすら見るのは。
2歳児にはあまり楽しくないのかも・・・
大体ね、人間の限界がまだわかってないと思うのですよ。
自分も、やれば出来る!位に思っているのかもしれないし、
遠くでなにやら大きな音を立てて「ジャーン!」とポーズを決められても・・・「はぁ!?」やったとしても無理はないかも。

Pekiなりに一生懸命、理解しようと舞台を見つめること30分。
いくつかの演目が終わり・・・とうとう動物さん、シマウマが登場!
あぁ〜、これでPekiも楽しめるものがきた!とホッとしたのです・・・最初は。

が。
ムチの音がピシ!っと響く中で、シマウマが不自然に並び、走り、列をつくり、挨拶し。
大人が見ればね、すごいなぁ!よく調教しているなぁ!って思うんですけれどね。
Peki・・・ニコリともせず。
むしろ、不機嫌・・・

極めつけは・・・火の輪をシマウマがジャンプして飛び越えて行った時。
そのシマウマを見て・・・Peki、ワンワンと号泣。

「熱い・・・熱いよぉ、シマウマさん、熱いよぉ・・・ダメダメ・・・」

う・・・
他はともかく、動物出てきたら喜ぶと思っていたのに。
子供って・・・ホンマ、純粋なんですね(汗)
まさか、そんなことで泣くとは・・・
何だか、私がやましいような、申し訳ないような気持ちさえ感じてしまいました。

そこからは。
舞台を見ることも嫌がるPeki。
必死に私にしがみついているから、タダでさえ暑いのに、余計に汗だくになるPeki。
・・・不機嫌連鎖です(汗)

後は・・・Pekiを抱っこしつつ、私は舞台を楽しみ。(でも、Pekiも気になり・・・)
途中の休憩時間に外に連れ出して、外気を吸わせてあげると・・・今度は戻るのをイヤがるPeki。
お友達が待っているよ。と何とか諭して戻すも、最後まで不機嫌なままでした。

もちろん、喜んでいた子もいましたよ。
もうちょっと大きいお兄ちゃんなんかは、手叩いて喜んでました。
まぁでも、Pekiみたいな子も少なからずいたことも事実・・・

で、肝心のサーカスですが。
めっちゃ久しぶりに見たのですが(小学生以来!?)、やっぱりすごいですねぇ。
私は「空中大車輪」なるショーがおもしろかったです。
Pekiが機嫌よければ・・・もっと楽しかったことでしょう(苦笑)

それと、私が感心したのが。
プログラムが変わるごと(結構頻繁)に舞台設営をイチからし直すんですよね。
その裏方さんがすごいなぁ。と思いました。
だって、ちょっとでもバランスが崩れれば大惨事になるような、命がけのセッティングですよ。
それを、お客さんの目の前で、あっという間にサササーっとスマートにこなしていく。
いやぁ、プロですね。
ショーに出ている人もプロでしょうが、裏方さんにも拍手!と思いました。

ついでに、テントの裏側も興味津々。
休憩中に隙間から覗いてみたら・・・テント横のプレハブのような所に住んでいはるんですねぇ。
洗濯物が干してあったり、折りたたみの自転車があったり。
サーカス団の旅なんて本にあったりもするけれど、ホンマにこんななんやなぁ。と何だか、妙にエエもんみた気分になりました。

・・・えぇ、相変わらず見ているところが違いますよ、私は(苦笑)

それと、これは補足です。
某サイトで木下大サーカスについて質問されていたことの1つに
「一般自由席じゃ、やっぱり見えませんか?」と書いてあったのですが。
そんなことなかったです。
斜めからだし、ちょっと遠いけれど、それはそれで楽しめます。
もっとも、ピエロの表情とか、細かい細部の芸は見えませんが・・・
もし指定席買われるならば・・・どうせならば、リングサイドAかBがいいと思います。

kinosita.JPG

写真は、サーカス終了後に象さんとの記念撮影を拒否するPeki(苦笑)
(象さんの真横で一緒に撮影は、ポラロイド写真1枚撮影1,000円です。これはサーカス入らなくても、公演終了時にサーカス入り口にいれば撮れます&見れます)

そうそう。
写真に写っている下敷き(もらいました)は、Peki、お気に入り。
帰ってからも、下敷きを見て「サーカス行ったね」と誇らしげ・・・
楽しかったのか・・・!?いや、絶対にそんなことはないはず・・・

ワシも行きたかった!とブーたれる旦那がいたので(って、出張中やったやん!)
「じゃぁ、Peki、お父ちゃんともう一度行く?」
と聞くと・・・
途端に顔色変えて「イヤ!」と走って逃げていきました・・・
・・・どうやら、イヤだけど、病院頑張った!とかのレベルでの、いわゆる「達成感」での誇りのようです(苦笑)

木下大サーカス。
2月20日まで、姫路で公演しています。
ご興味ある方、ご参考まで〜。

posted by carrera at 18:36| 兵庫 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

グアム話〜食事編そのB〜

グアムの話・・・
まだ聞きたい人・・・いますか!?

なんて、聞いて、誰も手を挙げてくれなかったら寂しいので。
さっさと書き上げてしまいましょう!!

  グアム日記。
  自分で読み返していて思ったのだけれど。
  やっぱり、旅行モンに写真が少ない。ってのは。
  決定的な致命傷ですね。
  だって・・・イメージ沸きにくいし。
  ・・・ねぇ!?
  例え妊婦だろうが、カメラは常に持っておくべきでした(反省)

さて、グアム3日目からの食事の話です。

この日の朝食は、ホテル内のレストラン「ら・ふらんす」で食べました。
洋食と和定食から選べます。

私は洋食をセレクト!
ホテルの洋食朝ごはんって、私大好きなんですよ〜。
朝に贅沢するのって、何だかすごい満ち足りた気分になるんですよね。
私の実家、日曜の朝に早起きして朝食に美味しいモン食べに行くのが大好きな家でございました。
(築地まで行って、市場でお寿司!とか)

で、ここの洋朝食は、期待を裏切らずに美味しかった〜。
別に、何てことないコンチネンタルブレックファーストなんですけどね。
飲み物・卵の調理方法・添える肉料理・パンの種類なんかを1つづつセレクトしていくのって楽しいじゃないですか。
ジュースは、りんごやオレンジはもちろん、グアバ、マンゴーなんかも飲み放題で。
朝から満喫〜でした。

旦那とじぃじは、和定食を注文。
こちらも、まぐろの刺身、温泉卵から納豆まで、日本の旅館で出てくるようなオーソドックスなものでした。
これまた美味しかったそうです。

値段は・・・確か、18ドル(約2,000円)程。
ま、ホテルでの朝食はこんなもんかな・・・
でもこの食事は、ツアー早期申し込み特典のクーポンを使ったのでタダでした♪

そしてランチは、前の日の夕飯に行く予定だった中華料理店「ディンタイフォン」へ。
ホテルから徒歩5分程の場所です。
ここは、ガイドブックで見て、私がセレクトしていたお店。
飲茶が安くて美味しい!と書いていたのだけれど・・・日本人観光客とみるなり、コース料理を薦められました(苦笑)
まぁでも、じぃじは飲茶はイマイチ!?という感じだったので、結局コースを注文。
3人前90ドル(約1万円)という、ランチにしてはお高いコースです。
でも、なかなか豪華なラインナップ。
ふかひれとカニのスープに始まり、牛肉の炒め物や小籠包、北京ダックまで出てきて(計7品かな!?)
しかも、どれも美味しい!
Pekiも大喜びで食べていました。
炒飯なんて、1人でがっつく、がっつく(笑)
ついでに、余った料理はランチボックスに入れて持ち帰れます。

ローカルが目立つ店で、決してキレイでもサービスがいい訳でもなかったですが。
味はなかなかのものでした。
ここは、オススメできます。

夜は、ディンタイフォンの向かい辺りにある、日本料理屋「横綱」へ。
本当はもっとローカルなものを最後に。と思っていたのですが・・・じぃじの胃がギブアップ気味。
ということで、ホテルからも近く、気軽に入れそうなこの店をセレクトしました。

が、これが大正解!で。
日本並の美味しいお寿司なんかを食べることが出来ました。
私は、カルフォルニアロールが美味しかった〜。
本場(!?)だけあって、日本で食べるのより、格段上でした。
旦那は、ソフトシェルクラブのから揚げを見つけて大喜び!
日本じゃあまり食べられないですもんね。
そうそう!ここでは「ポキ」もあって。
「ポキポキ・・・」となっていた私には、念願叶ったり!でした。
(ついでに、日本帰ってからも作りましたよ〜「ポキ」)
Pekiは、枝豆にお茶漬けに・・・久しぶりの和食に「本当に美味しいねぇ」とシミジミしていました(笑)

そうそう。
ここのお米は、ジャパニーズライスでした。
聞けば・・・「パールライス」を使っているそう。
やっぱり、胃にしっくりきます。

値段は・・・日本のお寿司屋さんで食べるのとあまり変わらないかな!?
4人で食べたいだけ食べて、飲んで、サービス料チップ込みで200ドル弱(約23,000円)でした。
私たちは頼まなかったけれど、定食なんかのセットものは高く感じました。
(トンカツ定食20ドルとか)

さてさて。
日本に帰る日となりました。
朝食は、ホテル内のもう1つのレストラン、「パームカフェ」で食べました。
こちらは、ビュッフェスタイルです。

・・・が。
こっちは、ハズレ(涙)
味もサービスも、「ら・ふらんす」に比べると格段に下がります。
食べ放題だけれど・・・美味しいもんがなかったら意味ないよ・・・

値段はほぼ一緒(こっちのが高かったかも!?)
・・・もう一度、「ら・ふらんす」に行けばよかった・・・

そして、ランチは時間がなかったので、2日目に行った、ホテル横のモール内のフードコートで適当に。
・・・ホンマに適当で書くことない位です(苦笑)

そしてそして、空港へ。
機内では、夕飯の機内食が出ました。

行きと同じく、キッズミールは驚くほど早く出てきた!
・・・けど、Pekiさん、離陸と同時に寝てしまったので意味なし(苦笑)
結局、起きてからもボケボケで、最後まで全く手をつけずでした。

内容は・・・

・何かのフライ(白身魚!?)のバーガー
・低脂肪牛乳
・サラダ
・M&Mのチョコレート

・・・Pekiには食べるものがなかった。と言った方がいいかも(苦笑)
あ、牛乳だけは飲んでいました。

大人は、「チキン?orビーフ?」のセレクトディナー。
私はチキンを、旦那はビーフをセレクト。
チキンは・・・カレーソースがけ、パサパサライス添え
ビーフは・・・ビーフストロガノフ(と言うが、固い肉にデミグラスソースがかかったようなの)、のびのびパスタ添え
そして、どちらも、サラダ、パン、フルーツがついていました。
ま・・・ありがちな、イマイチ機内食でした(苦笑)

イマイチな機内食に出会う度に。
いつか、国際線ビジネスに乗ってやるぞ!と決意するカレラ。
かれこれ、数十回飛行機に乗っているハズですが。
・・・いつかこの夢は叶うのでしょうか!?


