2006年09月30日

ほぼ復活!

結局、昨日は夕飯も含めて、家事はお休みさせてもらい。

  一昨日、あんな日記を書いてから、ちょっと反省して。
  明日は、Pekiが寝ても寝なくてもイライラしないように!
  と、前もってハヤシライス&ポテトサラダを作っておいたのです。
  何てラッキーな!!

旦那も、いつもより早く帰ってきてくれ、夜も楽させてもらいました。

おかげで、体調も、今日には8割方復活!

そして、困った時には、人の優しさも身に沁みるもんで。
旦那のことも、本当、助かるわ〜。と思うことができ。
(なんか、表現がイマイチやけど・・・一昨日のことから続くと、こういう感じになるのです)
Pekiも、私が体調悪い!とわかってからは、かなりいい子にしてくれていて、あぁ、やっぱり我が子はかわいい!と思うこともでき。

・・・雨降って地固まる!?

じゃないですが。
精神的にも楽になりました。

後は、喉のイガイガが取れれば・・・
これだけが気持ち悪い!

まぁでも、治りかけが肝心!なので、今週末はのんびりしておく予定です。

ご心配くださった皆さん、どうもありがとうございました☆


posted by carrera at 23:45| 兵庫 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

その女、体調不良につき

えー。
今朝から、喉が痛いです(汗)
ちょっと頭痛もして、胃もムカムカして・・・ついでに、寒気もしていました。

風邪・・・でしょうか?
でしょうねぇ。。。

昨日までのイライラも、体調不良の前兆!?

ということで、今日は家事も適当。
(いつものことやん・・・!?)
お昼を作るのも気持ち悪かったので、パンだけ買いに行き、後は、自宅で休養中です。

午後になり、寒気がピークだったので、Pekiを誘って布団で絵本読み。
でも・・・眠気に負けて、私が寝ちゃいました。
途中、何度も、Pekiが馬乗りになったり、髪の毛ひっぱったり、ほっぺたペチンペチンされたり、目をつっつかれたり・・・
色々された記憶もあるのですが。
1時間半後にふと見たら・・・Pekiも寝てました。

しかも、Pekiが寝ているのをみたら、何だかうれしくて目が覚めてしまった私。
毎日こうしたら、昼寝するかしらん!?(笑)

・・・でも、やっぱりしんどいので、これだけアップして、最低限の用事したら、またお布団に行ってきます。

ということで、短いですが、これにて。

posted by carrera at 16:54| 兵庫 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

イライラ・・・

先日、「谷の日」なんて日記を書きましたが。
最近、Pekiとのコミュニケーションが上手く取れないことが多いように思います。

うーん・・・
何か、私がイライラしてしまうんですよねぇ。
Pekiに気持ちがついていかない。というか。

思いつく理由はいくつか。

1つは、Pekiの昼寝がマチマチになったこと。
寝るならば寝る!寝ないならば寝ない!とわかっていれば、こちらも行動が取りやすいんですけど。
寝る日と寝ない日で、あまりにもその後の機嫌や、夜寝る時間が違ってくるので、それに振り回されることが多くて。

昼寝する日は、大体、15時前後〜2時間程度昼寝。
若干前後することもあるけれど、1時間の差ならば大したことはナシ。
で、夜は旦那が帰ってきて、旦那とお風呂に入り、一緒に布団に入れる23時頃までご機嫌で起きてます。

が。
これが昼寝しない!となると、全然変わってくるのです。

↑に書いたとおり、寝るのか寝ないのかがハッキリするのは、17時頃。
っていうか、17時過ぎたら、さすがに昼寝させないようにしています。
その時間になっちゃうと、昼寝も3時間とか寝ちゃうし、そうなったら、起きてからも機嫌悪いし、夜の寝つきも悪くて悪循環。
なので、16時位から、どうなるんだ!?という疑問が湧き出し。
17時ともなると、慌てて夕飯の準備を進めて、お風呂も私が入れなきゃ!となり。
でも、Pekiはだんだんと眠たくなってきてグズグズ・・・
だけど、甘やかせたら、コロ!っと寝てしまう・・・
必死になってPekiを盛り立て、作業を進めて、やっと寝かしつけた!と思ったら、すぐに旦那の夕飯の準備。
部屋も片付けつつなんて余裕ないから、グチャグチャだし(汗)
ついでに、Peki、翌日の午前中も寝たりなくてグズグズだったりします。

勿論、昼間は昼間で、何とか昼寝してもらおうと必死になっているわけで・・・
そうなると、Pekiが昼寝しないと、本当に心の休まる暇がないのです。

最初から、寝ない!とわかっていれば、まだ、こっちも行動が取りやすいんですけどねぇ。
今現在、完全に寝るか寝ないか50:50で、ついでに、私の気持ちは寝て欲しい!に傾いているので(苦笑)寝ること前提で作業を進めてしまう癖が・・・
卒乳するまでは、ほとんど毎日寝ていたのになぁ・・・

そしてもう1つ。
授乳しなくなって、Pekiを無条件に身近に感じる機会がなくなったこと。

今までは、イライラしていても、ケンカ気味でも、授乳するだけで、お互い心が落ち着いたんですよねぇ。
まさに、精神安定剤。
腹立つことがあっても、こんなに小さいんだからまぁしゃーないか。なんてふと心が緩んでくれたものです。

でも、授乳しなくなって。
単純に、そういう時間がなくなった。ということだけじゃなくて、私の中でもPekiの扱いが、一段、階段を登ったように思います。
赤ちゃん扱いから、子供に。
・・・というか、一人の人間としての感覚に。

だけど、お互い、それにまだ慣れてないように思うんです。
PekiはPekiで、授乳している時の無条件な暖かさを違う形で求めるようになったし。
(大抵は、抱っこ!とか、イヤイヤのワガママとかだけど・・・)
でも、それに私の気持ちがついていかない・・・
「もう、赤ちゃんじゃないんだから!」なんて思ってしまう。

今日も、ついさっき。
夜寝る前に歯磨きしたものの、ブクブクうがいをしないPeki。

今日は、中途半端に昼寝。
たぶん・・・20分位。
自転車乗っている間に寝て、着いたら起きてしまったパターン。
ついでに、私は何とか寝たまま布団まで運ぼう!と必死に必死に頑張ったのに・・・布団に入れた途端に起きたPekiさん(汗)
だから、・・・眠たくて眠たくて、うがいとか、そんなことやりたくない!

・・・というPekiを見て。
「これ終わったら寝れるんだから、これだけはちゃんとしなさい!」と怒鳴るカレラ。
そして、「イヤァ〜!」と、余計に泣き喚くPeki。

そしてそして。
そんな、私を見て、旦那は
「いや・・・それはお母ちゃん、あまりにもPekiに冷たいんやないか?
 余計に意固地になるだけやで。
 もっと、優しく、まずは抱っこしてあげて、気分転換でもしてあげて・・・」

そんな旦那の話に、イラ!っとする私・・・

んなこと言ったて。
日中だって、こんなことばっかりなんだよー!
毎回、深呼吸して、笑顔作って、何とかPekiに理解してもらおう!なんてしていたら。
ストレス溜まって・・・大変だよ、本当に。

・・・結局、Pekiはそのまま泣き寝入り。
旦那とも、意見がすれ違ったまま。

ふぅ・・・

気持ちがイラついているのはやっぱり私のようです。
こういうときは、ロボットみたいに、ボタン1つで気持ちが切り変わってくれたらいいのになぁ。って心底思います。

でも、イライラする気持ちも抑えられないし。
そんな自分にもまたイライラするし・・・
自己嫌悪。

ハイ。
何だか、くらーい日記になっちゃいましたね(汗)
まぁ、皆様、お気になさらず・・・

よく「カレラさんがイライラとか怒ったり怒鳴ったりなんて信じられない!」なんて言われるんでね。
んなこたーありません。
私だって、人間です。
しかも、もろくて弱いんですよー。
自分でコントロールも出来ないような人間なんですよー。

・・・というお話でした。
posted by carrera at 23:53| 兵庫 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

『昔』バトン

今日は、Pekiさん、ご機嫌な一日でした。

でも。
プール行って、100円ショップを歩き回らせ、TIO舞子にも立ち寄り、あげく、公園で思いっきり遊ばせたのに。
昼寝せず(汗)
仕方ないので、いつもならば寝る時間に、スリングに入れて近所をフラフラ散歩までしてみたのに。
元気満々!

・・・寝ないのね。

諦めて、さっさと夕飯にして、お風呂も入れ。
お風呂の辺りで、ちょっと眠気がきたみたいでワンワン泣き。
でも、そこから立ち直り、またも元気満々。

結局、最後には私が寝たフリして(いや、半ば寝ていたかも!?)寝かしつけました。
ふぅ。

あぁ、授乳していた頃は楽やったなぁ〜。
なんて、今更ながら思ってみたり(苦笑)

そうそう。
旦那は、今日は甲子園で野球観戦。
どうやら、阪神勝ったようで何よりです♪

・・・でも。
いいなぁ〜、甲子園!


************

で、本題はこんなことではなくて。

今日は、こちらのブログに遊びに来てくださっている「ハッピーよつ葉」さんから頂いた、「昔バトン」にお答えしまーす!

 バトンとは?:http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a5%d0%a5%c8%a5%f3

こちらのブログではバトンは初めて!
いやぁ〜、緊張するなぁ。

ということで、レッツラゴー!


1.あなたは昔、何系でしたか?

文系です。
国語(というか、読書)が大好きで、国文学専攻でした。
なぜか、漢文が好きで、中国語を取得するぞ!と思っていました。
入った短大では、中国語の授業がなくて、系列の大学にまで受講許可をもらいに行き、張り切って勉強を始めた!のですが。
・・・初めてみたら、自分には合わん!と早々に見切りをつけました(苦笑)

ついでに、こう見えて(!?)、体育会系です。
野球大好き!で、中学・高校とソフトボール部、短大では隣の大学の野球部のマネージャーしてました。
ポジションはサード。
打順は1番か3番が多かったかなぁ。
パワーバッターではなくて、球筋読んで分析するタイプでした。
ついでに、自分が打つより、人のバッティングとかみて問題点を指摘したりする方が得意です(笑)


2.あなたは昔、習い事をしていましたか?

はい。沢山・・・
両親が、何でもやっておけ!主義だったので、近くでやっているものはみんな行っていた気がします。

3歳の誕生日からピアノに行きだしたのをはじめに・・・
プール、硬筆、書道、そろばん、英語・・・
小学生のころは、習い事のない日がなかった程です。
中学からは、ありがたいことに家庭教師もついてました。
(中学は数学、高校は英語)
中学3年の時には、電車乗って大手塾にも通っていたなぁ・・・

でも、あまりにも何でもやっていたので、どれも身になっていません(爆)
ピアノなんて10年も習ったのに・・・(汗)
まぁ、広い分野での初歩的な知識はついたかなぁ・・・!?


3.今と昔、いちばん変わったと思うことは?

うーん。
変わったかなぁ・・・
変わりたい!と思い続けているんですけどね。
これは、むしろ、友人に聞きたいです。
私って変わった?って。

でも、モットー「日進月歩」のとおり。
少しづつでも成長している!と思いたいです。


4.今と昔、変わらないと思うことは?

これまた、誰かに聞いてみたいですねぇ。

って、2つ連続で返事になってない!?

たぶん、私の性格が過去を振り返ったり比較したり。ってことが好きじゃないんですね。
過去も現在もつながっているし。
過去があっての今なわけだし。
ある地点とある地点をの比較ならばまだしも、
漠然と、昔と今。と聞かれても・・・しかも何を比較していいやら。

・・・って、これって屁理屈!?


5.昔からのトラウマはありますか?

これまた沢山あります(苦笑)

一番おもしろい(!?)のは、修学旅行の時に、清水寺の裏側の階段で転んで落ちたこと。
「清水の舞台から飛び降りる」ならぬ、「清水の階段から落ちた」のです。
以来、階段下りるの時にふと思い出してビク!っとしたりします。

今の自分にとって一番大きいのは、両親が仲悪かった時期があったことかなぁ・・・
自分は、父にも母にも愛されてない。と思っていた時期があって。
Pekiに同じ思いはさせたくない!という変なプレッシャーがあります。


6.昔、なりたかったものは?

