2006年09月16日

卒乳初日

卒乳・・・
いよいよ決行です。

前日にもPekiに話をしたら、うんうん!と返事をしてくれ。
必死に飲み溜めをしてました。
そして、夜に授乳しながら、今日で最後だね。と再度確認しつつ、睡眠。

Pekiはいつも夜中に何度か授乳で起きるのと、朝も飲みながら起きたりすることもあるので、
最後の授乳は、朝イチにしよう。って思っていました。
そこで、Pekiに最後だね。と話かけて・・・と。

が。
夜中に泣いたのですが、おっぱいを飲まずに手をにぎったら落ち着いて寝てくれて。
ちょっとビックリ!
あぁ、もうPekiにはさっき話していたのでバイバイと納得してくれたのかな?なんて思い、
思い切って、そのまま決行することに。

でも・・・
早朝に「おっぱい!」と言いながらすりよってくるPeki。
どうしよう・・・でも、一度決心したこと!と思い、
「Peki、もう朝だよ。おっぱいちゃんは、今日からバイバイだよ。」
と告げる。
すると・・・Peki、ワンワン泣き出しました。

抱っこしても、何しても、ダメ。
とにかく「おっぱいー!」と泣き続けるPeki。
結局そのまま泣きつかれて寝て・・・また起きて泣いての繰り返し。
かわいそうなので、窓を開けて完全に起こすことに。

起きてからしばらくはいつもどおりに遊んでいたけれど。
ふと、思い出した拍子に「おっぱい?」と確認しにくるPeki。
そして、「そうだね、バイバイしたね。」と言うと・・・
やっぱり、泣くPeki。

結局、Pekiは、一日中、どんよりと落ち込んでいるか、泣いているか。
もちろん、楽しいことがあった時なんかは、その場は盛り上がるんだけれど。
ふと気が付けば、また肩を落としているPeki。
私も旦那も、一日中、必死でPekiを楽しい気分にさせようとしたのだけれど・・・
まるで、うつ病かのように、うつろな目をしたりします。

普段は、おっぱいがなくても何てことないようなことでも。
「今はおっぱいがないけど、いつでももらえるんだ!」という余裕があるのとないのとでは随分違うらしく。
ちょっとのことで、思い出しては、何度も「おっぱい?」と確認しにきます。
そして、落ち込むPeki・・・

やっぱり・・・
Pekiには早かったのかな・・・?
納得してくれている。と思ったのは、私の都合のいい解釈やったのかな・・・?

でも。
ここで私が悩んでいる姿をPekiに見せたら、余計にPekiは不安になるかも。
だから・・・ここは、頑張って乗り越えなくちゃ!
何度も、そう自分に言い聞かせ、授乳したい気持ちを抑え続けました。

そして、Pekiが私にしがみつくようにして寝てくれた今。
私自身も、憂鬱な気持ちがしてしまっています。
後悔はしていないのだけれど・・・
親として、1つの乗り越えなくちゃいけない山にいるんだなぁ。ということはひしひしと感じています。
今日は、Pekiの気持ちを盛り上げる為に、本当に沢山のところに出かけて行って身体は疲れている筈なのに。
(ぶどう狩り、弓削牧場、ブルメールHAT神戸)
何だか眠れそうにありません。

ついでに。
胸が張って痛いです(苦笑)
最近は、そんなに飲まない日も沢山あったし、量も大して出てないから大丈夫だろう。って思っていたんですけど。
そうでもないんですねぇ。。。
泣くPekiを抱っこすると、圧迫されて・・・痛かった(涙)
冷えピタシート張って寝ようかなぁ・・・

卒乳初日はこんな感じでした。
(何だか、卒乳というより、断乳っぽくなってきてるけど・・・)

明日も・・・頑張らなくちゃ!



posted by carrera at 23:09| 兵庫 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 子供の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。