2006年11月21日

負けず嫌い!?

最近のPekiさんの流行。
それは「勝ち負け」を競うこと。
誰かと競うのではなくて、自分が「これ!」と決めたものが勝つかどうか。という遊びです。

例えば、テレビを見ていて。
「血液型選手権」をやっていれば、
「ピョンピョン!(うさぎのA型)勝つ!」と決め込んでワクワクし。

 血液型選手権:http://www.fujitv.co.jp/tokudane/index_uranai.html

「にほんごであそぼ」を見ていて。
「かるた」が始まると、今日の札を決めにかかり「これこれ」と指差し。

「でこぼこフレンズ」では。
「うーん、カランコロン!」と、出てくるキャラクターの山かけ。

家にある「じゃんけんゲーム」では。
(近所の本屋さんでもらったものです。何かの雑誌の付録だったみたいだけれど、チカチカ光った後にじゃんけんのどれかに止まるのです)
じゃんけんのルールはまだ難しいので、どこに止まるかを当てるというゲームに勝手に変え。
「パー!パー!」とワクワクしながらパーに止まるのを待つわけです。

・・・でも。
ご存知の方ならばおわかりと思いますが。
どれも、勝てる可能性は低いんですよねぇ(苦笑)

血液型選手権は、1/4。
かるたは、1/6位。
でこぼこフレンズは・・・調べたら、どうやら1/18らしい。
じゃんけんゲームは、一番確立高くて1/3。

まぁ、言ってみれば、ほぼ負ける。わけです。

が。
Pekiは、負けると・・・
「あぁ・・・間違っちゃった・・・」
とガックリと肩を落とす・・・だけでなく。

「ハズレ・・・ハズレ・・・(ポロポロ)
 ヒック、ヒック・・・ワーン!!」
と、本気で泣き出すのです(汗)

いやぁ・・・泣かんでも。

でも、慰めようが、何言おうが逆効果。
「イヤ!ハズレ!・・・Peki、ハズレ・・・あぁ・・・」
と、余計に自分を責めるだけ。

ついでに。
「かるた」なんかは、答えはこっちはわかっているので、
さりげなく、「Peki、こっちにしたら?」なんて誘導してみるんですけど。
「イヤ!カンカン(=お母さん)それ。Peki・・・こっち!」
と言い出すので・・・
結果は・・・勿論、「Peki、負けた」と余計に泣くだけ。

うーん。
負けず嫌い・・・なのかなぁ!?

まぁでも、そんなことで本気になれるのもきっと短い間なんだろうなぁ。
と、苦笑しつつ、眺めています(^^;

でも・・・
泣かないでも・・・ねぇ!?



posted by carrera at 18:29| 兵庫 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 子供の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。