これまた時期によって色々・・・

最初は、ピンクレディになりたくて(爆)
次は、リスのお嫁さん。
小学生になって、文集に登場する"将来なりたいもの"には「内職する主婦」(爆!!)
小学校高学年になり、パソコンが我が家にやってきたのもあって、システムエンジニア。
中学生になったら、スチュワーデスとか、アナウンサー。(初めてそれっぽい!?)
高校位から、現実が見え出して、とりあえず世間が言う所の「出来る女性の象徴」みたいな、一流企業のOLになってみよう!と思い、丸の内OLを目指す(笑)


7.あなたの昔の失態を教えてください。

中学1年生の時に、英語の授業で外人さんがやってきて。
一人一問、英語で質問されて答える。という特別授業があったのです。

これはシッカリ答えないと!とかなり気合入れてドキドキしていたんですけど。
聞かれた質問は・・・
「When is your birthday?」(あなたの誕生日はいつですか?)
よっしゃ!簡単でよかった!!と、私が張り切って答えたのは・・・

「My birthday is SEVEN ELEVEN!」(私の誕生日は「セブンイレブン」です!)

・・・プ!っと、外人さんが噴出したのを皮切りに。
クラスの1/3位が笑ったのを今でも覚えています。
(中一だったから、わからない子もいました)

そう。
正確には、
「My birthday is July.11.」(私の誕生日は7月11日です)
ですよね。

Julyが思いつかなかったのですよ・・・
頭の中で、必死に「7はセブン、11はイレブン」と変換していました。
そして、初めて自分の誕生日が近所のコンビニの名前って気が付きました(笑)

結構恥ずかしかったです・・・


8.今と昔の男性の好みを教えてください。

昔から、楽しく話せる相手が好きです。

昔は、それに「かっこいいこと!」とか「スポーツ上手なこと!」「おもしろい人!」がついていたように思うけれど。
気が付けば「頭の回転が速い人」が好きだって気が付きました。
うまい事話を切り返してくれる。というか、そうきたか!と思えるような相手です。

これは、女性でも一緒かなぁ。
男性、女性問わず、刺激をもらえて、お互いを高め合えるような関係が好きです。
(レズではありません、念のため・・・)


9.できるなら、あなたの昔の写真を貼ってください。

手元にないなぁ・・・
ご想像におまかせします。ってことで(苦笑)


10.過去を知りたい10人に回してください。

10人は無茶なので、一人だけ・・・
さーて、誰の話を聞きましょう?

聞きたい方は沢山いるのだけれど、バトン自体を理解してくれそうな・・・

ちいちいさん!

どうでしょうか?
お子さんが元気になって、お時間のある時でいいので。
よろしくお願いします。


ふぅ、答えきった!
たまにやると、楽しいですよね、バトン!

またどなたかお待ちしていまーす(笑)

posted by carrera at 21:14| 兵庫 ☀| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

谷の日

以前、こべっこランドの講座でスタッフの方がこんな話をしていました。

子供っていうのは、階段を上がっていくように大きくなるのではなくて。
山があったなぁ。と思ったら、谷の時期がきて。
その波を繰り返していくうちに、だんだんと平均部分が上に上がっていくことの繰り返しなのよ。
だから、昨日できたことが今日出来なくて当たり前。
いつもは出来ていることが出来ない日があっても当たり前。
甘えたい日もあるし、日によっては半年前のように戻ってしまうことも。
でも、それもまた、次のステップの為の肥やしだから。


Pekiが、いつもよりも手のかかる状態に陥ると。
私はよく、この話を思い出して「私、がんばれー!」って自分を応援します(笑)

・・・変な話から入りましたが。
そう。
今日は、こんな話を思い出させる日だったのです。


今日は、こべっこランドでの「母と子のリトミック音楽」に参加してきました。

このイベントは、全5回3,000円の有料イベント。
2歳9ヶ月〜4歳、2歳児という2つのコースがあり、
Pekiは、2歳児コースに申し込み。
応募多数の場合は(毎回そうみたいですが)抽選で30組が受講できます。
で、以前受講した「母と子のふれあい講座」に続き、見事当選!
今日が初日でした。

以前の日記でも書いたけれど。
Pekiは、こういう同年齢の子供が集まってお遊戯したりするのが苦手。
それを憂いた旦那が、Pekiは音楽が大好きだからリトミックでも通わせてみては?と言い出したのがきっかけで、たどり着いたのがこの講座。
本当は家から近い所がいいんだけど。
Pekiの反応を確かめたりするためにも、短期集中コースにまずは通ってみよう!と。
ついでに、こべっこのならば安いし(笑)

が。
やっぱりダメでした(涙)
イヤなもんはイヤ!なんでしょうねぇ・・・

そもそも、今朝から機嫌も悪かったのです。
昨日、昼寝のきっかけがつかめずにずるずる夜まで起きていたPeki。
そして、朝もいつもどおりに目覚めてしまったので、寝たりないらしく、グズグズ。
神戸まで行くのも、結局、1歩も歩かず。
スリングで行ったので、重たい重たい(汗)

しかも、電車に乗って降ろしたら車内で「抱っこぉ・・・」と泣き崩れるPeki。
周囲の白い目に耐えつつ、10秒でスリングに逆戻し。
しかも、抱っこされてご機嫌になったPeki。
私の口癖をマネして「あー、重たい!あー、疲れた」と言い出す。

・・・カチ!(#`Д´)凸

カ「抱っこされているだけなのに重たいことないでしょ?」
P「・・・よいしょ!よいしょ!ふぅ〜」
カ「だーかーらー!」

そう。
私の機嫌もイマイチだったのですよ、ハイ。
子供の成長バイオリズムがあるならば、私にだって機嫌のバイオリズムがある!
つまり。
Pekiも私も「谷の日」だったのです。

そんな状態で。
Pekiの苦手なお遊戯なんて・・・はなから無理だったのかも。

もうね、全部書くと悲しくなるのでやめますが。
最初は、まだマシだったんですけれど。
10分程して、抱っこぉ〜!と言い出したPekiに
「今は先生がお話しているから、座っていて!」と言ったあたりから、Pekiの不機嫌は最高潮に。

後半なんて、全員が楽しそうに追いかけっこをして「キャー!」なんて走り回っているのに。
Peki一人、壁際で寝ころがって、輪に入るのを断固拒否!
しかも、そのころには、タンバリンとかを見せただけで投げ返される始末。
行こうよ。と言うだけで、また泣くし・・・
抱っこもイヤ!
もう、どうにもなりません・・・

でも、スタッフの方がフォローに来てくれると。
途端に、素直ないい子になるPeki。
タンバリンも投げないし。
で、「もう大丈夫ね〜」なんてお姉さんがいなくなった途端にまたも不機嫌に逆戻り。
・・・ってことは、私に問題があるのか!?
でも、私もそんなPekiにイライラして、笑顔がうまくつくれない。
・・・やっぱり私に問題があるのかも(涙)

あぁ、やっぱりイヤなもんを強制するんが間違っているのかなぁ・・・
でも、リトミック自体は好きやと思うんだけどなぁ。

結局、最後の最後まで、Pekiはリトミック断固拒否でした。

イベント終了後、進行をしていた方が、さすがにこの子は・・・とばかりにフォローに来てくれました。
「お母さん、何を嫌がっているかわかるかな?」
「こうい場所が苦手みたいで。」
「そっかぁ。
 Pekiちゃんって言うのね。
 今週の内容がイマイチだったのかなぁ?
 でも、きっと次は楽しいよ!ね。
 また来てね。
 そうだ!来週やることを、みんなより先にこっそり教えてあげちゃうね!
 ほらおいで!!」
・・・さすが、プロ。
(この方は、神戸リトミックアカデミーの先生)
すぐにPekiの心をつかんでくれてました。

次回はボールを使うと知って、先生との「次回も行く!」という約束にはウンとうなずいたPekiだけれど。
・・・ホンマに行く気になってくれるのかなぁ?
少なくとも、今日の有様では・・・私は行きたくないぞ(苦笑)

でも、そういえば先生が最初に言っていたっけ。
「お母さんが、ワクワクした気持ちを持って、
 次に何をやるのかなぁ?
 ここは楽しいなぁ!
 と思うことが、子供がみんなと一緒に楽しめる為には大事なんです。」
って。

・・・うーん。
私にその気持ちが欠けていたのかも・・・
Pekiに対する私の不安がPekiに伝わって悪循環だったってことかなぁ。
もっと、ドーンと来い!の気持ちで構えないと、前に進みませんね。

ふぅ。
それにしても、・・・疲れた。

次は、1週間後。
私も気持ちを切り替えて。
次こそ、楽しむぞ、リトミック!!

posted by carrera at 16:14| 兵庫 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

芋ほり!などなど

週末は、イベント盛りだくさん!でした。

ここのブログでならば、3ネタ程の内容があるのだけれど(笑)、
他にも書きたいことが色々とあるので、今回は1つにギュ!っとまとめちゃいます。
ということで、ダラダラ&軽い内容になりますが、ご了承下さいまし。

土曜には、友人家族と一緒にお出かけしてきました!
子連れ&家族ぐるみでどこかへお出かけ。ってのは初めてのこと。

行き先は、
 @加古川にある海洋文化センターに行き、子供達を遊ばせ、
 A加古川で美味しい!と評判のうどん屋さん「いずみ庵」でランチをし、
 B友人のおばあちゃんの家で「芋ほり」をさせてもらう
というプラン。

ということで、まずは海洋文化センターで待ち合わせ!
 海洋文化センター:http://www.banban.co.jp/kai_kaiyohtm.htm
「ホンマにこの道か!?」と言われつつ、若干遅刻しつつも何とか無事到着。
そして、そこは、予想以上に、キレイな施設でした!

室内には、2歳〜幼稚園の子位が喜んで遊びそうな遊具がいくつか。
外には、じゃぶじゃぶ池という子供の腰の高さ程のプール(海水だそうですが)もありました。
どれも無料!ながら、結構しっかりした施設です。

じゃぶじゃぶ池は、残念ながら、修理中とのことで使用できず。
まぁ、使用できたとしてももうプールって陽気でもないからいいのだけれど。

室内遊具は、Pekiは、おそるおそる自分の出来る範囲で遊び、
アクティブな友人のお子さん、K君は、全身全力で遊びまわっていました。
あまりにもアクティブで、一度は船の遊具の2階部分から落っこちた!?と思った程。
Tシャツがひっかかって無事セーフ!
私は、K君のアクティブさには慣れているので何てことなかったんですけど、うちの旦那は結構ビビってました(笑)

そう。
旦那は、普段、Peki以外の子供を見る機会なんてちっともないから、いろんな意味でものすごく新鮮だったようです。

で、海洋文化センター。
神戸からだと遠いですが、夏場の無料プールなり、室内の遊具でワイワイ!なり、それなりに楽しめます。
周囲は海!で、駐車場のあたりで子供を放し飼いにしていると、柵も何もない海に飛び込まれそうなのがちょっと怖いところですが。
アクティブK君は、海を覗き込んでいて・・・周囲の大人を(というか、うちの旦那を)ひやひやさせてくれていました。
参考までに、Pekiはその近くは歩きもせず。
性格が出ますねぇ(笑)

その後は、うどん屋さん「いずみ庵」へ。
 いずみ庵:http://www.geocities.jp/wakky_t_works_kobe/izumian.htm

ここは、前から気になっていたうどん屋さん。
友人から提案してもらい、ヤッター!是非是非!とばかりに飛びついちゃいました。

で、肝心のうどんですが。
美味しかったです!
・・・が、PekiやK君を見ている方がメインで。
どんな感じだったか・・・正直、あまり思い出せないのです(汗)

私は「香露うどん+天ぷら盛り合わせ+ライス」のセット(900円弱)を頼んだのですが、
Pekiとわけわけしたのもあって、うどんがもっと欲しい!と思ったので、美味しかったことには間違いないんですけど。

あ、麺はちょっと細めでした。
で、腰は結構ありました。
そして、喉越しがよかったような。
うどんの味を楽しむ。というよりも、喉越しを楽しむ!という感じのうどん。
うんうん、そんな感じ・・・(自分に言い聞かせる・・・)

アバウトでスミマセン(汗)
また行ったら、次こそちゃんとした情報を!

そして、お次は、メインイベント、芋ほりです!
友人のおばあちゃん、K君にとっては、曾おばあちゃんにあたる方の畑にお邪魔しました。
曾おばあちゃんがご健在なんて、うらやましい!
(うちは、私も旦那も祖父・祖母共に他界済みなので)

それにしても、お芋ほりなんて久しぶり!
Pekiも、普段あまり触ることのない土の感触や、芋を掘り出す楽しみをきっと感じてくれるはず!
あぁ、なんていいイベント!