そんなこんなで。
グアムでの、グアムらしからぬ(!?)食事のご紹介でした。


えー。
これで、一応、グアムでの話は全てなんですけれど・・・
他に、聞きたい話あります!?
あったら・・・リクエスト下さい!
可能な範囲で書きたいと思います。

posted by carrera at 17:02| 兵庫 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

ちくわ〜♪

メリークリスマス!

ですね(*^^*)

我が家は。
おそらくは、極平均的な日本人らしいクリスマス(笑)でした。

夕飯は・・・ちょっと豪華に「すき焼き」。
でも、ケチな私は・・・たかーい牛肉は買えない!
1人で肉売り場で悩んで悩んで悩んで・・・・・
でもさぁ。
100グラム1,980円の肉とかやっぱり買えないよぉ(汗)
ということで、悩んで、100グラム○○○円の肉を300グラム購入。
(旦那にはケチやなぁ・・・と言われたので、値段公表せず(苦笑))

でも・・・あんまり美味しくなかった(涙)
牛肉は、やっぱり、旦那の実家で食べるに限るなぁ・・・
(近江牛が安く買えるのです!
 同じ値段でも、口に入れた瞬間にジュワ!
 噛んだらトロ〜ってのが食べれるのになぁ。)

  余談ですが。
  皆さん、すき焼きとかしゃぶしゃぶとかって、どれくらい肉買います!?
  我が家は、昔は二人で400グラムとかだったんですけれど、
  気が付けば・・・野菜たっぷりのしゃぶしゃぶは200グラム程。
  お肉メインのすき焼きも結局300グラムでも余りました。

で、夕飯後はお待ちかね!のケーキ!!です。

今年は、阪急キッチンエールのカタログから選んだ、大阪十三にあるケーキ屋さん「ハンブルグ」の生デコレーションケーキ。
キッチンエールは、並ばずに有名店のケーキを玄関先まで届けてくれるので、ホンマ、ありがたいです☆

 阪急キッチンエール:http://machikomi.zaq.ne.jp/view/tarumi/13/2514/
 ハンブルグ:http://funky802.com/hfr/html/innersketches/cake/inner_cake182.html

スポンジは、ヨード卵やフレッシュバターを使い、生クリームは北海道の低脂肪クリームを使っているという言葉に惹かれ、セレクト。
ネットで見たら・・・どうやら、このお店は健康志向のようですね。

cake.JPG

こんなケーキです♪
味は、一口目に、劇的に美味しい!という感動はなかったけれど。
軽くて、やさしくて、食べやすいお味。という感じでした。
食べ終わってみて・・・うん、美味しいケーキだった!と思える味です。

さてさて、肝心のPekiさん。
Pekiにしたら、さしてうれしくもない夕飯が終わり。(肉は好きではないのです、Pekiさんは。)
いつものようにダラけていた所へ(苦笑)ケーキ登場。
まぁ・・・親がビックリするほど、大喜びしていました。

「え?ケーキ?本当?
 ありがとう!ありがとう!ありがとう〜!!
 キャ〜〜〜〜〜!!!!!!」

クリスマスだからね〜というと・・・両手を叩いて、腰をフリフリさせて歌を歌いだすPeki。

「ちくわ〜、ちくわ〜、ちくわ〜わわ〜♪」

・・・えー。
「ジングルベル」の歌です(爆)

Pekiには「ジングルベル」は「ちくわ」と聞こえるようで。
最初は、何言っているのかわけわからなかったんですけど。
メロディラインから言って、ジングルベルでした(笑)

そして、ケーキを「美味しい!美味しいねぇ〜!!」大喜びで食べたPekiさん。

さて、プレゼント。
本当は、寝たら枕元にサンタさんが・・・の予定だったのだけれど。
明日は平日。
朝起きて・・・だと、旦那は大喜びPekiを見れない!

ということで、急遽、Pekiがケーキに舞い上がっている間に枕元に置いておく作戦。
旦那サンタ、不自然にコソコソ(笑)
が、Pekiは目の前のケーキに夢中で気が付かず。

そして、さりげなく誘導しつつ・・・Peki、プレゼントを偶然発見!
このリアクションもまた、おもしろかった〜。

「・・・あれ?
 サンタロー!?
 ・・・・・
 あ、そっか。忘れてた。
 キンコンカンコーンって。(そのまま走り去るPeki)
 (戻ってきて)あれ、プレゼン!?
 ・・・あれ!?」

パニック状態で、訳わからないことを口走るPeki。
純粋ってすばらしいなぁ〜・・・
こんなベタベタな演出で混乱するほど喜んでくれるんだから。

 あ、そうそう。
 Pekiは、サンタクロースのことを、親しみを込めて(!?)
 「サンタロー」と呼びます。
 「三太朗」と和名に聞こえるのは・・・私だけ!?

プレゼントは・・・結局、

ND1710_1.jpg

スカリーノ(基本セット)にしました。

 スカリーノ基本セット:http://shop.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=07012&item=ND1710

Peki、ずっと欲しがっていたので大喜び!
今日も朝から遊んでいます。
でも、さすがにまだ自分では組み立てられないので、出来たもので転がして遊ぶ程度。
それでも、かなり楽しいみたいです。

実は他にも、実家のじぃじばぁばが送ってくれたものとか。
友達がプレゼントしてくれたものとか。
色々あるのです。
でも、それは今日のお楽しみ☆
一度にあまりに楽しみがあると・・・Peki壊れちゃうかもしれないから(爆)

ということで。
Pekiにとっては、楽しくてうれしくて大喜び!なクリスマスとなりました☆

皆さんは、どんなクリスマスでしたか!?

posted by carrera at 16:54| 兵庫 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

おかあさんといっしょファミリーコンサート@大阪

ネタがね。
沢山あるのですよ。
・・・さぼり気味な上に、イベント盛りだくさんで(^^;

ということで、グアムのことは(またも)さておき。
今日は、昨日行ってきた「おかあさんといっしょ〜ファミリーコンサート」のことを書いておきたいと思います。

奇跡的(!?)に抽選に当たって購入することができた、ファミリーコンサートのチケット。
 当選!:http://carrera711.seesaa.net/article/28266244.html
当日までも、ワクワク、ワクワクワクワク・・・私が(笑)

そして、いざ、大阪へ!
大阪まで行くことって、子供産んでからめったになくなってしまったので、正直、遠いよなぁ。という印象。
Pekiがずっと電車でいい子にしていられる・・・かな!?
ということで、当日の朝まで悩んだ結果、車で行ってきました。

道は空いていて、思っていたより早くNHK大阪ホールに到着。
お陰で、NHK地下の駐車場にとめられたけど。
・・・開演まで1時間以上あるよ(^^;

nhk5.JPG

NHK大阪。
かっこいい建物。金持ちだよなぁ〜。
・・・受信料、ホンマに必要!?(ボソ)

ということで、まずはグッズ売り場へ・・・Pekiが勝手に走り出す(苦笑)
「あ!ジャコビーーー!!!!!」
・・・なぜか、前日から、しょうこお姉さんでも、ゆうぞうお兄さんでも、スプーでもなく。
ジャコビに会うのを楽しみにしているPeki。
好きだったなんて知らなかったけどなぁ・・・。

が、いざジャコビのグッズを目の前にすると。
「・・・」
無言のPeki。
やっぱり好きちゃうやん。

そして、何事もなかったように
「あ、スプー!」
と、スプーグッズ売り場へ・・・行きつつ、横にあったアネムを指差し
「これこれ、これ、買うねー。」
・・・アネムが好きってのも初耳なんだけれど・・・
(普段は、スプーかズズ)
「ホンマにアネムでいいの?1個だけなんだよー!スプーじゃないの!?ズズはいいの!?」
と何度も念を押すカレラに、旦那は一言。
「・・・Pekiに選ばせたれ。」

ということで。

anemu1.JPG

これを買いました。700円也。
Pekiは、上のアネムよりも、下の風車の方が気に入っている様子(^^;

その後、NHK大阪内のBKプラザを見学し。
 BKプラザ:http://www.nhk.or.jp/osaka/bkplaza/
横にある大阪歴史博物館・・・は有料だったので(苦笑)、そこのロビーでやっていた「わくわく子ども教室『手作りおもちゃで遊ぼう!』」に顔を出してみました。
老人ボランティアの方たちがやっていて、昔ながらのおもちゃなどの手作り体験が出来るコーナー。
ここが、予想以上におもしろかった!

松ボックリで、こんな素敵なツリーを作れたり。(写真ボケてた・・・)

tree1.JPG

他にも、こんな色んなおもちゃを作ったりくれたりしました。

omotya1.JPG

左は針金をグルグル回って落ちるおもちゃ。
右上は折り紙と楊枝で作ったコマ。
右下は逆に折るとピョンって跳ねるおもちゃ。
(どれも正式名称はナゾ・・・)

常設ではないそうですが、親切なおじいちゃん、おばあちゃんばかりで、これはなかなか行く価値ありです。
(でも・・・いつまでやっているのかナゾ・・・
 HPにも期間は書いてないのです。
 この週末だけだったのかな・・・!?)
Pekiも、大喜びで遊んでいました。
本音を言えば、ここでもっとゆっくりしていきたかった〜。

そんなこんなで、開演間近。
慌てて、NHKホールへ。
席についた時には・・・既に5分前(^^;

そして、いよいよ開演!です。

コンサートの内容は・・・ネタバレになるので詳細は書きませんが。
歌、ぐーちょこらんたんのお芝居、ミュージカル、ズーズーダンス、まねっこピーナッツ、ぱわあっぷ体操など、盛りだくさんの1時間15分でした。
アンコールでクリスマスの歌を歌ってくれたのもうれしかった〜。

で、Pekiさんは・・・
最初の30分は夢中で見ていました。
が、途中のミュージカルで中だるみ・・・ゆうぞうお兄さんもしょうこお姉さんもたぬき&うさぎのコスチュームだったのがイマイチだったみたいで(苦笑)
思っていた程はウケてなかったかなぁ。
でも、周囲を見渡すと・・・ノリノリの子、3割。
寝ている子・泣いている子・イマイチそうな顔の子、7割という感じでした。
テレビで見ていると、ノリのいい子だけ映すからそういうもん!?と思っていたら、そうでもなく。
まぁ、そんなもんなのかな・・・!?

でも、私は思っていた以上に楽しかった〜。
しょうこお姉さんと、ゆうぞうお兄さんの生歌が、本当に素敵だったんですよ☆
よかったのは(ここだけネタバレ)・・・「流れ星」と「ママゴリラ」。
「流れ星」は、しょうこお姉さんの澄んだキレイな声を、ゆうぞうお兄さんの優しい声のハーモニーにうっとり。
「ママゴリラ」は、いつも以上に気合が入りこぶしが効いていたしょうこお姉さんのパワーに圧倒!
いやぁ、この2曲だけでも行った価値ありました。
願わくば・・・ぐーちょことか、お芝居とかどうでもいいから、歌だけもっと沢山聴きたかったなぁ。

そうそう。
入場すると、子供には、パンフレットなどがもらえます。

goods1.JPG

予想以上にこれが内容盛りだくさん!
パンフレットの中は塗り絵・間違い探しにシールまであるし。
Peki大喜びでした。

また次も行きたいなぁ〜。
次も当たって下さい〜 m(゚- ゚ )カミサマ!

posted by carrera at 23:01| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

グアム話〜食事編そのA〜

今日はまたもグアムの話を・・・

  ・・・もしかして、みんな、もう飽きてきた!?

