2006年09月26日

谷の日

以前、こべっこランドの講座でスタッフの方がこんな話をしていました。

子供っていうのは、階段を上がっていくように大きくなるのではなくて。
山があったなぁ。と思ったら、谷の時期がきて。
その波を繰り返していくうちに、だんだんと平均部分が上に上がっていくことの繰り返しなのよ。
だから、昨日できたことが今日出来なくて当たり前。
いつもは出来ていることが出来ない日があっても当たり前。
甘えたい日もあるし、日によっては半年前のように戻ってしまうことも。
でも、それもまた、次のステップの為の肥やしだから。


Pekiが、いつもよりも手のかかる状態に陥ると。
私はよく、この話を思い出して「私、がんばれー!」って自分を応援します(笑)

・・・変な話から入りましたが。
そう。
今日は、こんな話を思い出させる日だったのです。


今日は、こべっこランドでの「母と子のリトミック音楽」に参加してきました。

このイベントは、全5回3,000円の有料イベント。
2歳9ヶ月〜4歳、2歳児という2つのコースがあり、
Pekiは、2歳児コースに申し込み。
応募多数の場合は(毎回そうみたいですが)抽選で30組が受講できます。
で、以前受講した「母と子のふれあい講座」に続き、見事当選!
今日が初日でした。

以前の日記でも書いたけれど。
Pekiは、こういう同年齢の子供が集まってお遊戯したりするのが苦手。
それを憂いた旦那が、Pekiは音楽が大好きだからリトミックでも通わせてみては?と言い出したのがきっかけで、たどり着いたのがこの講座。
本当は家から近い所がいいんだけど。
Pekiの反応を確かめたりするためにも、短期集中コースにまずは通ってみよう!と。
ついでに、こべっこのならば安いし(笑)

が。
やっぱりダメでした(涙)
イヤなもんはイヤ!なんでしょうねぇ・・・

そもそも、今朝から機嫌も悪かったのです。
昨日、昼寝のきっかけがつかめずにずるずる夜まで起きていたPeki。
そして、朝もいつもどおりに目覚めてしまったので、寝たりないらしく、グズグズ。
神戸まで行くのも、結局、1歩も歩かず。
スリングで行ったので、重たい重たい(汗)

しかも、電車に乗って降ろしたら車内で「抱っこぉ・・・」と泣き崩れるPeki。
周囲の白い目に耐えつつ、10秒でスリングに逆戻し。
しかも、抱っこされてご機嫌になったPeki。
私の口癖をマネして「あー、重たい!あー、疲れた」と言い出す。

・・・カチ!(#`Д´)凸

カ「抱っこされているだけなのに重たいことないでしょ?」
P「・・・よいしょ!よいしょ!ふぅ〜」
カ「だーかーらー!」

そう。
私の機嫌もイマイチだったのですよ、ハイ。
子供の成長バイオリズムがあるならば、私にだって機嫌のバイオリズムがある!
つまり。
Pekiも私も「谷の日」だったのです。

そんな状態で。
Pekiの苦手なお遊戯なんて・・・はなから無理だったのかも。

もうね、全部書くと悲しくなるのでやめますが。
最初は、まだマシだったんですけれど。
10分程して、抱っこぉ〜!と言い出したPekiに
「今は先生がお話しているから、座っていて!」と言ったあたりから、Pekiの不機嫌は最高潮に。

後半なんて、全員が楽しそうに追いかけっこをして「キャー!」なんて走り回っているのに。
Peki一人、壁際で寝ころがって、輪に入るのを断固拒否!
しかも、そのころには、タンバリンとかを見せただけで投げ返される始末。
行こうよ。と言うだけで、また泣くし・・・
抱っこもイヤ!
もう、どうにもなりません・・・

でも、スタッフの方がフォローに来てくれると。
途端に、素直ないい子になるPeki。
タンバリンも投げないし。
で、「もう大丈夫ね〜」なんてお姉さんがいなくなった途端にまたも不機嫌に逆戻り。
・・・ってことは、私に問題があるのか!?
でも、私もそんなPekiにイライラして、笑顔がうまくつくれない。
・・・やっぱり私に問題があるのかも(涙)

あぁ、やっぱりイヤなもんを強制するんが間違っているのかなぁ・・・
でも、リトミック自体は好きやと思うんだけどなぁ。

結局、最後の最後まで、Pekiはリトミック断固拒否でした。

イベント終了後、進行をしていた方が、さすがにこの子は・・・とばかりにフォローに来てくれました。
「お母さん、何を嫌がっているかわかるかな?」
「こうい場所が苦手みたいで。」
「そっかぁ。
 Pekiちゃんって言うのね。
 今週の内容がイマイチだったのかなぁ?
 でも、きっと次は楽しいよ!ね。
 また来てね。
 そうだ!来週やることを、みんなより先にこっそり教えてあげちゃうね!
 ほらおいで!!」
・・・さすが、プロ。
(この方は、神戸リトミックアカデミーの先生)
すぐにPekiの心をつかんでくれてました。

次回はボールを使うと知って、先生との「次回も行く!」という約束にはウンとうなずいたPekiだけれど。
・・・ホンマに行く気になってくれるのかなぁ?
少なくとも、今日の有様では・・・私は行きたくないぞ(苦笑)

でも、そういえば先生が最初に言っていたっけ。
「お母さんが、ワクワクした気持ちを持って、
 次に何をやるのかなぁ?
 ここは楽しいなぁ!
 と思うことが、子供がみんなと一緒に楽しめる為には大事なんです。」
って。

・・・うーん。
私にその気持ちが欠けていたのかも・・・
Pekiに対する私の不安がPekiに伝わって悪循環だったってことかなぁ。
もっと、ドーンと来い!の気持ちで構えないと、前に進みませんね。

ふぅ。
それにしても、・・・疲れた。

次は、1週間後。
私も気持ちを切り替えて。
次こそ、楽しむぞ、リトミック!!



posted by carrera at 16:14| 兵庫 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。