2006年05月09日

ただいま、カレラは・・・

憂鬱でございます。
かなり凹んでおります。

Pekiの笑い声さえ耳に入らないくらい・・・

原因は「」です。
Pekiの「」です。

えー、順を追って話をしますね。

Pekiは、1歳10ヶ月にして虫歯持ちです。
1歳6ヶ月の時に発覚して以来、歯医者さんにも定期的に通っています。

 虫歯に気がついた日記:http://machikomi.zaq.ne.jp/view/tarumi/13/4095/
 初歯医者の日記:http://machikomi.zaq.ne.jp/view/tarumi/13/4107/

ホンマね。
なった時はショックでしたよ。
親の怠慢・・・?とか、色んな思いが頭を駆け巡って。
自分がもうちょっとしっかりしていればこんなことにならなかったのか。
いや、でも、毎日歯磨きはしていたのに何で・・・?とか。
Pekiに対しても、申し訳ないことをしてしまった。という引け目まで感じてしまう位ショックでした。

まぁでも、後悔しても仕方ない。
それならばその思いを行動に移すべし!
ということで、旦那と二人、より一層歯磨きを強化し、キシリトールも使ったりと試行錯誤してきたんです。

そして、4月下旬、いつものように歯磨きをせっせとしていたら、ふとあることに気がつきました。

・・・Pekiの虫歯になった前歯の端が欠けている!?

虫歯で溶けたのか。
それとも、転んだ拍子に欠けたのか。

理由はわからないけど、とりあえずゴールデンウィーク中に歯医者さんへ強制連行。
歯医者さん曰く、たぶん転んだ拍子に欠けたんじゃないかなぁ?とのこと。
それ自体は、避けられることでも悪いことでもないし仕方ないんだけど。
レントゲンを撮ってみると、神経ギリギリの部分まで欠けているとのこと。
・・・欠けているのはこんなちょこっとなのに?

「子供の歯は小さいからねぇ。神経までがすぐなんですよ。」

つまり、いつPekiが痛いと言い出してもおかしくない状態だそう。

初歯医者の日記でも書いたけど。
今のPekiの年齢だと、歯の治療は難しいんだそう。
理由は、制御が効かず、暴れて危ないから。
今も塗ってもらっている「サホライド」という虫歯進行止の薬を塗って、治療に対してじっと我慢できる年齢になるのを待つのが一般的だそう。

「この歯は、いつ痛いって言い出してもおかしくないからねぇ。
 そうなったら、もううちの病院じゃどうしようもないんだよ。
 ちょっと口の中を見るだけでもこの暴れようでしょ?
 削って上から被せて・・・1本20分程度なんだけど、
 それでもやっぱり今は無理そうだねぇ・・・」

じゃぁ、どうすればいいのでしょう?
 
「もっと大きな病院、ここからだと『こども病院』になるんだけどね。
 そこ行ってもらって、全身麻酔をした上での手術しかないんだよね。」

・・・全身麻酔ですか。

「そう。
 とりあえず、今すぐに治療が必要なわけではなさそうだけど、
 次に転んで同じ部分が欠けたり、
 この歯の虫歯が進行して痛みが出てきた時にはどうしようもない。
 そうなる前、つまり今のうちに全身麻酔して治療してしまう。という手もあるしねぇ。
 ・・・どうするのか決めてもらうのはご両親なんですよ。」

旦那と二人、打ちのめされたような気分で帰宅。

そして、全身麻酔についても、色々と調べました。
事故が起こる割合、麻酔科医の重要性、子供の心へのストレスの問題・・・
調べてみたら、思っていたよりは問題は少なそうなんだけど。
それでもやっぱり不安。

とりあえず、頑張れる所までは歯磨きをしっかりして、転ばないように祈って(苦笑)
何とか、Pekiが普通の治療に耐えられるまで頑張ろう!
そう、旦那と決意したんです。

そして、決意新たに、従来の歯磨きもより一層強化し、グチュグチュうがいの回数も増やし、前向きに取り組んでいた矢先の本日。

ついさっき、Pekiの欠けた歯を見ていたら・・・
・・・え?虫歯が進行している?

そう。
明らかに、1週間前に歯医者に駆け込んだ時よりも、欠けた部分が広がっているんです・・・

今回は転んだりはしていないはず。
じゃぁ、虫歯が進行した?
欠けたから、もろくなったのかな・・・?
ここだけは進行させるわけにはいかない!と思って、必死に磨いていた場所なのに。
なんで・・・?

ショックで、頭がクラクラしてきました。

「ねぇねぇ、Peki、Peki。歯痛くない?」

ナイナ〜イ。ナイナイ〜・・・バァ!

・・・ふざけている所を見ると、痛みはないみたいだけど。
これだけ磨いているのに、進行するなんて・・・
このままじゃ、時間の問題?

歯医者に駆け込んでも・・・治療は出来ない。とはっきり言われているし。
進行止めの「サホライド」は1週間前に塗ったばかりだし(塗布は年に数回程度でいいそう)。
次にしてもらえることは・・・「こども病院」への紹介状を書いてもらうこと位。
歯科への紹介状を書く患者さん(この言葉も何だか悲しい・・・)の親は、「全身麻酔に対して了解することを前提とする」との但し書きがあるので、その覚悟を持ってお願いしなければいけないそうで。

・・・・・
呆然としているカレラの横で、Pekiが心配そうに顔を覗き込んでくれます。

ごめんねぇ・・・
お母さん、歯磨きが足らなかったのかな・・・
痛くなったらイヤだよねぇ・・・
でも・・・万が一のことを考えたら・・・全身麻酔、怖いよね。

今晩は、旦那と家族会議になりそうです(涙)


posted by carrera at 17:02| 兵庫 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 子供の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。