さて、グアム到着翌日。
この日は朝から義兄の結婚式。
会食も10時半〜と早いので、朝食は軽く、近くのABCストアで買っておいたおにぎり等を食べました。

これがね。。。
涙が出る程、まずかった・・・
ご飯がとにかくパサパサなのですよ。
塩っけもあまりなく、なぜおにぎりの状態を維持しているのか・・・!?それは、おそらく、固くプレスしてあるから。
このおにぎりが、1個$1.99(約230円)。
高いよぉ・・・まずいよぉ・・・
まだ、いなり寿司の方が随分マシでした。
(あ、でも、手巻き寿司とセットで2つだけ入って売られているいなり寿司はおにぎりより不味かった・・・)
ついでに、一緒に買ったカットフルーツセット(マンゴー・メロン等)も高かった割には青くて固くて・・・
うーん、何にせよ、朝からガッカリな食事でした。。。

で、ランチは、結婚式の会食。
店の名前・・・えーっと、何だっけ(汗)忘れた・・・
とってもキレイで、ウェディングレセプション専用!?のような1軒屋レストランでした。
一面に取られた部屋の窓のすぐ下は海で、バルコニーにも出られて。
恋人岬も望めて、最高の見晴らし!

で、食事はそれ以上に美味しかった〜。
イタリアン・・・というか「日本食」でした。
いや、和食じゃないんですよ。
日本で食べる洋食って感じです。
たぶん、日本人シェフなんじゃないかなぁ・・・!?
盛り付けもキレイで、繊細な味で。
そんじょそこらのホテルでの結婚式なんかよりも美味しい食事でした♪

ここで・・・唯一グアムを感じたのが、前菜ででてきた「ポキ」
(ホンマは、ハワイ料理なんだけれど・・・)
これが美味しかった〜。
ポキを食べたのは初めてじゃないんだけれど、妙に美味しく感じたんですよねぇ。
それ以来、私の頭は「ポキ食べたい。ポキポキ・・・」となるのです(苦笑)

夕飯は、Pekiが寝てしまったこと、スコールのような大雨で外に出られなかったこともあり、ホテルにつながった「ザ・プラザ」というモール内にあるフードコートで食事。
お店は、4軒程だったかな・・・?
「うどん・そば」の店もあり、日本語満載!・・・の割には、日本人よりもローカルが目立つ、珍しい場所。
うどん屋さん以外は、中華・韓国料理の店ばかりですが、これがまた安いのです。
「PANDA」(パンダエクスプレス・・・と思います)は、炒飯+焼きそば+ウーロン茶+スープ+サラダ+料理10種類程から3種セレクトで、$5.99(約700円弱)。
若干油っぽい+中には冷たい料理もあるものの、まぁ、日本で食べるファストフード中華。って感じです。
Pekiは、炒飯とスープが美味しかったらしく、かなりの勢いで完食。
じぃじは、Pekiの食べ残しを食べつつ、ビール三昧。
缶のキリン一番絞り(アメリカ製)が1本2ドルという格安で飲めたのもあって、満足そう。
(じぃじ、ミラーやらバドやらは薄くて嫌いだそうで・・・)
旦那はうどん屋さんできつねうどんを注文。
これは、6ドルか7ドル(700〜800円)位だったかな・・・?
でも、おにぎりが1個つくし(このおにぎりは美味しかったです。スパムにぎりがオススメ)、うどんの玉も1.5玉ほどあるし。
何より、関西風!昆布出汁で、思いのほか美味しいのですよ〜。
結構ビックリでした。
旦那はかなりこのフードコート、気に入っていました。
安く済ませたい場合は、オススメかも。
私個人的には・・・夕飯にフードコートかいな。とちょっと思ったのだけれど。
ま、でも、雨で出られなかったので仕方ないし、何より・・・安さには勝てません(笑)

キリがいいので、今日はこの辺で。

次回、最後まで書き上げますね。

posted by carrera at 16:53| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

お帰り!

今日は、またもグアムは一休みして。
最近の話を。

済んだ話になるのですが。
グアム帰国直後から、旦那が1週間程出張に出ていました。

1週間程度の出張は、昔から定期的にあるもので。
慣れっこと言えば慣れっこなんですけどね。
でも・・・海外から帰国し。
疲れた身体で、山のような家事(主に悪天候での洗濯物がメイン)をこなしつつ、元気満々のPekiの相手をするつわり中の妊婦ともなると。
さすがに今回は、いろんな意味で疲れました。

旦那の夕飯しないでいいし。
気にせずにさっさと寝て、寝たいだけ寝ていればいいし。
っていう楽さもあったのだけれど。
(実際、Pekiと一緒に夜8時過ぎに寝てました・・・私)
やっぱりねぇ・・・夜になってのんびりおバカな話をする相手もいないし。
ごみ捨ても、自分でやらなきゃいけないし(笑)
PekiはPekiで、旦那との楽しい遊び時間がないから、私にどうしても頼る部分が大きくなるし。
そういうこと抜きにしても、旦那がいないと、やっぱり気も張るし。
何かとねぇ。。。
全てを抱え込むってのは、肉体的に。というか、精神的にやっぱり疲れたなぁ。ってのが感想です。

こういう時には。
実家が遠くて、気軽に頼れないってのは、損した気分になりますねぇ(苦笑)

友人×二人には。
「一時保育利用して少しリフレッシュしたら?」
「ファサポ制度とか使って、もうちょっと楽しては!」
なんてアドバイスも頂いたのですが。

 ファミリーサポート制度:http://www.with-kobe.or.jp/family/

何でしょうねぇ。。。
あまり、そういうものに頼ろう。って気は起きないんですよねぇ。
そこまで追い詰められてないんだ。って言ってしまえばそれだけのことなのかもしれないけれど。
例えば、旦那が1年いない!とかだったらまた違うのかもしれないけれど、1週間とかならばゴールが見えているじゃないですか。
それに、一時保育やファミサポ、使ったことないから・・・抵抗があるのも事実かも。

って。
こうやって自分が頑張って済むことならばいいや〜って人が。
自分が気が付かないうちに追い詰められて、予想もつかないことしたりするんですよね〜(笑)
・・・なんて。

あ、でも、大丈夫ですよ。
友達と遊んだり。
遊びに来てもらったり。
疲れた身体ながら(苦笑)、予定色々入れて、遊びまわってリフレッシュしていましたから!
(ついでに、疲れた時は無理せず、キャンセルしたりもしましたし)
それで余計に身体はしんどかった・・・!?なんてこともなきにしもあらずかもだけれど(苦笑)
でも、肉体的にしんどい方が、精神的にしんどいよりマシ!ですよねぇ・・・!?

何はともあれ。
旦那は、無事、帰ってきました。
ふぅ〜!という感じです。

あ。そういえば。
旦那は、Pekiがその1週間であまりにも「話をするようになった」のでかなりビックリしていました。
ホンマ・・・ようしゃべるのですよ(汗)
ちょっと前まで、そうでもなかったのに・・・
まぁ別に、しゃべることが悪いことではないし、いいんですけどねぇ。
でも、よく、知らないうちに話かけられていて。
「ねぇー、ねぇー。カンカン、返事、してよー!」と怒られたりします(苦笑)
独り言なのか、質問なのか、ナゾなこと多し・・・


そしてそして。
旦那のナゾなお土産にも言及しておきましょう・・・

旦那がPekiに電話で質問。
「お土産、何が欲しい?」
「あのね、Pekiちゃんねぇ・・・人形、欲しいなぁ〜って。」
・・・いっぱしのことを言うようになった、2歳児。

で。
旦那が買ってきたのが・・・

00749_b.jpg

これ。

・・・なんじゃいな?

「タルト」という名前のキャラクター商品らしいです。
愛媛銘菓からきたんやろうけれど・・・愛媛ではメジャーなのか!?
調べたら、HPもありました。

 タルトレンドウ:http://taruto.velvet.jp/

旦那曰く「一目で『これや!』と思った」そうなのですが。
シュールではあるけれど・・・子供受けするか・・・!?

ついでに。
↑は人形というか、クッションみたいなのなんだけれど。
Peki用のTシャツも買ってありました。
http://taruto.velvet.jp/item/t-shirt01.htm
こんなデザイン。

で、肝心のPekiさんの反応は・・・

「Peki、こっちがいいなぁ〜って。」
と、私に買ってきてくれた「ゆず茶」を抱え込んでいました・・・(苦笑)
旦那・・・またもむくわれず。
(以前報われなかった話:http://machikomi.zaq.ne.jp/view/tarumi/13/5553/

ま・・・元気で帰ってきてくれたのが、一番のお土産ということで☆
(お!キレイにまとまった!!)

posted by carrera at 16:49| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

グアム話〜食事編その@〜

さて、またも更新が滞っておりますが。
忘れないうちに(苦笑)、グアムでの食事の話を書いておきたいと思います。

先に断っておくと・・・
じぃじ(義父)が全ての食事において一緒だったので、正直、食事も「若いモンや子供好みの店」中心ではなく。
じぃじ(まぁハッキリ言えば、年寄り)でも食べられる店セレクトになっています。
・・・まぁ、そんなに気を使ったわけでもないんですけどね。
そんなに注文つけられた覚えもないし。

まずは、セントレア発コンチネンタル航空での機内食。
初めて、機内食の「キッズミール」なるものを目にしました。
内容はさておいて、何がうれしかったって、とにかく早くに出してもらえること!
これが早かったおかげで、どれだけ機内で助かったことか・・・
なんせ、シートベルトサインが消える前に出てきました。
大人の飲み物なんかより、勿論、先。
Peki、勿論、大喜び!
これを楽しみにさせつつ、離陸時のシートベルトも我慢させたし(^^;

で、肝心のキッズミールの内容は・・

・チーズバーガー
・フルーツポンチ
・プリン+生クリーム
・りんごジュース

・・・おいおい、甘いもんだらけやん!
と思ったけれど。
まぁ、仕方ない。
チーズバーガーは、アメリカン!なハンバーグ、ドーン!ボリューム、ドーン!って感じのかなりしっかりしたものでした。

Pekiさん、チーズバーガーは半分食べて「もうお腹いっぱい。」
甘いもんは別!?・・・と思ったけれど。
フルーツポンチは食べたけれど、大好きなプリン+生クリームはほとんど手をつけず。
りんごジュースもあまり飲まず。
・・・Peki、甘いもんが続くと「もう、いいよ。」となるのです。
私もそうだから、似ているのかも・・・!?