・・・と思っていたんですけれど。
Pekiも、K君も、芋を掘る。という作業には見向きもせず(汗)

imohori1.JPG

・・・写真だけみたら、何かそれっぽいけれど。
Pekiは、勝手にその辺の土をスコップですくってみては、掘り返された芋にかけている・・・つまり逆の作業に没頭!

K君は、そこら辺を走り回っては、植えた苗を踏みそうになり大人に追い回され。
気が付けば、Pekiも苗踏み隊に参戦。
・・・芋ほりは!?

ということで、大人が、義務のようにせっせと掘る掘る(苦笑)
でも、大人4人+曾おばあちゃんまでいたら、走り回るPekiとK君を追いかける大人が必要でも、芋を掘る人員も残るので楽チン♪

で、ちょっと小ぶりながらもこれだけの収穫が!

imohori2.JPG

ここにきて、PekiとK君、芋を袋に入れる。という作業で初めてそれらしいことをやってくれました(笑)

imohori3.JPG

作業はともかく、Pekiも楽しめたようで何より!
K君のご両親、本当に御世話になりました。

で、現地でK君一家とバイバイし、帰宅。

その後・・・義父がやってきました。
この間も来たやん!なんて、冷たいことは誰もいいません。
Pekiに会いたいのでしょう。
自身も昼過ぎまで用事があるというのに、わざわざそれから片道3時間かけてやってきてくれました。

夕飯は「あぶり肉工房 西村屋」さんで。
 西村屋:http://www.nishimuraya.co.jp/
初めて行ったけれど、子連れも多くて入りやすかったです。
値段も良心的!
ついでに、Pekiは店内で「千と千尋の神隠し」のDVDが流れていてかなりいい子にしていてくれました。

翌日は、これまたこの間行ったやん!の「花鳥園」へ。
 花鳥園:http://www.kamoltd.co.jp/kobe/
前回Pekiが大喜び!で、家でもしょっちゅう花鳥園を思い出しては「鳥さんに餌をあげる」のお芝居を旦那に見せるので、旦那もかなり行きたかったようで。
花好きのじぃじと4人で行ってきました!

Pekiは、前回にも増して大喜び!
前回は怖くて泣いた中央池の水鳥エリアでも大喜びではしゃいでました。

そしてPeki。
餌をあげると「グワ!グワ!」と群がる水鳥と魚を見て。
「じゅーんーばーん!ダーメ!」
と、怒鳴って説教してました(爆)

うん、やっぱりここはPekiと我が家には合っています。
楽しい!キレイ!癒される〜!!
また行くぞ!花鳥園!!

で、Pekiはここで、ペンギンのぬいぐるみに一目ぼれ。
相手にされない私をスルーし、じぃじにおねだりして無事ゲット(苦笑)
ぬいぐるみというか、バッグになっているんですけどね。
かなり気に入って、自ら「銀ちゃん」と名づけ、今日もせっせとお世話しています。
これの写真は近日中に(忘れなかったら(苦笑))アップして、また詳細書きます。

ということで、予告どおり(!?)何だか駆け足になってしまいましたが。
充実した週末の話でした!

posted by carrera at 18:45| 兵庫 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

成長!

今日は、友達の家に行ってきました〜!

6ヶ月の赤ちゃんがいるお家だったのだけれど、
Pekiさん、心なしか、お姉ちゃんぶっていたような・・・!?
おもちゃを目の前で動かしてあげたり、オルゴールを鳴らしてあげたり。

前までは、年下は興味なし。という時期があり。
ライバル!になった時期もあり。
気が付けば、面倒みたい!になったようです。
これも成長ですねぇ。

ついでに。
目の前で、赤ちゃんがおっぱい飲んでいたけど。
全然、大丈夫!でした。
これまでならば、「私も!」とばかりに対抗意識!?を燃やしてやってきたのに。

うんうん。
成長!ですね。

ということで、本日は、あっさりと・・・!!


*******

追伸

デザイン変更しました♪
イメージは、動物好きPeki!?
posted by carrera at 21:41| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 子供の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

卒乳後の昼寝

今日は、卒乳後、初めてPekiと二人きり、何の予定もない日でした。

こういう日をつくるのは、ちょっと緊張・・・
というのも、Pekiの昼寝のきっかけはどうなるんだろう!?と思っていたので。

卒乳後、これまでは、週末は車で寝かしつけ。
平日になってからも、外出三昧だったので、電車の中で抱っこしていたら寝てくれていたのです。

授乳していた頃は、家での昼寝は、いつも授乳しながら。
いわゆる、添い乳。
もう、寝るだろうなぁ。と思ったら、
「Peki、お布団でおっぱいしようか?」と誘い、
自分も横になったままで、時には私が寝ちゃっても(苦笑)、勝手に自分で左右飲みわけつつ、コロンと寝てくれていたので、楽なことこの上なかったのですが。
(この楽さが、なかなか卒乳に至らなかった理由!?)
それが出来ないのだから・・・さて、どうしたものやら。

スリングに入れてフラフラ部屋の中を歩けば寝るんだろうけれど。
今更、それを習慣づけたくもない。
12キロかかえて、歩き続け、あげく、降ろす時に泣かれたりしたら・・・イライラするでしょう、きっと(苦笑)

時間を見て、自転車で公園にでも連れて行き、帰りの自転車で寝てもらう。というのも考えたんだけれど。
それまた、最初から習慣づけるような手段でもないし・・・

まぁ、今日はどうにでもなれ!と言うことで、様子を見ることに。

すると・・・寝ない!
本人も、寝るきっかけがないし、寝なきゃいけない程せっぱつまってもないし。って感じ。
あぁ、日差しがキツイ中、公園で頑張って遊ばせたのに・・・
効果なしか。

3時過ぎて、ちょっと眠たくなってきたのか。
「カンカン!おっぱい!」と言い出すPeki。
「見るの?」と聞くと、「の(飲む)!」とのこと。
「Peki、おっぱいちゃんとはバイバイしたやん。飲んでももう出ないよー」
と言うと、イヤァと泣き崩れるPeki。

うーん。
やっぱり、昼寝が一番のネックになりそうだな、こりゃ。

結局その山は越え。
そこからまたしばらくたったら。
「カンカン!ケー(ケーキ)!ケー!」と、甘いものを強要。
「え?ケーキなんてないよー。」と言うと、
「イヤァ!!ケー!ケー!」と泣くPeki。

昨日も一昨日も、昼寝後にも甘いものを異常に欲しがっていたPeki。
寝る時は口の中が甘いもん。という習慣なのかなぁ・・・

そういえば、前に卒乳した友人は、夜泣きした時にキシリトールのタブレットを口に入れると泣き止む。って言っていました。
昨日会った友人は、助産師さんに、卒乳直後、夜泣きしたら小さなおにぎりを口に入れるといい。と言われたそうな。
(でも、今度はおにぎり断ちに苦労しそうですが・・・)
ついでに、今は、ラムネを食べると寝るそう。
要は、口寂しさが一番の原因なんだろうなぁ、きっと。
私も小さい頃は指しゃぶりしないと寝れない子だったし。

が。
虫歯持ちのPekiに、あまり寝る前に甘いものを食べさせる習慣はつけたくない。
キシリトールも、あまり大量にあげるもんでもないし・・・
(一個で寝るとは限らないし。)
出来れば避けたいよなぁ。

ケーキ!ケーキ!と泣くPeki。
時間は、もう17時過ぎ。
「じゃあ、夕飯にする?」と聞いても、イヤ!
「お風呂は?」イヤ!

うーん・・・さてどうしましょうねぇ。と思ったら。
ふと、Pekiの鼻水が気になるカレラ。
泣きついでだ!鼻水吸い取り器で吸っちゃえ〜!
(Pekiは、鼻水吸い取られるのがキライなのです)

と、張り切って吸い取ると。
余計に泣き出すPeki。
まぁ、そりゃそうだ(苦笑)
気になっていた箇所だけやって終わり。

「ハイ、終わったよ!」
「イヤァーーー!」
それでも泣き続けるPeki。
あぁ、またも鼻水が・・・でも、もういいや・・・

「抱っこしようか?」イヤ!
「はいはい、じゃぁ、泣いていてねー、お母さん、これ洗ってくるから。」
と台所に行き、戻ってきたら・・・

泣きながら寝てました。

うーん。
まさか、こんな形で寝るとは・・・
しかも、17時過ぎ。
夜・・・寝るのか!?

とりあえず、家での昼寝初日はこんな感じでした(苦笑)

でも、寝ないことはやっぱり増えるでしょうねぇ。
ということで、ブログ更新できない日も増えそうです。
ご了承下さいね。


*********

で、それ以外での卒乳経過は。

絆創膏なしでおっぱいを見せても、飲もうとはしなくなりました。
これは、一昨日(卒乳5日目)からかな。
触ったりひっぱったり、ちょっと舐めてみたり。と、いたずら顔をしながらちょっかいは出してくるけれど。
それで満足みたいで、最後には「バイバーイ!」って言って去って行きます。

うん。
もう、大丈夫かな。

・・・と思っていたんだけれど。
これは、あくまでも、意識レベルのはっきりしている時。
寝ぼけている時に触らせたら(正確には、自分で洋服めくって触ってきた)、飲もうとくわえられました。
「バイバイでしょ」と言ったら、ハ!って感じで、すぐに離したけれど・・・
油断大敵でした。

それと、Pekiの変化でもう1つ。
それがきっかけかどうかわからないけれど、言葉の数が一気に増えました。

と言っても、平均と比べると元々言葉は遅いんですけどね。
今でも、2語文話すことはあまりないし、単語も一文字で表現しているし。
・・・という低いレベルなりに、増えているのです。
コミュニケーション手段の変化ってこと!?

明日を越えたら、丸1週間。
友人の話では、2週間越えると楽になるとか!?
それを期待して、また頑張ります!

posted by carrera at 18:26| 兵庫 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 子供の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

しまじろうコンサート

今日は、ベネッセこどもちゃれんじの「しまじろうファミリーコンサート」でした。

 こどもちゃれんじ:http://www.shimajiro.co.jp/
 コンサート詳細:http://www.shimajiro.co.jp/hiroba2/event_2006-6.html

コンサートがある。と聞いた時から。
どうなんやろうか?
Pekiは喜ぶんだろうか?

と、ずっと疑問を持ちつつも、せっかく慣れ親しんだキャラのコンサートでもあるし、喜ぶならば行かせてあげたい。とも思い。

とりあえず・・・とばかりに申し込んだ、会員優先のチケット抽選販売が当選。
が、疑問の方が頭をよぎり続け、ついでに誰を誘おうか・・・とも悩み。
こどもちゃれんじをとってない友達を誘っても何だし。
共働きの友人を誘う=仕事休め!ってなことになってしまうし。
旦那に会社休んで一緒に行こう!って程でもないような。
悩んで悩んで、結局、当選権利をキャンセル。

その後に、一緒に行こう!と友人と盛り上がり。
後から、キャンセルしたことを後悔(苦笑)
結局、一般発売で入手しての観劇となりました。

Pekiは「しまじろうに会いに行こう!」と言うと、朝から大盛り上がり。
ちょっとワガママ言ったり、「イヤ!」「ダーメ!」なんて発言が出てきても、
「じゃぁ、しまじろうはいいのね?」の一言でシャキン!といい子に大変身!
ハハハ・・・こりゃ楽だ(笑)

友人と待ち合わせ、以前行ったことのあるクレフィ三宮の「卯乃家」でランチ。
そして、下の100円雑貨屋さん「イルピアット」をぶらぶらし、友人を待たせつつ、雑貨を購入。

 卯乃家:http://r.gnavi.co.jp/k015473/
 イルピアット:http://www.il-piatto-shop.com/

Pekiは、向かいのディズニーストアに行きたがって泣くも、
「もう、しまじろう来ちゃうよ!」
の一言で、シャキン!と立ち直る(笑)

そして、いざ、会場の神戸国際会館へ。
入り口に近づくと・・・すごいベビーカーの山!
ベビーカー置き場はあるんだけれど、密林のようにびっしりと畳まれたベビーカーが置いてあります。
ついでに、預けるんでも番号札とかも何もなし。
スタッフが預かったものを隅から詰めておいていくだけで、
帰りもスタッフはいるものの、勝手にみんな自分のを探して取って行ってました。
これは・・・絶対にトラブルが発生しそうな雰囲気。
私も友人もベビーカーを預ける必要はなかったからよかったけど、今後行かれる方はご注意を・・・