そうそう。
大人の機内食は・・・

・海老とアサリのカクテルサラダ
・ハムとチーズのホットサンド
・チョコケーキ

でした。
ホットサンドが(・・・だけ!?)美味しかったです。

さて、グアム到着し、その日の夕飯は・・・
「FRIDAYS」
・・・ご存知な方は「ベタな!」と突っ込む所かも!?(笑)

 FRIDAYS:http://www.tgifridays.co.jp/

まぁ、グアムもアメリカ。
一度は、アメリカンなレストランに顔だしておきましょ。
胃が元気なうちに・・・(苦笑)
ってなことです。

Pekiが食べれるかなぁ・・・?というのが一番の問題だったんですけれど。
が、そんな心配は無用。
「キッズメニュー」がちゃんとありました。
っていうか、子連れにすごい親切!
入っていきなり風船をプレゼントされ、大喜びのPeki。
(が、フワフワ浮く風船が食事中常に頭上にあるのは・・・正直、邪魔!でした(^^;))
席につくと、ぬりえになったキッズメニューの紙がおいてあり、クレヨンも3本プレゼント。
至れりつくせり!でした。

Pekiは、チーズサンド、私はフライデーズバーガー、旦那はリブステーキ、じぃじはサーモンを注文。
味は、フライデーズの味(笑)
(アメリカで何度も食べたことあるのです)
よくも悪くも、アメリカンな味付けです。
じぃじは「なぜサーモンにこんな甘いソースを!?」とずっと不満そうでしたが・・・(苦笑)

あ、Pekiは・・・チーズサンドは不服だったようです。
パサパサ・・・とブツブツ言いつつ、一緒についてきた山のようなフライドポテトばかり食べてました。。。
チーズサンド、トーストされていたのがダメだったのかなぁ・・・!?
あ、ついでに、りんごソースをつけるようになってました。
(Pekiには怪しいソースに見えたのか、一度もそれをつけて食べることはなく・・・)
じぃじ、またも「なぜ甘いソースを・・・?」と疑問そうでした(笑)

あれあれ・・・?
初日、2食だけでこんなに沢山・・・
・・・食事の話は気長に書きましょうか(苦笑)

ということで、今日は「その1」ということで・・・
また、次回、翌日の食事を書きますね。
posted by carrera at 18:30| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

グアム話〜結婚式編〜

さて、グアム話、第三弾。
メインディッシュ(!?)の結婚式の話です。
なんせ、これ目的で妊娠初期の身体をおしてグアムまで行ったわけですから(^^;

お義父さんも、親戚一同、ご近所様も。
待ち望んだ、義兄の結婚。
なんせねぇ・・・田舎のいわゆる「本家」の長男ですから。

  正確には「本家」でなく「新家」になるらしいけれど。
  ・・・100年以上さかのぼれば。
  でも、「本家」が滅んでいるので、今や「新家」が「本家」らしいです。
  私も正直よくわからない・・・

義父も、実は子供のいなかった先代へ家を継ぐ為に養子で入っているそうで。
口には出さないけれど・・・「家」のために小さい頃から苦労したんだろうなぁ。なんて思ってみたり。

あ、話がそれましたね。
あい、スミマセン。

まぁ、そんなこんなで、待ちに待った、念願のご結婚なわけでございます。

ホンマは本家の長男たるもの、親戚は勿論、ご近所様や寺関係まで呼んでのお披露目結婚式。というのが通例らしいですが。
とは言え、義兄もそこそこいい年。
相手の希望もあり・・・本当の身内だけでの、海外挙式。披露宴もナシ!という田舎ではなかなかチャレンジャーな結婚式となりました。

きっとね・・・ここまでくるには色々とあったハズ。
だって、次男の旦那の時でさえ・・・やれ海外挙式はあかん、レストランなんて失礼だ。と色々コメントがありましたから。
義父はね、理解があるのですよ。
こっちの話も聞いてくれるし、「自分が文句言われれば済むことならばそれでいい。」とハッキリ言ってくれるので。
まぁ、そうじゃない親族もいるわけで・・・
でも、長男たるもの、そんなことに負けない位じゃないといけないのかもしれません。

ということで。
 新郎側:義父・旦那・私・Peki
 新婦側:お父さん・お母さん・弟さん夫婦(新婚1ヶ月!)
という、極少数での結婚式でした。

式場は、前にも写真載せたけれど。

guam3.JPG

こんなところ。

朝からの式ということもあり、軽く朝食だけとったらお迎えの車にのって式場へ。
式場までは車で5分程。

さっそくチャペルに入ってみると・・・寒い!
なぜこんなにクーラーかけるかなぁ・・・
式を取りまとめてくれたワタベウェディングの方曰く「空調調整が出来ない!」そうで。
あまりの寒さに、新郎新婦が到着するまで外で待っていることに。

肝心のPekiは。
ずっと話してきた「結婚パーティー」に心ウキウキ。
「パーティー、出る!イヤィ!」とチャペルの外に出るのを嫌がった程。

が。
このウキウキが裏目に出ることになるとは・・・誰もこのときには予想できず(汗)

guam9.JPG

外で遊ぶ、じぃじ・Peki・私。
(私が写っている写真は本邦初公開!?でも、私、髪の毛アフロ(涙))
海も空も芝生もチャペルもキレイですよ〜。
楽しかったですよ〜、・・・このときは。

そうこうしているうちに、新郎新婦が到着したとのことで、チャペルへ。
男前の神父さんがやってきて、両家ご両親へ片言日本語でご挨拶。
ビデオ・カメラ撮影舞台も登場。

・・・が、この辺りからPekiさんの態度が一変しだすのです・・・

神父さんの真っ白衣装にビビりだすPeki。
周囲の結論としては・・・医者に見えるのか!?
外人さんに対しての拒否反応はなかったから、衣装だと思うんだけれど・・・
しかも、みんな、Pekiに対して「オォ〜、カワイイネェ!」とか「ベィビーちゃーん!」などと手をふったりほっぺをツンツンしたり。
それがまた、逆効果・・・

そして、式本番。
ドアが開いたと思ったら・・・
これまた、真っ白な衣装を着た新郎・新婦が登場。
しかも、さっきPekiが歩こうとして怒られた真っ赤な絨毯の上(バージンロード)を颯爽と歩く二人。
Peki・・・またも硬直(汗)
さながら顔は・・・
「こ、こいつらも医者かー!?」
「そこは歩いたらあかんのよー!」
「なんで、そんなに黙っているのよ。何するのよ!?」

式の最中に泣き出さなかったのが奇跡とも思える程、Peki不機嫌この上なく・・・
ずっと抱っこ!で私の胸にしがみつくPeki。
おそらく・・・結婚式に抱いていたワクワクした期待と現実のギャップも大きかったんだろうなぁ・・・

そして。
式が終わり、写真撮影タイムとなった途端に・・・待っていたかのように、ワンワン泣き出しました。

泣くPekiに「オォ〜、ベビチャーン、ドウシタノ?」と片言日本語で話しかけてくるスタッフさん。
そして、それに余計に泣くPeki。
日本人スタッフのお姉さんも慌てて駆けつけ「どうしましたか?」
いやぁ・・・たぶん、神父さんも新郎新婦もお医者さんに見えたのかも・・・
なんてことを言い、心配ないです。と言うと。
スタッフのお姉さん、みんなにそれを英語で説明。
すると、ドッと起こる笑い。
「赤ちゃんの考えることはカワイイなぁ〜」ってなことなんでしょけれど。
Pekiは、自分が笑われたとわかり・・・顔をうずめて余計に号泣(汗)

外に出て、医者じゃないよ僕だよー。とお義兄さんが顔を見せるも。
・・・実は、そもそも、義兄が苦手なPeki。
(小さい頃から、ものすごくフレンドリーにPekiに近づいてくるので、Pekiには怖い存在なのかも・・・)
余計にイヤイヤ状態。

もうね、こうなったらどうしようもありません(苦笑)

結局、Pekiの不機嫌はその後の会食パーティーまで続き。
トレーンベアラーなんて話はそっちのけ。
(会食パーティーでやるハズだったんですけどね・・・)
唯一、Pekiから二人への花束贈呈だけは、会食最後に出てきたケーキに釣られ、じぃじに抱っこされ何とか渡しましたが・・・
(でもそれも、じぃじが持っている花束にギリギリ手を添えていた程度)

guam10.JPG

何だかねぇ。
義兄夫婦主役というよりは、半ば、泣くPeki1人舞台状態になっていて。
私としては、若干申し訳ないような気持ちにも・・・
(でも、どうしようもなかったんだけれど・・・)

しかも、Pekiにとってはあまり楽しいイベントではなかったわけで・・
会食終了し、ホテルに戻ってきたPekiが水を得た魚のようになったことは事実です。
そして、1つ言えるのは。
義兄苦手意識が強まったのは・・・間違いないかも(^^;

それでも、Pekiなりに「結婚パーティーに出た!」ということは思い出になっているらしく。
式終わった後には「あのね、Pekiちゃんね、パーティー出た。」と何度か満足げに話していました。
それはそれで「?」が残るのだけれど・・・

まぁ、そんなこんなの式でした。

あ、状況報告だけで私の感想が抜けてましたね。

身内の結婚式って始めて出たんですけれど。
何だか・・・不思議な感じですねぇ。
友人とかって、言ってみれば「外の顔」メインで見て付き合っているじゃないですか。
だから、ドレスやタキシード着てビシっとしているのを見ると「おぉ〜晴れ舞台!」って感じがするんですけれど。
義兄のように、実家でその辺に転がっていたり、寝癖だらけの姿とかしか見たことないような人が「表舞台」に立っているのを見ると。
めでたいとかそういうこと以前に、不思議な感じがしました。
友人の結婚式だと、あぁ私も何年も前に・・・と回想したり、新鮮な気持ちになったりするんですけどねぇ。
正直、そういうのもあまりなく。
普段と違う義兄をキョトンと眺めていたような感じでした。
・・・まぁ、今回はPekiがこんなで私もいっぱいいっぱいだった。ってのもあるのかもだけれど(^^;
でも、これが、小さい頃から一緒だった自分の妹の結婚式だったらどういう風に感じるんだろう・・・!?なんて思ったりもしました。


さて、次回は、食事の話を書きますね。
私には、これが一番書きやすい話題かなぁ〜。
食べること位しかしてこなかった。ってことなわけだけれど(笑)

次回も焦らずのんびり書かせてもらいます。
気長にお待ち下さいまし。。。

posted by carrera at 02:41| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

近況小ネタ

今日はグアムの話はさておいて。

  ただでさえ、更新が遅いのに!と怒られそうだけれど・・・(汗)

最近の近況を書いておこうかと思います。


〜 「花風」さんに行ってきました 〜

以前にもブログで書いたことのある、稲美町にあるパン屋さん「花風(ハナカジ)」

 前回来訪の日記(一番下の辺りに記事有):http://carrera711.seesaa.net/article/18653158.html

一度行って、その素敵な空間と素朴な味のすっかり虜になったカレラ。
が、今月(12/24)で閉店なのです・・・(涙)
閉店のDMを頂いてから、これは行かなくては!とずっと思い続け。
でも、車を持ってないカレラ。
電車&バスで行くには・・・ちと遠い(涙)

と思っていたら、友人からもお誘いが。
が、その友人も車がない!
・・・ということで、二人の共通の友人まで巻き込んで・・・3家族6人(1歳児×二人、2歳児Peki)でワイワイと「ハナカジツアー」に行ってきました。

日は、グアムから帰国し、神戸に戻り、具合悪いよぉ〜なんてブログを書いていた翌日。
何もそんな無理せんでも!と突っ込まれそうだけれど・・・妊娠発覚前から約束していて、楽しみにしていたツアー。
これだけは這ってでも行きたい・・・!と思っていたら。
当日には、すっかり元気な私(苦笑)

つわりって・・・気のもの!?