内容は・・・ネタバレになるので書きませんが。
Pekiの反応と、私の感想だけ。

まず、Pekiは・・・ビデオでもみるようにジーっと食い入るようにみてました。
そんなに、大喜びで手を叩いたりするわけでもなく・・一緒に歌うわけでもなく。
そして、途中の休憩に入ったら「もう一回!」。
これまた、ビデオを見た後の台詞と一緒(苦笑)

後半は、若干、中だるみ。
途中で、樹がしゃべるところがあって、それはちょっと怖がってました。
周囲も泣いてる子が多かったかも・・・(苦笑)
最後のバイバイだけは張り切ってやってました。

で、ストーリーが終わった後に案内のお姉さんが出てきて
「もう一度しまじろうに会いたいよね!」と、
アンコールもどきを演出していたのですが、Pekiは一言「イヤ!」(笑)

帰りに聞いたら、楽しかった。とは言っていたんだけれど。
若干、疑問は残るかも(苦笑)
まぁ、午後1時半〜というのが眠たくなる時間だった。というのもあったかなぁ。

私の感想は。
途中10分の休憩を挟んで、1時間程度だったからか、結構あっという間でした。
それと、コンサートでのしまじろうは、アニメ版なので、私やPekiには知らないキャラが沢山。
歌が多いし、知らないキャラでもしまじろうの友達なんだなぁ。ってわかるので問題はないんだけれど。
でも、1〜2歳児向けのしまじろうしか知らないでこれを見たら。
「大きくなったしまじろう。結構、ワガママな性格!?」なんて思ったり(笑)
(まぁ、それが身近さを感じさせるんだろうけれど。)

ついでに。
大人同士は、
「あれ、しまじろうの役の人、出ずっぱりやったねぇ。
 あの着ぐるみであれだけ動くんは、かなり大変やよなぁ。」
「進行役のお姉さん、足キレイよなぁ。」
なんて話題で盛り上がり(苦笑)

で、オススメ具合はどうかと言うと。
一番楽しめるのは、もうちょっと大きくなってから。かも。
会場のお友達(笑)への質問とかもあったりするけど、Pekiにはまだ答えられないし。
でも、聴きなれた歌が多いので1歳でも2歳でも楽しいは楽しいみたいです。
着ぐるみ苦手なお友達のお子さん(1歳半)は、手を叩いてはしゃいで大喜びしてましたし。
(明らかに、Pekiより喜んでました)

まぁ、なんだかんだと楽しいイベントでした。
Tさん、また行きませう!

posted by carrera at 18:02| 兵庫 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

卒乳その後

さて、昨日はスルーしてしまいましたが。
その後、卒乳は順調に進んでいます。

Pekiは、意識のない時(寝ているとき、眠たくてどうしようもない時)は、これまでの習慣が抜けきらずに「オッパイ!」と泣いたりするのですが。
起きている時は、もう大丈夫になっています。

きっかけは、一昨日の日記で書いた、オッパイを見た事。
オッパイを見て、Pekiが落ち着いたのが心に残っていたので、
Pekiが「おっぱい!」と言ったら、拒絶したり誤魔化したりせずに、「見たいの?」と聞くことに。
すると、「うん!」と言うので、(絆創膏を貼った状態だけれど)見せてあげると、納得して「バイバーイ!」と言うようになりました。
一度、冷えピタシートを貼っていた時があって、それ見たらちょっとびっくりしていたので、
「おっぱいさんのお布団みたいだねぇ」
なんて言ったら、それ以来、おっぱいにお布団かけたくなったようですけど(笑)

旦那から見たら、変な癖がつくから辞めた方がいいように見えるみたいだけど・・・
でも、拒絶すると余計に固執しそうで。
気持ちを受け入れて、違う形ででも還元してあげたい。と私は思ってしまうのです。
いいのか悪いのかは別にして、少なくともPekiの気持ちがそれで落ち着いているのは事実のようです。

そんなこんなで、まぁ順調かなぁ。と思っています。

で、今日は、パルモア病院の「おっぱい相談」で、卒乳ケアしてもらってきました。

でも、昨日から、おっぱいの張りはほとんどなくなっていて。
一昨日はあんなにガチガチだったのに・・・しぼむもんなん!?
これならば行かなくても全然平気だなぁ。とは思ったものの、念のために見てもらってきました。

経緯を話して、みてもらうと・・・
「これ、全く絞ってないのよね?」
はい。
「土曜から冷やす以外何もせず!?」
はい。
「うーん、あんなに乳腺炎を繰り返したおっぱいとは思えない程優秀だわ。」

そう。
私は何度乳腺炎になったか数え切れない程・・・
深夜に熱が下がらずに救急で対応してもらったことも何度か。
(ついでに、おっぱいマッサージは医療行為ではないので、
 料金も深夜だろうが休日だろうが、1時間以上かけてマッサージしてもらっても、
 いつも1,000円だけ。
 もっともらってくれてもいい位・・・)
本当にパルモアには御世話になったのです。

聞けば、何もせずにこのまま帰っても問題ない状態だそうで。
ただ、小さなしこりが一箇所だけあるから、これを取るか、もしくはほっておいて自然吸収を待つか。というレベルだそう。
助産師さんと悩んだ結果、せっかく来たんだから(笑)、マッサージしてもらうことに。
すると、出るわ出るわ・・・

「このしぼんだおっぱいからは想像もしない程、よく出るわねぇ。
 でも、丸3日以上出してないなんて信じられない程、真っ白でさらさらよ!
 これは美味しい母乳だわ〜。
 お子さん、手放したくないのもわかる!
 このまままた授乳してもいいんじゃない?」

・・・いやいや。
もうせっかくここまで来たんで・・・

ちょっと刺激したので、張り戻しがくるかもしれないけれど、
しこりさえ出来なければ、このままで大丈夫。とのことで、卒乳ケアも完了。

ふぅ。
これで、一段落・・・かな?
何となく、いまだについていけてないのは私の気持ちだけ!?
(あきらめの悪い私・・・)
って状況です(苦笑)

そうそう。
Peki、卒乳4日目にして、明らかに目に見える変化が出てきています。

まず、私への固執具合がちょっと減ってきました。
これまでは、私がいれば、お父ちゃんはそんなに・・・って感じだったのに、
だんだんと、私と旦那との立場が対等になりつつあるように思います。

そして、よく食べるようになりました。
まぁ、おっぱい飲まない分。と言えば当たり前かもしれないんだけど。
これまで以上に、口寂しいのか、甘いものやお腹に溜まるものを欲しがるように。

そしてそして、自己主張もすごい強くなりました。
一人前の人間としての主張というか。
これと言ったら、これ!という「聞かん坊」具合が激しくなって・・・(苦笑)

ついでに、凶暴さと大胆さもちょっと増しました(汗)
これまではやらなかったようなことを急にやってみたり。
(ベランダにサンダルも履かずにいきなり飛び出していく!とか
 私が寝ているところにジャンプ!してくる。とか。)
これはなかなか大変かも・・・

そして、私にも変化が。

食欲が、一気に落ちました。
必要以上に食べたくなくなった。って感じです。
これまでは、あれば食べてしまう。
なくても、口寂しかったり。なんて感じだったのに、
今では、食事作る気もしない程・・・
作っても、食べたくないから、妙にあっさりしたものになってしまったり。
旦那にも「手の込んだ食事は、お前の食欲に支えられていたんやな」と言われた程で(苦笑)
はいはい、自分の欲求以上のものも、頑張って作りますよぉ。

あとは、1つだけ心配は。
まだ、家で昼寝の寝かしつけをしてないんですよねぇ。
今日も帰りの電車で寝てくれたので。
これまで、家での昼寝の寝かしつけはずっと添い乳だったので。
それだけは、どうなるのかちょっと心配かなぁ・・・

何はともあれ。
確実に前には進んでいます。
この調子で、私もPekiも一皮剥けるぞ!!

posted by carrera at 17:27| 兵庫 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 子供の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

卒乳2日目

卒乳2日目となりました。

Pekiは、昨晩は、3回夜泣き。
泣き方は「おっぱい〜!」じゃなくて、「抱っこ〜!」に変わっています。
でも、抱っこすると、身体をよじって降りようと・・・どないやねん!(苦笑)
なので、泣いてもどうしようもなく、横にいてトントンと胸を叩いてあげたり、手を握ってあげたり。
そのうちに、泣きつかれてなのか、安心してなのかわからないけど、スーっと眠っていきます。

でも、朝は予想以上にスッキリ!とお目覚め。
なんせ、私がPekiに起こされました。
「カンカーン!カンカン!」(←Pekiは、私のことをそう呼ぶのです)と怒鳴られて。
見れば、すっきり顔。
よかった。
朝から泣かれると、やっぱり憂鬱だしね。

そして、午前中にはこんなことが。
Pekiが、私のところへ来て、
「おっぱい!」と一言。
でも、飲みたい!という言い方じゃなくて、指差して名前を言った。という感じ。
「うん、そうだね。おっぱいちゃんだね。」
と言うと、「みぅ(見る)」と一言。
念のために絆創膏を貼っておいたので、Pekiに見せてあげました。
「おっぱいちゃん、ここにいるよ。
 飲めなくなっちゃったけど・・・でも、Pekiのそばにずっとずっといるよ。」
そう言うと、パっとうれしそうな顔をするPeki。
そして、やさしくやさしく、おっぱいを撫でてくれました。
「ぅわ〜!」
触って、ちょっと落ち着いたのか、うれしそうにそう言って満足気な顔をしてくれました。

それがあったからか、全体的に、今日は昨日に比べたら随分成長(!?)しています。
「おっぱい」と言われたのも、昼寝する直前に泣いたのと、
昼寝途中に車から連れ出して布団に入れた時にちょっと目が覚めてしまった時だけ。

まぁでも、旦那もいて、外出もしていて。
飲みたくなる機会が少なかっただけ。。。かもしれないけど。

それでも、少しは前に進んでいるかな。という気はします。

胸の張りも、昨日よりはちょっとマシかなぁ。
(別にマッサージとかして抜いたわけじゃないんですけどね。)
だんだんとこうやって出なくなっていくのかと思うと・・・何だか寂しいけど。
でも、念のために産院でのおっぱい相談の予約を入れておきました。
数日したら、マッサージしてスッキリさせてもらう予定です。

だんだんと、こうやって卒乳が進行していく中で。
寝ているPekiの姿を見ていると。
あぁ、またおっぱいを飲んでくれる赤ちゃんが欲しい!なんて思ってしまったり(苦笑)

今晩、そして、また明日。
少しでもステップアップできるよう、頑張ります!

posted by carrera at 16:54| 兵庫 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 子供の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

卒乳初日

卒乳・・・
いよいよ決行です。

前日にもPekiに話をしたら、うんうん!と返事をしてくれ。
必死に飲み溜めをしてました。
そして、夜に授乳しながら、今日で最後だね。と再度確認しつつ、睡眠。

Pekiはいつも夜中に何度か授乳で起きるのと、朝も飲みながら起きたりすることもあるので、
最後の授乳は、朝イチにしよう。って思っていました。
そこで、Pekiに最後だね。と話かけて・・・と。

が。
夜中に泣いたのですが、おっぱいを飲まずに手をにぎったら落ち着いて寝てくれて。
ちょっとビックリ!
あぁ、もうPekiにはさっき話していたのでバイバイと納得してくれたのかな?なんて思い、
思い切って、そのまま決行することに。

でも・・・
早朝に「おっぱい!」と言いながらすりよってくるPeki。
どうしよう・・・でも、一度決心したこと!と思い、
「Peki、もう朝だよ。おっぱいちゃんは、今日からバイバイだよ。」
と告げる。
すると・・・Peki、ワンワン泣き出しました。

抱っこしても、何しても、ダメ。
とにかく「おっぱいー!」と泣き続けるPeki。
結局そのまま泣きつかれて寝て・・・また起きて泣いての繰り返し。
かわいそうなので、窓を開けて完全に起こすことに。

起きてからしばらくはいつもどおりに遊んでいたけれど。
ふと、思い出した拍子に「おっぱい?」と確認しにくるPeki。
そして、「そうだね、バイバイしたね。」と言うと・・・
やっぱり、泣くPeki。

結局、Pekiは、一日中、どんよりと落ち込んでいるか、泣いているか。
もちろん、楽しいことがあった時なんかは、その場は盛り上がるんだけれど。
ふと気が付けば、また肩を落としているPeki。
私も旦那も、一日中、必死でPekiを楽しい気分にさせようとしたのだけれど・・・
まるで、うつ病かのように、うつろな目をしたりします。

普段は、おっぱいがなくても何てことないようなことでも。
「今はおっぱいがないけど、いつでももらえるんだ!」という余裕があるのとないのとでは随分違うらしく。
ちょっとのことで、思い出しては、何度も「おっぱい?」と確認しにきます。
そして、落ち込むPeki・・・

やっぱり・・・
Pekiには早かったのかな・・・?
納得してくれている。と思ったのは、私の都合のいい解釈やったのかな・・・?