まぁ、無理なく行けて何よりでした♪

ナビゲーターカレラ、若干道を間違えつつ(Oさん、ごめんなさいー(汗))も、何とか無事到着。
が、前回とは比較にならない程の、車、そして人の山!

喫茶は、椅子という椅子には人が座ってランチやお茶しているし。
(ここでも食べれるんか!?というような所でまで)
テイクアウトコーナーも、レジには常に人の列。
なんせ、店の中に入るのも「隙間をぬって入り込む」って感じで。

閉店決まってから、惜しむ人が絶えないとは聞いていたけど。
まさかここまでとは・・・。
ビックリ!です、ホンマ。

ブログ用に写真も撮ったけど・・・人しか写ってない!(よって却下(涙))

パンも、11時過ぎの到着だったにも関わらず、既に品薄。
っていうか、ほとんどない!
仕方ないので、クッキーやジャムやらをボチボチ買うカレラ。
でも、クッキーさえも10分後には完売の種類が出ていました。

あまりの人で、レジも10分弱待ち。
喫茶でイートインなんて、とてもとても無理。

う・・・ランチも食べたかった。
パンも欲しかった・・・
心残りが・・・

それにしても、閉店なんて、ホンマに残念です。
何でやろう・・・
私の知っている限りでは、他で出店とかもないみたいやし。
こんなに大人気!なのにねぇ。。。

週に3日しか営業しない。
夏休みは1ヶ月程、完全休業。
という、子持ちにはものすごーい共感できる無理ないスタイル。
店内は、レトロと心地よさが見事にマッチしていて。
商品から店内まで統一感のあるスタイル。
ホンマ、いいお店です。

閉店までカウントダウンですが、よければ足運んでみて下さい。

*花風〜ハナカジ〜*
加古郡稲美町中村475-2
0794-92-8451
午前8時〜午後6時
水・木・日のみ営業


〜 妊婦検診に行ってきました 〜

昨日、パルモア病院に行き、検診を受けてきました。

正直なところ・・・結構、ドキドキ。
何かあったら・・・グアム行ったことを一生後悔すること間違いなし。

私たちが後悔するだけならばまだしも。
お義父さんや、義兄さん夫婦にも心労を与えるだろうし・・・
万が一、万が一何かあっても・・・しばらく黙っておいた方がいいやろうか。

なんて、いらんことまで考えながら、ドキドキしつつ、診察室へ。

「赤ちゃん・・・大きくなっていますね。
 真ん中で動いているのが心臓です。
 頭をしたにして、それらしい形になってきましたね。
 ハイ、元気です。」

ふぅ〜〜〜。
よかった・・・・・。

初期の不安定な時期も終わりということで、次回からは4週ピッチの検診です。
そっか・・・もうすぐ安定期なんだなぁ。
なんだか、あっという間。

そう。
出産予定日も決まりました。
7月14日です。

実は・・・7月11日が私の誕生日♪
頑張って、3日早く産んでやるのだ。

というのも。
Pekiは、6月12日産まれ。
6月12日は、旦那の誕生日でもあるのです。

次の子が私の誕生日と一緒やったら。
何だか、ダブル、ダブルダブル!でウレシイですよねぇ。

次の子も女の子かなぁ〜と旦那と勝手に予想していたんですけれど。
もしも7月11日産まれになるんやったら・・・男の子かも!?なんて思ってみたり。
ほら、そうしたら、旦那×Peki+私×第二子のダブルカップルじゃないですか〜!?

・・・アホな空想、失礼しました(苦笑)

何はともあれ、グアム旅行が終わり。
お腹の子も無事で。
ホンマ、ホッとしました。

でも。
これに油断せずに、風邪やノロウィルスなんかに感染しないよう気をつけなきゃ!ですよね(^^;


posted by carrera at 20:50| 兵庫 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

グアム話〜日付別編〜

さて、グアム話第二弾です。
今回は、グアムでの日々を日を追ってダラダラ書いていきたいと思います。


〜初日〜

朝、7時過ぎに旦那の実家を車で出発、セントレア(名古屋)から一路グアムへ。
写真は飛行機乗る前のワクワクPekiさん。
チケット・・・逆だよ(^^;

guam2.JPG

飛行機は予定どおり、現地へ16時に到着。

が、イミグレ(入国審査)が山のような人の列(汗)
Peki「順番、おそいねぇ・・・」と暇そう。
審査事態はものの数分だったのだけれど、空港出るまでに1時間以上かかりました。
ついでに、イミグレで聞かれたのは

「グアム、はじめて?」→ Yes
「滞在日数は?」→ 4days
「楽しんできてくださいねー。」→ Thank you!

相手は日本語、こちらは英語(笑)

Pekiのバギーと携帯電話をレンタルし(事前予約)、旅行会社の専用バスでホテルへ。
ホテルは「アウトリガーホテル」。
一番繁華街にあると思われるホテルで、実際、ちょっと食事に、買い物に。ってのにも便利でした。
海にも面しているし、プールもあります。
お客さんは・・・おそらく、ほとんどが日本人。

ということで、何だかんだとホテルについたのは18時近い時間。
荷物を整理し、着替え、近くのレストランで食事&近辺をちょこっと散歩。
そして、翌日は結婚式で朝が早いので、翌朝食用に近くのABCストアでおにぎり等を購入し、早めの就寝。

そうそう。
部屋は、じぃじと私たち家族とで2部屋つながりのコネクティングルームを予約。
室内でつながっているので、Pekiは大喜び。
私も最低限のプライバシー(というのか!?)も保たれて、心置きなくのんびりできました。


〜二日目〜

6時半に起床。
朝8時過ぎにお迎えが来て、結婚式会場へ。
式場はこんなところ。

guam3.JPG

式&会食が終わりホテルに戻ったのは13時すぎ。

Pekiとじぃじ、旦那はそこからホテルのプール&海へ。
旦那は「寒い!」と言うも、Pekiは大はしゃぎで楽しむ。
私は・・・最初は部屋でのんびり〜。
でも、暇になり、プールサイドへ。
結局、2時間程遊んでいました。

部屋にもどり、シャワーを浴びて、みんなで休憩タイム。
じぃじ&旦那はさっさと昼寝に入るも・・・肝心のPekiが寝ない!
1人で興奮して、歌を歌っては「みんな、ありがとう〜!」とステージ(!?)上から観客の私に手を振るという「Pekiオンステージ」が1時間程続きました(笑)

 そうそう。
 Pekiが歌っていたのは・・・
 「キラキラ星」「クインテット」「ぼくはくま」なんかにくわえて、なぜか・・・
 『ひょうごー。わくわく。げんてー。わくわく。
  じぇいえーばんくひょーご、わくわく。きゃんぺーん〜♪』
 ・・・なぜ、JAバンク兵庫!?
 もちろん、手のひらを広げて「わくわく」と動かしてました。。。
  JAバンク兵庫わくわくキャンペーン:http://www.jahs.or.jp/campaign/wakuwaku06/wakuwaku2006R.htm
 渋い!渋いぞ・・・Peki。

私は・・・なんせ何もしてないから、眠たくもない(笑)
ということで、旦那を起こして、夕方には街へ出て、ブラブラ&食事に行くことに。

が。
ホテルの下に降り、ふと外を見ると・・・スコールのような大雨が。
そして、それを見たPekiさん。
ここに来て、一気に眠気が・・・
「抱っこぉ・・・」
と旦那に抱っこしてもらったと思ったら・・・3分後には熟睡。

仕方ないので、ホテルからつながっているショッピングモール内のベンチで雨が上がるのを待ちつつ休憩。
結局、交代でPekiの番をしつつ、小1時間程そこにいることに。
Pekiが起きるも、雨が上がらないので、夕飯先を変更し、モール内のフードコートへ。
簡単に食事をとると、Pekiさん、またも絶好調!大興奮!!
ということで、夜の街に繰り出すことに。

そこから、ホテル街とショッピングモールを結んでいるトローリーバスに乗ることに。
赤いバスで、グアムに着いた時からPekiが乗りたがっていたもの。
チケットは、フリーパスがツアーについていたので乗り放題!

guam4.JPG

グアムの繁華街はクリスマスのイルミネーションがあちこちにあって、夜バスに乗るとキレイ!でした。
Peki、もちろん、大喜び。
「うゎ〜、キレイ!あ〜、来てよかった!」と叫んでは、周囲の人たちの笑いを誘っていました(笑)

バスに乗ったものの、行くあてもなく、周回バスなのでまたホテルまでそのまま戻ればいいかなぁ。と思いつつも、結局、途中の大型スーパーマーケット前で下車。
旦那とPekiはオモチャ売り場を探検。
私はじぃじのお土産選びにお付き合い。
30分程滞在して、またバスに乗ってホテルへ。

部屋に戻ったのは9時半頃だったかな。
お風呂に入り、就寝したのは10時半頃。
でも・・・私、疲れてないからか、気が張っているからか、あまりよく眠れずでした(苦笑)


〜3日目〜

何の予定もない一日。
朝食はホテル内でとり・・・さて、どうしよう!?と大人3人考えていると。
「あのね、Pekiちゃんはね。プール!」とアピールするPeki。
・・・しゃべれるって、便利やなぁ(笑)
ということで、朝食後、一休憩してからプール&海へ。
私は溜まった洗濯物をセレクトしつつ、これは洗わないと。というものを抱えてコインランドリーへ。
旅先でも貧乏性やなぁ〜なんて思いつつ(大概、洗濯しています・・・)、待っている間はプールサイドのベッドでのんびり。

プールサイドでは1人のんびりと1時間以上も・・・

guam6.JPG

こんな景色や、

guam5.JPG

こんな景色を、ボーっと眺めていました。
つまり・・・暇でした(苦笑)

ランチは、近くの中国料理店で。
その後、Pekiをバギーに乗せて近辺をフラフラお散歩し寝かしつけ。
ホテルに戻り、ベッドに寝かせると・・・3時間熟睡。
旦那とじぃじも昼寝。
私・・・またも暇(^^;

Pekiさん、やっと起きたかと思うと、早々から「あのね、赤いバス、乗ろうねぇ。」と、またもバスに乗る!とアピール。
ということで、またも夕方からバスへ。

そうそう、バスの車内はこんな感じ。

guam8.JPG

私が行ってみたかったマイクロネシアモールに行こう!と勝手に張り切っていたら・・・この日は日曜でモールは18時閉店。
バスが到着したのは・・・17時50分。
無理だよ・・・(涙)
ということで、グアムプレミアムアウトレットへ。

が。
アウトレットなんぞに興味ある人は・・・私以外誰もいない(涙)
まぁ別に欲しいもんもないし。と私も早々に諦め、近くのスーパーマーケットへ。
ここは、私たちが行った中で唯一。と言っていいほど、ローカルな場所でした。
夜食・おやつ用にメロンやじぃじのビールなんかを購入し、バスに乗りホテル近くに戻り、夕飯。
部屋に戻ったのは・・・またも21時半頃。
この日は、さすがに前の晩眠れなかったのがきいたのか、ぐっすり眠れました。


〜4日目〜

今日は帰国日。
朝食をホテル内で取り、12時チェックアウトまでのんびり。

私は・・・やっと初めて個人的な外出を認められ、近くのお店へお土産探しへ。
約束の1時間弱程で戻るも・・・大したものは買えず(汗)
結局、チェックアウトしてから、若干駄々をこねて(苦笑)またも近場へお土産探しへ。

最低限のものだけ購入し戻ると・・・もう13時近く。
空港行きのお迎えバスが14時に来るので、慌てて昼食をとり、冬服に着替えると・・・バスが到着。

空港まではバスで15分程。
近いよなぁ〜。
これは、ホンマ、便利でした。

チェックインし、手荷物検査も済ませ、待合場所でのんびり。
・・・と見せつつ、免税店でお菓子を購入する抜け目のない私(苦笑)

すると・・・旦那が「おーい!早く来い!」と呼びに。
なんじゃいな・・・と思って見に行くと・・・。
ん?デカイ人!?・・・と思ったら、アントニオ猪木さんがいました。
「昨日の夕飯帰りにもワシ見たで!そっくりやなぁと思っていたけれど、まさか本人とは!」
いささか興奮気味の旦那。
見ると、ジャケット羽織って、赤いマフラーして・・・そのまんまやん!
「写真撮ってもらおう!」と張り切る旦那に「イヤイヤ・・・プライベートでしょ。」と水をさす冷たいカレラ。
「でもさっき撮ってもらっていた人いたで・・・」
ブツブツ言う旦那。
・・・実はミーハー!?