でも。
ここで私が悩んでいる姿をPekiに見せたら、余計にPekiは不安になるかも。
だから・・・ここは、頑張って乗り越えなくちゃ!
何度も、そう自分に言い聞かせ、授乳したい気持ちを抑え続けました。

そして、Pekiが私にしがみつくようにして寝てくれた今。
私自身も、憂鬱な気持ちがしてしまっています。
後悔はしていないのだけれど・・・
親として、1つの乗り越えなくちゃいけない山にいるんだなぁ。ということはひしひしと感じています。
今日は、Pekiの気持ちを盛り上げる為に、本当に沢山のところに出かけて行って身体は疲れている筈なのに。
(ぶどう狩り、弓削牧場、ブルメールHAT神戸)
何だか眠れそうにありません。

ついでに。
胸が張って痛いです(苦笑)
最近は、そんなに飲まない日も沢山あったし、量も大して出てないから大丈夫だろう。って思っていたんですけど。
そうでもないんですねぇ。。。
泣くPekiを抱っこすると、圧迫されて・・・痛かった(涙)
冷えピタシート張って寝ようかなぁ・・・

卒乳初日はこんな感じでした。
(何だか、卒乳というより、断乳っぽくなってきてるけど・・・)

明日も・・・頑張らなくちゃ!

posted by carrera at 23:09| 兵庫 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 子供の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

卒乳

Pekiさん、2歳と3ヶ月。
明日から、おっぱいちゃんとバイバイすることになりました。

7月頃から、そろそろかな・・・?とは思っていたんですけれど。
私の中での気持ちの整理がつかず、気が付けばここまで来ていました。

Pekiを見ていて、
「あぁ、Pekiにとって、おっぱいは甘える理由ではあるけれど。
 必ずしも、それはおっぱいじゃなくてもいいんだ。」
ということに薄々と気が付いてきたのが、2歳になった頃。
でも、私の中では、自然に卒乳するまでは・・・という気持ちもあって、ずるずると先延ばしにしていました。
正直、私の方が「寂しい。」という気持ちが強いから。かもしれません。

私は、育児で疲れたりイライラしたりすることは山のようにあったけど、授乳だけは大好きでした。
こんな自分でも、Pekiが生きる糧をあげられるんだ。と思えて。
離乳食が始まって、気が付けばハンバーガーだって食べられるようになり、今では、生きる糧ではなくなってしまっているけれど。
それでも、Pekiの精神安定剤であることは事実。

授乳って、無言のコミュニケーションなんですよね。
それだけで、心が通ったような気分になる。
・・・というか、通っているんです、たぶん。
Pekiとケンカしていても、授乳の最中に目があったら・・・思わず微笑んでしまうし。
食料としての母乳。じゃなくなってからは、特にそう思います。

でも。
だんだんと、お互いにとって、おっぱいを続けることは「甘え」だけになってきたようにも思えて。
例えば、グズった時に、おっぱい出せば何とかなる!という私の甘え。
Pekiは、私が家事していたりする時に、おっぱい!と言えば、振り向いてもらえる。という甘え。
他のことでも済むのに、お互い、それが癖のようになってしまっていて・・・

そして、私の身体もだんだんと授乳に向かなくなってきたなぁ。ということも。
出なくなってきている。というのは勿論そうなんだけれど、気持ちがついていかないことも出てきたりして。
惰性で、授乳すると・・・Pekiにも伝わるみたいで、余計におっぱいを離さなくなるんですよね。
でも、私は、もう離してもいいでしょ!?ってなってしまう。
そう。
授乳でコミュニケーションできないことが増えてきてしまっているのかも。

実際、Pekiは、おっぱいがなくても寝られるようになってきているし。
というか、最近は、夜寝る時は、最初はおっぱい飲むんだけれど。
落ち着いたら、自ら離して「ねぇねぇ」って話しかけてきて。
動物さんと遊んだ話とかをしているうちに、眠っていくんです。
おっぱいよりも、その方が落ち着くみたいで。

それに、周囲の友達が「断乳した」「卒乳した」という話を聞くたびに。
Peki自身も、色々と思うところがあるみたいで。
突然、おっぱいに向かって「バイバーイ!」って言ってみたり、逆に、離さなくなったり・・・
PekiにはPekiの葛藤があるんだろうなぁ。

で、旦那に「そろそろ授乳やめてもいいかも。という気になってきて」と言ったら。
それならば早い方がいい!という話になり。
(私は悩みだしたら長いのと(苦笑)、Pekiにも中途半端な迷いが伝わるから。)
ちょうど、今週末が3連休だから、そこで決行しよう。ということになりました。

で、数日前、意を決して、Pekiに告げました。
「Peki、カレンダー見て。
 今日が、この日。
 で・・・ここの日になったら・・・おっぱいちゃんとバイバイしようか?」

Pekiは、ビクっとして。
少し悩むように黙って。
5秒後位に、コクンとうなずきました。

泣いたりするかと思ったんだけれど・・・
やっぱり、PekiはPekiで、その日が近い。と思っていたのかもしれません。

それ以来、最後の飲み溜め!とばかりに、おっぱいに固執するようになっているけれど。
「おっぱいちゃん、あと○日でバイバイだもんね。
 今のうちに飲んでおかないとだもんね。」
と言うと、うんうん。と、うなずきます。

そんな姿を見ていると、Pekiも大人になったなぁ。なんて思って。
(いやいや、まだ2歳やし!)
思わず、ギューっとしちゃいました。
すると、Pekiは
「バイバーイ!おっぱい、バイバーイ!」
と、私を安心させるかのように笑ってくれました。

Peki、ありがとう。
そうだね・・・感傷的になっているのは私の方かも。

私とPekiの間では。
「断乳」じゃなくて「卒乳」になれそうに思います。

 私の中での2つの定義の違いは・・・
  断乳→子供の意思外でやめること
  卒乳→子供も納得してやめること

でもやっぱり・・・眠たくなったら最初は泣いちゃったりするんだろうな。
なんせ、癖になっちゃっているから(苦笑)
それでも、今のPekiを見ていたら、ちゃんと卒業してくれそうな気がします。

明日の朝から、Pekiはおっぱいとバイバイです。
どうなるのか・・・
また、書き込みしますね。
posted by carrera at 15:21| 兵庫 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 子供の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

手作りの・・・

我が家に、おままごとキッチンがやってきました〜!

ずっと、Pekiにおままごとキッチンを買ってあげたたかったのだけれど。
シンクと、調理場と、コンロがあって、程よい大きさのもの・・・がなかなかなくて。

私が欲しかったのは「ete」のチャイルドマザーズシリーズなんだけど。
これだと、しんく、がすだい、おーぶんの3つ共欲しい・・・
そりゃ、予算的にもスペース的にも無理なのは、いくらアホな私でもわかる話。

しかも、旦那は大型キッチンの導入に反対。
スペースとるし、捨てるのも大変やし(なぜ、早くも捨てること前提・・・)、
我が家の場合だと、リビングに置くことになるから、インテリアの邪魔にもなる。と。
(そんな大層なインテリアではないのだけど・・・)

ならば!と、こんなのを次は狙っていたのです。
http://www.kinonukumori.com/Shouhin/Kitchentable.html
これならば、白木だからシンプルだし、机にもなるからPekiがお絵かきしたりするのにも使える!
どうよ!どうよ!?

「・・・うーん。これも捨てるの大変やん。
 よっしゃ、親父に作ってもらおう!!
 それならば、すぐに捨ててもかまへんし。」

うーん。
お義父さんに作ってもらう方が捨てられへんと思うのは・・・私だけ!?

お義父さん、断ってくれないかなぁ。
なんて、鬼のようなことを思っていたのだけれど(^^;
・・・お義父さん、快諾!

不安そうな私をみて、旦那は旦那なりに、一生懸命どんなのが欲しいかを力説してくれ。
それが出来上がって、我が家にやってきたのです。

ジャーン!

kittin1.JPG

思っていた以上の出来で、私も満足!
・・・正直、大したもんできひんのちゃうん!?と思っていました。
お義父さん・・・ごめんなさいm(*- -*)m

蛇口はホンモノだし、ステンレスのシンクもついていて。
下には扉もついていて、お片づけも出来るようになっています。
リビングに置いても圧迫感ないデザインで、旦那も満足!

持っていたキッチンツールなんかと合わせると・・・

kottin2.JPG

おぉ!それっぽい、それっぽい!!

ついでに・・・

kame.JPG

なぜか、亀がいます(笑)
・・・ボタンとかダイヤルのイメージ!?
でもこれば、マグネットなので、トトロに付け替えてみたら・・・

totomagu.JPG

にわかトトロキッチン!?

もちろん、Pekiも大満足です。
「ジュージュー!」
なんて言いながら、お料理に励んでます。
扉もウレシイみたいで、開けたり閉めたり、出したり、出したり。
(片付けもせい!)

お義父さんも、孫のために作るのが楽しかったようで。
今度は、おままごとハウスを作ろうかなぁ〜?なんて言ってました(笑)
旦那に「そんな邪魔になるもん作っても、我が家の敷居はまたがせへんからな!」と厳しく突っ込まれてましたけど・・・

************

で。
手作りつながり!?ということで。
ついでに、最近の私の洋裁の作品も・・・

やっと!CHECK&STRIPEで買った布地でバッグを仕上げました。
斜めがけショルダーバッグです。
もう使っているから、しわが入っているけど・・・(汗)

bag1.JPG

型紙は、パターンレーベルさんの2フェイスショルダーバッグ
2フェイスっていうだけあって(!?)、リバーシブルです。

bag2.JPG

この濃い色の方が、CHECK&STRIPEオリジナルのブラックウォッチリネン。
ベルギーのリネン糸を日本で織り上げた自信作というだけあって、いい表情が出て、しかも扱いやすい!
高いだけのことはありました。

生成りの布地は、他で買ったハーフリネン。
でも、質感といい、表情といい、明らかにブラックウォッチに負けてます(汗)
(と、友人からも指摘を・・・)
そう、安かったのですよ。。。
CHECK&STRIPEのリネンと合わせるならば、もうちょっといいのを使えばよかった。と今更ながら後悔・・・
生成りが表の方が色的にも使いやすいしねぇ。

で、肝心バッグ自体の使い勝手は、なかなかよいです。
スマートな割には、かなりの荷物が入ります。
ただ、スペース広いのに内ポケット1個というのは、中のものを探すのに一苦労あったりはします。
でも、リバーシブルだから仕方ないかな。
ちょっと自分で型紙いじって、もうちょっと深さを大きめにして、ショルダーではなく手持ちにしてショッピングバッグを作ってもかわいいかも。なんて思いました。

ついでに、もう一個。

case2.JPG

おそろいで作ってみました。
オムツ入れと、ペットボトルカバー。
ペットボトルカバーは、200mlの小さなペットボトル用です。
このペットボトルのサイズがちょっと公園に、買い物に。という時に重宝するのです。
どちらも、裏地や裏側が紺のドットになっていて、これもかわいい!(と、自己満足)

次は、また、スリングを作ろうかなぁ。なんて思っていたり。
まだ作るんかいー!と、10人中10人に突っ込まれそうだけど・・・(苦笑)
今度は、リング有のスマートなのが欲しいのです。
ついでに、季節が変わると、欲しくなるみたいです(笑)

ということで、今日は手作りつながりネタでした。

明日は・・・いよいよこの時が来るのか・・・!?
「卒乳」の話をしたいと思います。

posted by carrera at 17:18| 兵庫 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

わくわくひろば@こべっこランド

今日は、こべっこランド(神戸市総合児童センター)に行ってきました。
目的は「わくわくひろば」に参加するため。
このひろばは、今日が始めての参加です。

 こべっこランド:http://www.kobekko.or.jp/

「わくわくひろば」は、2歳〜就学前までの子供+親を対象としたイベントで、毎週水曜の11時〜11時45分まで開催しています。
Pekiが2歳になったら参加してみよう〜と思っていたんですけど。
6月、7月とバタバタしていて日程が合わなかったのと、夏休み中はお休みだったので、やっと参加できました。

 参考までに。
 〜2歳までの子供+親向けには「よちよちひろば」があります。
 これは、毎週木曜の11時〜11時45分にやっています。

会場は、7階にあるこべっこホール。
開始の10分程前に行くと、既に20組程の親子がいました。

受付で「初めての参加なのですが。」と言うと。
Pekiの性別を確認され、女の子用カードに名前などを記載しました。
(事務的な確認!・・・だと思いたい(^^;
 いまだに、よく男の子と間違えられるPeki子さん・・・)

「今後は、自分のカードをケースから探して、こちらのボックスに入れて下さいね〜。
 それで出席確認をしますので。
 そして、これは出席スタンプカードです。
 15回参加すると、頑張りましたで賞で表彰されますので!」

会場の真ん中にはボールが沢山置いてあって、みんなそれで遊んでいます。
今日は、あれを使って遊ぶんかな・・・!?

と思い、張り切ってボールを取りに行こうとして、みんな荷物を持ってないことに気が付く。
あら。どこかで預けるのかなぁ?
と、会場の外に出てみると、コインロッカー発見。
荷物を入れて、再び会場へ。

Pekiと一緒にボールを投げっこしたりしているうちに、進行役のお姉さんが登場。
「音楽が鳴ったらボールを片付けましょうね〜!」
とのこと。
ナルホド。
ボールは開始時間までの暇つぶし用やったわけか(笑)

なんせね。
初めてだし、友達がいるわけでもないから、勝手がわからないのですよ。
とりあえず、周囲の様子を見つつ、ボールを片付けて、その辺に落ち着いて見ました。
そして、気が付けば、かなりの人数が集まっています。
50組・・・?もっとかな?

「じゃぁ、いつものように大きな輪を作って!
 お隣のお友達と手をつなぎましょうね。」

ハイハイ。
輪になるのね。
えーっと、誰と手をつなごう・・・
横にいるのは、ばぁばも一緒の3人親子で、このまま手をつなぐと、私はこのばぁばとね(笑)
で、Pekiの横には・・・数少ない、お父さん参加者が。
「Peki〜、お手手つないで下さい。ってお願いしようか?」
「・・・イヤ。」
声は小さいけれど、かなりの気合入ったイヤ。
「そうだよね〜。男の人じゃ怖いよね。」
と、気を使う隣のお父さん・・・ゴメンなさい。
ついでに、私の横のばぁばさんは、孫に夢中で私と手をつなぐ意思はゼロ。
仕方ないので、Pekiと二人でポツンと浮いた形に。

しかも、いきなりミュージックスタート!で、踊りが始まる。
慣れれば単純なんだけど・・・初めての私たちには、全くわからない踊り。
とりあえず、スタッフさんを見つつ、パターンを覚えて、Pekiも一緒にやってみよう!!

・・・が。
Pekiさん、ニコリとも、ピクリともしない。
明らかに「この雰囲気、私キライ!」という表情で固まっている。

そう。
Pekiは、最近、こういう場所が苦手なのです。
近所の育児サークルとかに顔を出しても、緊張するみたいで。
大抵、固まって「抱っこ!」ばかり。
知らない場所でも、一人で遊ぶのはOKなんだけど、みんなの輪に入るのが苦手なのです。

で、最近、こういう傾向が強いので。
旦那とも話しをして、もっと積極的にこういう所に連れ出して、友達に慣れさせよう!
ということで、どこかの教室に通うことも検討していて。
その一環での、わくわくひろばの参加。というわけです。

なので、予想した反応なんだけど。
周囲の子供達は・・・みんな積極的なことにちょっとビックリ。
Pekiのように、「お母さんお母さん、抱っこ抱っこ」って子は、ほぼゼロ。
2歳〜の場所だから、2歳3ヶ月のPekiは一番下の部類には入るんだろうけど。
それにしても、みんな、ちゃんと体操や親子遊びを積極的に楽しんでます。
子供が勝手にスタッフに言われたとおりに遊ぶから、暇そうにしているお母さんも沢山いて。
ウラヤマシイ程・・・

うーん。
時間が解決するもの!だと思いたい(^^;

で、その後も音楽に合わせて体操をしたり、親子あそびをしたり。
その後、クイズコーナーなんてのもあって、何か「おかあさんといっしょ」みたい!?

そして、次は工作の時間。
紙にシールを貼って、ブドウを作り、紐を穴に通してツタを這わせて、ペンダント(?)の出来上がり!

wakuwaku9.JPG

これは、Pekiはちゃんとやってくれました。
・・・親子二人での作業だからね(苦笑)

そして、また体操をして、さよならのリトミックをして終わり。
最後に、出席簿にスタンプを押してもらって、さようなら〜!
全部で45分だから、乗り気じゃないPekiの相手をしつつでも、そこそこあっという間でした。

で、その後、5階のプレイルームにも連れて行ってあげたんだけれど。
ここでの一人遊び(但し、後ろに私がいること前提)は、かなり楽しそう。
マイペースで遊ぶのが好きなのかな・・・?

でも、Pekiさん。
みんなと一緒に遊ぶこともそろそろ覚えたいねぇ。

頑張って、こういうところに積極的に顔出していきましょう!!

posted by carrera at 18:27| 兵庫 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

姫路セントラルパーク

週末、姫路セントラルパークに行ってきました!

 姫路セントラルパーク:http://www.central-park.co.jp/

前に旦那と二人で来た時から、子連れでまた行きたい!と思っていた所。
動物好きなPekiならば、絶対に盛り上がるに違いない!!
と、親の方が盛り上がって(笑)、張り切って行ってきました。
週末には、義父がきていたので、じぃじも一緒です。

 じぃじが一緒なのにはふかーい理由があって。
 ・・・旦那は、車が好きで、マイカーを愛しているので、
 自分の車でサファリに入りたくないんですね(苦笑)
 なので、姫センに行くのは、じぃじの車がある時!と前から決めていたのです。

Pekiには、前の日から、
「ぞうさんとキリンさんとライオンさんと・・・
 沢山の動物さんがいる場所に行こう!
 汽車ポッポもあるよ〜!」
と言っていたので、「パオーン!」と腕をふって、ぞうさんのモノマネしたり、とにかく、大盛り上がり。

が、日曜の予報はあいにくの
旦那は、それが気になって仕方がない様子。
必死に、雨でも乗れるアトラクションをチェックしたりしています。
そんな旦那を尻目に、
「大丈夫だって〜!私、晴れ女だよ〜!何とかなるって。」
と、のほほーんと、かまえるカレラ。

「んなこと言ったって、雨で2歳児も乗れるアトラクションはほとんどないねんで!!
 サファリはまだどうにかなるみたいやけど・・・」
「うーん。じゃぁ、午前中は何とかするから、先に遊園地行こう。
 で、車乗ってサファリ行く辺りで雨。ってことでどない?」
「どない?って・・・お前はいつから天照大神になってん!!
うーん、自分でも天気に関して、なぜここまで自信が持てるのかわからないけど。
なーんかそんな気がするのですよ、ハイ。

で、当日は・・・どんより曇り空。
いつ雨がきてもおかしくない天気。
ということで、現地ついたら、まずは遊園地へ。

 姫センは、遊園地ゾーンとサファリゾーンで分かれていて、
 同じ園内だけど、車で移動しないといけない距離なのです。

が、Pekiは、ぞうさんがいない!キリンさんもいない!と大騒ぎ。
いやいや、遊園地終わったら行くのよ〜。と言っても、信じてない様子。
だまされた。とばかりに肩を落とすPeki。

しかも、汽車と観覧車という、自分が乗ったことのある2つのアトラクション以外は全て「絶対に乗るのはイヤ!」と、柱にしがみついてでも乗らない覚悟。
何に誘ってもそうなので、
「じゃぁ、何乗りたい?」と聞くと。
うれしそうに「コレー!!」と指差す先には・・・ジェットコースター
いや・・・それは年齢制限があって。Pekiさんには無理なのよ。
と言うと、またも不機嫌になるPeki。
仕方がないので、早々に遊園地は諦めることに。

ちょっと早いけれど、昼食をとって。
ふと外に出ると・・・クンクン、匂うぞ!!これは・・・雨がくる!

「そろそろ、あかんと思うから。車に急いだ方がいいわ。」
「あかんのは、朝からずっとあかんねんって。」
と、カレラの第六感を軽んじる、旦那。
「だから、遊園地までだからね!私の晴れ女効果は!!」
「ハイハイ」

が。
ここで、奇跡が起きるのです。
見事に、みんなで車に乗り込んで、エンジンをかけた途端・・・突然の大雨!!
バケツをひっくり返した。とはまさにこのこと!とばかりの雨です。

「・・・だから言ったやん」
ボソっとつぶやくカレラ。
それにしても・・・ホンマに言ったとおりになるとは。
自分でもビックリ。

車で見るサファリゾーンは、雨でも問題なく行けるので、とりあえずそのままサファリへ。
しかも、運いいことに(!?)、雨で動物さん達は雨宿り先を見つける為に、あっちへうろうろ、こっちへうろうろ。
かなり活発な動きを見ることが出来ました。
雨降って、ラッキー!?

しかし。
サファリで、Pekiが予想外の反応を見せたのです。
「ほら、見てみて!チーターさんだ〜!!かっこいいね!」
とPekiに言うと・・・

Peki、どうしたと思います?

怖がって泣いた。
・・・はありがちですよね!?
喜んだ。
・・・これは、私たちが予想していたこと。

が、Pekiは。
クック!クックゥ!!
と、張り切って靴を履き出したのです。
で、車のドアをガチャガチャと開けようと必死に。

そう。
車を降りて、チーターさんを触りに行く気満々なのです。

「いやいや、Pekiさん、ここでは降りれないのよ・・・
 危ないのよ、チーターさんに食べられちゃうよ」
と言うと、
「イヤ!」と駄々をこねるPeki。
でも、じぃじにまでなだめられ、ドアも窓も開かないことを知ると・・・

ゥワーン!!!
・・・大泣きです。

「イヤィ、イヤィ!クックゥ、クック!!」
結局、どのゾーンに行っても、外に出たい!というPekiの気持ちは変わらず。
泣き続ける結果に。

うーん。
こんなことになろうとは。
動物好きが高じると、そうなるのか・・・
まぁでも、この先にウォーキングサファリや、ふれあい牧場(チャイルズファーム)があるので、そこに行けば、思う存分、動物と触れ合えるし。

と思っていたら。
ドライブスルーサファリの最後で、大雨の中、1枚の紙を手渡されました。

落雷警報発令!
危険ですので、
ウォーキングサファリ・チャイルズファーム・スカイサファリ
はしばらく中断させてもらいます


あらら・・・
まぁでも、仕方ない。
Pekiも疲れてきているし、車の中で休憩することに。
山の上で、キレイに見える雷を楽しみ。
(Peki、大喜び!)
軽く昼寝もして、
(Pekiはこれからぞうさんに触れる!と知って、ワクワクして眠らず。旦那&じぃじだけ昼寝)
おやつも食べて。
(売店で買ったドーナッツと動物ポテトをPeki一人でほとんどを平らげる。)
2時間程のんびりして、ちょっと飽きてきた頃に、雨もあがり、サファリ再開!
結果としては、いい休憩時間がとれてよかった♪

・・・なんだかんだと。
天気運はやっぱりあるなぁ。と思ってしまうのは、自信過剰!?

で、Pekiは、ここからは大満喫!

熊さんに餌をあげたり。
お猿さんを見て、「アイアイ」の歌をうたったり。
リスザルさんに向かって「オーイ!」と手を振ったり。
ワラビーと一緒に、ピョンピョン跳ねまわったり。
念願のぞうさんに、一緒に餌をあげたり。
キリンさんと一緒に舌をペロペロしたり。

チャイルズファームでも。
犬をなでなでしたり、
豚さんのモノマネしたり、
ニワトリを追いかけたり。

とにかく、この時間が、Pekiのゴールデンタイムでした♪

遊園地は・・・結局のところ、Pekiにはまだ早いのかも。
動物園も、車や檻の中から見るのはPekiにはつまらないようで。
触れ合えたり、餌をあげられたり。って所が好きみたいです。

で、姫セン。
久々に行ったけど、敷地が広いなぁ〜、やっぱり。
歩き回るだけで、かなりの運動になります。
遊園地なんかは、ちょっと老朽化が進んでいて寂しい感じもしたけど。
サファリには、スカイサファリ(ロープウエィ)も出来ていて。
(調べたら、もう3年も前に出来ていたみたいだけど・・・)
利用しやすくなってました。

プールが終了した次の週末だったし、雨予報だったのもあってか、
人はかなり少なめで、のんびり出来ました。

ただ、ふと思いついたレベルで行くには・・・ちょっと値段は高いよなぁ、やっぱり。
(我が家は、法人パスがあったので安く行けたんですけど)
夏場・冬場はプールやアイススケートが同じ値段で利用できる。と思ったら、お得感あるんですけどねぇ。
まぁでも、あれだけの動物がいるんだから、仕方ないかも。

それにしても。
Pekiさん、サファリで、車を降りたい!と言うとは思わなかったなぁ。
ホンマ、子供ってどんな反応示すか・・・未知の世界です。
posted by carrera at 15:39| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

太平のゆ

えー、またも週末、遊びまわっていました(笑)

先週末は、義父が遊びに来てくれていたので、
土曜は、垂水界隈をのんびり。
日曜には、姫路セントラルパークに行ってきました〜。

で、姫センの話は、また明日にでも書くとして。
(また先延ばしかい!)