 アントニオ猪木さんのこの日のブログ:http://www.toukon.tv/blog/inoki/d_20061211/

参考までに、義兄はビジネスクラスのチケットだったので、空港内のVIPルームでも一緒だったそう。
ブログによるとパラオの大統領と一緒だったとか!?
私的には、大統領の方が興味あるなぁ〜。

飛行機からは、こんなキレイな夕日が見れました。

guam7.JPG

ということで、あっという間!?の3泊4日でした。

次回は、結婚式の話を書きますね。
メインイベントだけあって・・・まぁ、色々ありましたよ(苦笑)
お楽しみに・・・!?
posted by carrera at 14:28| 兵庫 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

グアム話〜導入編〜

さて。
お待ちかね(!?)の、グアム話です。

北海道の時と同じように、何回かに小分けにして書き込みしますね。
じゃないと、私のつたない文章力ではまとまらずに膨大な文章になってしまう恐れがあるので(苦笑)

今のところの計画では。

 @ グアム話〜導入編〜
 A グアム話〜日付別編〜 
 B グアム話〜結婚式編〜
 C グアム話〜食事編〜

こんなもんでしょうか・・・。
書いていたら増えるかもだけど(^^;

ということで、今日は「導入編」という、一番まとまりのない、私が思ったことレベルの話をします(笑)

まず、グアムの気候ですが。
思っていたよりも暑くなかった。というのが正直なところでした。

平均気温とかは

 グアムの天気予報:http://weather.yahoo.co.jp/weather/world/guamu.html

を見てもらえばわかるとおり、最高気温30℃、最低気温25℃程度のようなのですが。
感覚的にはもうちょっと涼しいかな。って感じです。

例えば。
プールに入るには・・・ちと寒い。
(海ならばまだマシらしいです)
Pekiとじぃじは、喜んで入っていましたが、旦那曰く「鬼のように寒い」そうで。
Tシャツ、ハーフパンツでプールサイドのベッドで呑気に転がっていた私も、日陰にいたら、風が吹くとちょっと寒い位。
風がなくて、日差しにあたっていたら暑いんですけどねぇ。
でも、そんな状態はほとんどなく。
汗をかいた!ってこともほとんどなかったように思います。
実際、泳いでいる人は予想以上に少なかったです。

それと、建物の中は、長袖を羽織らないと寒い寒い。
クーラーがんがん!が贅沢な証拠なのか知らないけれど、軒並みクーラーの温度設定は「15℃程度」。
寒いよ・・・
ということで、半袖+長袖カーディガンを持ち歩く。が標準スタイルでした。

この、暑すぎもしない天候。が私の今の身体には程よかったみたいで。
外にでて、湿気たっぷり(湿度は常に80%程度!)の暖かい空気を吸うと、血行が良くなるような感じがして。
つわりも何もさようなら〜。スッキリ!でした。
うーん、私には「程よい夏」が必要なのかも・・・

そして。
ある程度は予想していたのだけれど・・・
ほんとーーーに日本人だらけ!

外を歩いていても、耳にするのは日本語ばかり。
看板も、標識も繁華街はほぼ全て日本語表示あり。
観光施設はもちろん、ショッピングセンター、レストランなんかも、ほぼ日本語が通じます。
こうも日本語で話しかけられると・・・英語つかう機会なんてほとんどないです。
下手な英語より、日本語の方が理解してくれるし(笑)

でもねぇ・・・簡単な会話ならば、片言のなまり日本語よりも英語の方がわかりやすい&誠意を感じるような気も。
入国審査やガイドさん、ホテルの人なんかが日本語使えるのはありがたいけれど。
お店なんかで片言日本語で必死に営業されると・・・そういうの、昔から苦手な私(苦笑)

  あ、でも、エゲツさはありませんでした。
  騙してでも買わせようとか、何としてでも連れ込もう。とか。
  ・・・そういう海外の観光地、多いですもんね。
  そう考えれば、まだ良心的。というか、余裕がある。というか。
  居心地悪いことまではなかったです。
  純粋に、必要に応じて日本語使えます。って感じで。
  お金目的で必死に覚えました。とまでは感じませんでした。

若干、何だかなぁ・・・と思いつつ、まぁでも、海外旅行に不慣れだったら安心感があって便利でしょうねぇ。
子連れにも親切な街だったし。
実際、Pekiより小さい子を連れた日本人、結構いました。
夏休みなんかの子供の休み中は・・・もっと多いんだろうなぁ。

グアムの街事態は。
思っていたよりは、観光地として古い印象を受けました。
特に、ホテルの上層階から下を見下ろすと、私が知っている他のリゾートよりは・・・日本で言うと「熱海っぽい」印象でした(笑)
あ、でも、年齢対象は若いです。
じぃじなんぞは、若い人向けのもんばかりや。と嘆いていました。
ホテルも、最新!高級!って感じじゃなくて、比較的お手ごろ感のあるのが沢山。って感じだし。
日本人の若い人向けのリゾートの古巣。ってことなんでしょうねぇ。

私たちが泊まった「アウトリガーホテル」は。
比較的新しいように見えたし、館内・室内はこぎれいだったけれど。
壁が薄いように感じたなぁ・・・
廊下に人がとおるとよく聞こえるし。
その辺も、若い人向けにチープに作っている!?なんて感じました。

さて、今日はこの辺にしておきましょうか。

あ、写真でも1枚。

guam1.JPG

ホテルプールサイドで暇していた時に撮った写真です(苦笑)
一番グアムっぽかったので・・・

次回は、ダラダラと日を追ってやったことを書いてみたいと思います。

posted by carrera at 23:57| 兵庫 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

ただいま!

無事、帰ってきましたー。

金曜に名古屋を出発し、月曜に帰国。
3泊4日のグアム旅でした。

まずは・・・

疲れたぁ〜

現地ではホンマに大したことしなかったんですけどねぇ。
それでもやっぱり、疲れるんですねぇ。
シミジミ。

ご心配頂いている体調のコトですが。
現地では、すこぶる!元気でした。
行動制限かけられるのが「なんでー!?」って位。

暖かい気温がよかったのか・・・!?(私の意見)
気が張っていたからか・・・!?(旦那の意見)

まぁ、どちらにせよ、病院などの御世話になることもなく、体調万全!でのんびりしてきました。

が。
帰国してから・・・一気にそのツケ(!?)が。

疲れてます(^^;
つわりも・・・(;´Д`A ```

寒くて血行が悪いからか・・・!?(私の意見)
気が緩んでこれまでの疲れが一気に出たのか・・・!?(旦那の意見)

まぁ、これまた、どちらにせよ、のんびりするしか方法もなく。
昨日夜から今日は、のんびりー、まったりー、させてもらっています。

明日からは主婦・お母さん業も、通常営業です。
今日のうちにのんびりしておこう・・・。

ということで、今日はブログもこんなもんで終了〜。
また明日からグアム報告させてもらいますね。
posted by carrera at 20:12| 兵庫 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

つわりの状況

肝心の、妊娠後の私の体調。ですが。

まぁ、そこそこ(笑)

って感じです。

Pekiを妊娠した時に比べたら、つわりが随分マシなのは事実です。
前は・・・今ごろは、毎日のように戻していましたから・・・(汗)

今回は、まだ一度も戻したことはないし。
体調悪くて、寝込む時もあるにはあるけれど、ちょっと横になったり、寝たり食べたり暖めたりすれば良くなるので。

そして、前よりは、体も頭も妊娠に慣れているなぁ。って感じがします。
頭が「どうしたらよくなるか」を思いついてくれるんですよね。
横になろう!これを食べよう!今は無理しないでおこう!って感じで。
実際、それをすればよくなることが多いので、助かっています。

今のところ・・・よく効くのは。

@身体を暖める!
(血流が悪いのが一番しんどくて。
 とにかく暖めないと肩こりから吐き気がきたりします)
Aオレンジジュースを飲む
(定番ですがスッパイ系の味がスッキリ感じます。
 前回は、スッパイのは全くダメだったんですけどねぇ。
 あ、ついでに、オレンジジュースは100%じゃないとダメ。
 しかもしかも、濃縮還元も受け付けません・・・100%ストレート。
 人は、これをワガママ病と呼ぶ・・・(笑))
Bサロンパスを貼る
(@の血流の話と一緒みたいで。
 夜貼って寝ると、翌朝快調です。
 でも、肌が弱っているみたいで、同じ場所に貼ると肌が痛い・・・)
Cちょっとづつこまめに食べる
(食べ過ぎても、お腹が減ってもダメみたいで。
 夜中に目が覚めた時も、何か食べたら寝れたりします)
D甘いものを食べない
(妊娠してから、どうにも、甘いものを受け付けないのです。
 食べたから気持ち悪くなるわけじゃないんですけれど、
 身体が「これ、違うよー」って文句言います(苦笑)
 なので、お腹すいたからって手短な甘味に手を出さないようにしています)

あと、前回と違うのは・・・眠たい!(笑)
というか、前は仕事していたから眠たくても眠れなかっただけなのかもしれないけれど。
夜も早くに寝たいし、昼寝もしたいし。
でも・・・夜中とか早朝に目が覚めます(^^;
・・・寝すぎ!?
で、そこで起きちゃうから昼間とか夜眠たいだけだったり・・・(苦笑)

まぁつまりは。
規則正しく、無理せず、寝たいだけ寝て、いいもん食べていれば(笑)
結構、元気です。

Pekiが、妊娠のことも理解してくれているし、
しんどい。ってこともわかってくれているのも救いかな。
昼間、横になりたいときでも
「お母さん、しんどいから寝るねぇ。」
と言えば、1時間程度ならば1人で遊んでいてくれるので。

しかも
「みかん、食べたい?」
「電気、消すねぇ」
「絵本、読む?」
「ポンポン、痛い痛い?」
と、しきりに世話を焼いてくれます(笑)
あぁ・・・Pekiがここまで成長してくれてからで本当にヨカッタ。と思う瞬間です(*゚ー゚*)

ということで。
皆さんにご心配頂いていますが・・・比較的、気楽な生活しています(笑)


***********

さて。
グアムに行ってまいります。
(まだ準備できてないなんだけれど・・・間に合うのか!?)

飛行機が、セントレア(中部国際空港=名古屋)発着なので、前泊は旦那の実家(滋賀)、帰国後もおそらくは旦那の実家に泊まってからの帰宅になると思います。

 関空からのグアム便・・・不便な時間しかないのですよ(汗)
 現地、朝5時発(=空港3時チェックイン)とかですよ。
 そんなん、子連れにゃ無理です。

なので、1週間近く、ブログをあけることになると思いますがご了承下さいまし。

皆さんに心配頂いたことを忘れず。
無理せずにのんびりしてまいります。
「目的は結婚式!」ということを肝に銘じて・・・(苦笑)

では、行ってまいります!
posted by carrera at 16:19| 兵庫 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

小ネタ集!

さて、今日はブログで何を書こう!?

うーん、あれも書いてない、これも書きたかった・・・
考えてみると、結構ネタが沢山あることに気が付きました。
最近、妊娠のご報告があったりして、チョコチョコした話題を書いてないなぁ。
しかも、グアム行ったらしばらく書けないし、帰ってきたらその話題も書きたいし。

ということで、今日は、最近の私の小ネタ集ということで。

〜小ネタその@〜

髪の毛切りました!

久しぶりにみじかーくしました。
5年以上かけていた矯正縮毛ストレートもナシ。
バッサリ!肩にもつかない程までいってみました。

理由は・・・うーん、長いのに飽きた。ってのがまずあって。
後は、ずっと通っていた元町の美容院まで行くのがめんどくさくなっていたので、美容院を新規開拓したかったこと。
でも、ストパーはその店がベスト!という認識なので、他に移ってまではかけたいと思わなかったこと。
だったら・・・短くしちゃえー!

ということだったんですけどね。

思いのほか・・・っていうか、予想外に髪の毛のクセ毛が酷いのですよ(涙)
切ってみて思わず「こんなにヒドイ筈じゃないんですけど」と美容師さんに泣きついた程。
タイトなミディアムショートの筈が・・・フワフワクリンクリンになっちゃいました(大粒涙)

でも・・・そういえば、Pekiを妊娠した時にもストパーがかからない程パサついたことをふと思い出しました。
妊娠すると髪質変わりません・・・!?
って、もうちょっと前に思い出すべきだった・・・

初日だけは頑張ってブローして延ばしたんですけれど。
イラチな私は、毎日そんなことやってられない!
もう、ボサボサでもいいや!と割り切って、今日はアフロのようなまんま、ほったらかしにしています。

あぁ・・・グアムでの結婚式・・・どうしよう(汗)
アフロ女でいいでしょうか・・・!?


〜小ネタそのA〜

Pekiさんの最近のブーム。
それは「うっかりペネロペ」

 うっかりペネロペ:http://www.penelope.tv/

一言で言えば、もう、大好き!なのですよ。
「ペネロペ」って発音するのは難しいみたいで「ペロンペロン」だの「ペトペト」だの言っていますが。
とにかく、Pekiにしたら、かわいくて仕方ない様子。
3歳の女の子っていう設定が、Pekiにはちょっとお姉さんでいい感じなのかな!?

絵本も大好き!
11月下旬から始まったアニメも大好き!
毎日、17時からのアニメを楽しみにしていて。
他のテレビをつけたら「ペトペトじゃない!」と怒る始末(汗)

そんな大マイブームの最中。
アスピア明石に行ったら・・・「組曲any FAM」でペネロペのキャラもんの洋服が売られていた!
Peki、もちろん、飛びつく飛びつく。
「1枚だけ」と言い聞かせるのにどれだけ苦労したことか・・・
まぁ、キティちゃんとかアンパンマンの洋服買わされるよりは何倍もマシやけど。
(ペネロペは大人が見てもカワイイ!・・・ですよね!?)

そういえば、神戸阪急にはペネロペのグッズが置いていたよなぁ・・・
う・・・次に行くのが怖いかも(苦笑)

とにかく、大好き!なようでございます。。。


〜小ネタそのB〜

もうすぐクリスマスですねぇ〜。

2歳になり、クリスマスがどんなものかわかってきたPekiさん。
今から「クリッマス!」と大騒ぎしています(^^;
Pekiの中では・・・キラキラ光ってキレイな日(=街中のイルミネーション見て)で。
いい子にしていれば、ケーキが食べれて、プレゼントまでもらえる、この上ないめでたい日!という認識のようです(笑)

で。
ママの皆さん、お子さんのクリスマスプレゼントは決めましたか?

我が家は・・・前からずっと買ってあげたい。と思っていたクーゲルバーンもの(木でレールを組んでボールを転がすもの)を考えているんですけれど。

メジャーなのでは、組み立てクーゲルバーン・スカリーノ・キュブロ。

 3種の紹介・比較:http://www.galiton.co.jp/details/02-block/menu_kugel.html

でも・・・ビー玉って・・・もういいのかなぁ!?
万が一口に入れたら・・・といまだにビビリなカレラさん。
ついでに、下の子のこと考えると・・・
って、ビー玉に限らず、既に危ないものがいっぱいあるけど(苦笑)

大きめのボールのは、クーゲルバーン・クライン。

 クライン:http://onlineshop.bornelund.co.jp/shop/goods/goods.aspx?goods=KK0001

でも、拡張性がないことを考えると・・・長く遊んで欲しいしねぇ。
やっぱり、組み立てクーゲルバーンかスカリーノかなぁ!?

・・・っていうか。
どっちも値段が高い!!!
Pekiがこの手のものが大好きなのは知っているんだけれど・・・
うーん。
安いのをちょこちょこ買うよりは、いいものをたまに!というのはそうなんだけれど。
それにしても・・・高いよなぁ。
その後の買い足すであろうオプションの値段がまた、妙に現実的で(苦笑)

この数ヶ月、ここから考えが進まず(苦笑)
いっそのこと、ペネロペグッズにしようかなぁ・・・!?

で。
我が家のプレゼント話はさておいて。
ここからはお誘いです。

ママ友達の皆さん。
よかったら・・・気持ちばかりのプレゼント交換、しませんか?

Pekiに、親から(サンタから!?)もらう日。という認識ではなくて。
みんなと楽しみを分かち合う日。って思って欲しいなぁ。と思っているのですよ。
自分が選んだものを誰かにプレゼントして、喜んでもらう。
お友達が自分の為に何かを準備してくれる。
それをウレシイ、楽しい、ありがたい!と思える子になって欲しいなぁ。と思って。

手作り品の交換も大歓迎だし(私、頑張れ〜(笑))、予算決めて(出来ればあまり高くなく(苦笑))準備してもいいし。

もしも、賛同してPekiと交換してくださる方がいたら。
メールorコメント下さい〜。

サンタ友達、お待ちしています(笑)
posted by carrera at 16:22| 兵庫 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

パスタdeランチ

金曜にパルモア病院に行った帰り道。
ランチを外食するつもりで出てきていたので、さーて、何を食べよう!?とPekiとワクワク。

午後イチの予約でお願いしていたので、既に時間は2時近く!
おやつ(軽食)あげてから出てきたけれど、さすがにPekiも私もハラヘッタ〜。

「Peki、何食べよう?」
「うーん、Pekiはねぇ、プーが食べたい!」

・・・プーって何じゃい!?

「くまのプーさんの、プー?」
「そうそう、それそれ。」
「でも・・・プーは食べれないよ。プー痛いじゃん。」
「でも、プーがいいなぁ、食べたいなぁ。」

最近、頓にしゃべる言葉が増えたPeki。
でも・・・言っていることは、意味不明(苦笑)

プー・・・は置いておいて。
さて、ホンマに何食べましょう?
無難に・・・お財布に優しいマクドかなぁ?
でも、私がそういう気分じゃないんだよなぁ。
私は・・・パスタが食べたい!
でも、Pekiはあんまり好きじゃないんだよね。

パスタと言えば。
Pekiを妊娠中は、会社を午後半休して検診を受けて、同じようにこれくらいの時間に1人で近くのイタメシ屋さんで1人ランチしていたっけ。
あそこ、シンプルながらしっかりと素材の味がして美味しいんだよねぇ。
なつかしいなぁ〜。

と思い、散歩がてら、よく行っていたイタメシ屋さんの前を通ってみることに。
うーん、3年近くきていないけれど、相変わらず!って感じです。

まぁでも、Pekiが食べれないところ行っても仕方ないし・・・
と思って、他に向かおうと思ったら。
「Peki、このお店がいいねぇ。」
と言い出すPeki。

「でも、Peki・・・ここ、パスタ屋さんだよ。Peki、食べられる?」
「うん、食べる。」
「お子様向けのメニューとか、ないよ。」
「いいよー。」

ランチメニューを見たら・・・ペンネがある。
まだこれならば大丈夫かな?
スパゲッティのように、細くて長いものは苦手なPekiさん。
1本づつ食べるから時間かかる上にお腹いっぱいにならない上に、焦ってツルツル!っとかまずに飲もうとして、オェとなったりしちゃうのです。
ついでに、ドリアもリゾットも最近はあまりお好きではない様子。

メニューはOKとしても・・・ここは元町。
子連れは歓迎してくれない店もある・・・
ここは・・・どうだろう?
前はサービスはすごいよかったけどなぁ。

と、ふと入り口を見ると。
「お子様用の椅子あります」
と書いてあるじゃないですか!!
よかった、これならば子連れもOKってことね。

と、言うことで、中へ。

結論から先に言うと。
前と何ら変わらぬ、程よいサービスですごいよかったです。
場所も、他の人たちと離れた場所を案内してくれ、お子様椅子ももちろん出してくれ。
お子様用の食器も一揃え(コップ・スプーン・フォーク・茶碗・皿)準備してくれ。
(そういえば、食器がプーさんでした(笑)Peki、初心貫徹!?)
メニューを決める際にも、
「プラス105円で大盛りになさって分けられても十分だと思いますよ。
 パンもついていますし。
 足らなければ、プラス315円でスープもしくはデザートもつけられます。」
なんてアドバイスまでくれ。
Pekiがフォークを落とした時には、すぐにお持ちします。という一言とともにサッと拾ってくれ、お皿の上に青いフキンをひいた上に、さっきと同じのと、別のキャラクターのと2つ持ってきて、今度はどっちがいいかな?と、Pekiに選ばせてまでしてくれ。
Pekiも大満足!