今日は、友達と、アジュール舞子に出来た「太平のゆ」に行ってきました!
 垂水温泉「太平のゆ」:http://www.sentou.co.jp/index.html
最近、こんなスーパー銭湯ってホンマに多いですよね〜。

友達とお風呂に入るのなんか、本当に久しぶりですよ。
誘われた時は、ちょっとドキドキしちゃいました(笑)
これこそ、裸の付き合い!ですよねぇ。

友達と待ち合わせしたのは、現地に10時15分。
10時オープンなので、さすがに朝一番で飛び込むのは・・・と思ってこの時間にしたのだけれど。
これが、到着してビックリ!
なんてすごい人の数。
月曜の朝イチだってのに、既に駐車場も1/3程入っているし、ジャンジャン人が来る。
あらら・・・これは予想外。

早速中に入ると、会員募集カウンターが。
会員になると、入浴料金も中での食事も安くなります。
ついでに、ポイントもつく・・・らしい。
通常は入会金200円のところが、今は無料!
クレジット機能等はないし、これは申し込まねば。と早速入会。

で、会員料金、平日600円にて早速入場。
参考までに、Pekiは無料。
3歳から料金がかかるそうです。
 料金表:http://www.sentou.co.jp/accsess/index.html

チケットを受付で渡すと、
「靴箱の鍵が中ではお財布代わりになります。」とのこと。
ん?と見れば、鍵にバーコードがついてる。
「自動販売機もそれで使えますので。最後に一括清算いたします。」
おぉ。
最近はこんなやねんなぁ。
こんなことで、何だかワクワクしてしまう、昭和の女、カレラ。

でも。
貴重品用のロッカーは・・・既に空きナシ。
・・・財布と一緒に持ち歩いても、あんまり意味ない!?

張り切るPekiさんを抱え、早速2階のお風呂へ。
脱衣所も広くてキレイで気持ちいい〜!
脱げ脱げー!とばかりにさっさと洋服を脱ぎ捨てて、Pekiと一緒へレッツゴー!

入ってみると。
お風呂の数が多い!
えー、数えてみましょうか。
サウナ、普通のお風呂、ジェットバス寝るタイプ、ジェットバス座るタイプ、ジェットバス立つタイプ、電気風呂強、電気風呂弱、掛け湯、冷水風呂、サウナ
以上が室内で。
壷湯、炭酸泉、美人の湯(人口温泉)、湯腰掛、寝転び湯、漢方薬草サウナ
以上が、露天風呂。
1つ1つはそんなに大きくはないけど、明るいし、ゆったりと場所もとってあるから気持ちいい。

何よりうれしいのが。
どれもそんなに熱くないから、Pekiでもゆっくり入れること!
そして、床も滑りにくくなっていて、子供がはしゃいでもあまり危なくないこと。
前に、大浴場に行った時は、Pekiは熱くて入れないことがあって。
しかも、床もツルツル。
風呂は熱くてイヤ!床ではしゃげば、すってんコロリン。
どうにもならないことがあったのですが、ここはそんな心配はありませんでした。

種類が沢山あるから、飽きっぽいPekiもあっち行ってこっち行って。
ちょっと入ってはすぐに次へ・・・
って、お母さんはもうちょっとのんびり入りたいんだけどなぁ(^^;

でも、Pekiが一番気に入ったのは・・・なぜか、冷水風呂
私からしたら、鬼のように冷たくて足を入れるのが精一杯・・・なのに、Peki、物怖じもせずにジャブジャブ入っていく。
ほっておいたら、さすがに冷えすぎて心配なので、入っていくPekiを連れ出してはお湯で温め。
そして、Pekiはまた冷水風呂へ。の繰り返し。
しかも、その繰り返しが気持ちいいらしい。
確かに、ホンマはそうするのがいいのよね・・・血行がよくなって。
・・・2歳児にして、温泉のなんたるかを理解したか!?
うーん、恐るべし、Peki。

何だかんだと、落ち着くことはなくてもそこそこの時間楽しんで。
まだ遊ぶ〜という友人を残して、もう出る!というPekiと一緒に先に脱衣所へ。

普段、プールに行っているから、こういうところでの着替えは手馴れたもん。
5分もあればちゃっちゃと完了。
が、Pekiがグズグズ・・・これはお腹すいたな。
すると、Peki、牛乳の自動販売機を発見!
「ニュウニュウ〜!」と大騒ぎして、これを飲むまではここから離れん!とばかりに大騒ぎ。
友達と1階のレストランで食事することになっていたから、一度は引きずって離したけど・・・
あまりの機嫌の悪さに、諦めて牛乳を1本購入することに。

すると、この自販機、靴箱の鍵についているバーコードで買えるらしい。
おぉ〜!早速チャレンジ!
手首につけているのをピっとかざすと、自販機さん、「さぁ、どれでも好きなだけどーじょ」とばかりにランランとランプがつきます。
なるほど!
・・・でも、危険だ。
買いすぎるぞ、これは(苦笑)

で、Pekiは牛乳瓶一本一気飲み!
銭湯の後はやっぱ牛乳よね〜!とばかりに大満足。

そして、1階に行き、少し子供達を遊ばせてからお食事処へ。
ここ、かなりメニューは充実していました。
雰囲気ものんびり〜って感じで、まぁまぁ落ち着けます。
テーブルの上にお冷用のコップが沢山あるのが・・・ちょっと怖かったかな。
Pekiもお友達もそれで遊びたがったので。

そこで、みんなでモリモリ食べて、身体も胃袋も満足!

全体的に、出来立て!というのもあるんだろうけど、キレイでゆったりしていました。
痩身ゲルマニウム温浴なんて、私めっちゃやってみたい!

ただ、休憩場所がないんですよね・・・
椅子とかはあるんだけど、お風呂あがりにのんびりと。って感じではなくて。
岩盤温熱浴の料金を払うと入れるところには、ねっころがったり出来る場所があるみたいなんだけど。
ここは、別料金(+会員平日600円、つまり倍の値段になるのです)だし、
小学生以下のお子さんは入場できないので、私たちに選択の余地はなし。
ちょっとそれは残念かなぁ・・・

そうそう。
帰るとき(13時過ぎ)には、駐車場、2/3程埋ってました。
大繁盛!ですねぇ。
週末は・・・芋荒い状態なのかな!?
旦那とも行こうかと思っているけど、ちょっとドキドキかも!?

そして、友達とも、また行く約束して、日程まで決めて帰ってきました〜。
やっぱり気持ちいいもんね、大きなお風呂は。
家からも近いことやし。
通うぞ〜、太平のゆ!
posted by carrera at 17:14| 兵庫 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

ユメ

昨晩、真夜中の3時頃に、友人にメールを書いていて。
(昨日は珍しく夜中に目が覚めてしまったのです)
別に、本題とも何も関係なく、ふと、自分の今後の話。なんてことに触れてしまいました。
夜も遅くに一人でボソボソとPCなんかに向かっていると、何だか、いらんことを考えてしまうんでしょうねぇ。

朝になり、送信したメールを読み返し。
・・・なんて脈絡のないメールを。とちょっと反省しつつ。

で、いらんこと書いたついでに、今日のブログでもこのことに触れてみよう。と思いまして。
こうやって考えていることをオープンにすることで、自分を奮い立たせることも出来るし、
色んな方にご意見いただければね、ボケボケカレラもちょっとは開眼できるかもしれませんしねぇ(笑)

Pekiも2歳を過ぎ。
幼稚園に年少から入れるとしたら、それまで後1年半。
そして、私も30歳を(とっくに)超え。
もっと「自分のやりたいこと」を改めて見つめなおしたいな。と思ってきたのです。

それが、仕事なのか、趣味なのか。
何でもいいんですけどね。
やりがいのある、何か。に出会えないかなぁ。と。

似たようなことを、以前、旦那に聞かれたことがあって。
「何かやりたいことはあるのか。」と。
人生のうちで、これをやっておきたい。というような何かが。
それが莫大にお金がかかったり、人生設計において影響を与えるようなものならば、
早めにそれを計画に組み込むべきだから。と。

例えば、店を持ちたい。というならば、家探しの段階からそれも考慮に入れるべきだし。
実店舗ではなくとも、何か起業したい。というならば、逆に予算を残しておくべきだし。
それが、本当にやりたいことならば、我が家の家計でまかなえる範囲であるならば、一度はトライしてみてもいいんだよ。
人生は一度きりなんだから。と。

というのも。
昔から、そういう願望が私にあることを旦那は知っているんですよ。
一度、何かを経営してみたい。というような、ものすごくアバウトな願望を。
店を持つのか、教室みたいなのを開くのか、何かを作り出すのか。
どんな形なのかわからないのだけれど、自分の長所を生かした、自分の城が持ちたい。という願望です。

そして、それを受け入れてくれる旦那。
・・・ありがたいことです。

でも。
私の願望は、↑に書いたとおり、自分のやりたいことを見つけて「それを大きくしたい!」という夢なんですよね。
普通は・・・逆!?
やりたいこと」がまずあって、それを伸ばしていきたい。と言うのが普通なんじゃないかなぁ?と。

例えば、料理が好きだから、小料理屋さんをやりたい。
手芸が好きだから、ハンドメイドショップを持ちたい。
子供が好きだから、お教室を開きたい。
・・・確かに、料理も好きだし、手芸も好きだし、子供は好きかどうか別として(苦笑)育児関係には興味がある。
でも、じゃぁどれが一番?っていうのは決められないんです。
端的に言えば、どれも趣味の領域なんですよね。
興味はあるけど、それで食っていこう。とまでは思えないんです。

で、そういうことを突き詰めていって。
私はそういう、職人肌じゃないんだなぁ。と改めて実感したのです。
何かを極めたい。んじゃなくて、何かを大きくすることに尽力を注ぎたい。んですね。
料理をしたい。んじゃなくて、料理がうまい人を見つけて、素敵な店にしていきたい。
手芸が得意な人と一緒に、その人の作品をより一層素敵に見せる店が作りたい。
うん、こっちの方が、自分にはぴったり!ってことに気が付いたんです。

うーん。
こういう夢。っておかしいですかねぇ!?

・・・仮におかしくない。として。(展開がはやい!(苦笑))
でも・・・どうやって叶えたらいいんだろう!?
・・・頭でっかちなくせに、行動力のない私(汗)

でね。
行動力がないからこそ、まずは行動してみようかなぁ。とも思うのです。
今の自分に思いつくことで、出来ることを形にしてみる。
そういうことを重ねていくことで、人脈が出来たり、経験が力になったり、結果が次の道を作ってくれるかなぁ?とか。

でも、一方で。
出来る範囲。とは言え、やっぱり、時間をとられるんですよね。
そして、今考えているのは、お金になるようなことでもない。
出来たら素敵だなぁ。と思うんだけど・・・何だか、とっても大変なことのようにも思って。
そこまで、今の自分が背負いこむ価値はあるのかな?
それよりも・・・母親として、Pekiとの時間をもっと優先すべきじゃないかな。

一人の人間としてのユメ。
母親としての自分。
両立が目標なんですけどねぇ。
でも私に可能なのかな・・・!?
カンガルー会の主催さえ、Pekiの機嫌を悪くさせているのに・・・(汗)

今、我が家のプロバイダであるZAQさんがね。
こんなプロジェクトをやっているんですよ。
 もっと家http://www.mottoya.com/
これにのせてもらうことで、思い切って、船を海に浮かべてみる!ってのも手かなぁ?とも思ったり。
・・・でも、漕ぎ出したら、船は簡単には止まれないしねぇ。
私は無駄に責任感が強いようなので・・・自分を追い込むことにもなりそうだし。

・・・うーん。
さて、どうしましょうねぇ?

今日は結論の出ない話になっちゃいました。
消化不良で、読んでいても気持ち悪いかも!?・・・ごめんなさい。
それでもよかったら・・・どなたか、こんな私に、考えに、コメント下さい。
よろしくお願いします。

え?
今考えていること。ってのは何か?って
・・・それは言えませんよ〜。
だって、自分が行動する前に、誰かに動かれちゃったら悔しいじゃないですか(笑)
例え小さいことでも、アイディアは金なり。ってね。

・・・って思う時点で、私ってやっぱり経営者肌ってこと!?(爆)

なーんて、もったいぶるのも何なんで。
もうちょっと、私の気持ちがどちらかに傾いた時に、また書こうかと思います。
こうご期待・・・!?
posted by carrera at 16:29| 兵庫 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

急遽、淡路島!

さて、今更ながら、日曜日の話を。

この日は、何の予定があるわけでもない1日。
ということで、恒例、朝出かける寸前の家族会議

旦「さて、今日はどこに行こう?」
カ「ザラス(トイザらス)でパンパ(パンパース)がキャンペーンやってるから、
  アスピア(明石)行って、パンパ買おう。」
ということで、車にのって、国道2号線を走る。

それにしてもいい天気!
海もキラキラ輝いていて、空も高くて、雲1つない!
うーん、気持ちいい〜♪

旦「これは、お出かけ日和やなぁ」
カ「ホンマやねぇ。お弁当持って、ピクニックでもしたい位やね。
  淡路島も、ほら、心なしかいつもよりキレイに見えるよ〜!」
旦「・・・ほんなら、淡路島へ今から行こう!

えー!?
今からっすか?
なんにも準備してませんよー。

Pekiはフリフリワンピースで遊ぶ格好じゃないし。
私は、つっかけサンダルにスッピン。
Pekiのお茶だって、荷物になるから。と思って、ちょこっとしか入れてないし。
オムツだって、2枚しかない!
せめてもの救いは・・・Pekiの帽子は運良くカバンの中に入っていたこと。

旦「ええねん、それで。だからこそ楽しいんやんけ。」

はぁ・・・そうですか。
何度も言いますが、私はもっと計画的に準備して、下調べしてから行く方が好きなんやけどなぁ。。。

旦「ほな、やめようか。」

・・・いやいや、せっかくのお出かけチャンス!
(なかなか、旦那はこういう気にはならんのです)
行きましょう、行きましょう。

さすがに、オムツだけは2枚じゃ心配なので。
まずは予定どおり、アスピアに行って、パンパースをゲット。

で、そこから、すぐにたこフェリー乗り場へ。
運良く、最後の1台で乗り込め、Peki、船だよ!なんて言っている間には、既にフェリーは動き出してます。

あぁ・・・なんて、展開が速いのかしら。
10分前にはザラスにいたのに・・・
のんびりカレラさん、ついていくだけで精一杯(苦笑)

でも、フェリーからの景色はやっぱり爽快!!

awaji1.JPG

気持ちいい〜!!

で、淡路島に到着したものの・・・どこに行くかも決まってない(苦笑)

とりあえず、いつも行く「魚増」という焼きあなご屋さんへ。
ここでは、目の前で炭火でアナゴを焼いていて、焼きたてをその場で買って食べることが出来ます。
これが、美味しいのですよ!
オススメです。
場所は・・・たぶん、この辺(苦笑)
 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E134.55.54.4N34.32.36.1&ZM=9
県道31号線沿いです。
めっちゃ普通のお店なので見落としがちですけど、頑張って探してみる価値ありですよ!!

ついでに、Pekiも喜んで食べてました。
魚なんて、普段、ほとんど口にもしないのに。
「おいしー!おいし!」って言いながら、一人で1匹ほぼ完食!
すごい!!

その後は、「花さじき」へ。
 あわじ花さじき:http://www.awajihanahaku.or.jp/hanasajiki_new.htm
ここの景色は、いつみても爽快!
売店のソフトクリームの看板見て、「甘い!甘い!(食べたい!)」と大騒ぎしているのに旦那に無視され(苦笑)、かなり不機嫌なPekiも、この景色を見て、一気にご機嫌に!

awaji2.JPG

もうちょっとしたら、コスモスが満開になって、赤い海が見れそう!
また来たいなぁ〜。

昼食・Pekiの昼寝を挟んで、次はモンキーセンターへ。
 モンキーセンター:http://www.monkey-center.com/index.html
ここは、野生のサルに会える場所。

カレラ一家は、何度も淡路島には足を運んでいるけれど、ここに来るのは初めて。
理由は・・・

小豆島に、銚子渓にある「お猿の国」という場所があって。
ここで、カレラ、エライ目にあったことがあるんですね。
なんせ、そこの猿さん達は、人間より自分達の方が強いと思っている!
なので、人に飛びかかってきたりするのです。
例えば、手をグーに軽く握っているだけで、それは猿の攻撃対象に。
なぜならば、餌を持っている。と思われるから。
で、私も、ご多分に漏れず、猿にやられたのです。
まぁ、私がやられる程度ならば笑い話で済むんですけど。
Peki連れで、銚子渓に行くか?といわれたら、私はもちろん、旦那でさえも「ノー!」
あんな攻撃的な猿の前にPeki連れて行ったら、絶対に猿キライになります。
なので、この手の場所にPekiと来るのはこれまで避けていたんですけど。
モンキーセンターは温和らしいで。との噂を聞いて、思い切って飛び込んでみたわけです。

で、感想は・・・
なるほど、温和!でした。

というか、人間さんのことは、ほぼ、無視ですね。
危害を加えようとしない限り、すぐ近くによっても逃げないし。

だから、道にこんなに猿がいても、人が猿をよけつつ歩いていけば。

awaji3.JPG

猿、そのまんまです(笑)

目の前で、こんなこともしてくれるし。

awaji4.JPG

ついでに、

awaji5.JPG

鹿もいました。
これも野生だそう。

ここは、猿とうまく共存しているんだなぁ。という印象を受けました。

銚子渓のそれは、どちらかと言えば、猿を支配しようとしている感じ。
スタッフのおっちゃんは棒持って、猿が何かしようとすれば、容赦なく棒を振りかざして猿を追い払うし。
猿に芸もさせていたし。

モンキーセンターは、芸するとかの派手さはないけれど。
安全に、すぐ近くで野生の猿を見ることができました。
Pekiも大喜びで、今でも「アイアイ」を1日に10回程歌って、猿のマネしてます(笑)

帰りには、サービスエリアにある観覧車にも乗りましたよ〜!

下から見上げると・・・

awaji6.JPG

うわ!迫力ある写真撮れたわ(自己満足)。

実は、カレラ、高いところは苦手・・・(汗)
でも、頑張って、写真を1枚。

awaji7.JPG

うん、今見れば、キレイ(笑)
現場ではそんな余裕はあまりなかったんやけどね(苦笑)

ということで、淡路島、満喫してきました〜!!

posted by carrera at 16:33| 兵庫 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

久々の歯医者

今日も週末ネタを書こうかと思っていたんですけど。
またも延期して(そのうちに、また週末がきそう(苦笑))、今日の話を。

今日は、久しぶりにPekiの歯医者さんでした。
と言っても、悪化したわけではなくて、定期健診です。

朝から、どのタイミングでPekiに言おう?と悩みつつ。
家を出る30分程前に、Pekiに告げる。
「Peki、Peki、聞いて。
 今日は・・・歯医者さんに行っておこう!ね?」

・・・ギクっとした顔のPeki。
そして、3秒程してからうつむいたままで、
「・・・イヤ」

そりゃそうだ。
なんせ、ついて行くだけの私でもイヤだもん(笑)

「まぁ、そう言わんと。ちゃんと見てもらっておかないと痛くなってからじゃ・・・」
「イヤ!」
私の説明をさえぎりプイ!っと横を向いて去っていくPeki。
おぉ、おぉ、子供らしいすね方になって。
なんて、感心している場合ではなくて。

結局、歯医者さんに入るまで、ずっと暗い表情で「イヤ!」と「抱っこ!」を繰り返し、半べそかいているPekiさん。

歯医者さんに入ると・・・それはますますエスカレート。
入った瞬間から、ワンワン泣き出し、待ち時間の間も泣いては抱っこして、泣き止んではまた泣いて。の繰り返し。
絵本読んであげても上の空。
診察中のお姉ちゃんがワンワン泣いているのを聞いては、またもらい泣き(←と言うのか!?)。
うーん、昔よりも、気を紛らわすというのが難しくなってきたことを実感。

予約制ながら、結局30分程待って、やっと順番が。
早速、口の中を見てもらうと、奥歯に小さな小さな虫歯を発見
あぁ・・・毎日、必死に磨いているのに、また虫歯が・・・
でも、凹んでいる場合ではない!
それを削って詰める。ということになったので、Pekiを必死に抑えます。
が、先生もビックリ!の腹筋力を持つPekiさん。
私の力では抑えきれず(汗)、結局、椅子に備え付けられているネットとバンドでPekiを固定することに。
Peki、歯医者で初固定。
うーん、こんなもんで縛られたらそれだけでイヤやろうな・・・
でも、頑張れ、Peki!!

 余談ですけど。
 先日友人と、通っている歯医者は
 治療で子供を押さえつけるのにネットを使うことが話題になって。
 正直、私はそれがイヤだなぁ・・・と思っていたのです。
 なんだか、子供が歯医者嫌いになりそうだし・・・
 だから、Pekiもそうなる前に、他に転院しようかな?
 とまで考えていたのです。
 でも、友人に
 「でも、そうしてでも早く治療した方が子供のため。
  という考え方もありますよね?」と言われ、
 そっか、そういう考えもあるんだなぁ。としみじみ。
 で、今日、実際そうなってみて。
 見ていてやっぱりいいもんではなかったんですけどね。
 でも、大人が何人もで必死に押さえつけるよりは、
 Pekiも楽に見えたのです。
 手でギュっとされるのも痛いだろうしね・・・
 でもでも、近所には縛りつけもせず、無理強いもしない。
 という評判の歯医者さんもあって。
 そこは、どうやって治療するんだろう・・・?という新たな疑問も。
 だって・・・どうしたって暴れるし。
 Pekiも、今日も、頭では理解して必死に「アー」って言って
 口開けているんですけど、
 本能的に、やっぱり口の中で何かされるのはイヤで
 避けようとしてしまうんですよね。
 それを無理強いしないなんて・・・できるのかな!?


結局、固定してからはスムーズに処置もすすみ、
前歯の虫歯にサホライド(虫歯進行止め)を塗って、終了。

ふぅ・・・疲れた。
Pekiはもっと疲れただろうけど。

でも、先生&歯科衛生士さん曰く
「じっともしていられるようになって、前よりも治療しやすくなった」とのこと。
うーん、そうなのかな・・・?
あんまりそうは見えなかったんだけどなぁ(苦笑)

最後に、こども病院でした話を簡単に聞かれました。
(一応、診断結果は郵送もされているみたいだけど)
で、こども病院で言われた、

@サホライドのせいで黒くなっていることを気にしないならば、今すぐに治療が必要だとは思わない
A食べられないか、寝られない程痛がったらば診察を受けて下さい
B腫れが出てきたら(神経が死んだら)、診察を受けて下さい
Cそれまでは、定期健診で様子を見て下さい

を報告。
(詳細は:http://carrera711.seesaa.net/article/19371546.html

が、かかりつけの歯科医さんは、それが納得いかない様子(苦笑)
「神経死ぬまでほっておけって?
 この、欠けている歯もほっておけって?
 こっちは、神経がどうにかなる前に何とかしようと頑張っているのに・・・
 まぁ、それだけ自分の腕に自信があるってことなんだろうけど。ねぇ?」

・・・そう言われても(汗)
じゃぁ、私とPekiはどちらについていったらいいの・・・?
んな、患者に不安をあおるようなこと、言わなくても・・・ねぇ?

と、言いたくなる気持ちを抑え(言えばよかった!?)、
「そうなった時には・・・こども病院にまた行って来ます
 むこうの先生がそう言ったんだから、むこうで責任とってもらうので。」
と伝えました。
すると、
「そうなった時は、まずこちらにも一報下さい。
 こども病院でどうにかされる前に、こっちでも考えるから。」
とのこと。

うーん(汗)
こども病院を薦めたのは、この歯科医さんなのに。
なぜ、そんな対決するようなことを言うかなぁ?

と、ちょっと、心にしこりをつくった状態で、今日は帰ってきました。

ま、先生も人間。
思うことも、感情も、色々。ってことですかね。

とりあえず、何もなければ、4ヶ月後にまた定期健診です。
それまで、何事もありませんように・・・☆

posted by carrera at 14:59| 兵庫 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。