が、すばらしいアドバイスにも関わらず。
メニューは、結局Pekiが、わけわけはイヤ!と言い張り。
(最近、自分用に。という主張が強いのです(汗))
ランチを二人分頼むことに・・・

私は、前菜+パスタ+パン+ドリンクのAランチ(945円)を。
Pekiは、パスタ+パン+デザート+ドリンクのデザートランチ(1000円)を注文。

あぁ・・・お金が(汗)
まぁでも、今日は病院でいい子にしてくれていたし。
最近、色々とPekiには我慢してもらうことが多いから、せめてものお礼ということで・・・

で、Pekiさん。
1人分を主張しただけあって、食べる食べる!
パンを半分食べ、私の前菜の1つ、蒸しかぼちゃもバクバク食べ。
パスタは、「これ、美味しいねぇ。美味しい美味しい・・・」と言いながら、8割方ペロリ。
さすがにお腹いっぱいになり、
「ふぅ〜、食べた、ごちそうさま」
と言った所に、デザート登場。
パっと目が輝き、甘いもんは、別腹よね〜とばかり、もちろん、それも1人で全部完食。
ドリンクのぶどうジュースは半分程残したものの、いやぁ、私より食べたんちゃう!?(^^;

そうそう。
デザートの時には、
「シェフからのサービスです」
と、私用に『冷たいドルチェ』なるものを頂きました♪
これも美味しかった〜。
(そういえば、Pekiはこれも食べていた・・・恐るべし2歳児)

ここのシェフは、イタリアの方のようで。
昔からお客さんが来られた時、帰られる時は外に出て挨拶してくれます。
Pekiのことも、興味深々なのか、遠くからですがしょっちゅう覗きに来てくれていて。
が、Pekiは真っ白なシェフコートが白衣(お医者さん)に見えたのか・・・始終、シェフから顔をそらしていましたが(苦笑)
最後の最後に、ドルチェのお礼と一緒にやっと手を振ったPekiさん。
シェフも、やっとにっこりとうれしそうに笑ってくれました。

高架下のお店なので、決して高級な雰囲気ではありませんが。
入りやすい雰囲気と、しっかりしたサービス、程よい値段。
そして、ホッとするような飾らない味が私は大好きなお店です。

 オステリア ガウダンテ:http://r.gnavi.co.jp/k101302/

久々に食べたけれど、やっぱり美味しかった!
また行こうね〜、Peki。

・・・でも、次は、大盛りランチのシェアにしましょう(^^;
posted by carrera at 18:15| 兵庫 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

グアム・・・!?

前回のブログでご報告させてもらいました、二人目妊娠の話の続きですが。
(皆さん、沢山のコメントにメール、ありがとうございます♪
 メール下さった方には、おって返事書かせてもらいます)

そう。
今週、義兄の結婚式でグアムに行かなくてはいけないのですよ、ハイ(汗)

そのことはずっと頭にあったので、・・・元々、不順な身体ながら5週目には妊娠に気が付くことが出来ました。
そして、うれしさ+お義兄さんの結婚式どうしよう(汗)と、慌てて産院へ行ったのが2週間弱前。
だって・・・ネットで調べたら、初期の海外旅行は避けましょう。とハッキリ書いてある。

うーん(汗)

正直、個人的には旅行としてのグアムは行かなくてもいいんですけど。
(何かねぇ、今回のグアムは・・・最初からあまり乗り気ではなかったのですよ。
 第六感がこうなることを予測していた・・・!?)
でも、結婚式となると話は別で。
めでたいことやから、お祝いしたいし。
何より、義兄側からは、義父+私たち家族3人だけしか参列しないのですよ。
私が行かないとなると、さすがにトレーンベアラーのPekiさんも行けない。
義父1人も可哀想だから・・・旦那は行く?
それって、男二人・・・華がない〜(苦笑)

それにそうなると・・・旦那は式だけのトンボ帰りでいい。というし、義父さんも旦那が先に帰るならばワシも。と。
フリーのパックツアーで予約入れているので、一度キャンセル&再予約。
キャンセル料も高いしなぁ・・・
大体、そんな間際に取り直せないよ・・・

うーん。
行くにしても行かないにしても・・・めんどくさくなってきたなぁ。というのが正直な感想(苦笑)

で、グアム行きの相談も兼ねてすぐに産院に行ったわけです。
やっぱ・・・ダメっすよねぇ!?と。

すると・・・先生。
「いや、行っていいですよ。
 この時期のトラブルの要因は、お母さんの行動によって云々ではないですし。
 ただ、無理はしないで下さい。
 出発までにトラブルがあれば、行けないかもしれない。ということも忘れずに。」

・・・軽いノリで、あっさり、行ってもOKとのこと。
ちょっとビックリ。
会社を休んでまで同行した旦那はかなりの不満顔。
「・・・ホンマか?ホンマにいいのか!?」

正直、若干の不安を感じ(苦笑)、助産師さんを捕まえて同じ質問を。
「片道3時間ちょっとならば・・・まぁ、飛行機に乗ることが悪いことじゃないしねぇ。
 無理しないこと。
 日程にゆとりを持つこと。
 体調悪くなっても、薬は飲まないこと。
 トラブルがあったら、早めに診てもらうこと。
 その辺を気を付ければ・・・行って大丈夫よ。」

うーん、ってことは、OKってことか!?

結局、旦那と相談の結果。
次回の検診で問題なく心拍が確認とれ、つわりもそんなにひどくなく、トラブルがなければ。
行こう。
ということになりました。

でも。
この曖昧な結論・・・
どこまでをもって、つわりがひどいのかどうか。って線引きは出来てないので。
私がちょっと寝込めば・・・「やっぱりグアムはやめよう」という話が常に浮上。
いや・・・今しんどいんであって、グアム行く時はどないかわからんやん!
もう、ややこしいから、次の検診でトラブルなかったら、私が自分の身体と相談して決めるから。と何度言っても・・・不安そうな顔の旦那(^^;

で、迎えた次の検診(=一昨日)。
2週間後に。といわれたのを、若干早めての受診。
先生も、Pekiの時にも主治医として御世話になった信頼のおける院長先生をご指名。
(前回は突然で先生を選ぶ余地がなかったのです)

「赤ちゃんは、順調に育っていますね。
 心拍も確認できます。
 前回の血液検査も、異常はないです。」
ふぅ・・・よかった。

で、改めて、旅行のことを質問。
前回言われたことも含めて・・・すると。
「うーん・・・そうですか。そう言いましたか。
 ・・・矛盾して申し訳ないですが。
 基本的には、この時期のご旅行は・・・お奨めしません。」

な、何!?
まさかここにきてそう言われるとは・・・(汗)
あと1週間ないんだよー。

「グアム・・・片道3時間程度ですよね。
 飛行機に乗ることで、母体に悪影響とかいうことではないんです。
 ただ、無理をしない方がいい時期。という意味において、
 肉体的に負担のかかる旅行は推進しない。ということで。
 ただ・・・身内でのお祝いごとですよね。
 観光とかじゃないですし・・・
 基本的にゆっくり過ごすことが出来るのであれば。
 ・・・どうされますか?
 行かれますか?」

・・・聞かれてるよ、私。

「とりあえず主人とも相談しますが。
 日程は式以外はホテルでゆっくりする予定です。
 娘は主人が相手してくれると思いますし。
 飛行機も無理のない時間を選んでいますし・・・
 前回の検診の話から、もしも身体が辛くなければ行ければ。
 と思っていたのですが。」

「そうですか・・・
 それでは・・・本当にご無理をなさらず。
 もしも、下腹部の痛み、違和感、出血を感じたら、
 すぐに現地の病院で診てもらって下さい。
 また、出発までに何かあっても必ず受診して下さい。」

う・・・あまり推進されてないよ(汗)

旦那に話すと・・・
「そうやよなぁ。最初からそれが普通やと思うわ。
 前回の先生が軽すぎたんやで、ホンマ。」
と、やっと納得顔。

が、どないするねん。という問題は解決せず。
というか、むしろややこしくなりました(汗)

私的には・・・
日本にいても、海外行っても、ホテルでのんびりならばそんなに変わらない気がするし。
移動は大変かもしれないけど、空港までは自家用車だし、現地でもホテルまでバスだし。
後は、旦那とお義父さんがPeki見ていてくれるならば・・・
3食昼寝付きならば・・・
Pekiと二人、日本に取り残されるよりも、むしろ楽ちゃうん!?
・・・と、楽観的なんですけどね(笑)

ま、プールも海も免税店も「据え膳」状態で若干寂しいかもだけれど(苦笑)
遊び炊きゃ、また行けばいいし(by.旦那。ホンマやな?また連れて行ってくれるねんな!?)

結局。
もう出発1週間前を切っていること。
院長先生もしぶしぶながら、OKはくれたこと(と、私は思っています(^^;))
現地では、式・食事以外は部屋でのんびりすること。
無理をしないこと。
その辺を条件に・・・このままトラブルがなければ、行くことにしました。

ということで、もし行けたとしても、さして報告することのない旅行になりそうですが。
出発に向けて、今週はのんびり〜としておきます。


posted by carrera at 07:11| 兵庫 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

ご報告

いきなりですが。

二人目を妊娠しました。

と言っても、まだわかったばかりで。
やっと今日、胎児の心拍の確認が取れたところ。
まだ、出産予定日も確定できない程です。
7週位・・・かな。

そして、お詫びを。

本当は、御世話になっている先輩・友人にはメールで直接ご報告するべきなのでしょうけれど。
Pekiが昼寝しない&私もつわり気味で、PCに向かえる時間が少なくて。
直接会うことの出来た友人・メールする機会のあった極少数の方以外には、このブログでのご報告となることの無礼をお詫び致します。
機会を見つけて、また皆さんにもメールで直接ご報告したい。とは思っています。
順番が逆なことをお許し下さい。

で。
ホンマは、皆さん、もうちょっとしてから・・・安定期に入ってから。とかつわりが落ち着いてからご報告したりするもんなんでしょうが。
私には・・・1週間後に控えたグアム旅行の件がある(苦笑)
行くにしても行かないにしても、まぁ、そんなこと抜きに日常をあからさまにブログで書いている私が黙っているのも難しいので、この時期でのご報告とさせてもらいました。

と、一通り言いたいことを書いた所で、改めて。

2人目のことを意識しだしたのは・・・Pekiが2歳を過ぎてから。
正直、それまでは、Pekiのこと、自分のことにいっぱいいっぱいで、もう1人。なんて考える余裕はありませんでした。
だから、年子とか、2歳差でのお子さんをお持ちの方・・・ホンマ、尊敬します。

でも、Pekiが2歳になり。
イヤイヤやワガママは増えたものの、だんだんと『1人の人間』として接することが出来るようになってきて。
元々、二人は欲しいな。と思っていたのもあり、今度は、作るならば早い方がいいかな。と思えるようになってきました。

そして、悩みつつもPekiの卒乳を向かえ。
それまで不安定だった私のバイオリズムも少し安定してきて。
・・・ただ、やっぱり排卵はしにくかったようで。
(このブログでも書いてますが、Pekiの時は自然排卵が難しい身体ということで不妊治療で授かりました)
不妊治療に行くべきなのかな・・・と思い始め、基礎体温をつけ始めました。

それから、約2ヶ月。
正直、こんなに早く恵まれるとは思ってもいなくて、ビックリしています。

次の子が授かったということはもちろん。
自分が、自然妊娠できた。ということが・・・うれしいというか、何というか。
不妊治療ででも、自然妊娠でも同じ。と自分に言い聞かせてはいましたが。
やっぱり・・・そのことはずっと気になっていたのかなぁ。と改めて思いました。

で。
「じゃぁ、グアムどないするねん。」
という話ですが。

えっと。
今日は時間ないので・・・また近日中に書き込みします(^^;

今回は、ご報告まで。ということで。。。

posted by carrera at 18:10| 兵庫 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。